*

日産デイズに付けないと後悔する人気オプションはこれ!

更新日: デイズ ,

この記事の所要時間: 457

デイズ_オプショントップ

新型デイズを購入する時に、必ず悩んでしまうのがオプションです。

できるだけ安く書いたいものですよね。

しかし、オプションをケチり過ぎてしまうと、後で

あのオプションを付けておけば良かった・・・

なんて後悔することになりかねません。

そこで今回は、デイズを購入する時に絶対に外せないオプションを紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型デイズで付けないと後悔する人気メーカーオプションはこれ!

オプションには車を注文するときだけ付けられるメーカーオプションと後からでも取り付けられるディーラーオプションがあります。

「メーカーオプションは後から付けることができない」

ので、絶対に失敗は許されません。後悔しないように、今回は必要なメーカーオプションと要らないオプションを紹介します。

新型デイズの必須オプションは寒冷地仕様だけで十分!

デイズオプション_寒冷地仕様
寒冷地仕様
価格:24,840円
対象グレード: 2WD車(4WD車は標準装備)

デイズにはナビ取り付けパッケージなどたくさんのオプションが用意されていますが、特におすすめのオプションはこの寒冷地仕様のみです。

寒冷地仕様には以下のセットが付いてきます。

寒冷地仕様
前席ヒーター付シート
ヒーター付ドアミラー
リヤヒーターダクト
PTC素子ヒーター
高濃度不凍液

この中で特に注目したい機能はPTC素子ヒーターです。

軽自動車は断熱性能が普通車の比較すると劣るので、暖房が効きにくい傾向があります。通勤などではヒーターを付けても到着する直前に

やっと温かくなった・・・

なんて経験された方もいるのではないでしょうか。

PTC素子ヒーターは、エンジンの熱を利用する普通のヒーターと違って電気で動くため、寒い冬でもすぐ暖かくなります。なので寒いのが苦手な方は必須の装備でしょう。同じ様に、ヒーター付シートも寒さ対策にはめちゃくちゃ良いです。車内が寒くても運転席だけは温かいですからね。

その他の機能も、雪国じゃなくても気温が氷点下近くになる地域では役立つ装備ばかりです。価格はこれだけの装備が付いて24,040円なのでかなりお買い得です。寒冷地仕様はカタログに小さく書いてあるだけなので、気づかずに付け忘れる人も多くいるようなのでお忘れなく!!

新型デイズに不要なメーカーオプションは?

必須オプションもあれば、不要なオプションもあります。ここで紹介しているものは優先度を下げても良いでしょう。

内装が豪華になるプレミアムコンビネーションインテリアは必要ない!

デイズオプション_プレミアムインテリア
出典:https://www3.nissan.co.jp/

プレミアムコンビネーションインテリア
価格: 32,400円
対象グレード: ハイウェイスターX、ハイウェイスターGターボ
※プロパイロットエディションも含む

デイズの数少ないメーカーオプションの1つがこのインテリアパック。このパックを付けることによって、

  • シート生地
  • 本革巻ステアリング
  • インストパネル
  • エアコン吹き出し口(サイド部)
  • ドアの内側の生地

の5つが変わります。

以上が変更点です。もし、買い物や近場を回るだけの用途ならここまで内装を豪華にする必要はないと思います。

どうしても内装が気に入らない人以外不要なオプションでしょう。

購入時に付けておくと良いディーラーオプションは?

ディーラーオプションは基本的に後から付けることができますが、購入時につけておく方がいいオプションもあります。それは、

フロアカーペット・エクセレント(19,872円)
プラスチックバイザー(19,656円)

です。

しかし、この2つは既に付けることは決めていると思うので、今回はそれ以外におすすめのオプションを紹介します。

バックビューモニターは必須!

デイズ_バックビューモニター
出典:http://www.nissan.co.jp/

価格:36,000円
対象グレード: S

Sグレードには、バックビューモニターが付きません。バックカメラを付けるのに、社外製を考える人がいると思いますが、おすすめはしません。

なぜなら、社外製のバックカメラは両面テープで止めておくケースがほとんどなので、ある日突然カメラが

「ボトン」

と取れてしまうことがあります。

仮に外れたとしてもディーラーオプションなら、ディーラー保証があるので安心です。

価格は36,000円と若干高めですが、交渉次第で20%引きはしてもらえますし、取り付け工賃についてはサービスしてもらえるケースも多く、実質価格は社外製品よりも安くなることもあるようです。

必須オプションの合計額は?

必須オプションの合計額です。

オプション 価格
寒冷地仕様 24,840円
フロアカーペット
(スタンダード)
19,872円
プラスチックバイザー 19,656円
バックビューモニター 36,000円
合計 100,368円

デイズには、必要な装備は既に標準で付いているため、他の車種と比べてもオプションの合計額は安いです。バックカメラがこの中では高いですが、便利なので付けて損はないです。

また、実際には他にも欲しいオプションがあるでしょうから、オプション費用は本体価格プラス10万円ぐらいで考えておけば良さそうです。

デイズを安く買うには?

デイズオプション_安く買う

 

オプションを含め新型デイズを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にデイズを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

日産デイズの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

 





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

値が付かないと言われた車が45万円で売却できポイントまで還元された

12万キロ走った傷・凹みアリの車が45万円で売れました!

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑