*

トヨタ新型RAV4の実燃費は悪い?ガソリンとハイブリッドのデータを公開

更新日: RAV4

RAV4_燃費トップ

2019年4月に発売されたトヨタの新型RAV4。燃費はWLTCモードで15.2km/L〜21.4km/Lです。ミドルクラスSUVではかなりいい数字ですが実際は

こんなに走りません!

メーカーが発表したJC08モードやWLTCモードの数字なんてあってないようなもの。この記事を見ている人もJC08モードが何か初めて知ったときは

「イカサマやないか!」

と思ったことでしょう。JC08モードはイカサマ、最近のWLCTモードもJC08よりマシですがやっぱりイカサマ。そう、カタログ燃費って結局全部イカサマなんですよ。

カイジに出てくる帝愛グループの得意とするやつです。利根川のEカードも、和也のワンポーカーも全部イカサマでしたよね。

RAV4燃費_イカサマ

そんなカタログ燃費のイカサマをカイジのごとく暴くため、ガチで新型RAV4の実燃費を調べてみました。実燃費で気になるのは

  1. ガソリンの実燃費
  2. ハイブリッドの実燃費
  3. ライバルのCX-5、CR-Vとの実燃費比較

この3つ。今回はこの3つを徹底調査。情報源はe燃費やみんカラのネット情報を中心に、ディーラーにも聞いてみたので参考にしてもらえればと思います。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型RAV4の実際の燃費を公開!

RAV4燃費_gasoline

新型RAV4の実燃費のデータはe燃費やみんカラの燃費記録を参考に毎月のデータを記録しました。

記録したデータを

  • 平均の実燃費
  • 燃費達成率
  • 月ごとの実燃費

この3つのポイントで紹介したいと思います。

新型RAV4の実燃費は平均的な数値

平均実燃費、平均燃費達成率の調査結果です。

項目 RAV4(2WD)
ガソリン ハイブリッド
カタログ燃費
[WLTC]
15.8km/L 21.4km/L
実燃費(平均) 10.1km/L 16.7km/L
燃費達成率 64.1% 78.1%

ガソリンとハイブリッドそれぞれの実燃費とカタログ燃費との差は5km/L以上です。

実燃費に大きく関係している燃費達成率はガソリンターボが64.1%、ハイブリッドは78.1%。これは全車種の平均燃費達成率73.1%(※)と比べてハイブリッド車は同じくらいですが、ガソリン車は10%程低い値。

ただ、これは悪いわけではなくガソリンのミドルクラスSUVでは平均的な数値です。

※e燃費の全車種燃費達成率ランキング上位100位の平均

新型RAV4の実燃費は年間で5km/L以上変動する

月ごとの実燃費を詳しく見るため、各月の実燃費グラフを数値で表しました。

RAV4(2WD)
ガソリン ハイブリッド
1月 8.1km/L 13.4km/L
2月 8.1km/L 13.3km/L
3月 9.2km/L 15.2km/L
4月 12.4km/L 20.4km/L
5月 12.3km/L 20.4km/L
6月 11.8km/L 19.5km/L
7月 9.2km/L 15.2km/L
8月 9.1km/L 15.1km/L
9月 11.4km/L 18.7km/L
10月 11.6km/L 19.2km/L
11月 10.1km/L 16.6km/L
12月 9.2km/L 15.2km/L

RAV4のガソリンの実燃費は1月と4月で4.3km/Lの差がありました。1月の燃費達成率は50.6%まで低下するので、気温によって燃費は大きくちがってきます。

またハイブリッド車はガソリン車よりも各月を5km/L以上高く推移するようです。

新型RAV4の各月の実燃費を公開。春秋はよいが、夏冬は悪くなる

RAV4_ガソリンハイブリッド実燃費

※データはシミュレーション値を活用して算出

実燃費は季節によってかなり変動すると感じていたので、実燃費と温度の関係をグラフで表してみました。

ガソリン車の場合、クーラーやエアコンの使用機会が少ない春や秋は約12km/Lと、年間の平均燃費よりもよくなります。

反対にクーラーやエアコンをたくさん使う冬や夏は燃費が約9km/L程度で、年間の平均燃費より悪いです。

とくに燃費が悪いのが冬の寒い時期。燃費が8km/L台に落ち込みます。これは冬になるとエンジンを温めるのに、暖気運転が行われるからでしょう。

また、ハイブリッドもガソリン車と同様に季節により良かったり悪かったりします。ハイブリッドだからある季節だけ特別良いというのもなく、どの季節でもガソリン車よりも燃費が5km/L程度良いようです。

実燃費がバラバラになるのは気温・季節が関係している

燃費は計測した時期が大きく影響することが分かっています。

口コミを見ていると実燃費についてはかなりバラつきがあります。これはおそらく計測する時期がかなり影響しているのでしょう。

新型RAV4のガソリン車の燃費を9月頃に測定すれば、

市街地を走らせて12km/L程度

と良い値。逆に燃費の悪い1月頃だと

街中で7km/L程度

と低い値になるので、どうしても口コミや燃費データというのはバラつきが出てしまいます。

また、季節だけでなく計測した時の道路環境もかなり影響します。特に雨だと路面状況も悪くなるので、燃費は1~2割はどうしても落ちてしまいますからね。燃費って結構デリケートなものなんですよ。

ライバル車(CX-5、CR-V)との比較

新型RAV4のライバルといえば、CX-5とCR-Vです。RAV4の購入を考える際、一緒に検討されるライバル車の燃費も気になったので比較してみました。

ライバル車の中で、新型RAV4の実燃費は1番良い

平均燃費と達成率を比較した結果です。燃費に関係する要素も合わせて比較しました。

項目 RAV4 CX-5 CR-V
駆動方式 2WD
エンジン 2.5L
ハイブリッド
2.2L
ディーゼル
2.0L
ハイブリッド
カタログ燃費
[WLTC]
21.4km/L 17.4km/L 21.2km/L
実燃費
(平均)
16.7km/L 12.8km/L 16.2km/L
燃費達成率
(平均)
78.1% 73.6% 76.4%
燃料 レギュラー
ガソリン
軽油 レギュラー
ガソリン
車両重量 1,620kg 1,610kg 1,610kg
エンジン
最高出力
178馬力 190馬力 145馬力
モーター
最高出力
120馬力 184馬力

 

RAV4の燃費はNo1!

新型RAV4の実燃費はこの3車種の中で一番優れています。

排気量が大きく車両重量も1番重いですが、エンジンパワーが抑えられており、カムリやレクサスESと同じダイナミックフォースエンジンが搭載されているんです。このエンジンは実燃費が高く出ているようなので、新型RAV4でも高い値が出るのでしょう。

CX-5は燃費はよくないが燃料費は安い

CX-5の実燃費は3車種の中では1番悪くなっています。ですが、エンジンは最もパワフルなので走りは優れています。また、ディーゼルエンジンで、燃料は安く済む軽油です。なので、コスパ的にはハイブリッド車にも負けていません。

CR-VはRAV4と同等の燃費

CR-Vの実燃費は3車種中2番目に優秀で、同じハイブリッドのRAV4と同等です。重量が軽く、モーター最高出力が高いので低中速域はパワフルに走ります。その影響で燃料消費が抑えられ、CR-Vは燃費が良いのでしょう。

各月の実燃費は新型RAV4とCR-Vが一歩リード

RAV4_ライバル実燃費比較

各月のデータを比較しても新型RAV4とCR-Vが一歩リードしています。

CX-5はやや低いところでどの月も推移しているようです。

新型RAV4のガソリン代はいくらかかるのか?

RAV4_燃費電卓

新型RAV4(ハイブリッド)の実際の燃費が推定できたので、これをガソリン代に換算するとどれくらいになるのか計算してみました。

通勤で使うことを前提として・・・

  • 平日1日40km×20日=800km
  • 休日1日5km×8日=40km

とし、1ヶ月の走行距離を合計840kmで計算。

ガソリンの価格は1リットル140円として、1ヶ月、1年間のガソリン代を計算してみました。

1ヶ月のガソリン代は7,041円!

1ヶ月のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

{1ヶ月の走行距離(840km)÷平均実燃費(16.7km/L)}×ガソリン価格(140円)=1ヶ月のガソリン代(7,041円)

となりました。

1年間のガソリン代は84,492円!

1年間のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

1ヶ月のガソリン代(7,041円)×12ヶ月=1年のガソリン代(84,492円)

となりました。

RAV4のハイブリッドは平均的なガソリン代よりも年間19,425円安い

国土交通省の発表によると、ガソリン車のJC08モードの平均燃費は19.4km/L。実燃費の平均は公表されていませんが、燃費達成率を70%とすると平均的な実燃費は13.58km/L。

この数字からガソリン代を計算すると103,917円/年になります。

RAV4の年間のガソリン代は84,492円なので、RAV4のハイブリッドは平均的なガソリン代よりも年間19,425円安くすみます。

トヨタ新型RAV4を安く買うには?

RAV4燃費_安く買う

トヨタ新型RAV4を安く買おうと思うと、重要になってくるのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

RAV4燃費ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型RAV4を購入した人がどうやって騙されずに下取り交渉や値引き交渉をしたのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタ新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

caroratouring_nebikitop
トヨタ新型カローラツーリングの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2020年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。カローラフ

kicks_nebekisoba
[日産新型キックス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2020年6月に発売された日産新型キックス。e-POWERが魅

corollatouring_noukitop
トヨタ新型カローラツーリングの納期最新情報|長い納期が早まる!コロナ影響は? 

2019年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。ちょうど良

シエンタ_口コミトップ
欠点はどこ?トヨタ新型シエンタの評判・評価

2015年7月にフルモデルチェンジしたトヨタの新型シエンタ。ファミ

kicks_nokitop
日産新型キックスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年6月に登場した日産新型キックス。e-POWERが搭載され

→もっと見る

PAGE TOP ↑