*

ホンダステップワゴンの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

step_gradetop
ホンダのステップワゴンは価格帯が271万円〜409万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びではかなり悩むのではないでしょうか。特に、

・ガソリンターボとハイブリッドどちらがいいのか?
・SPADAにすべきか、SPADA・Cool Spiritにすべきか?

このあたりが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、ステップワゴンのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが、走りや燃費、装備、4WDなど1つ1つ比較した結果、

ステップワゴンではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


ステップワゴンはガソリンターボとハイブリッドのどちらを選ぶべき?

ステップワゴン_ターボvsハイブリッド
まず、私が最初に悩んだのはガソリンターボとハイブリッドどちらにするかでした。これを決めるのに、走りや燃費、価格を比較してみました。

ステップワゴンで加速が良いのはハイブリッド。ガソリンターボは扱いやすい

私が実際に乗ってガソリンターボとハイブリッドそれぞれどう感じたのか紹介したいと思います。

ガソリンターボは一般道で扱いやすい

ステップワゴン価格_エンジン
出典:http://www.honda.co.jp/

最初に試乗したのはガソリンターボ。

ガソリンターボの率直な感想としては、排気量が1.5Lと小さい割に登り坂や高速走行でもしっかりと加速してくれます。

また、コーナーでは軽い車重のおかげで安定したコーナリングでした。一般道ですごく扱いやすい印象です。

車重が重いミニバンではブレーキの制動力も気になりますが、ガソリンターボではエンジンブレーキの効きが良いので、長い下り坂でも安心して走行できました。

静粛性は静かで快適です。やや強めに踏み込んだ時にターボの音が少し聞こえるレベルなので、全く問題ないと思います。

ハイブリッドは加速力に余裕がある

stephv_kasoku
出典:http://www.honda.co.jp/

続いて試乗したのはハイブリッド。

ハイブリッドは強力なモーターのおかげで3Lエンジン並の余裕のある加速を体感できました。

コーナーリングはワンテンポ遅れて曲がっていく感じです。ガソリンターボより重い車重が影響していると思います。

ハイブリッドで弱点だと思ったのはエンジンブレーキ。重い車重のせいで長い下り坂ではブレーキを結構踏まないといけません。回生エンジンブレーキでは効きがイマイチのように感じます。

静粛性はとても静かです。モーターを主体にしたシステムのおかげでしょう。

総合的にはガソリンターボの方が走りは良い

チェック項目 1.5Lガソリンターボ 2.0Lハイブリッド
加速感
コーナーの安定感
ブレーキ性能
静粛性

走りを比べるためにガソリンターボとハイブリッドそれぞれを試乗して乗り比べてみて私が

良いと思ったのはガソリンターボ

です。

ハイブリッドは加速力に余裕があるんですが、そんな大パワーを使う機会は少なそうです。それより、扱いやすいパワーのガソリンターボの方が良いでしょう。

また、コーナリングやブレーキ性能はガソリンターボの方が高く、安心感があります。静粛性もガソリンターボでも十分静かなので、総合的にはガソリンターボが良いと思いました。

ガソリンターボとハイブリッドの実燃費の差は約4km/L

燃費は実燃費を比較しました。

燃費 1.5Lガソリンターボ
[2WD]
2.0Lハイブリッド
[2WD]
カタログ燃費[JC08] 15.8km/L 25.0km/L
実燃費 11.5km/L 15.8km/L
燃費達成率 72.8% 63.2%

実際の燃費差は約4km/L。実燃費から計算すると、ガソリンターボとハイブリッドは約10年で約33万円の燃料代の差がついてしまうようです。

ガソリンターボの方が価格は安い。ハイブリッドの装備に必要性を感じない

<本体価格の差>

グレード 価格
SPADA
“HondaSENSING”
[ガソリンターボ]
292万円
e:HEV SPADA G
“HondaSENSING”
[ハイブリッド]
343万円
価格差: 51万円

 

<装備の差額(推定)>

装備 SPADA
[ガソリンターボ]
e:HEV SPADA G
[ハイブリッド]
Honda SENSING 追従機能付
充電用USBジャック
(急速充電対応
タイプ2個付)

充電用USBジャック付
(急速充電対応タイプ2個)
電子制御パーキングブレーキ&
オートブレーキホールド機能
車両接近通報装置
パドルシフト
インパネミドルパッド カーボンタイタニウム クールガンメタ
アウタードアハンドル カラード クロームメッキ
フロントウインドウ UV+IRカット 遮音+UV+IRカット
SPADA専用
サスペンション
e:HEV専用
16インチ
アルミホイール
SPADA専用
デザイン
e:HEV SPADA専用
デザイン
装備差額: +20万円

主な装備の違いは10点。ハイブリッドの装備はガソリンターボより20万円分多い装備が付いていると考えられます。

その20万円分の装備が必要なものかどうか調べてみました。

ハイブリッドに追加された装備に必要性の高いものは少ない

ハイブリッドに追加された装備で必要性がありそうな電動制御パーキングブレーキ。これをオンにするとブレーキペダルから足を離しても車を止めてくれるものです。でも正直サイドブレーキやフットブレーキをかける手間と大差ないと思います。

また、Honda SENSINGが追従機能付になるのでこれは渋滞時に役立ちそうですが、その他は小物類ばかりなのでハイブリッドの装備の必要性は高くないと感じました。

一般道での走りが良く、初期費用の安いガソリンターボを選ぶべき

ガソリンターボとハイブリッドの比較をまとめてみました。

比較項目 ガソリンターボ ハイブリッド
走り
燃費
価格
装備

どちらも良いところはあるんですが、買いなのは

ガソリンターボ

だと思います。

実際に購入するとなると、価格を重視してしまいますよね。ハイブリッドの余裕あるパワーや燃費は魅力的なんですが、初期費用に有利なガソリンターボの方が魅力的だと思います。

ステップワゴンの価格表から購入候補のグレードを2つに絞った

私がステップワゴンを買うのに用意できそうな予算は320万円なので、この範囲内で選ばなければいけません。

グレードを選ぶとなると、2WDと4WDで悩むところですが、私の場合4WDの使用頻度は少ないし、燃費も落ちてしまうので対象外に。

購入対象とした2WDの価格表がこれです。

ステップワゴン

ステップワゴン[2WD]
グレード 価格
G
“HondaSENSING”
271万円
G・EX
“HondaSENSING”
292万円

 

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダ[2WD]
グレード 価格
SPADA
“HondaSENSING”
292万円
SPADA Cool Spirit
“HondaSENSING”
312万円

グレードは全部で4つです。この中から装備をチェックし、2つのグレードに絞ることに。

G”HondaSENSING”は装備がショボいので対象外に

ステップワゴンG
出典:http://www.honda.co.jp/

Gはステップワゴンで1番安いグレードなんですが、装備が充実していないので対象外にしました。一つ上のG・EXと装備を比べてみると、

装備 G G・EX
ヘッドライト ハロゲン LED
1列目シート用i-サイドエアバッグ+
サイドエアバッグ(1〜3列目シート対応)
運転席&助手席シートヒーター
オートエアコン トリプルゾーンコントロール
センターテーブル
(インストルメントパネル内蔵型)
インパネミドルパッド ガンメタ 木目調
フロントドアアームレストパッド
スライドドアライニングパッド
ホイール 16インチスチール 16インチアルミ

主にこのくらい装備の違いがあります。Gは快適装備も充実していないですし内装の質感が低く感じてしまいますが、中でも気になったのはホイール。スチールホイールが装備されています。今時、軽でもアルミホイールがついているので300万円近い車でスチールホイールなのは買う気がなくなってしまいます。

価格の安さには惹かれますが、装備はショボ過ぎるのでG”HondaSENSING”を除外しました。

G・EX”HondaSENSING”のデザインがダサくて嫌

ステップワゴン_GEXvsSPADA
G・EX”HondaSENSING”は快適装備や内装は充実しているんですが、同じ価格のSPADAと比較すると断然SPADAの方に惹かれてしまいました。

価格は同じなのですが、比べてみるとどうも

G・EXがダサく見えるんです。

外装がダサいのは嫌なのでG・EXを対象外にしようと思ったのですが、カッコよくても必要なものがSPADAについてなかったら不満に感じてしまうので主な装備を比較してみました。

装備 G•EX
SPADA
LEDアクティブ
コーナリングランプ
1列目シート用i-サイドエアバッグ+
サイドエアバッグ(1〜3列目シート対応)
●(1※)
運転席&助手席シートヒーター
オートエアコン トリプルゾーンコントロール
本革巻
ステアリングホイール
FABTECT
(撥水・撥油シート)
わくわくゲート ◯(2※)
パドルシフト
16インチアルミホイール スパーダ専用デザイン
SPADA専用
エクステリア

1※オプション設定
2※非装着テールゲートに変更可能


G・EXにしか装備してないものは、シートヒーターと、トリプルゾーンコントロールフルオートエアコンだけです。

シートヒーターは寒い時にすぐに暖めてくれるので便利ですが、欲しくなったら社外品で後付けもできます。

また、トリプルゾーンコントロールフルオートエアコンだと3列目までエアコンが良く効きます。しかしよく考えれば3列目を使う機会は年に1、2回くらいしかないので、なくても良さそうです。サイドエアバッグもSPADAにオプションで追加可能。

必要な装備はついていますしオプションや後付けでSPADAに装着できるので、ダサいG・EX”HondaSENSING”は対象外にしました。

購入候補はSPADAとSPADA・Cool Spirit

検討した結果、G”HondaSENSING”、G・EX”HondaSENSING”を除外し

購入候補として

  • SPADA”HondaSENSING”
  • SPADA・Cool Spirit”HondaSENSING”

この2つを選びました。

買いなのはどっち?ステップワゴンのSPADAとSPADA Cool Spiritを徹底比較

候補として選んだ、SPADA”HondaSENSING”とSPADA・Cool Spirit”HondaSENSING”がどちらが買いなのか比較するために

  • どんな装備が追加されているのか?
  • どんなメーカーオプションが付けられるのか?

この2つを比較してみることに。

SPADA・Cool Spiritの装備は必要なのか?

SPADA・Cool SpiritにはSPADAに付いていない装備がたくさん付いてきますが、その装備が本当に必要なものかどうかチェックしてみました。

SPADA・Cool Spiritじゃなくても見た目は良い!?

stepmitamehikaku
出典:https://www.honda.co.jp/

左がSPADAで、右がSPADA・Cool Spiritです。

装備 SPADA SPADA
Cool Spirit
ホイール 専用16インチ 17インチ※
フロントグリル クロームメッキ ダーク
クロームメッキ
リアライセンス
ガーニッシュ
クロームメッキ ダーク
クロームメッキ
LED
ドアミラーウインカー
標準 スモークタイプ

※4WDは16インチホイール

SPADAとSPADA・Cool Spiritの外観の違いはこの4点。

特に見た目に関わるホイールですが、ホイールデザインはほぼ同じで、SPADA・Cool Spiritの方が1インチサイズ大きい17インチになるだけです。

このぐらいの差ならSPADA”HondaSENSING”の見た目でも大きな不満はなさそうです。

SPADA・Cool Spiritの快適装備は特に必要性を感じない

トリプルゾーンフルオート
出典:http://www.honda.co.jp/

 

装備 SPADA SPADA
Cool Spirit
1列目シート用i-サイドエアバッグ+
サイドエアバッグ(1〜3列目シート対応)
●(1※)
オートエアコン フロント+リア
マニュアルクーラー
(2※)
トリプルゾーン
コントロール
運転席&助手席
シートヒーター

1※オプション設定
2※4WDはトリプルゾーンコントーロール

SPADA・Cool Spiritだとこの3つが追加されていますが、どうしても必要とは思えませんでした。

フルオートエアコンは通常装備だと、3列目はクーラーしか付いてきませんが、トリプルゾーンコントロールになると、3列目にも暖房がいくようになります。

私は4人家族で3列目を使う機会はほぼないので、SPADA”HondaSENSING”の通常のフルオートエアコンで十分そうです。

また、シートヒーターはあれば便利ですが、欲しくなったら社外品だと5000円以下で後付けできるので、そっちの方が安上がりだと思います。

SPADA・Cool Spiritじゃなくても内容の質感は高い

stepspada_naisohikaku
出典:http://www.honda.co.jp/

上がSPADAの内装で、下がSPADA・Cool Spiritの内装です。

装備 SPADA SPADA
Cool Spirit
FABTECT
(撥水・撥油シート)
ブラックコンビシート
スポーツペダル
(アクセル&ブレーキペダル)
コートフック
(2列目右側&3列目左右)
調光機能付LEDルームランプ
(1〜3列目)
ラゲッジルームランプ LED
センターテーブル
(インストルメント
パネル内蔵型)
インパネミドルパッド クールガンメタ カーボンタイタニウム
運転手用&助手席用
バニティミラー付サンバイザー
照明付

SPADA・Cool Spiritの内装で追加されたのはスポーツペダルとセンターテーブル、コートフックといった小物類。主な変更箇所はシートやインパネミドルパッドの色、ルームランプがLEDに変わっただけです。

SPADA・Cool Spiritはインテリアの雰囲気を大きく変える装備や質感は特にないので、内装はSPADAとほぼ同じといって良いと思います。

なので、SPADA”HondaSENSING”の内装の質感でも満足できそうです。

ステップワゴンのおすすめグレードはSPADA

ステップワゴンのSPADAとSPADA・Cool Spiritを比較した結果、

買いなのはSPADAの方

だと思います。SPADAの装備のポイントはこの3点です。

  • SPADAの16インチでもカッコいい
  • SPADA・Cool Spiritの快適装備はなくても困らない
  • SPADAの内装でも質感が十分高い

SPADA・Cool Spiritの装備は、便利ですが特に必要性を感じないものが多くありました。

また、外観や内装もほぼ同じなので、SPADA”HondaSENSING”でも十分満足できると思います。

ステップワゴンで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

ステップワゴンの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は105台ですが、傾向を見るには十分な数字です。

ステップワゴンで売れているのはSPADA

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 SPADA
“HondaSENSING”
36台 34%
2位 SPADA
Cool Spirit
“HondaSENSING”
31台 29%
3位 G
“HondaSENSING”
16台 15%
4位 e:HEV SPADA G・EX
“HondaSENSING”
9台 9%
5位 e:HEV SPADA G
“HondaSENSING”
6台 6%
6位 G・EX
“HondaSENSING”
3台 3%
6位 Modulo X
“HondaSENSING”
3台 3%
8位 e:HEV Modulo X
“HondaSENSING”
1台 1%

売れているのはSPADA”HondaSENSING”。2位のSPADA・Cool Spirit”HondaSENSING”とは5台の差しかありません。どちらも同じくらい売れているといっていいので、どちらを選ぶか迷う人は多そうです。

また、ノーマルモデルのG、G・EXを合わせても全体の19%しかないので、SPADAモデルに人気が集中しています。

エンジン別ではガソリンターボが約8割、ハイブリッドが約2割という結果でした。

ハイブリッドを割高と考えている人が多いので、ガソリンターボを買う人が多いようです。

ステップワゴンを安く買うには?

stepwgngrade_yasuku
ステップワゴンを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ステップワゴンは本体価格が高いので安く買うにはとにかく値引きです!ですが、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にステップワゴンを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ステップワゴンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

ムーブ_タイトルトップ
ムーブの納期の最新情報

ダイハツムーブは2014年12月から発売されている、人気の軽自動車

デイズ_値引きトップ
日産デイズの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

新型デイズの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が◯◯万

デイズ_納期トップ
日産デイズの納期の最新情報

2019年3月にフルモデルチェンジした新型デイズ。新車販売ラン

NBOXの値引きレポート
ホンダN-BOXの値引き体験談をレポート。 値引き相場や限界はいくら?

N-BOXの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が◯◯万

N-BOX納期トップ
ホンダ新型N-BOXの納期の最新情報

2017年9月にフルモデルチェンジされた新型N-BOX。2017年

→もっと見る

PAGE TOP ↑