*

ホンダステップワゴンの実燃費を公開!高速では悪いのか?

更新日: ステップワゴン ,

ステップワゴン_燃費トップ2015年に発売したステップワゴン。燃費はJC08モードで15.0〜25.0km/Lです。

しかし、実際の燃費はそんなにでることはほぼありません。その理由はJC08モードが

燃費にめちゃくちゃ有利な計測方法だからです。

燃費で知りたいのはそんな当てにならない数字でなく、ライバル車(ヴォクシー、セレナ)との実燃費比較ではないでしょうか。これについてネット情報を中心に詳しく調べてみたので紹介したいと思います。

また、ネット情報だけではその数字が正しいのかわからないので、自分でも実際にステップワゴンに乗って燃費を計測しました。

※一部の燃費データはマイチェン前ステップワゴンの実燃費を元に算出した数値です。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


ステップワゴンの実際の燃費を公開!

ステップワゴン_gasoline
ステップワゴンの実燃費のデータはe燃費やみんカラの燃費記録を参考に、毎月のデータを記録しました。

記録したデータを

  • 平均の実燃費
  • 燃費達成率
  • 月ごとの実燃費

この3つのポイントで紹介したいと思います。

ステップワゴンの実燃費は平均より悪い

燃費 ステップワゴン(2WD)
[1.5Lガソリンターボ]
ステップワゴン(2WD)
[2.0Lハイブリッド]
カタログ燃費 16.0km/L 25.0km/L
実燃費(平均) 11.5km/L 15.8km/L
燃費達成率(平均) 71.8% 63.3%

ガソリンターボとハイブリッドの実燃費の差は4.3km/L。

実燃費に大きく関係している燃費達成率は、約6.5〜7割という数値。

これは全車種の平均燃費達成率73.1%(※)と比べてターボは同等ですが、ハイブリッドは10%程悪い数字です。ただ、この数字はめちゃくちゃ悪いというわけではありません。

このクラスのミニバンのハイブリッド車では平均的な数値のようです。

代表的なハイブリッドカーであるプリウスの燃費達成率は約7割、アクアは約6割。なのでステップワゴンの燃費達成率約6.5割という数値はハイブリッド車の中では平均的な数値のようです。

※e燃費の全車種の燃費達成率ランキング上位100位の平均

ステップワゴンの各月の実燃費を公開。春秋は良いが、夏冬は悪い

ステップワゴン_ガソリンHV実燃費比較
実燃費は季節によってかなり変動すると感じていたので、実燃費と温度の関係をグラフで表してみました。

クーラーやエアコンの使用機会が少ない春や秋は約13km/Lと、年間の平均燃費よりも良くなります。

反対にクーラーやエアコンをたくさん使う冬や夏は燃費が10km/L程度で、年間の平均燃費より悪いです。

特に燃費が悪いのが冬の寒い時期。燃費が9km/L台に落ち込みます。これは冬になるとエンジンを温めるのに、暖機運転が行われるのが原因のようです。

また、ハイブリッドはガソリンターボより各月に実燃費が約3.0〜4.5km/L高いところで推移していました。

ステップワゴンの実燃費は年間で4km/L以上変動する

月ごとの実燃費を詳しく見るため、各月の実燃費グラフを数値で表しました。

ステップワゴン(2WD)
[1.5Lターボ]
ステップワゴン(2WD)
[2.0Lハイブリッド]
1月 9.2km/L 12.7km/L
2月 9.2km/L 12.7km/L
3月 9.5km/L 14.1km/L
4月 13.7km/L 18.9km/L
5月 14.0km/L 19.2km/L
6月 13.2km/L 18.2km/L
7月 10.4km/L 14.3km/L
8月 10.4km/L 14.3km/L
9月 12.8km/L 17.6km/L
10月 13.1km/L 18.1km/L
11月 11.4km/L 15.7km/L
12月 10.5km/L 14.4km/L

ガソリンターボの実燃費は1月・2月と5月で4.8km/Lの差がありました。また、ハイブリッドは1月・2月と5月で6.5km/Lの差があり、気温によって燃費が大きく異なるようです。

ちなみにステップワゴンの燃費は価格com等の口コミでも月ごとの燃費が違うと言われています。

ステップワゴン_スパーダ燃費

約7割の人が燃費に満足していますが、残り3割の人は満足していません。

燃費が良いように思えるステップワゴンでも評価が分かれるのは口コミをした人の道路環境や計測した時期が深く関係しています。

例えば、カソリンターボで燃費の悪い1月頃に評価した人は、

「街乗りで8km/L。カタログ値の半分」

と評価し、逆に燃費の良い4月頃に評価した人は

「市街地で平均12km/Lなので十分走る」

と評価しています。

ハイブリッドでも同じような評価をされているので、季節や道路環境によって燃費にバラつきがあると考えて良いでしょう。

ステップワゴンの評判はこちらの記事で詳しく掲載しています。
欠点はここ!ステップワゴンの口コミ評価・評判

ライバル車のヴォクシー、セレナと燃費を比較

ステップワゴンのライバルといえば、ヴォクシーとセレナです。ステップワゴンの購入を考える際、一緒に検討されるライバル車の燃費も気になったので比較してみました。

ライバル車の中で、ステップワゴンの燃費は2番目に良い

燃費 ステップワゴン
[2.0Lハイブリッド]
ヴォクシー
[2.0Lハイブリッド]
セレナ
[2.0Lハイブリッド]
カタログ燃費 25.0km/L 23.8km/L 16.6km/L
実燃費(平均) 15.8km/L 16.9km/L 11.2km/L
燃費達成率(平均) 63.3% 70.9% 67.3%
重量 1,740kg 1,620kg 1,650kg
エンジン最大出力 145馬力 99馬力 150馬力
モーター最大出力 184馬力 14.5馬力 2.6馬力

【ステップワゴン】
ステップワゴンの実燃費はヴォクシーには約1km/L劣るものの、良い燃費です。実燃費が少し低くてもエンジン出力やモーター出力が高いので、パワーも燃費も欲しい人はステップワゴンが良いと思います

【ヴォクシー】
実燃費で1番良いのはヴォクシー。車重の軽さとエンジン出力を抑えていることが実燃費が伸びている要因でしょう。

【セレナ】
セレナは燃費が1番悪いです。これはマイルドハイブリッドに近い控えめなモーターアシストのため、ライバルより実燃費が4km/L以上低いのでしょう。2017年末にe-powerが追加されるようなので、追加後はライバルに燃費で並ぶことできると思います。

各月の実燃費はヴォクシーが一歩リード

ステップワゴン_ライバル実燃費比較
各月の燃費も比較してみました。

年間通してみると、ヴォクシーが一歩リードしています。

次点に少しの差でステップワゴン。セレナは2車と比べると大きく劣っているようです。

検証!実際に市街地、高速、郊外を走ってみた!

ステップワゴンの燃費を調べていると、気になってくるのが

調べた数字は正しいのか?

ということです。e燃費やみんカラのデータではかなり精度が良さそうですが、実際に測ってみないと納得はできません。

そこで、今回はステップワゴン(ガソリンターボ)に乗って燃費を計測してきました。

実測した時の条件がこれ。かなり実践的なコースを走れたと思います。

[ドライブコース]
郊外 :20km。渋滞なし、信号の数は少なめ。
高速 :30km。渋滞なし。
市街地:20km。渋滞あり、信号は多め。

[走行条件]
走行日 :2017年6月13日
外気温 :22℃
天候  :曇り
エアコン:25℃(A/CスイッチON)
運転手 :私(35歳)、51kg
同乗者 :妻(34歳)、46kg

ステップワゴンは郊外だと燃費が伸びる

ステップワゴンを郊外で試乗
今回は自宅から市街地へ向けて出発です。

郊外を走っていると、信号はおよそ2kmごとに1つしかなく、信号で止まってしまうことはほとんどありませんでした。

交通量も少なかったので、速度はほぼ一定を保ちながら走行。

特に渋滞にはまることもなく、郊外を抜ける前に燃費計に目を配ると、

『11.6km/L』

という数字でした。

この数値は平均燃費から見ると、1.1km/L程高い数値です。

郊外の走行時は、ステップワゴンについているコーチング機能(※)を利用して、緩やかな加速をするようにしていました。

コーチング機能(※)のおかげで良い燃費をマークしたのかもしれません。
ステップワゴン_コーチング機能
出典:https://www.honda.co.jp/

※エコ運転をするとメーターの色がグリーンになる

ステップワゴンの高速での燃費はかなり良い

ステップワゴンを高速で試乗
次は郊外から高速道路に乗りました。

高速走行中は快適そのもので、追い越しもせずに周りの流れにのってスムーズに走れたと思います。

目的地手前のインターチェンジで降りる時に燃費計を見ると、

『12.6km/L』

をマーク。(※高速道路に入った時に燃費計はリセット)

これは平均よりも2.1km/L程良い数値です。

高速走行時は、ステップワゴンのHondaSENSINGの機能の一つであるアダプティブ・クルーズ・コントロール(※)を使用して時速95kmで走行。この機能によって無駄な加減速がなかったことが、良い燃費につながった理由だと思います。
ステップワゴン_クルーズコントロール
出典:https://www.honda.co.jp/

※設定した速度で定速走行ができる機能。前走車と一定の距離を保ちながら、追従走行をすることも可能。

ステップワゴンは市街地では燃費が悪化

ステップワゴン_市街地
最後に、高速道路を降り市街地へ突入しました。

市街地での信号は間隔が短く、100mから200mに1つある感じでした。

交通量が多く、渋滞も発生していて発進と停止を繰り返しながら走行。

そんな燃費が伸びない環境だったので、平均速度は20km/hを示していました。

目的地に到着して燃費計をチェックすると、

『6.3km/L』

を記録。かなり悪い数字が出てしまった・・・と思いましたが、ガソリン車は発進と停止を繰り返すと燃費が悪くなりやすいので、こんなものでしょう。

平均燃費より4.2km/Lも低い結果になりました。

ドライブコース検証まとめ
ステップワゴンの燃費は10.2km/L

今回走ったのは、高速道路を中心とした総距離70km。平均燃費は10.2km/Lだったので、ネットに書かれている実燃費とほぼ同じ数値を確認できました。

ステップワゴンの燃費向上させる実験をしてみた

高速は12.6km/Lと燃費がかなり伸びましたが、カタログ燃費との差は3.4km/Lあります。

私はこの数字では満足できなかったので、帰り道はエアコンOFFで走行してみたんです。

その結果がこれ。

市街地:6.3km/L→6.6km/L
高速 :12.6km/L→13.2km/L
郊外 :11.6km/L→12.2km/L

平均して燃費を約5%アップさせることに成功。

やはりエアコンはかなり燃費に影響するようです。季節によって完全にOFFにすることは難しいと思うので、設定温度を少し控えめにするだけでも効果があるのではないでしょうか。

ステップワゴンではガソリン代はいくらかかるのか?

ヴェルファイア_燃費電卓
ステップワゴンの実際の燃費が分かったので、これをガソリン代に換算するとどれくらいになるのか計算してみました。

通勤で使うことを前提として・・・

  • 平日1日40km×20日=800km
  • 休日1日5km×8日=40km

とし、1ヶ月の走行距離を合計840kmで計算。

ガソリンの価格は1リットル120円として、1ヶ月、1年間のガソリン代を計算してみました。

1ヶ月のガソリン代は9,882円!

1ヶ月のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

{1ヶ月の走行距離(840km)÷平均実燃費(10.2km/L)}×ガソリン価格(120円)=1ヶ月のガソリン代(9,882円)

となりました。

1年間のガソリン代は118,584円!

1年間のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

1ヶ月のガソリン代(9,882円)×12ヶ月=1ヶ月のガソリン代(118,584円)

となりました。

ステップワゴンは平均的なガソリン代よりも29,072円高い

国土交通省の発表によると、ガソリン車のJC08モードの平均燃費は19.4km/L。実燃費の平均は公表されていませんが、燃費達成率を70%とすると平均的な実燃費は13.58km/L。

この数字からガソリン代を計算すると89,072円になります。

ステップワゴンの年間のガソリン代は118,584円なので、ステップワゴンは平均的なガソリン代よりも年間29,512円高くなってしまうようです。

ステップワゴンを安く買うには?

ステップワゴン燃費_気を付ける

ステップワゴンを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ステップワゴンは本体価格が高いので安く買うにはとにかく値引きです!ですが、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にステップワゴンを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ステップワゴンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

Comment

  1. たぶるくん より:

    ハイブリッドですが 月ごとの実燃費のデータを見てすごい数値ですね。まだ出たばかりの車で1.2月が12km台ってありえない数値ですよね。確かに冬はヒーターをつけるため熱源であるエンジンが回りっぱなしで燃費が悪くなりますが毎日6kmの通勤に使ってて16km/l前後です。現在シートヒーターを購入してヒーターの使用を抑えたら18km/lぐらいになりましたが。
    足も固めでもしなやかで乗りやすいです。急な加速でもグイグイ引っ張られ運転しやすいです。
    後、基本的には静かですね。でも 坂道発進では すぐにエンジンがかかるのでその際でのエンジン音は気になりますが。
    335万円は確かに高いと思いましたが 実際 乗ってみて買って正解だなと感じる車でしたね。

    • なぶー より:

      燃費は道路環境によって大きく変わってくるので、投稿いただいた燃費は冬でもかなりいい方だと思います。
      シートヒーターがあるとエアコンOFFにできるので、燃費にはかなり貢献しそうですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
RAV4_値引きトップ
トヨタ新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

トヨタ新型RAV4の値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き

RAV4_納期トップ1
トヨタ新型RAV4の納期の最新情報

2019年4月に発売されたトヨタ新型RAV4。タフで直線的なデザイ

クラウンの値引き相場や体験談
新型クラウンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

新型クラウンの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が

クラウン_納期トップ
トヨタ新型クラウンの納期の最新情報

2019年6月に発売されたトヨタ新型クラウン。ユーザーの若返り

レクサスUX_値引きトップ1
新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

2018年11月末に発売されたレクサス新型UX。購入を考えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑