*

ステップワゴンでおすすめの人気オプション・ナビはこれ!

ステップワゴン_オプショントップステップワゴンを購入するのに、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

たくさんあるオプションカタログの中から、あれもこれもと付けすぎると、予算オーバーしますし、逆にケチってしまうと

「あのオプションを付けておけばよかった・・・」
「このオプションは付けたけど無駄だった・・・」

なんてことはよくありますよね。

なので、オプションは慎重に選んだ方が良いです。

そこで、ここではステップワゴンを購入する時に必須オプションやおすすめのオプションを紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


ステップワゴンで必須のオプション・ナビはこれ

まず、ステップワゴンを購入する時にこれをつけておかないと

絶対に後悔する!

あるいは

これは不要だろう・・・

と考えられるオプションを紹介します。

安全に運転したいならHondaSENSINGは必須

ステップワゴン_ホンダセンシング出典:http://www.honda.co.jp/

HondaSENSING
オプション価格:約12万円〜17万円
オプション設定:B、G、SPADA、SPADA HYBRID B

快適な運転や事故回避を支援するHondaSENSING。安全運転にめちゃくちゃ効果的です。8つの支援があります。

<HondaSENSING>

支援 内容
衝突軽減ブレーキ[CMBS] 前走者や歩行者との衝突回避を支援
ACC※
[アダプティブ・クルーズコントロール]
適切な車間距離を保つように支援
歩行者事故低減ステアリング 車線を逸脱し、歩行者と衝突しそうになると警告・回避支援
路外逸脱抑制機能 路外にはみ出しそうになると車線内へ戻すよう注意・支援
車線維持支援システム
[LKAS]
高速道路走行時に、車線中央付近を維持するようステアリング操作を支援
先行車発進お知らせ機能 音やメーター内の表示で前走車の発進を
お知らせ
誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意喚起
標識認識機能 標識の見落とし防止を支援

※ハイブリッド車は渋滞追従機能付

特に重要な支援は歩行者事故低減ステアリング。もし運転中に居眠りをしてしまった時に

歩道に突っ込んで人をひいてしまった・・・

という最悪な事故を防止できます。

歩行者事故低減ステアリングは車線をはみ出して、歩行者と衝突しそうになった場合に作動。警告注意や車道方向へのステアリング操作を支援してくれるので、衝突を防げます。

この他にも強力に運転をサポートしてくれる機能が満載のHondaSENSING。費用は約12万円〜17万円とちょっと高いですが、これのおかげで一回でも事故を防げるなら安いでしょう。

サイドカーテンエアバッグで死亡率を低くする

ステップワゴン_サイドエアバッグ出典:http://www.honda.co.jp/

1列目シートi-サイドエアバッグシステム
+サイドカーテンエアバッグシステム<1〜3列目シート対応>
オプション価格:約14万円〜21万円

オプション設定:G、SPADA、SPADA HYBRID G
1※GとSPADAはHondaSENSING装着車のみ対象
2※GはマルチビューカメラシステムとLEDヘッドライトが追加
3※SPADA、SPADA HYBRID Gはマルチビューカメラが追加

上位グレードには標準で装備されるサイドカーテンエアバッグ。

死にたくなければこの装備は絶対に付けておいた方が良いです。

死にたくなければ絶対に付けておいた方が良いです。

大事なことなので2回言いました。

交通事故で死亡する可能性が高いのは横から追突されたケースです。それもそのはずで、横には何も守ってくれるものがありません。横から追突されたら生身の体と車がダイレクトにぶつかるようなものです。

なので、実はどんな装備よりもサイドエアバックは優先させた方が良いです。どんなに安全運転していても、交差点で横から突っ込まれるのなんて防ぎきれませんからね。

死にたくなければサイドエアバッグ!つけ忘れてはいけない装備です。

ディーラーナビは社外ナビより使い勝手が良くて安い

ステップワゴン_ベーシックインターナビ出典:http://www.honda.co.jp/

ベーシックインターナビ
VXM-184VFi

オプション価格:¥127,440

ナビを付けようと思うと

安い社外ナビを・・・

と考えがちですが、ステップワゴンの場合純正ナビの方が

  • 安全性が高い
  • 保証期間が長い
  • 価格が安い

この3点についてメリットがあります。具体的に、純正ナビと社外ナビの差がどこにあるのか紹介したいと思います。

他の機能と連動し死角での事故を防ぐ

ディーラーナビで連動できる機能としては

  • ステアリングスイッチ
    [オーディオ・ナビ]
  • ETC
  • リアワイドカメラ
    ⇒後退出庫サポート※
    ⇒後方死角サポート※
    ⇒車線キープサポート※
    ※この機能を利用するにはリアカメラdeあんしんプラスが必要(¥18,360)

この3つ。ナビの使いやすさが格段に良くなります。

特にボディの大きいステップワゴンは死角が多く、特に小さな子供は死角に入りやすく危険です。なので、後退出庫サポートはめちゃくちゃ重要な装備です。

バックカメラがあればOKという意見もありますが、バックカメラに映らない部分が多いのでそれだけでは実は危ないんです。

保証期間は純正品の方が長くて安心

ホンダ純正ナビと社外ナビの保証期間は、

  • ホンダ純正ナビ
    ⇒3年間、6万km
  • 社外ナビ
    ⇒1年間

こんなに大きな差があります。

ナビは2年目以降に故障が多くなると言われています。なので、保証期間の長い純正ナビの方が安心でしょう。もしナビが壊れてしまったら・・・

純正ナビにしておけばよかった・・・

なんて後悔することになってしまいますからね。

総額は純正ナビの方が安く済む

ディーラーナビと同等クラスの社外ナビは約8万円。4万円程社外ナビだと安く済みます。しかしバックカメラなどを含めた総額だと社外ナビの方が高くなってしまうんです。

  • 社外ナビ
    装備&工賃 価格
    社外ナビ 8万円
    社外ナビ接続用
    ステアリングスイッチ
    ケーブル&アダプター
    1万円
    バックカメラ 1.5万円
    パーツ取付け工賃
    [ナビ+バックカメラ+
    ステアリングスイッチ]
    5万円
    合計: 15.5万円

社外ナビの総額は15.5万円かかると思われます。

ディーラーナビはBグレード以外リアワイドカメラが標準装備されており、総額約15万円です。さらにディーラーナビはオプション値引きで10%〜20%安くなる可能性があるんです。

また、契約直前に

「ナビの取付け工賃をサービスしてくれたら契約する!」

と交渉すると、オプションを無料サービスしてくれることもあります。

実際にステップワゴンを買う時にオプションを無料サービスしてもらった人がいたので、こちらの体験談も参考にしてみて下さい。

ホンダステップワゴンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

ナビ装着用スペシャルパッケージで事故を防ぐことができる

ステップワゴン_ナビスペ出典:http://www.honda.co.jp/

ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
オプション価格:¥44,000
対象グレード:B
※B Honda SENSING付きモデルは標準装備

ナビ装着用スペシャルパッケージを選ぶと、ディーラーナビとの連動に必要な装備がついてきます。主な内容はこれ。

  • リアワイドカメラ
    ⇒車線変更時に死角車両をお知らせ※
    ⇒後退時に車両や歩行者を検知し注意換気※
    ⇒車線を逸脱しそうな場合に警告※
  • オーディオリモートコントロールスイッチ
    ⇒オーディオの音量調節、選曲

※リアカメラdeあんしんプラスが必要(¥18,360)

特にオーディオリモートコントロールスイッチは、前を見ながらハンドルで音量操作等ができるようになるので、事故率がかなり下がります。

なので、接触事故を起こさないために、ナビ装着用スペシャルパッケージを純正ディーラーナビに必ずセットで付けるべきでしょう。

2列目ベンチシートは使う機会が少ないので要らない

ステップワゴン_2列目ベンチシート出典:http://www.honda.co.jp/

2列目ベンチシート(8人乗)
オプション価格:約2万円〜7万円
オプション設定:B HondaSENSING装着車、ハイブリッド車以外のグレード
※Bのみ約7万円

2列目ベンチシートを追加すれば7人から8人へと多く人を乗せられるようになりますが、大家族でもない限り、8人も乗せる機会はかなり少ないと思うので必要ないでしょう。

メーカーオプションのHondaインターナビは価格が高い

ステップワゴン_ホンダインターナビ出典:http://www.honda.co.jp/

[メーカーオプション]Hondaインターナビ
(ETC+リアワイドカメラ付)
価格:約19万円

メーカーオプションのHondaインターナビは7インチモニターの割に値段が高いです。

ディーラーオプションのナビからメーカーオプションナビで追加されている主な点は安全運転コーチングぐらいです。

安全運転コーチングは危険性のある交差点の注意を促してくれたり、走行実績を振り返る機能がついているものです。あれば便利だと思いますが、普通のナビの案内でも問題ないでしょう。

同等程度のディーラーオプションのギャザズナビを選んだ方が約6万円安く済むので、メーカーオプションナビを選ぶ理由はないでしょう。

マルチビューカメラを付けなくても困らない

ステップワゴン_マルチビューカメラシステム出典:http://www.honda.co.jp/

マルチビューカメラシステム
[Hondaスマートパーキングアシストシステム+
後退出庫サポート]

オプション価格:約9万円〜21万円
オプション設定:B、モデューロX、SPADA HYBRID Bを除く全グレード
※GとSPADAはHondaSENSING装着車のみ対象

マルチビューカメラシステムはフロント、リア、左右両サイドカメラでの各視点や、上空から見下ろした映像で運転をサポートしてくれる便利な機能です。

しかしリアはバックカメラで十分ですし、フロントは視界が良いです。助手席側はサイドビューサポートミラーがあり、ほとんどの死角を取り除けます。なので、マルチビューカメラにしなくても困らないでしょう。

価格はグレードにより大きく違いますが、最低でも9万円〜となっているので割高だと思います。

ステップワゴンで必須オプションの価格はいくら?

人気の高いステップワゴン”SPADA”に必須オプションを付けた時の合計額を計算してみました。

オプション 価格
HondaSENSING ¥120,960
ギャザズベーシックインターナビ
[VXM-184VFi]
¥127,440
ナビ装着用スペシャルパッケージ ¥0
(SPADAは標準装備)
合計: ¥248,400

必須オプションの価格は合計で約25万円です。

高い・・・

と思うかもしれませんが、ナビが含まれているのでしょうがないでしょう。

ナビ装着用スペシャルパッケージはBグレード以外は標準装備となっているので、Bグレード以外なら費用はゼロです。

実際に購入する時には他にも欲しくなるオプションも出てくるでしょうから、オプション費用はこれに加えて2〜3万円は必要と考えておくと良いでしょう。

ステップワゴンのオプション・ナビランキング

順位 オプション
1位 ドアバイザー
2位 フロアカーペットマット
3位 ラゲッジマット(ブラック/1枚)
4位 リモコンエンジンスターター
(アンサーバック機能付)
5位 コンビニフック
6位 リアカメラdeあんしんプラス
(運転支援拡張ユニット)

必須オプション以外のオプションを選ぶのにどんなオプションが売れているのかランキングにしてみました。

ランキングされたものの中から、選ばれている理由をいくつか紹介します。

ドアバイザーがあれば悪天候でも車内換気が可能

ステップワゴン_ドアバイザー
出典:http://slf.honda.co.jp/

ドアバイザー
オプション価格:¥22,680

オプションを安く済ませようとして、ドアバイザーくらいなくても・・・と考えるかもしれませんが、それはやめた方が良いです。ドアバイザーは

  • 雨等の悪天候でも車内換気が可能
  • できるだけ虫を入れずに換気
  • 新鮮な空気がいつでも吸える
  • 湿度・温度調整もできる
  • タバコの煙を外へ逃がす

このような効果があります。特に、雨が降っている時に、ちょっと外の空気を入れたくなるシーンが多くあると思うので使用機会も多いでしょう。

また、社外品は純正品の半額以下で買うこともできます。

しかし、据付の制度は純正に劣るので雨が少し入り込んでくる可能性もありますし、ディーラーが無料サービスしてくれる可能性があります。

無料サービスしてもらうためには、ドアバイザーを見積もりから外しておき、契約直前に

「ドアバイザーをサービスしてくれたら契約する!」

と強く攻めることです。これで契約してくれるなら、めちゃくちゃケチなディーラーじゃない限り、喜んでサービスしてくれるでしょう。

コンビニフックを使えば足元がすっきり

ステップワゴン_コンビニフック
出典:http://slf.honda.co.jp/

コンビニフック
オプション価格:¥864

ステップワゴンのコンビニフックはインパネサイドに取り付けるものです。許容荷重は3.0kgとかなり重たいものもかけられます。

荷物や、買い物袋など何でもかけられるので、重宝するでしょう。

ちなみにケチって社外品の耐荷重は300g程度です。これはフックが両面テープ止めであるためです。また、両面テープだと夏になると暑くて剥がれてくるので、純正品を選ぶのが得策でしょう。

死角をカバーしたいならリアカメラdeあんしんプラス

ステップワゴン_リアカメラdeあんしん出典:http://www.honda.co.jp/

リアカメラdeあんしんプラス
(運転支援拡張ユニット)
オプション価格:¥18,360
※ナビ装着用スペシャルパッケージ装備車に対応

リアカメラdeあんしんプラスは、ディーラーナビと連携して安全運転を支援するものです。内容としては

  • 後退出庫サポート
  • 後方死角サポート
  • 車線キープサポート

この3点です。特に、ステップワゴンはボディが大きく死角が多いので、死角の車を見逃して車線変更をしないよう注意を促してくれます。ミニバンの運転に自信がない人の支援として大いに役立つでしょう。

ステップワゴンでオプション費用を浮かせたいならオプションカプラーが必須

オプションの取付け費用は1時間の作業で8,000円程ディーラーは請求してきます。結構な値段がしますが、もしオプションを自分でつけるならこの費用を抑えることができます。

ただ、取り付ける時は、電源をとる必要があるのですが、これがちょっと面倒なんです。そこで便利なのがオプションカプラー。

オプションカプラーは電源を取るためのパーツですが、わからない人はgoggleで「ステップワゴン オプションカプラー」で検索すると良いです。

「カプラーって何?」

とここで思った人は、絶対に手を出さずにディーラーにお願いしましょう。取付け費用はかかりますが、自分でやって車を壊してしまうよりは全然マシですからね。

ステップワゴンのオプションカプラーを購入するならAmazonが良い

ステップワゴンオプションカプラー

出典:https://www.amazon.co.jp/

オプションカプラーはネットで探せばかなり安く売られています。私がAmazonで探してみたら2,000円くらいで、こんなものがありました。

オプションカプラーが安物で壊れたという話はあまり聞いたことがないので、ディーラーで購入するのも、楽天やAmazonで購入するのも品質に大差ないと思います。

こういうところで少しでも節約できればと思います。

ステップワゴンを安く買うには?

ステップワゴン_気を付けるステップワゴンを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ステップワゴンは本体価格が高いので安く買うにはとにかく値引きです!ですが、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にステップワゴンを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ステップワゴンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
RAV4_値引きトップ
トヨタ新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

トヨタ新型RAV4の値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き

RAV4_納期トップ1
トヨタ新型RAV4の納期の最新情報

2019年4月に発売されたトヨタ新型RAV4。タフで直線的なデザイ

クラウンの値引き相場や体験談
新型クラウンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

新型クラウンの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が

クラウン_納期トップ
トヨタ新型クラウンの納期の最新情報

2019年6月に発売されたトヨタ新型クラウン。ユーザーの若返り

レクサスUX_値引きトップ1
新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

2018年11月末に発売されたレクサス新型UX。購入を考えてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑