*

新型アクアでつけないと後悔する人気オプションはこれ!

更新日: アクア ,

aqua_optop
トヨタ新型アクアの新車購入をする時に、必ず悩んでしまうのが純正オプション・カーナビです。できるだけ安く買いたいものですよね。

しかし、オプションをケチり過ぎてしまうと、後で

あのオプションを付けておけば良かった・・・

なんて後悔することになりかねません。特にメーカーオプションは後付けできないですからね。

そこで、今回は、アクアを購入する時にオプションカタログの中から、絶対につけた方がいいおすすめのオプションを紹介したいと思います。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

目次

トヨタ新型アクアの新車購入でつけた方がいい人気メーカーオプション・ナビはこれ

オプションには新車を注文する時だけに付けられるメーカーオプションと後からでも付けられるディーラーオプションがあります。

メーカーオプションが選べるのは

アクア購入時のみ!

オプションカタログ一覧の中から必須と考えられるオプションを整理したのでご紹介します。

ちなみに、アクアでは価格は安いが、オプション費用が高くなるという弱点があります。その他にも色々、購入する前に知っておいたほうが良さそうな欠点はこちら

アクアのカーナビは純正のエントリーナビキットがおすすめ ※社外品取り付け不可

aqua_navikit
出典:https://toyota.jp/

エントリーナビキット
オプション価格[税込]:66,000円

ナビは一番安価なエントリーナビキットがおすすめです。

新型アクアではで選べるナビ*はこの3つ
(*社外ナビの取り付けは不可)

  • エントリーナビキット 66,000円
  • T-Connectナビキット 110,000円
  • TV・オペレーター付き
    T-Connectナビキット 159,500円

エントリーナビキットに備わっている目的地検索や音声案内など通常のナビ機能は必須ですが、T-Connectナビキットに付いている以下の機能は上級者向きです。

  • マップオンデマンド
  • ハイブリッドナビ
  • エージェント(音声対話サービス)
  • Apps
  • オペレーターサービス(※オプション)

地図を自動更新してくれるマップオンデマンドは魅力的ですが、高速・有料道路が更新される程度なので、一般道や住所などは更新されませんしサービスは有料なので注意。

通常のナビ利用であればエントリーナビキットで十分でしょう。

【※後付け不可】寒冷地仕様はアクアの燃費悪化を防ぐ効果アリ

アクア 寒冷地仕様

寒冷地仕様
(ウインドシールドデアイサー、ヒーターリヤダクト、PTCヒーターなど)
オプション価格[税込]:19800円〜48,400円

寒冷地仕様は東北や北海道などの寒い地域しか必要ないのでは?と思うかもしれませんがこれ

アクアの燃費を向上させる

装備でもあるのです。

アクアは低速であればモーターのみで走行しますが、気温が低いとエンジンを温めるために暖機運転をします。そのため走っていなくてもエンジンがかかり、燃費が悪化します。

この暖機運転を短くするために寒冷地仕様が役立ちます。

ヒーターリヤダクト、PTCヒーターなどでは車内を効率よく温め、熱を社外に逃がさないようになるので燃費向上が期待できます。

【※後付け不可】スペアタイヤがあればパンク時にすぐに発進可能。燃費悪化の影響もほぼない

アクア スペアタイヤ
スペアタイヤ
オプション価格[税込]:14,300円
対象グレード:全グレードの2WD車

標準装備されているパック修理キットでは修理できないパンクもあるので、万が一の時のためにスペアタイヤがあると心強いです。

パンクしたらJAFなどを呼べばいいのかもしれませんが山奥や雪道等だと、なかなか来てくれないこともありますからね。

また、スペアタイヤを載せると重くなるので燃費が懸念されます。ですがスペアタイヤ程度の重さであれば燃費にほぼ影響はありません。

【※後付け不可】ブラインドスポットモニターがあれば後側方車との接触を防げる

aquablind
出典:https://toyota.jp/

ブラインドスポットモニター
(パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)
オプション価格[税込]:46,200円〜101,200円

対象グレード:B以外の全グレード

ブラインドスポットモニターは車線変更のときに重宝します。

車線変更ではサイドミラーだけでは死角になることがあるため、目視確認が必要。自動車学校でも習いましたよね。

ですが、ついつい忘れてしまいがち。

ブラインドスポットモニターがあれば隣の車線を走る車を検知して教えてくれるので、目視確認を忘れることはほぼないでしょう。

Zグレードはセットオプションなので10万円しますが、他のグレードなら約5万円〜約7万円で購入可能です。

【※後付け不可】シートヒーターはセットオプションのみ。社外品より保証期間が長い純正品は長く使える

aqua_seatheater
出典:https://toyota.jp/

シートヒーター(※セットオプション)
オプション価格[税込]:35,200円〜71,500円

対象グレード:Bグレード以外の全グレード
※合成皮革パッケージまたはコンフォートパッケージ

aqua_heaterset
出典:https://toyota.jp/

寒い冬に欲しくなるシートヒーター。安い社外品で十分では?と思うかもしれませんが、純正品がおすすめ。

社外品だと以下のようなデメリットがあります。

  • 保証期間が約6ヶ月と短い
  • 後付けタイプはズレやすい
  • 電源をどこかから拾う必要がある(運転席・助手席なら2つ)

主なデメリットはこの3つ。

社外品だと保証期間は約6ヶ月程度が多く、故障した場合は修理してもらうか買い換えないといけません。純正メーカーオプションのシートヒーターなら3年間の保証期間がついてくるので、長く使い続けることが可能です。

価格は社外品より高いですが、安心して長く使い続けられることを考えればおすすめです。グレードごとのパッケージにもよりますが、他にもステアリングヒーターといった装備もついてきますしね。

ちなみに、シートヒーター単体ではオプション設定されていません。

新型アクアでいらないメーカーオプションは?

必須オプションもあれば、不要なオプションもあります。ここで紹介しているものは優先度を下げても良いでしょう。

【※後付け不可】パノラミックビューモニターは視界が良く、小さいボディのアクアには不要

aqua_panoramicview
出典:https://toyota.jp/

パノラミックビューモニター
オプション価格[税込]:27,500円〜101,200円

対象グレード:Z以外のグレード(Zはシースルービュー機能付)

真上から自車を俯瞰した姿で確認できるパノラミックビューモニター。最近ではオプション設定される車が増えている装備ですが、アクアでは不要な装備だと思います。

なぜなら、アクアの場合小さいボディな上に視界が良い車のためからです。

どうしても運転に不安のある初心者以外には不要なオプションでしょう。

【※後付け不可】LEDヘッドライトは標準でついているものでも暗く感じることはほぼない

aqua_bibeamled
出典:https://toyota.jp/

Bi-BeamLEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ
オプション価格[税込]:110,000円

対象グレード:X、G

夜道などで視界を明るく照らしてくれるBi-BeamLEDヘッドランプ。めちゃくちゃ便利な装備なのは間違いないんですが、価格はなんと11万円も。

また、新型アクアの場合は標準で2灯式LEDヘッドライトがついているため、暗いと感じることはほとんどないと思います。なので、Bi-BeamLEDヘッドランプは不要なオプションでしょう。

【※後付け不可】メーカーオプションのアルミホイールはこだわりがなければ不要

aqua_opwheel
出典:https://toyota.jp/

16インチアルミホイール
オプション価格:39,600円〜89,100円
対象グレード:G、Z(各2WD車のみ)

GとZグレードの2WD車にのみオプション設定される16インチアルミホイール。Gが約9万円で、Zが約4万円します。

ただ、Zグレードは標準で15インチアルミホイールがついてきますし、Gはスチールホイールなもののそれほど見た目は悪くありません。また、16インチにすることで最小回転半径も大きくなり、小回りも悪くなります。

外装にこだわりがなければ不要なオプションだと思います。もし欲しくなっても、社外品で後から好みのアルミホイールを購入できますしね。

必須オプションの合計額は?

1番人気のあるXグレードに必須オプションを付けた時の合計額を計算してみました。

オプション 価格[税込]
エントリーナビキット ¥66,000
寒冷地仕様 ¥33,000
スペアタイヤ ¥14,300
ブラインドスポットモニター ¥74,800
コンフォートパッケージ ¥71,500
合計: ¥259,600

必須オプションだけで、約26万円という金額になりました。

アクアの場合は標準装備がちょっと微妙なので、必須オプションは多いです。その他にも欲しいオプションも出てくるでしょうから、プラス3万円程度で考えておくと良いと思います。

オプションカタログ一覧の中からこれは付けておくべき!
おすすめのディーラーオプションはこれ

メーカーオプション以外にも、オプションカタログの中から購入時に付けておかないと後悔するディーラーオプションがあります。それは・・・

  • フロアマット(ベーシックタイプ)
  • ETC車載器
  • アームレスト(コンソールボックス)

こちらの3つです。

フロアマットは社外製品にすると危険!?

aqua_floarmat
出典:https://toyota.jp/

フロアマット(ベーシックタイプ)
オプション価格[税込]:14,300円

純正のフロアマットは14,300円ですが、社外製品で済ませようと思えば、1万円以下でも手に入ります。

ですが下手に安物を買うとフロアマットがズレる事があります。

ニュースでもフロアマットがアクセルペダルに引っかかって事故が起きていたりします。

純正ETC車載器なら専用スペースに設置が可能。価格も社外品と比べて大差なし

aqua_etc
出典:https://toyota.jp/

ETC車載器(ビルトイン・ベーシックタイプ)
オプション価格[税込]:11,000円

オプション設定されているETC車載器を選ぶと、外付けではなく専用スペースに設置が可能です。

また、少し料金をプラスすれば、ナビ連動も可能になり純正ならではのメリットもあります。

取り付け費用もアクアの新車購入時ならサービスしてくれる可能性が高いですし、社外製品に比べて価格も大差はないので、純正品を選んだ方が得策でしょう。

アームレストがあると長距離ドライブの時の疲労が抑えられる

aqua_arm
出典:https://toyota.jp/

アームレスト付きコンソールボックス
オプション価格[税込]:28,600円
対象グレード:X、B

先代アクアでも上級グレードを選ぶかオプションでつけるしかなかったアームレストですが、新型アクアも同様にベーシックグレードにはアームレストがありません。

ただ、ディーラーオプションではアームレスト付きコンソールボックスが用意されているため、オプションで補うことが可能です。

価格は約3万円と高めですが、これがあるだけで腕の疲労を抑えられます。長距離ドライブが多い人であればつけておいた方がいいオプションだと思います。

トヨタ新型アクアを安く買うには?

aqua_opyasukukau
トヨタ新型アクアはコンパクトカーの中でも車両本体価格が高いので、重要になってくるのは値引き。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にアクアを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタ アクアの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

ヤリスクロスの最新値引き相場や値引き交渉のポイントを紹介してい

yariscross_noukitop
トヨタ新型ヤリスクロスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年9月に発売予定のトヨタ新型ヤリスクロス。スタイリッシュな

kicks_nebekisoba
日産新型キックス 値引き額の相場・限界2021年最新版!新車価格はいくら?

プロが推奨する新型キックスの値引き交渉のポイントを紹介していま

日産新型キックスの値引き推移
日産新型キックスの値引き推移。25万円、30万円引きも可能に!?

2020年6月に発売された日産新型キックス。 人気のコン

kicks_nokitop
日産新型キックスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年6月に登場した日産新型キックス。e-POWERが搭載され

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑