*

車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

更新日: 車のバッテリー

バッテリー交換嘘_トップ

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

「バッテリーが劣化していますよ。そろそろ交換しませんか?」

なんて言われた経験はないでしょうか。これ言われると、

「そろそろ寿命かな」

と思いますが、実はすぐに交換しなくてもいいケースが殆どなんですよ。それどころか、まだ1〜2年は余裕で使えたりします。

ただ、本当に劣化しているとバッテリーが上がってしまうので、こんなこと言われてしまうと心配ですよね。

そこで、この記事ではガソリンスタンドなどの営業トークに惑わされることなく、バッテリー交換をいつすべきなのか紹介したいと思います。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

バッテリーの交換時期や目安が2〜3年と言われているのはウソ

バッテリーの交換時期について、オートバックスやディーラーなどに聞くと

「2〜3年で交換しましょう」

なんて言われますし、インターネット上でも同じような情報を目にすると思います。ですがこれウソなんですよ。完全な営業トーク。

2〜3年はメーカーが壊れないことを補償している期間

車のバッテリーには保証期間があるのですが、国内製であれば殆どの場合2〜3年です。保証なので

「2〜3年はバッテリーは壊れません。壊れたら交換しますよ」

という期間なんです。

「補償の対象」「補償期間」に従って、無償で「新品」と交換させていただきます。

バッテリーの保証

出典:バッテリーの補償について(GS YUASA)

冷蔵庫やエアコンやテレビなどの家電にも保証期間があると思いますが、それと同じです。家電の場合は1年保証が多いですが、1年で家電を買い替える人なんていますか?保証が過ぎても4〜5年も使うのが当たり前だと思います。

バッテリーも保証期間が過ぎようが、使えるなら使いたいですよね。

それなのに、「2〜3年で交換しましょう」と言ってくるのは、ただのお金儲けです。情報弱者を狙い撃ちしているんですよ。ネット上でもそういう情報を見たら、テキトウなことを言っているだけなので、信頼しない方が良いと思いますよ。

実際のバッテリー寿命は4〜5年だけど・・・

「じゃバッテリーの寿命ってどれだけなの?」

ということが気になると思いますが、普通の使い方であれば平均で4〜5年は持ちます。バッテリーにとって良い環境であれば、10年経っても壊れなかったという事例もあるぐらいですから、バッテリーってけっこう長く使えるんですよ。

2〜3年でバッテリー寿命が尽きることも

バッテリー切れ
出典:https://www.irasutoya.com/

ただ、車の使い方によってはバッテリーの寿命が短くなるケースもあります。

  • 週末ぐらいしか車に乗らない
  • 夜間走行が多い
  • 短距離走行が多い
  • 寒冷地に住んでいる
  • バッテリーを一度でも上げた事がある

このようなケースでは2年〜3年程度で寿命が来ることが多いので、車検の前にバッテリーが上がってしまったなんてこともアリがちです。

バッテリーの電圧確認で交換のタイミングがわかる

バッテリー_電圧チェック
出典:https://www.autobacs.com/

バッテリー寿命は4〜5年ですが、すぐに交換する必要は実はありません。5年経ってもまだまだ使えることはありますから。

重要なのはバッテリーが劣化しているかどうか確認することです。

電圧が12Vを切ればイエローカード。11V台ならバッテリー上がり寸前か!?

新品のバッテリーは12.5V〜13V未満の電圧を表示します。

状態 電圧
正常 12.5V〜13V
劣化 11.5V〜12V
危険 11.5未満

※エンジン停止状態

11.5V未満だと車によっては、バッテリー上がりになるケースが良くあります。12Vを下回ったあたりから

「そろそろ交換したほうが良いかも・・・」

と考え始めたほうが良いでしょう。

バッテリーの電圧を確認する裏技

バッテリーの電圧チェックは

”オートバックスで、テスターを買って・・・・”

みたいなことを言いたいところですが、そんなの面倒ですよね。そこで1つ裏技をご紹介します。

やり方はめちゃくちゃ簡単でディーラーやオートバックス、ガソリンスタンドで見てもらえば良いんですよ。

「バッテリーの電圧を見てもらえませんか?」

と言うだけ。

相手もバッテリー交換で儲けたい気持ちがあるので、喜んでやってくれます。WIN-WINというやつですね。

もし「劣化しています。交換しましょう」と言われたら電圧がどれだけだったのかそのスタッフに確認してください。12V以上まだ電圧ある場合は完全な営業トークなので、無視して構わないです。

また、その場で交換するとけっこうな金額を請求されることも少なくありません。バッテリー交換なんてやり方を知っていれば誰でもできることなので、自分でやってみるのもいいと思いますよ。

電圧チェック以外にバッテリー寿命の症状はないのか?

A:CCA値もチェック!

昔のバッテリーは性能が低下してくると、セルの音とか変だったりヘッドライトが暗くなったりとバッテリ寿命を知らせる症状はありました。

ですが、最近のバッテリーは性能が良いので、壊れる直前まで普通に動くので、そういう兆候を感じることができないようです。

だた、兆候がなくてもCCA値が異常がある場合があります。電圧と合わせてCCA値もあわせてチェックしてみると良いでしょう。

軽やハイブリッド車のバッテリー交換時期

軽やハイブリッドだとバッテリーがちょっと特殊なので、交換時期も普通の車とは違います。

家庭に1台はどちらかの車はあるのではないでしょうか。

軽(アイドリングストップ車)の短いバッテリー寿命を延ばす裏技がある!

軽_アイドリングストップ
出典:https://www.suzuki.co.jp/

実は最近バッテリー上がりが多いのは軽自動車なんです。軽にアイドリングストップ車が多いですからね。

アイドリングストップ車の場合は、使い方とか関係なくバッテリーの寿命が短いです。

バッテリーはエンジンをかけるときに一番負荷がかかります。それを車が止まるたびにやっているので、バッテリーにめちゃくちゃ負担かかっているんですよ。

普通に使っていても2〜3年でバッテリーの寿命が尽きてしまいます。ですが、寿命を延ばす方法が実はあって・・・それは

アイドリングストップをOFFにすることです。

これ、ディーラーに相談したら教えてくれました。

でも意味が分かりませんよね。燃費をよくするためのアイドリングストップなのに、バッテリーに悪いからOFFにしてくれと言うんですよ。

ちなみにアイドリングストップ車のバッテリー交換には1万円ぐらいかかります。燃費が良くても2〜3年ごとに1万円かかるので、コスト的に実はよくないんです。

ハイブリッドのバッテリーは4〜5年スパンでの交換が目安

バッテリー切れ_ハイブリッドカー
出典:https://toyota.jp/

ハイブリッド車の場合は、

  • エンジンなどを動かすための補機バッテリー
  • モーター走行するための駆動用バッテリー

この2つが付いています。

ハイブリッドのバッテリーといえばモーターを動かす駆動用バッテリーのことがよく話題になりますが、こちらは交換をする必要はほぼないでしょう。

新車から5年間、走行距離10万kmをメーカー保証しています。プリウスのタクシーなんてバッテリー交換せずに20万キロ走っている車もいますからね。

一方、補器バッテリーについては普通の車と同じなので、4〜5年スパンで交換が行われることが多いようです。

バッテリー交換時期の目安まとめ

バッテリー交換時期やチェック方法について最後にまとめてみました。

  • バッテリー寿命は平均4〜5年
  • 特殊な使い方では2〜3年
  • アイドリングストップ車は2〜3年
  • 「交換しましょう」と言われたら電圧を確認する

交換時期や寿命はあくまで目安なので、点検などで交換をすすめられたときは、電圧をスタッフに確認することが重要でしょう。





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Comment

  • 匿名 より:

    バッテリー上がりを バッテリーが壊れた。
    と表現するのは正しいのでしょうか?
    正しいとするのならばそのエビデンスを示していただきだいです。 スマホのバッテリー残量が無くなったから壊れたと言っているのと同じです笑
    勘違いしないでいただきたいのは
    バッテリーのメーカー保証とは
    品質の保証であって、 保証期間内だろうと
    バッテリー上がりを理由に交換しろと言っても
    絶対に交換しませんよ。

    • なぶー より:

      貴重なご意見ありがとうございます。
      ありがとうございます。

      記事の中で「壊れた」はバッテリーが劣化し、
      バッテリー上がりが起こりやすい状態を意味しています。
      通常のバッテリー上がりだけでは、壊れていないという認識はこの記事としても同じです。
      スマホのバッテリーに例えると、わかりやすいですね。

      また、保証期間内であればYUASA等のメーカーは無償交換しています。
      一般的な使い方でバッテリーが劣化したのであれば交換は可能である認識です。
      通常のバッテリー上がり程度では交換は難しいと思いますが
      保証範囲や内容の詳細については、各メーカーへ直接お問い合わせください。

  • 匿名 より:

    「完全な営業トーク」とバッサリ切り捨てていることに違和感を覚えました。「予防交換」ってご存知でしょうか?

    2〜3年で交換しましょう。と言われるままに交換している人は情報弱者ではありません。
    スマホなどの小物ガジェットとは違い、自動車は整備不良が使用者や第三者を危険に晒す可能性の高い物です。
    冷蔵庫などを比較対象にしていますが、保安部品に近い役割を担っている部品をそこらの家電品と同じ軸で考えないでいただきたい。

    バッテリーに限らず、寿命を残したままであっても部品を交換して車を万全な状態にすることは使用者の義務です。
    多少の営業トークがあったとしても専門家に任せて、安全を金で解決する事はリスク管理のいち方針としては正解です。ベストオブベストではないとしても、情報弱者とは言えません。

    付け焼き刃の知識で目先のコストをケチった結果、道中で故障なり事故なりを起こしてしまう事こそ真の情報弱者であると言えます。

    たしかに車業界では営業トークが蔓延っていて、悪徳な業者も多いのが実情です。
    ですが、何でもかんでも営業トークで交換を勧めているワケではありません。

    1年ごとに交換を勧めるとか、2年で絶対事故るぞ!と脅してくるようなのは営業トークかもしれませんが、
    「2〜3年経ってますけど交換しますか?」は整備士として真っ当な提案です。
    決して意地悪や儲けの為に言っているワケではない事は、記事に盛り込んでいただきたかったです。

    • なぶー より:

      コメントありがとうございます。
      >たしかに車業界では営業トークが蔓延っていて、悪徳な業者も多いのが実情です。
      >ですが、何でもかんでも営業トークで交換を勧めているワケではありません。
      この部分を見極めるために、記事の中では電圧チェックについて紹介しています。
      バッテリーの状態を確認することで、リスク管理にもつながると考えています。
      また、記事は整備士さんへの誹謗中傷をしているわけではないので、その旨ご理解いただければと思います。

  • ポン介 より:

    私はアイドルストップのついた小型車を通勤、買い物専用に使っております。一日平均のスタート(セル始動)回数は平均5回ほど月間平均で1300キロほどの使用です。
    初回車検でメーカー直営ディーラー担当者からバッテリーが弱っていますと言われましたが、交換はせず、6年を迎え、バッテリー交換を勧められた時の倍の距離を走行しています。零下4度での朝の始動も一発で全く劣化は感じません。
    前の車は10万キロで手放しましたが交換はしていません。
    注意していることはエンジン停止時はすべての電源(ライト、冷暖房、ナビなど)を切り、スタート時に始動に必要なもの以外のバッテリー負担をかけないように
    しています。
    弱電関係の仕事柄テスターは精密なものを持っておりますので頻繁にチェックしていますが、朝の始動直前の端子電圧が12.5V以下にはなっておりません。
    バッテリーの身になって労わって使えば10年前後はもつものだと思っております。これまでの数十年の経験です。

  • JoeShimamura より:

    こんにちは。記事を拝見しました。

    予防整備談義、10年持つ使い方のコメント、条件によって様々ですね。10年使える状態を保つ方は純水での保水や、シビアコンディションではない乗り方、その車の電装品や発電機の仕様(後付け含め)が、バッテリーへの依存度が低い、などなどの相乗効果でしょう。
    また、ディーラーの整備士さんでも全員は知らないであろう、PHEVの補器バッテリーなどは、始動時必要電流が10A程度なので、CCA診断は本来適切ではありません。(セルスターター車は200A前後)

    世の中にはいろいろな方がいて色々なものが在るので、万人の使用状況を網羅して記事を書くのは楽しみの域を超えてしましますね。
    私はこの記事を良心的で善意に満ちた役に立つものであると感じました。
    ありがとうございました。

  • k.k より:

    私も記事の方に賛成です。
    当方、軽自動車で、バッテリー5年弱
    使用で、自前のチェッカーでは、健全性100%、充電率が60%程です。
    セルの掛かり方も問題なし。毎日5分〜10分程度動かすだけで、ちょい乗りがほとんどですが、持ちますね。予備整備でそろそろ変えますが、問題ないんですね。ちなみにアイドリングストップ車です

    • キバヤシ より:

      コメントありがとうございます。
      アイドリングストップ車でちょい乗りでも5年持つケースがあるんですね。
      チェッカーの数値も、セルのかかりも問題なければ2~3年で買える必要はなさそうです。

  • Y.T より:

    はじめまして!為になる記事ありがとうございました。
    私の車は2013年に購入したアクアなのですが、今年で既に8年で14万km走行しているので、もうすぐにでも補機バッテリーを交換しないといけないだろうと思って、バッテリーの劣化状態の確認方法を探していたところこの記事を拝見いたしました。
    いろんなサイトを見ると、ハイブリッド車の補機バッテリーは5年が交換目安と言われているようですが、通常の車で2〜3年で交換を推奨しているところ、実際5年はもつようなので、推奨年数の倍の期間は使えると考えると、ハイブリッド車の補機バッテリーも10年くらいはもつ物なのかなぁと勝手に思っております。
    また、アクア購入前はエスティマに乗っており、定期点検をやってもらったところ、案の定バッテリー状態(CCA)が60%切っているので交換を勧められました。笑
    その時は専門業者が言うので言われるがまま交換したのを覚えています。苦笑
    まぁ、他の方のコメントも読ませて頂きましたが、車は予備整備が大事なのは確かですので、近いうちにバッテリー交換を考えたいと思っております。
    また為になる記事を楽しみにしています!

  • 匿名 より:

    L250Vミラに毎日30分以上乗車していました。
    3年ぐらい経つとセルモーターの回りが鈍くなって大体そのあとにバッテリーが上がるので3年おきにバッテリーは交換してました。
    窓はパワーウィンドウではなく手巻きです。
    商用車なのでアイドリングストップ、イモビや集中ドアロックなんて機能もついてません。
    電装品はETCと商用車についてる純正ラジオしかついてなくて暗電流は一般的な自動車に比べて少ない方だと思います。

    【「2〜3年で交換しましょう」
    なんて言われますし、インターネット上でも同じような情報を目にすると思います。ですがこれウソなんですよ。完全な営業トーク。】
    【それなのに、「2〜3年で交換しましょう」と言ってくるのは、ただのお金儲けです。情報弱者を狙い撃ちしているんですよ。】

    三年でバッテリーが上がったうちのミラバンと私は情報弱者だったみたいですね。

    • キバヤシ より:

      同じミラバンでも3年で寿命になるケースもあれば、5年もつケースもあります。
      情報弱者にならないためには今のバッテリー状態を把握し、
      交換するかどうかをご自身で判断することだと思います。

  • くっくどぅ より:

    バッテリーの状態を見るなら
    CCAテスターで、CCA値を確認するか、
    時間があるなら比重を見るのが一番。
    良い状態で上がるならオルタネーターも疑います。

    私は、液面確認した後に、パルス充電器で、定期的に2Aでの充電を一晩かけてしています。時には、200mAにてツーセット。
    普通充電よりも弱い電流で、ゆっくりと充電するのがバッテリーにはベスト。

    交換して5年以上になりますが、
    液面の変化はほぼなく、とても
    パワフルです。

    普通充電より更に低い電流でパルス充電がよいかとおもいます。
    ちなみに充電器は、ACDelcoのAD-0007です。

    営業トークと聞いて思い出したのが、昔はマフラーからの水滴で、水抜剤を買わせようとする阿呆なスタンドだらけでしたね。有毒なガスが触媒で化学変化を起こして中和され水に変化してるだけなのにね(^-^;
    白煙黒煙出ずに出てくる水は、ベストな状態。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

corollasport_nebikitop
[トヨタ新型カローラスポーツ/ハイブリッド]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2018年6月に発売されたトヨタ新型カローラスポーツ。オーリスから

corollasport_noukitop
トヨタ新型カローラスポーツの納期最新情報|納期遅れは? 

2018年6月に先代オーリスからフルモデルチェンジした、トヨタ新型

lexusis_nebikitop
レクサスISの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2013年5月にフルモデルチェンジされたレクサスIS。やや人気が衰

lexusnx_nebikitop
レクサスNXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2014年7月に発売されたレクサスNX。発売から5年以上経過してい

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑