*

2.投資を考えはじめる人が増えている! 【投資信託/初心者】

更新日: 投資信託 初心者

スポンサーリンク

老後のお金はさらに足りなくなる?

あなたの老後は大丈夫?で、老後を迎えるまでにどうやら3400万円の貯蓄が必要と
いう数字を得ました。

今回は、貯蓄と退職金の話をします。
いま現在、手元にある貯蓄の中央値は約500万円、もらえる退職金の平均は
約2300万円でした。合計は2800万円。つまり3400万円には、
1000万円の不足ですね。
退職金の額を増やすというのはなかなか難しいので、ゆとりある老後を送るためには、
貯蓄500万円を元手に600万円を作る、つまり500万円を1100万円にしないと
いけなくなります。

実際、金融機関に相談に行ったりすると、大体これと似たような話を聞くことに
なるでしよう。しかし、私は事態はもつと深刻だと思っています。
近年は投資を考えはじめる人が増えていますが、その背景にあるのは、この不足額を
「補おう」としているだけでなく、自分が老後を迎えるころには
年金も退職金も当てにならないと考える人が増えているからだと、私は考えています。

退職後の暮らしを考える3つの視点

今までの話は、次の3つの要素に分解することができます。

①老後に突入する時点での貯蓄
②老後の年金収入はどのくらいあるのか
③老後の支出はどのくらいあるのか

退職金というのは、当然① の話ですよね。① の金額として必要な額が3400万円
でしたが、その大部分を占めるであろう退職金がいくらもらえるかわからない、
そもそももらえるかどうかもわからないということになると、早くもこの部分は信用
できません。また、年金問題はよく騒がれていますが、不安を感じていない人はまず
いないと思います。
私自身、②の年金収入は「ゼロ」と想定しています。年金はゼロ、そのぶん①を
増やして、③に耐えられるお金を作らないとマズイ・・・と思っています。
そして、③ の支出。支出面での不安は物価の上昇と増税です。物価の上昇と
増税については別ページで詳しく説明しますが、モノの値段が上がれば、当然ながら
支出額も増えます。2014年4月に消費税が5%から8%に増税されましたが、
今後さらなる増税される可能性は非常に高いです。
例えば、所得税が増税されれば②の収入面でマイナスになります。

更なる増税が今後ある

日本は借金大国ですので、何らかの形で、財政のツケが、「国民負担」
という形で回ってきます。今の水準でゆとりのある生活費が38万3千円だとしても、
物価が上昇して、例えば消費税率が10%とか15%になった場合には、
この金額は大きく増加します。
そう考えると、「いまのうちに何らかの手を打たないとマズイ!」と感じるのは当然です。
投資の必要性を感じる人が増えているのもうなずけます。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
株が大暴落したときアセットアロケーションはどうする?

本日(2014年10月14日)日本株が大暴落しました。 日経平均株価

50倍の利益!?アセットアロケーションの効果とは

アセットアロケーション(資産配分)は利回りに大きく影響します。 銀行

no image
リターン、リスクの分析には過去のデータを活用せよ【アセットアロケーション】

投資信託の「長期保有」や「積立て投資」の運用結果を予想している方は

no image
為替リスクと為替ヘッジって? 【投資信託/初心者】

「為替リスク?」「為替ヘッジ?」 投資信託の初心者の方でもどこかで聞

no image
投資信託の5つのメリット【投資信託/初心者】

投資信託とは何なのか? で投資信託について説明してきました。 では

→もっと見る

PAGE TOP ↑