*

トヨタ新型カローラスポーツでオススメの人気オプション・ナビはこれ!

公開日: カローラスポーツ

corollasport_optop

トヨタ新型カローラスポーツを購入するときオプションカタログの一覧を見ていると悩んでしまうのがオプション選び。できるだけ安く買おうと思うと、なるべくオプションパーツは最低限にしたいところですが、オプションをケチり過ぎると後から

あのオプションを付けておけばよかった・・・

と後悔することになりかねません。

そこで、新型カローラスポーツを購入するときの必須オプションやナビ、これは不要だろう…と思えるおすすめのオプションを紹介したいと思います。

兄弟のカローラツーリングのオプションはコチラです

 



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

トヨタ新型カローラスポーツで必須オプション・ナビの価格はいくら?

まず、トヨタ新型カローラスポーツを購入する時の必須オプションを紹介します。ここでの必須オプションは安全装備など

つけておかないと絶対に後悔する!

と考えられるオプションのことです。

カローラスポーツのナビは純正品のディスプレイオーディオのみ。社外品は交換・取り付けできない!

corollasport_entrynavi
出典:https://toyota.jp/

エントリーナビキット
オプション価格:¥66,000[税込]

新型カローラスポーツは最近のトヨタ車の流れで、7インチディスプレイオーディオが標準で装備されています。それによってapple car playといったスマホアプリとの連動、または純正ナビキットでしかカーナビを使うことはできません。

社外品を取り付けることもできなくもないようですが、基本的には取り付けできないんです。さらに純正ナビキットなら

  • 使いやすい
  • 保証期間が長い
  • 安く購入可能

このようなメリットも。

スマホアプリを使用してナビを使うことはできますが、ナビアプリの使用中は通信料がかかります。ナビキットであれば一度購入してしまえば通信料がかかることもなく、使い続けることが可能です。

また、純正ナビキットならディーラーオプションでオプション値引き10%〜20%をゲットできる可能性もあるため、安く買うこともできます。そうなるとエントリーナビキットは値引き次第では約5.3万円で手に入れられるんです。

保証期間も3年と長く、純正品は安心して使えるので純正ナビキットを選ぶべきだと思います。

こちらの方も純正ディーラーナビの使い勝手に満足しているようですね。

ブラインドスポットモニターをつけておけば死角による事故を低減できる

corollasport_blindspot
出典:https://toyota.jp/

ブラインドスポットモニター[BSM]+リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]
※1.2Lガソリンターボ(6MT車)はリヤクロストラフィックオートブレーキではなくリヤクロストラフィックアラート[RCTA]となります
オプション価格
G”X”[ガソリン・ハイブリッド]:¥127,600[税込]
G、G”Z”[ガソリン・ハイブリッド]:¥66,000[税込]

走行中、隣を走る車両との接触事故を抑えてくれるブラインドスポットモニター。特に高速道路でこの装備は重宝します。

高速道路では速度域が高いですが、車線によって80km/hで走っている車もいれば100km/h、新東名の一部区間等といった場所によっては120km/hで走る車も。このように速度域が高い上に速度差もあるので、死角にいる後側方車に気づかずに車線変更してしまうと接触して大事故になる恐れがあります。

そんな時にブラインドスポットモニターがついていれば、死角内にいる車を検知してインジケーターで注意喚起してくれるので、死角の見逃しによる事故を大幅に低減してくれるんです。廉価グレードは13万しますが、売れ筋グレードは約7万で装着できるので、必ずつけるべきだと思います。

シートヒーターはGグレードでも単独で装着可能

corollasport_seatheater
出典:https://toyota.jp/

シートヒーター(運転席・助手席)
1※セットオプションの場合は本革シート+メランジ調ファブリック、運転席シートバックポケット、インストルメントパネルアッパー部ステッチとのセット
2※セットオプションはGのみ
オプション価格:¥16,500[税込]
対象グレード:G”X”、G[ガソリン・ハイブリッド]

カローラスポーツのオプションカタログを見ると、売れ筋のGグレードでシートヒーターをつけようとするとセットオプションに見えるシートヒーター。ですがこれ、注意書きのところをよく見ると実は単独でも選択可能となっています。

廉価グレードのG”X”は単独で価格が表記されてるのでわかりやすいですが、Gグレードも選ぶことができます。その価格はなんと16,500円。運転席と助手席のシートヒーターが純正品でこの価格でつけられるとなれば、欲しい人にとっては買いだと思いますね。

社外品でもこれより少し安いものはありますが、保証期間は純正の3年または60,000km走行という条件ほど手厚くは保証されていません。信頼性も純正品の方が高いので、シートヒーターをつけるなら純正品一択でしょう。

スペアタイヤがあればパンク状態を問わず交換できる


スペアタイヤ
オプション価格:¥11,000[税込]
対象グレード:G”X”、G[ガソリン・ハイブリッド]

上位グレードのG”Z”以外にオプション設定されているスペアタイヤ。搭載されているタイヤパンク修理キットがあるから要らないだろう…と思うかもしれませんが、スペアタイヤはオプション設定があるならつけておいた方がいいです。

スペアタイヤでもタイヤパンク修理キットでも応急処置できるということに変わりはないですが、実はタイヤパンク修理キットでは修復できない状態があるんです。タイヤ側面や大きな傷がある場合には、タイヤパンク修理キットでの修復は不可。

一方スペアタイヤであれば、ホイールとタイヤを丸ごと変えられるので、パンクの状態を問わず交換して走行可能な状況に復活させられます。スペアタイヤを選ぶとデッキボードが高床タイプとなったり、オプションのアクセサリーコンセントが装着不可となるデメリットはあるものの、いざという時のためにスペアタイヤを積んでおいた方がいいと思いますね。

カラーヘッドアップディスプレイがあれば視線の移動を抑えられる

corollasport_colorheadup
出典:https://toyota.jp/

カラーヘッドアップディスプレイ
オプション価格:¥44,000[税込]
対象グレード:G”Z”[ガソリン・ハイブリッド]

最近では軽自動車にもオプションでつけられるようになってきたカラーヘッドアップディスプレイ。これがあれば視線の移動を抑えられるので、より安全に運転することが可能になる安全装備の一つです。

カラーヘッドアップディスプレイがない場合は、速度管理やナビ案内確認のためスピードメーターやナビに視線を移動することになりますが、その間は数秒わき見することになります。数秒とはいえ、タイミングが悪いと判断が遅れ事故の原因になる可能性も。

そんな時にカラーヘッドアップディスプレイがあれば、わき見をすることなく前方を向いたまま運転することができるので、安全運転に専念することができます。価格は4万円しますが、事故のリスクを抑えられるならつけるべきだと思います。

見た目にこだわりがなければスチールホイールでも十分

corollasport_steel
出典:https://toyota.jp/

16インチアルミホイール
オプション価格:¥78,100[税込]
対象グレード:G”X”[ガソリン・ハイブリッド]

廉価グレードのG”X”にのみ標準装備される15インチスチールホイール。見た目がダサいのでついついGが装備している16インチアルミホイールをオプションで追加したくなりますが、見た目以外の性能ではそこまで大差はありません。

16インチアルミホイールにしても、走りや燃費がめちゃくちゃ良くなるわけでもありません。価格も8万円もしてしまいますし、もし後でアルミホイールが欲しくなっても安い社外品を選べばいいと思うので、16インチアルミホイールは不要だと思います。

オプションの本革シートはこだわりがなければ不要

corollasport_hongawaseat
出典:https://toyota.jp/

本革+ウルトラスエード(サテンメッキ加飾付)
[ブラックまたはセンシャルレッド]
※電動ランバーサポート、運転席シートバックポケットとセット
オプション価格:¥162,250[税込]
対象グレード:G”Z”[ガソリン・ハイブリッド]

本革+メランジ調ファブリック(サドルタン)
※運転席シートバックポケット、シートヒーター、インストルメントパネルアッパー部ステッチとセット
オプション価格:¥143,000[税込]
対象グレード:G[ガソリン・ハイブリッド]

廉価グレードのG”X”以外にオプション設定がある本革シート。セットでの購入となってしまうこともあり、価格は14万円以上もしてしまいます。

ただ、装着すると車内に高級感が出ておしゃれな雰囲気になるため、満足感は高くなるメリットはあります。ですが、正直本革シートでなくても困ることはありません。標準のファブリックシートでもホールド性や耐久性で劣ることはありません。それに、本革だとしっかりメンテナンスしないと劣化してヒビ割れ等が起こるデメリットも。

ファブリックであれば細かいメンテナンスは不要ですし、シートにこだわりがなければ本革シートはいらないと思いますね。

ディスプレイオーディオ+6スピーカーは9インチだと前方の視界がやや悪くなる

corollasport_display9inch
出典:https://toyota.jp/

9インチディスプレイオーディオ+6スピーカー
オプション価格:¥28,600[税込]
対象グレード:G、G”Z”[ガソリン・ハイブリッド]

トヨタカローラスポーツでは全グレードに標準装備の7インチディスプレイオーディオ。GとG”Z”グレードでは、さらに大きな9インチディスプレイ+6スピーカーのオプションが用意されています。

9インチだと画面は大きくなりますし、使い勝手もよくなりそうなのですが、実はデメリットがあるんです。それは前方の視界。

corollasport_displayhikaku
出典:https://toyota.jp/

比較画像で見てもわかるように、9インチだと縦方向が長くなっています。これにより、前方の視界が若干悪くなるため、安全確認が少ししづらくなります。

特にアイポイントが低くなりやすい低身長の人だと、その影響が大きくなるでしょう。なので、使い勝手よりも安全性を重視して9インチディスプレイオーディオはつけなくていいと思います。7インチでも少し小さいだけで、機能は全く同じですからね。

新型カローラスポーツで必須オプションの価格はいくら?

人気の高い新型カローラスポーツのハイブリッドG”Z”グレードに、必須オプションを付けた時の合計額を計算してみました。

オプション 価格
エントリーナビキット ¥66,000
ブラインドスポットモニター[BSM]+
リヤクロストラフィックオートブレーキ
[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]
¥66,000
カラーヘッドアップディスプレイ ¥44,000
合計[税込]: ¥176,000

必須オプションの価格は合計で約16万円。ナビが含まれているのでこんなものだと思います。

新型カローラスポーツの場合は、7インチディスプレイオーディオが標準装備されています。そのため、社外ナビは選べないもののナビキットの価格が安く、オプション費用は比較的抑えられています。

【新型カローラスポーツ】オプションカタログの人気ランキング(後付け可)

順位 オプション
1位 フロアマット(デラックスタイプ)
2位 サイドバイザー(ベーシック、SUS)
3位 ETC車載器(ビルトイン)
[ボイス・ナビキット連動タイプ]
4位 前後方2カメラ ドライブレコーダー[i-safe Simple5]
5位 ラゲージソフトトレイ

後付け可能なディーラーオプションは新型カローラスポーツのオプションカタログの一覧から選ぶことになりますが、とにかく数が多い。

そこで、どんなオプションが売れているのかランキングにしてみました。ディーラーオプション選びの参考にしてもらえればと思います。

フロアマットは社外品だとズレが起こるリスクがある

corollasport_floarmat
出典:https://toyota.jp/

フロアマット(デラックスタイプ)
オプション価格:¥20,900[税込]

定番ディーラーオプションのフロアマット。カローラスポーツの社外フロアマットは半額程度でネットで売られていますが、純正品を選んだ方がいいと思います。なぜなら社外フロアマットだと

  • フィット感は純正に劣る
  • 耐久性が低い
  • 保証期間が短い(初期不良以外ほぼなし、または1ヶ月程度)

このようなデメリットがあるからです。

特に気をつけたいのはフィット感。この精度が低いとズレが発生して、走行中にペダル類に引っかかる恐れがあるんです。走行中に直すということはとても危険ですしリスクが高いです。

そのようなことにもならないために、取り付け精度の高い純正フロアマットを選んだ方がいいでしょう。価格は少し高いものの、耐久性が高いので長く使えますしね。

サイドバイザーは信頼性の高い純正品を選んだ方が安心

corollasport_sidebayzer
出典:https://toyota.jp/

サイドバイザー(ベーシック)
オプション価格:¥13,200[税込]
対象グレード:G”X”[ガソリン・ハイブリッド]

サイドバイザー(ベーシック・SUS)
(寒冷地仕様車除く)
オプション価格:¥23,100[税込]
対象グレード:G、G”Z”[ガソリン・ハイブリッド]

フロアマットと同じく、定番オプションパーツのサイドバイザーですが、カローラスポーツでは売れ筋のG”Z”グレードに装着しようとすると2.3万円します。社外品の2倍程度の価格です。

そのため安い社外品を買いたくなりますが、リスクがあるので安心の純正品を選んでおいた方がいいと思います。なぜなら社外サイドバイザーが強風で吹き飛ぶ恐れがあるからです。

corollasport_sidekakkaucom

出典:https://bbs.kakaku.com/

別車種の価格コムの口コミですが、このような実例が報告されていました。走行中に外れて他の車や歩行者等に当ててしまったら、と思うと怖くなりますよね…。

純正サイドバイザーなら機能性はもちろん、固定もしっかりしているので外れたという声はほとんど聞きません。なので多少高くても信頼性の高い純正サイドバイザーを選ぶべきだと思いますね。

ドライブレコーダーはあおり防止以外にも活躍してくれる

corollasport_dorareko
出典:https://toyota.jp/

前後方2カメラドライブレコーダー
[i-safe Simple5]
オプション価格:¥44,220[税込]

最近ではかなり多くの車がつけるようになったドライブレコーダー。特にあおりによる事故が目立ち始めてから装着する車が増えているんですが、実はあおり防止以外にも効果的。それが信号無視によるもらい事故。

自車の方の道路は青信号だったのにも関わらず、赤信号を無視した車が交差点に進入して追突されるケースがあります。そんな時に証拠として防衛してくれるのがドライブレコーダー。

これがあれば青信号をしっかり守って自車が走行していたことを証明してくれるため、状況次第では証拠として有効になることがあるんです。

記録がない場合でも相手が素直に状況を報告してくれれば良いのですが、虚偽の報告をしてくる相手もいるので、そのような相手と出会ってもドライブレコーダーがついていれば映像を証拠として提出すれば防衛してくれます。

ちなみに社外品でも安い価格で買うことはできますが、保証期間は1年と短いですし信頼性も純正品より劣るため、多少高くても純正品を選んでおいた方が後悔しないでしょう。

新型カローラスポーツのオプションはオプションカプラー(コネクター)で自分で取り付ける

corollasport_opcapura

出典:https://item.rakuten.co.jp/

ディーラーでのオプションの取り付け工賃は、1時間の作業で8000円程です。中でも前後ドライブレコーダーなど取り付けに時間がかかるものであれば、工賃は2.5~3.5万円は取られます。

ですが、車に詳しい人なら社外品などのオプションは自分で取り付けられると思うので、この費用をゼロにすることも可能です。

カローラスポーツオプション トヨタの工賃

出典:https://bbs.kakaku.com/

ただ、取り付けるときは、電源をとる必要がありこれがちょっと面倒なんです。そこで便利なのがオプションカプラー(コネクター)。

amazonや楽天で「カローラスポーツ オプションカプラー」で検索してみてください。タコ足のような配線が5000円ぐらいで見つかります。その配線を使うことで、難しい電源とりも簡単になります。オプションの部品を自分で取り付けようと思う人は探してみてください。ですが

カローラスポーツのオプションで悩む人
カプラーって何?

とここで思った人は、手出さずにディーラーにお願いしましょう。

自分で取り付ければ無料ですが、車を壊してしまっては修理費用の方が高いですからね。

新型カローラスポーツを安く買うには?

corollasportop_yasukukau
新型カローラスポーツを安く購入するには値引きが重要になってきます。ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

カローラスポーツ_ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にカローラスポーツを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

[トヨタ新型カローラスポーツ/ハイブリッド]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ルーミーの値引き相場・目標を公開!限界は27万円?2021年版レポート

プロが推奨するトヨタ新型ルーミーの値引き交渉のポイントを紹介し

voxy_nebikitop
ヴォクシー値引き相場2021年版!ブログでは限界が60万円や80万円の事例も!?

このブログでは新型ヴォクシーの値引き交渉のポイントを紹介しています

voxy_cyuukotop
新型ヴォクシー新古車・中古車の価格相場を公開!値引き交渉のコツは?

トヨタヴォクシーを安く買いたいのであれば、新古車や中古車の購入

voxy_zankatop
ヴォクシーの残価設定ローン。5年&特別金利のシミュレーションは月々1万円台!

トヨタヴォクシー/ハイブリッドの残価設定ローンの主なメリットは

ヴォクシーZS煌Ⅲの値引き込みの見積もりを公開!乗り出し価格はいくら?

ヴォクシーで一番売れているZS煌Ⅲの価格や値引き相場について紹介し

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑