*

トヨタ新型カローラツーリングの試乗評価をレポート!ガソリン車は軽快な動きが魅力

公開日: カローラツーリング

corollat_gasoreport

カローラツーリングのガソリン車が口コミでどんな評価なのか独自調査してみました。

調査では燃費、走行性能、エンジン、乗り心地の4つをチェック。結果はこのようになりました。

 ガソリン車は軽快に動いてくれる
 トルク感があって低速域からでも扱いやすい
 ガソリン車でも静粛性が高い
 市街地は燃費が悪い

調査対象:Twitter、Youtube、2ch、価格com、独自インタビュー

デザインや価格についてはコチラで評価しています。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

カローラツーリングのガソリン車は軽快な走りが魅力

corollatgaso_souko
カローラツーリングのガソリン車の走行性能に関しては84%の人が良いと評価し、悪いと評価した人はいませんでした。試乗した人の口コミで目立ったのは

 ガソリン車は軽快に動いてくれる
 自然な運転ができる
 ブレーキの微調整が難しい
 自動ブレーキの反応がイマイチ

このような評価です。普通と評価した人でも、少しは不満な意見があるようです。

それぞれの具体的な意見に対してチェックしてみました。

 ガソリン車は軽快に動いてくれる

ハイブリッドと比べるとガソリン車は重量が軽いおかげで、軽快な動きをしてくれるようです。

実際にモータージャーナリストの河口まなぶさんも試乗して評価していました。(動画シーンは0:56から再生)

ガソリン車は交差点を曲がる時でも、そのクイックなハンドリングがわかるくらいの軽快さがあるようですね。自然に運転できるため、扱いやすく運転しやすいとも言われています。

 ブレーキの微調整が難しい

corollat_soukougaso
出典:https://review.kakaku.com/

価格コムの試乗レポートを見てみると、ブレーキがすぐに強く効いてしまい、微調整が難しいと評価していました。ブレーキに関しては慣れが必要になるかもしれませんね。

 自動ブレーキの反応がイマイチ

ツイッターで安全性能の不満な声で目立ったのは自動ブレーキの反応です。この人はバック時に、歩行者や自転車に対して自動ブレーキが頻繁に効いてしまい、バックするのが大変だったと言っています。

安全機能も効きすぎると使いにくいことがあるようですね。

カローラツーリングのガソリン車はトルク感があって低速域から扱いやすい

corollatgaso_enjine
カローラツーリングのガソリン車のエンジン性能に関しては92%の人が良いと評価し、悪いと評価した人はいませんでした。試乗した人の口コミを見てみると、

 トルク感があって低速域からでも扱いやすい
 シフト変速が少ない
 パワフルな加速力はない

エンジンの評価では特にこのように言われています。悪い評価はなかったのですが、多少は不満な声があるようですね。

それぞれの具体的な意見に対してチェックしてみました。

 トルク感があって低速域からでも扱いやすい

ガソリン車はトルク感があって低速域からでも扱いやすいと試乗では評価されていました。さらに、高速域はハイブリッドよりガソリン車の方が伸びが良いようで、CVTのシフト変速もスムーズなことも相まって扱いやすいのかもしれません。

Youtubeでモータージャーナリストの五味さんが試乗して評価していました。(動画シーンは10:46から再生)

全体的に走りの質が高いようですね。

 パワフルな加速力はない

ガソリン車はパワフルな加速力はないと言っている人がいました。

corollat_enjinegaso
出典:https://review.kakaku.com/

流れに乗る分には問題ないようですが、追い越し時等では余裕はないためその点に不満なようですね。

ただし、ほとんどの人は実用域でガソリン車のパワーは十分と言っています。パワフルなパワーを期待して試乗してしまうと不満に感じやすいのでしょう。

乗り心地は良くがガソリン車でも静粛性は高い

corollatgaso_norigokochi
カローラツーリングのガソリン車の乗り心地に関しては95%の人が良いと評価し、悪いと評価した人はいませんでした。試乗した人の乗り心地の口コミを見てみると、

 ガソリン車でも静粛性が高い
 乗り心地が欧州車のレベルに近づいた
 ロードノイズがうるさい

このように評価されていました。悪いと評価した人はいなかったんですが、ロードノイズに関する不満の声はあるみたいですね。

それぞれの具体的な意見に対してチェックしてみました。

 ガソリン車でも静粛性が高い

ツイッターを見ているとカローラツーリングのガソリン車でも静粛性が高いという試乗レポートがありました。

このように、モーター走行やアイドリングストップのないガソリン車でも信号待ちがとても静かだと言われています。

走り出すとハイブリッドとほぼ一緒という試乗レポートもあるので、カローラツーリングのガソリン車でも静粛性は高いレベルにあるようですね。

 乗り心地が欧州車のレベルに近づいた

特に乗り心地の評価が高いと言われているカローラツーリングですが、欧州車と比較できるほどのレベルまで乗り心地が良くなったと言われています。

corollat_norigokochigaso
出典:https://car-me.jp/

新型カローラツーリングではTNGAによる剛性アップや、リアにダブルウィッシュボーンサスペンションを装着したことが良い乗り心地に効いているみたいですね。

 ロードノイズがうるさい

乗り心地で唯一言われているのがロードノイズ。ガソリン車では特にロードノイズは気になるという声があります。

ツイッターでも実際にロードノイズ改善目的で、ラゲッジマットを敷いたりラゲッジ下に対策をしている人がいるほど。ワゴンタイプのラゲッジルームは独立していないため、特にセダンから乗り換える人が気になりやすいようですね。

カローラツーリングのガソリン車の燃費は高速では良いが、市街地は悪い

corollatgaso_nenpi
カローラツーリングのガソリン車の燃費に関しては72%の人が良いと評価し、悪いと評価した人は11%いました。試乗した人の乗り心地の口コミを見てみると、

 ガソリン車は高速だと燃費が良い
 市街地は燃費が悪い

特にこのように言われています。ハイブリッドの燃費評価は高いですが、ガソリン車もほとんど悪い口コミは見られませんでした。カローラツーリングはどちらの実燃費にも納得している人は多いようですね。

それぞれの具体的な評価に対してチェックしてみました。

 ガソリン車は高速だと燃費が良い

ガソリンモデルは高速だと燃費がかなり良いという口コミがありました。実際に走らせた人のツイートを見てみると、なんと実燃費は約20km/L出ていました。

WLTCモードの高速道路モードのカタログ燃費は17.6km/Lなので、燃費達成率で見ると111%という数値になっています。実際にライバルのインプレッサスポーツとシャトルとも比較してみると、このような結果に。

  カローラツーリング インプレッサスポーツ シャトル
駆動方式 2WD
エンジン 1.8Lガソリン 2Lガソリン 1.5Lガソリン
カタログ燃費
[WLTCモード]
14.6km/L 14.0km/L 19.4km/L
平均実燃費 13.5km/L 11.62km/L 18.53km/L
平均燃費達成率 92.4% 83.0% 95.5%

※データはe燃費を参照(※数値は2020年12月上旬時点)

シャトルには劣るものの、排気量を考慮するとカローラツーリングのガソリン車はかなり健闘していると言っていいと思います。排気量が大きいインプレッサスポーツより約2km/Lも良いですからね。

ライバルと比べても実燃費が良いため、満足している人が多いのでしょう。

 市街地は燃費が悪い

価格コムの試乗レポートを見ていると、街中で7.9km/Lという口コミがありました。

corollat_gasonenpiwarui
出典:https://review.kakaku.com/

このクラスのガソリン車とはいえ、かなり悪い数値です。WLTCモードの市街地モードのカタログ燃費が9.6km/Lであることを考慮しても、約2km/Lも低い値。

しかし、信号の多い市街地ではガソリン車は燃費が悪くなりやすいことが知られているため、このクラスではめちゃくちゃ悪い数値ではなさそうです。

ガソリン車の評価まとめ:旧型フィールダーと比較すると走りと乗り心地が進化!

touringvsfielder
出典:https://toyota.jp

比較項目 ツーリング フィールダー
外観
内装
走り
エンジン性能
乗り心地 ×
燃費

最後に先代フィールダーと新型カローラツーリングの評価を比較してみました。新型は先代から特に走りと乗り心地が大きく進化し、評価も格段に高くなっており、以前までのカローラとは思えないという声も多く見られます。

 ガソリン車は軽快に動いてくれる
 トルク感があって低速域からでも扱いやすい
 ガソリン車でも静粛性が高い
 市街地は燃費が悪い

ただ、内装に関しては先代のカローラフィールダーより質感は良くなりましたが、後部座席の足元や頭上のスペースが狭く、さらには乗降性の悪さも目立っています。

内装に関する詳しい評価はこちら
欠点はここ!トヨタ新型カローラツーリングの口コミ評価・評判

カローラツーリングでハイブリッドとガソリン車どっちが良い?

corollat_hyosusume
実際、カローラツーリングを買おうとする時に気になるのはガソリン車とハイブリッド、どっちが良いのか?ということだと思います。そこで、比較した結果を紹介します。

比較項目 1.8Lガソリン 1.8Lハイブリッド
走り
燃費 ×
価格 ×
装備

出典:https://8971.info/corollatouring/grade

どちらも良いところはあるんですが、おすすめは

1.8Lハイブリッド車です。

ハイブリッドは価格が高いものの、ガソリン車より走りは良いですし燃費が良いためコスパが良いんですよね。長距離を走る機会が多い人ほどハイブリッドの方がいいと思います。

一方でガソリン車は、初期費用を抑えられる魅力があります。その他、低速域から高速域までしっかり加速してくれるのはガソリン車の方ですし、軽快なハンドリングで扱いやすいです。スポーティな走りを楽しみたい人や、初期費用を抑えたい人は1.8Lガソリン車をおすすめします。

詳しい比較結果はこちら
トヨタ新型カローラツーリングのグレードの違いを比較。おすすめは人気のハイブリッドW×B

評価の高い新型カローラツーリングを安く購入するには?

colloratouring口コミ_yasukukau
これから新型カローラツーリングを購入しようと考えている人が1番気になるのは値引きだと思います。新型カローラツーリングは価格設定が高いので、値引きがかなり重要なんですが、ちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

このページを見てくれた人には騙されてほしくないので、実際に新型カローラツーリングを購入した人がどうやって値引きしてもらっているのか、体験談をチェックしてみてください。

トヨタ新型カローラツーリングの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ルーミーの値引き相場・目標を公開!限界は27万円?2021年版レポート

プロが推奨するトヨタ新型ルーミーの値引き交渉のポイントを紹介し

voxy_nebikitop
ヴォクシー値引き相場2021年版!ブログでは限界が60万円や80万円の事例も!?

このブログでは新型ヴォクシーの値引き交渉のポイントを紹介しています

voxy_cyuukotop
新型ヴォクシー新古車・中古車の価格相場を公開!値引き交渉のコツは?

トヨタヴォクシーを安く買いたいのであれば、新古車や中古車の購入

voxy_zankatop
ヴォクシーの残価設定ローン。5年&特別金利のシミュレーションは月々1万円台!

トヨタヴォクシー/ハイブリッドの残価設定ローンの主なメリットは

ヴォクシーZS煌Ⅲの値引き込みの見積もりを公開!乗り出し価格はいくら?

ヴォクシーで一番売れているZS煌Ⅲの価格や値引き相場について紹介し

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑