*

必読!マツダ2(デミオ)のMTを購入するときの5つのチェックポイント

更新日: デミオ(マツダ2)

マツダ2_mtトップ

マツダ2(MT)の燃費や走りってどうなのか?また購入するならガソリンとディーゼルどっちが良いのか?

4代目のデミオ(マツダ2)のMTには今回からガソリンモデルに加えてディーゼルモデルも発売されています。車を自分で操るMTの楽しさを知っている方はMTの購入を考えているのではないでしょうか。いざ買うとなると

「MTは燃費ってどうなのか?」
「MTの廉価版13Cってどう?」
「MTでスポルトのようなモデルはないのか?」
「ディーゼル車とガソリン車どっちを買ばいいのか?」

この辺りが気になるのではないでしょうか。私もMTには興味があったので雑誌(ベストカーや月間自家用車)やネット(価格com、みんカラ)、さらにはディーラーから直接聞いて調査しました。

今回はその中からマツダ2のMTを購入するときにチェックしておくと後悔しないポイントを紹介しますので、車選びの参考にしていただけたらと思います。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

ディーゼルのMTはATよりも0.7km/L実燃費が良い

mazda2_enenpi
出典:https://e-nenpi.com/

e燃費を見てみると、実燃費はMTの方が良いという結果になっています。その差は約0.7km/L。カタログ燃費でも約4km/L程度MT車の方が高いため、実燃費もAT車より良い結果となっているようです。

MTの方が車重が40kg軽い上に、最大トルクもAT車より抑えられていることが燃費に有利な材料となっています。ですがAT車はその代わりに低速トルクがあり、よりキビキビと走らせられることがメリットです。

ちなみにガソリン車よりディーゼル車の方が、5km/L以上実燃費が良いこともe燃費からわかっています。

燃料もディーゼルなら軽油で済みますし、燃費の面では圧倒的にディーゼル車の方が良さそうですね。

マツダ2(デミオ)のディーゼルのMTでしか味わえない走りの楽しさ

マツダ2mt_楽しさ
出典:https://www.mazda.co.jp/

コンパクトカーのMTと言えばフィットRS、ヤリス(ヴィッツ)GR SPORT、スイフトスポーツあたりが代表的です。運転が楽しいと思えるように、各メーカーで頑張って作り上げていますが、正直言ってトルクの太いマツダ2(デミオ)のMT(ディーゼル)が飛びぬけて運転が楽しいんです。

太いトルクでスポーツカー感覚を味わえる

その太いトルクをMTで操るのは最初ちょっとした慣れは必要ですが、慣れてしまえばもう他の車に戻ることは出来ないと思います。登坂路や坂道はぐいぐい上るし、高速では余裕を持って追い越しもできます。スポーツカーに乗っている感覚が存分に味わえる車になっています。

運転していて気持ちいいチューニング

自分も実際に乗ってみたのですが、コーナーシフトダウン下後の立ち上がりも良いですし、シフトチェンジの意思どうり反応します。またアクセルワークもオルガン式ペダルなのでトゥ&ヒールもすごく使いやすですしね。

よく運転する人のことを考えて、絶妙のバランスでチューニングされている車だと思います。一昔前のガラガラ音がするディーゼルからすごく進化しました。

6MTのシフトチェンジは軽快にできる

MTで多い不満点はギヤが入りにくいことだそうです。なのでギヤは少ない方が運転しやすいのが常識なんですが、今回のマツダ2(デミオ)は6MTです。6速もあると大変そうだなぁ思うかもしれませんが、そんな問題を見事に解決しています。

シフトチェンジが軽くてしっかりギヤに入る

新規開発したスカイアクティブ-MTではシフトチェンジが軽くギヤにも入りやすくなっています。なので6MTでも難なく操作ができるんです。

1速飛ばしも軽快な動き

1速⇒3速、2速⇒4速みたいな動きでも軽快にギヤチェンジが可能です。

MTは廉価版13Cのモデルが廃止になった

デミオ(マツダ2)ってコストパフォーマンスが良いので、商用車や営業車でも良く使われていましたが、先代デミオにあった13CのMTは廃止になっています。

ガソリンモデルのMTは15Sのグレードからなので、安く買おうと思っていた人はちょっと残念な情報だと思います。

スポルトのMTの代わりに15MBの設定がある

マツダ2mt_15mb
出典:https://www.mazda.co.jp/

先代デミオで人気のあったスポルトの代わりに、新型マツダ2ではスポーティグレードの15MBの設定があります。ここで期待されるのはガソリンモデルのパワー不足の解消ですよね。

15MBのMTはガソリンモデルと同じ1500ccエンジンながら、若干パワーとトルクが向上しています。 ですが、燃料はガソリンから費用の高いハイオクとなっているため、走るのが好きな人のためのグレードといって良いと思います。

また、トルクを求めるなら断然ディーゼルモデルの方があるので、走りが目的でないならMTのディーゼルの購入を考えた方が良いかもしれません。

MTは結局ディーゼルモデルとガソリンモデルどっちを買えばよい?

どっちが良いとは一概に言えませんが、こういう場合はこっちがおすすめだということは言えます。

街中走行や短距離移動なら、ガソリン

普通に街中走行や短距離移動なら、ガソリンでしょうね。軽いし、スムーズですしキビキビ走れるでしょう。

長距離移動や高速メインならディーゼル

距離移動や高速メインならディーゼルのメリットが大きくなります。燃費も良いし、中速域トルクはガソリンコンパクトとは比較になりません。
マツダ2mt_リア
出典:https://www.mazda.co.jp/

マツダ2(デミオ)を安く購入するには?

マツダ2MT_安く買う
今回の調査では実際にマツダ2(デミオ)を購入した人の意見もいろいろインタビューしたのですが、見積書を見せてもらうと

値引き交渉でディーラーに騙されている人がかなりいました。

それも、騙されたことに全く気が付いていないんです。。。

「その値引き騙されていますよ。」

なんて言えないので、そっとしておきましたが、こんな長いページを最後まで見てくれた人には同じようにディーラーに騙されてほしくありません。

こちらのページで騙されずに大幅値引きを引き出す方法を紹介しているので、参考にしてみて下さい。

マツダ2(デミオ)の値引き体験談をレポート。相場や限界を分析してみた





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トヨタルーミーの値引き相場2021年版レポート!限界は30~40万円?

プロが推奨するトヨタ新型ルーミーの値引き交渉のポイントを紹介し

al_cyukotop
アルファード中古

トヨタアルファード/ハイブリッドを安く買いたいのであれば、新古

voxy_nebikitop
ヴォクシー値引き相場2021年版!ブログでは限界が60万円や80万円の事例も!?

このブログでは新型ヴォクシーの値引き交渉のポイントを紹介しています

voxy_cyuukotop
新型ヴォクシー新古車・中古車の価格相場を公開!値引き交渉のコツは?

トヨタヴォクシーを安く買いたいのであれば、新古車や中古車の購入

voxy_zankatop
ヴォクシーの残価設定ローン。5年&特別金利のシミュレーションは月々1万円台!

トヨタヴォクシー/ハイブリッドの残価設定ローンの主なメリットは

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑