*

新型デミオ先代と比較④ リーズナブルで走るのが楽しくなるコンパクトカー

更新日: デミオ(マツダ2)

061_o
先代のデミオと新型デミオを乗り比べたところ、
どこが良くなってきたのか具体的に見えてきたので
それをお伝えしたい。

今回は第4回目(最終回)といこうことで
グレード構成&価格設定と総合評価についてレポートする。

先代はATガソリンモデル、新型はATガソリンモデル/ATディーゼルモデル
を試乗して比較した。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

アテンザ、アクセルと比べるとディーゼルがお買い得

先代は1.3リッターと1.5リッターのガソリンエンジンをライナップされていたが、
新型は1.3リッターのガソリン、1.5リッターのクリーンディーゼルエンジン
を組み合わせる。

先代の13スカイアクティブの価格は138万8572円。
これに相当する新型13Cの価格は135万円である。若干安くなった感はあるが
先代の13スカイアクティブは価格が少し高い代わりにエアコンのオート機能
などが充実していたので、価格はほぼ据え置きと言っていいのではないだろうか。

一方、ディーゼルの「XD」は32万4000円ガソリンエンジンの13Sに比べて高いが、
アルミホイールなど9万円相当の装備が付いてくる。
したがってディーゼルエンジン搭載による価格上昇は、実質に23万円である。
アテンザやアクセラのディーゼルは、ツインターボになるといった違いがあるもが、
価格上昇は約40万円に達する。
これに比較すると、デミオのクリーンディーゼルターボはリーズナブルであると言えよう。。

なので予算が許せば、ディーゼルのXDを是非選選んでほしい。
それであのパワフルなエンジンで余裕のある走りを手にいれていだだきたい。
さらにクリーンディーゼルターボは次世代自動のため、申請をすることで、
グレードに応じて1〜5万円の補助金が支給されるのだ。

総合評価:走りるのが気持ち良い唯一の国産コンパクトカー

「新型デミオ先代と比較②」でも触れたように、
新型デミオは先代に比べて全長とホイールベースを拡大しテイルも関わらず
後席の居住性はほとんど向上していない。
車内と荷室は今日のコンパクトカーでは狭い部類に入り、
ファミリーカーとしての実用性を求めれば、フィットの方が買い得だ。
アクアも狭いので、アクアとは同等だろう。

しかし後席をあまり使わない、運転手の気持ちよさを重視するユーザーには、
今回のデミオはかなり満足度が高いクルマになる。
1.3リッターモデル、ディーゼルともに、内装の質感、乗り心地、走行安定性、
パワーなどが、ほかのコンパクトカーを圧倒しているからだ。

特に車両価格の予算を200万円前後に程度で、運転の気持ちよさクルマを求める
ユーザーは、クリーンディーゼルターボエンジンを搭載したXDやXDツーリングが
ジャストフィットする。
今の日本にコンパクトカーは、この価格帯は燃費や使い勝手に重きを置いているため、
デミオのように運転手にとって気持ちの良いクルマは他にはにはない。
デミオはそんな唯一の選択肢になってきた。

デミオは車種そのものの性格も走りに重きを置いているので、
推奨グレードはXDやXDツーリングであろう。
動力性能と燃費を考えれば価格もリーズナブルである。





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

ヤリスクロスの最新値引き相場や値引き交渉のポイントを紹介してい

imp_colortop
インプレッサスポーツの人気色(カラー)ランキング

2020年10月にマイナーチェンジされたスバル新型インプレッサスポ

インプレッサ_口コミトップ
欠点はここ!スバルインプレッサスポーツの口コミ評価・評判

2020年10月にマイナーチェンジされたスバル新型インプレッサスポ

セレナ_燃費トップ
日産セレナの実燃費を公開!高速では悪いのか?

2020年8月にマイナーチェンジされた新型日産セレナ/e-po

新型ハリアー値引き額の相場2021年版!ハイブリッドの実例も

新型ハリアーの値引き交渉のポイントやグレードごとの値引き合格ラ

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑