*

デミオディーゼルに試乗。抜群の静粛性

更新日: デミオ(マツダ2)

061_o



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

走りだした瞬間に感じる鼓動

1996年に初代デミオが発表されてから18年が過ぎました。
初代デミオは使い勝手の良く、クラス上のシートを採用していました。
また、何よりもハンドリングがとても良い車でした。
ファミリークラス車だけに、表にはでませんでしたが
マツダらしく、見えない部分にこだわる車でした。

素晴らしい静粛性

今回、新型デミオのディーゼルに試乗しました。グレードはSKYACTIV-D 1.5です。
ディーゼルエンジンを搭載しておりで6速ATと6速MTが用意されています。
今回はSKYACTIV-D 1.5のATに試乗しました。

エンジンを始動してみると、ディーゼル特有の音はしごく抑えられており、静粛性は抜群でした。
走り出しは、シフトアップ時も償却が安定しており、すごくスムーズです。
トルクも十分で思わずアクセルを踏み込みたくなる。エンジンの性能は他の国内メーカーでは簡単には
真似できない代物のようです。

乗り心地はアクセラよりも上!?

スポーティさに重きをおき開発されたという6速ATは、テンポ良くシフトアップしながら
速度を上げていく。この絶妙なギア比がさらに乗り心地と操縦安定性を向上させており、
すごく素直な扱いやすい車に仕上がっている。
同じマツダの1クラス上のアクセラよりも正直言って乗り味は良いと思います。

マツダの魂が込められている

クラスNo1の乗り味と静粛性、走行性能を兼ね備えているため、大ヒット間違いなさそうです。
エンジンをかけた瞬間、車の楽しさを伝える「マツダ魂」を感じる車でした。





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トヨタルーミーの値引き相場2021年版レポート!限界は30~40万円?

プロが推奨するトヨタ新型ルーミーの値引き交渉のポイントを紹介し

al_cyukotop
アルファード中古

トヨタアルファード/ハイブリッドを安く買いたいのであれば、新古

voxy_nebikitop
ヴォクシー値引き相場2021年版!ブログでは限界が60万円や80万円の事例も!?

このブログでは新型ヴォクシーの値引き交渉のポイントを紹介しています

voxy_cyuukotop
新型ヴォクシー新古車・中古車の価格相場を公開!値引き交渉のコツは?

トヨタヴォクシーを安く買いたいのであれば、新古車や中古車の購入

voxy_zankatop
ヴォクシーの残価設定ローン。5年&特別金利のシミュレーションは月々1万円台!

トヨタヴォクシー/ハイブリッドの残価設定ローンの主なメリットは

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑