*

【新型デミオ】これがディーゼル!?驚きの静粛性とパワー

更新日: デミオ(マツダ2)

061_o

機会があったので新型『デミオ』に試乗した。
ボディは少し大きくなって、少し重くなったのはが、
話題の小排気量ディーゼルエンジンもガソリンの1.3リットル車も
とても良く走る車だった。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

ガソリン車並の静粛性

注目のディーゼル車に乗って走り始めてすぐ、
「これがディーゼル!?」
と思わせた。運転席に座っているとディーゼル車に特有のカラカラといった
エンジン音が全く聞こえてこないからだ。運転していると、エンジンの大きな
ガソリンエンジンを持つ車、そうアクセラやアテンザのガソリン車の
ように感じる。
大きなトルクを少ない回転数で出せるため、高回転でエンジンを
回す必要がないせいかガソリン車並みに静かなディーゼルに仕上がっている。

これはクルージングモードで走っているときも同じで、
ディーゼル特有の振動や音は全く感じない
静粛性や振動の面で相当にこだわったディーゼルであることが分かる。

ハイブリッド車と比べるとうるさい

では、静粛性をハイブリッド車と比較した場合はどうだろうか?
私は現在トヨタのプリウスαに普段は乗っているのだが、正直なところ
うるさいといった印象だ。
いくら、ディーゼルで静かであるといっても、それはガソリンエンジン車と
比較した場合のことである。
トヨタのプリウスやホンダの新型フィットハイブリッド等のハイブリッド車に
から乗り換えを検討している方は、静粛性には期待しないほうが良い。

パワーは2.5リッター並でアクセラ/アテンザ相当

走りの力強さは他の車はまねできない。
1.5リットルながら、パワーは同排気量のガソリン車並みの性能持ち、
トルクは2.5リットル並のパワーを持っているためか、
1tをちょっとのデミオにはかなりの余裕を感じた。

またトルクを生かした走りをすれば、燃費も良くなるので、
燃料が軽油であることを考えると経済性はハイブリッド車並みである。

経済的に大きなパワーを手に入れたい方にお勧め

この車の一番の特徴は、ガソリン車並みの静粛性と
大きなトルクを出せるエンジンである。それでもって
燃費も良いといった夢のような車に仕上がってきている。

ではどんなシーンでその価値を発揮できるかというと
高速道路や山道での登坂道路だろう。
高速道路では追い越し車線でアクセルを踏み込めば
ストレスなくかつ気持ちよく追い抜くことができるだろう。
また、登坂道路では後ろを気にすることなくどんどん登れる。
それも静かに低燃費でだ。
静と言ってもハイブリッド車と比較するとうるさいが、
それを差し引いてでも、この車に乗る価値はあるのではないだろうか。





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

ヤリスクロスの最新値引き相場や値引き交渉のポイントを紹介してい

imp_colortop
インプレッサスポーツの人気色(カラー)ランキング

2020年10月にマイナーチェンジされたスバル新型インプレッサスポ

インプレッサ_口コミトップ
欠点はここ!スバルインプレッサスポーツの口コミ評価・評判

2020年10月にマイナーチェンジされたスバル新型インプレッサスポ

セレナ_燃費トップ
日産セレナの実燃費を公開!高速では悪いのか?

2020年8月にマイナーチェンジされた新型日産セレナ/e-po

新型ハリアー値引き額の相場2021年版!ハイブリッドの実例も

新型ハリアーの値引き交渉のポイントやグレードごとの値引き合格ラ

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑