*

スバル新型フォレスターでおすすめのグレードはこれ!グレードごとの違いも徹底検証

更新日: フォレスター ,

この記事の所要時間: 166

フォレスター_グレードトップ

スバルの新型フォレスターは価格帯が281万円〜310万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びでかなり悩むのではないでしょうか。とくに

  • どのエンジンがいいのか?
    -2.5Lガソリン
    -2.0Lマイルドハイブリッド
  • ガソリン車を買うならどちらにすべきか?
    -Touring
    -Premium

この辺りが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、フォレスターのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが燃費や価格、装備など一つ一つ比較した結果、

フォレスターではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

下位と上位グレードの価格差は30万円!?

新型フォレスターの価格表です。

フォレスター
グレード 価格
Touring
[2.5Lガソリン]
281万円
X-BREAK
[2.5Lガソリン]
292万円
Premium
[2.5Lガソリン]
302万円
Advance
[2.0Lマイルドハイブリッド]
310万円

※全車AWD(4WD)のみで2WDの設定は無し

下位グレードと最上位グレードの価格差は約30万円。

安いグレードなら費用は抑えられますが、装備がしょぼくて後から

「あの装備がほしかった・・・」

ということはよくあります。

逆に高いグレードを選んでしまい

「割高だな・・・」

なんて感じることも。なので、各グレードの特徴はしっかりチェックして後悔のないようにすべきですね。

新型フォレスターはガソリンとマイルドハイブリッドのどちらを選ぶべき?

フォレスターガソリンvsマイルド

私が最初に悩んだのはガソリンとマイルドハイブリッドどちらにするかです。これを決めるのに走りや燃費、価格や装備を比較してみました。

新型フォレスターで走るならガソリンとマイルドハイブリッド、どちらの方がパワフルなのか?

フォレスター_走り
最初にしたのは走りの比較。これは実際に乗り比べをしました。比較ポイントは

  • パワー
  • コーナリング
  • 足回り
  • 静粛性

この4点。特に気になっていたのはパワーや乗り心地に直結する静粛性の部分。実際に乗ってみると色々気が付くことが多かったです。

ガソリンはパワフルな加速が魅力的。コーナリングもスムーズに曲がる

  • ガソリンの評価
    ガソリンの評価
    パワー
    コーナリング
    足回り
    静粛性

最初に試乗したのはガソリン車です。

ガソリン車では

「ハイブリッドよりもパワフルなのか?」

という点が特に気になっていました。

実際にガソリン車を走らせてみると、ハイブリッドよりも力強く加速してくれました。
出だしはややモタつく印象があるものの、登り坂や高速道路での追い抜き時などはパワフルに加速。

この他に気が付いたことは、メリットとデメリットとして整理しました。

  • [メリット]狙い通りに曲がってくれる
    コーナリングはハンドル操作に対して、素直に曲がってくれました。重心の高いSUVですが、これなら初心者の人でも運転しやすいと思います。
  • [メリット]突き上げは抑えられている
    凸凹を通過しても突き上げは抑えられています。後席に乗っていた家族もスヤスヤ眠っていました。
  • [デメリット]エンジン音がやや気になる
    モーターがついてない分、低速域は少しエンジン音が気になりました。ですが、同じクラスのSUVと比べると静かな方だと感じましたね。

マイルドハイブリッドの加速はイマイチ。コーナリングはガソリン車より扱いづらい

  • マイルドハイブリッドの評価
    マイルドハイブリッドの評価
    パワー
    コーナリング
    足回り
    静粛性

続いて試乗したのはマイルドハイブリッド。ハイブリッドでは

「ガソリン車よりもパワーはパワフルなのか?」

ということが特に気になっていました。実際に走らせてみた結果、期待外れ。モーターがついているので出だしはいいんですが、それ以降の加速力はガソリン車よりパワフルとは言えませんでした。市街地を乗るには良さそうですが、峠道や高速道路はストレスを感じてしまいそうですね。

この他に気が付いたことは、メリットとデメリットとして整理しました。

  • [デメリット]コーナリングは素直に曲がらない
    コーナリングはガソリン車ほど素直に曲がらない印象でした。車重がガソリン車より100kgくらい重いので、それが影響しているのかもしれません。
  • [メリット]乗り心地はフラットで良い
    突き上げはガソリン車同様フラットに抑えられていました。重量がありますが、ロールも抑えられていましたね。
  • [メリット]静粛性が優れている
    静粛性はやはりハイブリッドの方が高いです。特に低速域中心の市街地はとても快適でした。

総合的にはガソリン車が良い

チェック項目 ガソリン マイルドハイブリッド
パワー
コーナリング
足回り
静粛性

乗り比べてみて良かったのはガソリン車です。

決め手はパワフルなエンジンパワーです。

ハイブリッド車は出だしが良いのですが、中速域以上はパワーが足りないんです。街乗りだけならいいのかもしれないですが、高速で遠出するとなると力不足でストレスを感じてしまいそうでした。それに静粛性もガソリン車でも優秀なので、問題なさそうです。

ミドルクラスSUVでそこそこ重量があるので、パワフルなパワーがないと不満を感じそうだなと実際乗って思いましたね。

実燃費はマイルドハイブリッドの方が1.1km/L良いが、燃料費の差はほぼなし

フォレスター燃費ガソリンvsマイルド
独自調査をしてフォレスターの実燃費を計算してみました。これがその結果です。

  • フォレスター
    燃費 フォレスター
    2.5Lガソリン 2.0Lマイルドハイブリッド
    カタログ燃費
    [JC08]
    14.6km/L 18.6km/L
    実燃費 10.6km/L 11.7km/L
    燃費達成率 72.5% 62.9%

マイルドハイブリッドの方が1.1km/L実燃費が良いです。10年乗ることを考えると、約11万円マイルドハイブリッドの方が燃料費は安く済みます。

価格差が約8万円であることを考慮すると、マイルドハイブリッド車が元を取ることは可能なようです。ただし、ガソリン車の方が街中以外での燃費が良いため、メインで走るシーンによって燃料費の差はほぼなくなるでしょう。

ガソリン車は初期費用の安さが魅力。ハイブリッドとの装備の差は殆どなし

フォレスター装備ガソリンvsマイルド

新車価格と装備の比較です。装備の推定費用はガソリン車を基準として算出してみました。

<本体価格の差>

グレード 価格
Premium
[2.5Lガソリン]
302万円
Advance
[2.0Lマイルドハイブリッド]
310万円
差額: 8万円

 

<装備の差額(推定)>

装備 Premium
[2.5Lガソリン]
Advance
[2.0Lマイルドハイブリッド]
フロントベンチ
レーテッドディスク
ブレーキ
16インチ
2ポット
17インチ
2ポット
電動格納式
リモコンドアミラー
カラード サテンメッキ
運転席自動後退機能
ドアハンドル カラード メッキ
フロント&リア
バンパーガード
(樹脂製)
シルバー加飾付
アイサイト
コアテクノロジー
ECCクルーズ
コントロール付
ドライバーモニタ
リングシステム
車両接近通報装置
推定費用: +15万円

ガソリン車を基準とすると、マイルドハイブリッドには15万円多い装備が付いていると考えられます。

この15万円分の装備が必要なものかどうか調べてみました。

マイルドハイブリッドはドライバーモニタリングシステムが標準装備

フォレスタードライバーモニタリング
出典:https://www.subaru.jp/

ガソリン車とマイルドハイブリッドの主な装備の違いは8点です。特に大きな違いはドライバーモニタリングシステム。これはマイルドハイブリッドにしか設定されていない安全支援機能です。

ドライバーモニタリングシステムは、運転中のドライバーのわき見と居眠りを検知して警告を発してくれるもので、事故防止に効果的な機能です。

しかし、スバルの安全運転支援システムであるアイサイトは、ガソリンとマイルドハイブリッドどちらにも標準装備されています。アイサイトには車線逸脱抑制機能やふらつきお知らせ機能が備わっているので、アイサイトが装備されていれば事故を防ぐのに十分でしょう。

なので、マイルドハイブリッドの装備にはあまり惹かれませんでした。

燃費が良くて、価格の安いガソリン車を選ぶ方が良さそう

いろいろ比べたので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 2.5Lガソリン 2.0Lマイルドハイブリッド
走り
燃費
価格
装備

どちらも良いところはありますが、

買いなのは2.5Lガソリン車

だと思います。

決め手は走りと燃費、トータルのコストです。

ハイブリッドだとパワー不足を感じるシーンが多いので、不満を感じそうなんです。その点ガソリン車は登り坂や高速でも踏んだ分だけパワフルに加速するので、どこにいくにも不満を感じることはありません。

また、燃費は街中を中心に乗るならマイルドハイブリッドの方が良いですが、ガソリンとの差は1.1km/Lだけ。私は郊外や高速も利用することが多いのでガソリン車でも実燃費は大差がなくなります。

なので、価格差の11万円も燃料費で逆転することはなく、トータルのコストはガソリン車の方が安く済みそうです。それにマイルドハイブリッドは1番価格の高いAdvanceの1グレードしか選べませんし。

装備はマイルドハイブリッドの方が充実していますが、私になくても問題ないものばかりでした。

そうなると、初期費用の安いガソリン車に惹かれますね。

購入候補はTouringとPremium

私が購入候補として選んだのはTouringとPremiumです。

フォレスター_選んだグレード
出典:https://www.subaru.jp/

その理由は2つあります。

予算350万円で購入できる

私が新車を購入するのに出せる予算は350万円。

2.5Lガソリン車の全てのグレードは諸費用込みでも予算に収まりそうです。

ちなみに同じ350万円だと、CX-5やエクストレイルが購入可能。しかし、雨天時や雪道での走行性能の高さや、安全装備が充実していることを考えるとフォレスターの方が断然いいと思いますね。

Touringでも安全装備が充実!

<安全装備>

安全装備 Touring X-BREAK
アイサイト
アイサイト
セイフティ+
(運転支援+視界拡張)
●※ ●※
デュアルSRS
エアバッグ
サイドビュー
モニター

※オプション設定

<内外装>

内外装 Touring X-BREAK
17インチ
アルミホイール
Touring用 X-BREAK用
本革巻ステアリング
ホイール
シルバー
ステッチ
レッドオレンジ
ステッチ
ピアノブラック調
シフトパネル
光輝シルバー
加飾
レッドオレンジ
加飾
サイド
クラッディング
レッドオレンジ
加飾
撥水カーゴ
フロアボード
ルーフレール ●※
(レッドオレンジ
加飾付)

※オプション設定

X-BREAKは2番目に価格の高いグレードで、内外装には至るところにオレンジ色が使われていて、アクティブな印象になっています。しかし、快適・安全装備はTouringでも殆ど同じ。

価格の安いTouringでも安全装備は充実しており、必要に応じてX-BREAKと同じ安全装備をオプションで追加することもできます。

オレンジの内外装のために10万円も出すことはできないので、安いTouringを選んだ方が賢い買い物になりそうです。

違いはどこ?新型フォレスターのTouringとPremiumを徹底比較

フォレスターTouringvsPremium

購入候補はTouringとPremium。

価格の高いPremiumの方が装備は充実してそうですが、実際に買うなら少しでも安く買いたいところです。

そこで、

  • 外装
  • 快適装備・安全装備
  • 内装

この3点をオプション込みで比較し、価格の安いTouringでも満足できそうかチェックしてみました。

外装はPremiumの装備が充実。Touringだと不満に感じる

フォレスター見た目TouringvsPremium

左がTouringで右がPremiumです。主な外装装備の違いは5点あります。

<外装装備>

外装装備 Touring Premium
アルミホイール 17インチ 18インチ
フロント
フォグランプ
LED
光輝ウインドゥ
モール
リバース連動
ドアミラー
●(1※)
ドアミラーメモリー
&オート格納機能
●(1※)

1※セットオプション

Touringは17インチアルミホイールが装備されていて、ちょっと貧相な雰囲気。

一方でPremiumはアルミホイールが18インチとなり、ウインドゥモールは光輝になるので引き締まって見えますね。さらにフォグランプもLEDになるため、視界不良の場面では視認性も良くなるんです。

Premiumの外装装備の方が魅力的なので、Touringだと不満に感じそうです。

Touringの快適・安全装備だと不満を感じる

フォレスター安全装備TouringvsPremium

快適・安全装備の主な違いは7点です。

<快適・安全装備>

快適・安全装備 Touring Premium
フルオート
エアコン
3連ダイヤル
タイプ
2連ダイヤル
タイプ
キーレスアクセス&
プッシュスタート
●(1※)
シートヒーター
(運転席+助手席)
3段階温度
調整機能付
運転席&助手席
8ウェイパワーシート
●(1※)
アクセスキー対応
運転席シートポジション
メモリー機能
●(1※)
アイサイト
コアテクノロジー
アイサイトセイフティ+
(運転支援)
●(2※)
アイサイトセイフティ+
(視界拡張)
●(2※) ●(2※)

1※セットオプション
2※オプション設定

特に欲しい装備はアイサイトセイフティ+運転支援。これがあると駐車場での後退時や、走行中に後側方から接近する車両との衝突を防ぐのに効果的なんです。

とくに後側方はドアミラーからは死角になりやすく、速度差の大きい高速道路で車線変更時に接触すると命を落とす大事故になりかねません。

そんな時にアイサイトセーフティ+運転支援がついていれば安心。後側方から近づいてくる車両を検知し、注意を促してくれるので事故を抑えてくれます。

Premiumはこの他にもパワーシートなどの快適装備が充実しているので、Touringの快適・安全装備だと不満を感じそうです。

内装はTouringとPremiumに大差はない

フォレスター内装TouringvsPremium

内装装備の違いはこの3点です。

<内装装備>

内装装備 Touring Premium
インパネ
加飾パネル
シルバー塗装 パンチング
メタル調
シート材質
(ファブリック
/トリコット+合成皮革)
Touring用 Premium用
(※)
アルミパッド付
スポーツペダル

※オプションで本革シートに変更可能

フォレスター_インテリア比較TouringvsPremium
出典:https://www.subaru.jp/

TouringとPremiumの内装にほとんど大差はありません。アルミパッド付スポーツペダルはPremiumに装備されていますが、Touringにも社外品で補えます。なので、Touringの内装でも満足できそうです。

新型フォレスターでおすすめグレードはPremium

  • 総合評価
    総合評価 Touring Premium
    外装装備
    快適・安全装備
    内装装備

新型フォレスターのTouringとPremiumを比較した結果、Touringだと不満に感じそうです。

Touringでも内装に大差はありません。一方で

  • 18インチアルミホイール(外装装備)
  • アイサイトセイフティ+運転支援(快適・安全装備)
  • 運転席&助手席パワーシート(快適・安全装備)

これらはTouringに標準装備されていません。アイサイトセイフティ+運転支援とパワーシートはオプションで装着可能ですが、全て欲しいならPremiumを選んだ方がよいでしょう。欲しい装備が全部手に入りますし、安く済みますからね。

しかし、一部の装備だけつけるのであればTouringを選んだ方が費用を抑えれます。

私の場合は外装装備や快適・安全装備に欲しいものが多いので、最初からPremiumを選んだ方が安く済みそうです。

新型フォレスターで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

新型フォレスターの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は100台。少ないように感じますが、傾向を見るには十分な数字です。

スバル新型フォレスターで売れているのはAdvance

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 Advance
[2.0Lマイルドハイブリッド]
51台 51%
2位 Premium
[2.5Lガソリン]
23台 23%
3位 X-BREAK
[2.5Lガソリン]
20台 20%
4位 Touring
[2.5Lガソリン]
6台 6%

売れているのはAdvance。2位のPremiumとは28台の差があります。

エンジン別で見ると2.5Lガソリンが49%、マイルドハイブリッドが51%という結果に。フォレスターはどちらのエンジンも同じくらい人気があるようです。

新型フォレスターを安く買うには?

フォレスター_安く買うならここに気をつける

新型フォレスターを安く買おうと思うと、重要になってくるのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型フォレスターを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

スバル新型フォレスターの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Comment

  1. フォーレ より:

    アドバンスは購入時の減税が6.5万円ある事は加味しないのでしょうか?

    • なぶー より:

      減税を入れると条件が複雑になるのでこの記事では入れていません。
      また、減税は見直しが頻繁に行われる性質があり、読者が混乱するとこちらでは考えています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑