*

[ホンダ フリード]おすすめグレードはこれ。価格と装備を徹底比較

この記事の所要時間: 124

新型フリード グレード 価格

ホンダの新型フリードが2016年9月16日に発売されます。新型フリードを購入するときにまず考えることはグレード選びではないでしょうか。価格帯は188~265万円とグレードによって価格に開きがあるので、自分に必要なグレードをしっかり選びたいところです。

私も新型フリードハイブリッドの新車購入を考えているので、

グレードごとの装備や価格の違いって何?

ということがめちゃくちゃ気になっています。

私には妻と二人の子供がいるので、グレードのチェックの観点としては家族にとって快適な装備が付いているのか?が大きなウェイトを占めることになります。また、購入すると約7年は乗り続けることになるので、メインの運転手である自分が快適かどうかも重要なところです。

この記事では、私が独自でグレード比較した結果とそこから見えてきたおすすめのグレードを紹介したいと思います。また、実際に購入するとなると他の人はどんなグレードを選んでいるかも気になるので、売れ筋や人気グレードを調べてランキング化しました。

細かいことはどうでもいいから、すぐに人気グレードやおすすめグレードが知りたい方はこちらを見てください。
新型フリードの人気グレードとおすすめグレード

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型フリードの新車価格は高い?いくらで買えるのか価格表とグレード一覧チェックしてみた

まずはどんなグレードがあってその価格がいくらなのか価格表やグレード一覧をチェックしてみました。

新型フリードのガソリンモデルの価格は188万円から

ガソリンモデルの価格表

グレード FF 4wd
B 188万円 209万円
G 198万円 221万円
G Honda SENSING 210万円 233万円

 

新型フリードのガソリンモデルの価格帯は188~233万円(6人乗り)です。グレードはベースになるB、一般的な装備が搭載されたG、GグレードにHonda SENSINGが追加されたグレードの3つです。

ガソリンモデルのFFだと200万円前後の価格帯なのでオプションや諸経費を含めても総額で220~230万程あれば手が届く範囲です。できるだけ費用は抑えたいと考えている方はこのあたりから選ぶことになりそうです。

また、4WDはFFモデルよりも約20万円価格がアップします。4WDに関してはどのメーカーも20万程アップするのは当たり前なので、価格が高いわけでも安いわけでもありません。

新型フリードのハイブリッドの価格は225万から。4WDの設定もあり

ハイブリッドモデルの価格表

グレード FF 4WD
HYBRID B 225万円 247万円
HYBRID G Honda SENSING 249万円 272万円
HYBRID EX 265万円

 

新型フリードのハイブリッドモデルの価格帯は225~265万円(6人乗り)です。グレードはガソリンと同じくベースのBに一般的な装備が付いたG。さらにハイブリッドには特別装備が付いたEXまでラインナップされています。

ベースグレードのHYBRID Bだとガソリンモデルよりも37万アップしますが、これはホンダの新型ハイブリッドシステムのSPORT HYBRID I-DCDの価格です。4WDがFFよりも20万円高いのはガソリン車と同じです。

ちなみにハイブリッドモデルは一番安いHYBRID Bを選択すれば250万円で手が届きます。オプションによって価格は多少前後すると思いますが、ハイブリッドモデルを購入する予算の目安にはなりそうです。

ガソリンモデルにないHYBRID EXはHYBRID Gよりも価格が10万円アップしています。このグレードには4WDの設定がありません。4WDも作れないことはないと思いますが、4WDだと価格が285万円になり、総額が300万円を超えてしまいます。おそらく、私のようなサラリーマンでも手が届くような価格設定にしているのでしょう。

新型フリードのグレードの違いはどこ?装備を徹底比較(ガソリン車編)

新型フリード グレード一覧 ガソリン車

各グレードに価格差がありますが、車そのものは同じなので、差額は付いている装備によるものです。その装備の価格が高いのか安いのかガソリン車とハイブリッド車それぞれをチェックしました。まずはガソリン車から。

新型フリードのBグレードは最低限の装備

ベースのBグレードは

  • フルオートエアコン
  • スマートキー

この2つの装備がメインです。ホント必要最低限の装備なので、新型フリードを新車で購入しようと考えているような一般家庭ではなかなか受け入れられないグレードだと思います。営業車用のグレードでしょうか。

私ならもう少しお金を出して上位のグレードを買うか、旧型のフリードを中古で購入することを考えますね。

新型フリードのGグレードには実用的な装備がモリモリ

GグレードはベースのBグレードに装備を追加しています。価格差は10万円。10万円でどんな装備が付いてくるのか?またそれがお得なのかチェックしました。

  • リア左側パワースライドドア(7万円)
  • 木目調インパネパネル(2万円)
  • 助手席側シートパックポケット(5000円)
  • センターテーブル(1万円)

合計で10.5万円の装備が付いてきます。

私の嫁は買い物で両手が塞がっていてもワンタッチでドアが開けられるように、リア左側パワースライドドアは絶対に欲しいと言っています。それに後部座席で子供におやつをあげるのにセンターテーブルも欲しいと言っています。今まで乗っていた車にはなかったものですが、あると欲しくなるみたいです。。。

個人的には助手席側にパワースライドドアを追加して使い勝手を良くした程度にしか感じないので、もっと装備を充実させてほしいのが本音です。例えばクルコンとか。価格を200万円以下に設定するために装備を少し抑えているようです。

新型フリードのG Honda SENSINGの価格は3万円程割安?

新型フリード Gグレード Honda SENSING

ガソリンモデルのGグレードにはHonda SENSINGが付いているグレードがあります。価格は12万円アップですが、この価格は3万円お得です。

Honda SENSINGはオプションでも付けることができますが、その場合は15万円かかります。新型フリードのG Honda SENSINGを選択すると12万で手に入れることができます。

これがあると長距離運転はかなり楽だし、安全性能も大幅に向上させることができます。主な機能は

  • 高速道路ではレーンを外れないように自動でハンドルが動いてくれる
  • 速度も前の車にぶつからないように自動でスピード調整
  • 万が一の時は自動でブレーキ

この3つです。

高級車のような装備ですが、同じHonda SENSINGをオプション設定しているオデッセイでは、購入した人の2人に1人Honda SENSINGを付けているデータがあるので、フリードでもこのグレードは人気が出るでしょうね。

新型フリードのグレードの違いはどこ?装備を徹底比較(ハイブリッド車)

新型フリード グレード一覧 ハイブリッド車

続いてはハイブリッドモデルです。基本的にはガソリンモデルと同じオプションが装備されていますが、ハイブリッドならではの装備も付いています。

HYBIRD Bも装備がしょぼい

ベースになるBグレードはガソリンモデルと同じで必要最低限の装備しか付いていません。費用をなるべく抑えたかったので、最初はBグレードの購入を考えていましたが、あまりにも装備がしょぼいのでこれは対象外にしました。

せっかく新車で買うなら、家族も自分も満足できる車が良いですからね。

HYBIRD Gは実用的な装備が付いて6.5万円お得

HYBIRD GはベースのHYBIRD Bに便利な機能が追加されています。基本的にはガソリンモデルと同じですが、下記の赤字の2つの装備はHYBIRD Gだけの標準装備です。HYBIRD Bとの価格差は24万円。それだけの価値があるのかチェックしてみました。

  • リア左側パワースライドドア(7万円)
  • 木目調インストルメントパネル(2万円)
  • 助手席側シートパックポケット(5000円)
  • センターテーブル(1万円)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ(3万円)
  • LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナーリングライト(5万円)
  • Honda SENSING(12万円)

HYBIRD Gで追加される装備は総額30.5万円です。6.5万円分もお得です。赤文字にしているHYBIRD Gだけの標準装備の2つは機能的でほしいものばかりなので、私が購入する第1候補のグレードになりそうです。

ちなみに標準装備のナビ装着用スペシャルパッケージって何なの分かりづらいですが、リアカメラ、オーディオリモートコントロールスイッチ、リア2スピーカーがセットで付いてきます。

また、LEDアクティブコーナーリングライトこれも分かりづらい装備ですが、これは曲がる先をライトで照らしてくれます。LEDヘッドライトは直線的な光なので、コーナーリングライトが曲がる先が良く見えるので、安心して曲がることができます。

HYBIRD Gのみの標準装備には無駄なものが何一つないのは良いですね。

新型フリード LEDアクティブコーナーリングライト

HYBIRD EXは見た目・安全性・快適性がアップして5万円お得

HYBIRD EXはHYBIRD Gの装備に加えて、主に見た目を良くする装備が9個追加されています。HYBIRD Gとの差額は16万円それだけの価値があるのかチェックしてみました。

  • 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+
    サイドカーテンエアバッグシステム(3万円)
  • 運転席&助手席シートヒーター(5万円)
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー(1万円)
  • コンビシート(プライムスムース×ファイブリック)(2万円)
  • 本革巻ステアリングホイール(1万円)
  • インテリアイルミネーション(1万円)
  • ロールサンシェイド(5000円)
  • シートバックアッパーポケット(5000円)
  • 15インチアルミホイール(4万円)

HYBIRD EXに追加される装備の総額は16万円です。グレードの価格的には妥当です。割安でも割高でもありません。

見た目に関する装備が多いですが、シートヒーターとサイドエアバッグはあると助かります。ハイブリッド車はエンジンがかかっている時間が半分になるので、はっきりって寒いです。なので、シートヒーターがあると冬場も暖かいです。

サイドエアバッグはやっぱりあると安心できます。ミニバンタイプは横の衝撃に弱いので、こういう装備で防御力をアップさせておくと安心できますね。

予算に余裕があれば、見た目が良くなり、快適性・安全性もアップするHYBIRD EXを選択するもの悪くないと思います。

新型フリードの新車売れ筋・人気グレードランキング

実際に購入するとなると他の人はどんなグレードを購入しているのか気になりますよね。そこで、他の購入者がどのグレードを購入しているのかを調べてランキング化してみました。調査は独自のルートで調査しているのでやり方は公表できませんが、実際の販売データ約1000件を元に算出しています。あくまで参考値になりますが、選択基準の1つとして御覧ください。

(※新型は調査中なので旧型のランキングを紹介しています)

旧型の売れ筋人気グレードランキング

順位 グレード 台数
1位 フリードハイブリッド
ジャストセレクション
98台
2位 フリード 1.5G
ジャストセレクション
48台
3位 フリード 1.5G
プレミアムエディション
28台
4位 フリードスパイクハイブリッド プレミアムエディション 23台
5位 フリードスパイク
1.5G プレミアムエディション
10台

 

旧モデルではハイブリッド車もガソリン車のGグレードが人気でした。1位はHYBIRD Gに当たるハイブリッドジャストセレクションです。やはり、便利な機能がたくさん付いてお得なグレードが人気のようです。

新型でも同じような順位になることは予想できるので、新型フリードの人気グレードを1~3位でランキング化しました。

順位 グレード
1位 HYBIRD G
2位 G HONDA SENSING
3位 G

1位はHYBIRD G 。ハイブリッドでフル装備になるので、人気があって当然だと思います。2位はガソリンモデルのG HONDA SENSING。Gだとクルコンの設定がないので、G HONDA SENSINGを選ぶ人が多くなると思います。私がガソリン車を買うなら絶対そうします。

ホンダ新型フリードのおすすめグレードはこれ!

フリードハイブリッド おすすめグレード

いったん車を購入すると次の買い替えまでは7~8年はあると思います。そこで最後に3回目の車検まで(7年間)のり続けることを考えた時に、おすすめするグレードを紹介します。

新型フリードのハイブリッド車ならHYBIRD G HONDA SENSINGがおすすめ

やはりオススメはランキング1位のHYBIRD Gです。燃費良し、装備良しで、価格も総額になると270万程なの手が届く範囲です。少し値は張りますが、何年も乗る車なので、多少背伸びしても後悔はないと思います。

私も購入するならこのグレードを第1候補として考えています。他にもこれを購入してしまえば3回目の車検までは快適に過ごせそうですからね。

新型フリードのガソリン車はG HONDA SENSINGがおすすめ

ガソリン車の購入を検討されている方には、G HONDA SENSINGがオススメです。Gもそこそこの装備はついてますが、どうしても物足りなく感じます。

新型を買うのであれば、多少値は張っても快適性や安全面にこだわってもいいのではないかと思います。安くて良いなら旧型の中古でも良いわけですからね。またフリードを手放す時にHONDA SENSINGが付いていれば査定額も良いでしょうし、トータルコストで考えると高い買い物ではないでしょう。

 

新型フリードを安く買うにはどうしたらいい?

最後に、フリードの購入を考えている人は、フリードがいくら値引きしてもらえるのか気になるところだと思います。実際にフリードを購入した人たちの体験談をこちらで紹介しているので参考にしてみてください。

ホンダ新型フリードのハイブリッドの値引き体験談をレポート。見えてきた相場や限界とは





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑