*

ホンダフリードがモデルチェンジ。新型の発売日や価格の最新情報

更新日: フリード/ハイブリッド

この記事の所要時間: 1039

新型フリード 最新情報

「This is サイコーにちょうどいい」のフレーズでお馴染み、ホンダのフリード。ステップワゴンなどで代表されるミニバンほどの大きさは不要なまでも、7人乗りの車が欲しいという層に大ヒットしました。そんな大人気を博したフリードですが、何回かのマイナーチェンジを繰り返してきたものの、意外なことに2008年の登場から一度もフルモデルチェンジをしていません。しかも最近ではトヨタから登場したプチバン、シエンタの登場により存在感が薄くなりつつありました。

しかし今年、2016年の2月末になって、遂に運命の時がやって来ました。そう、2016年秋にフリードのフルモデルチェンジが発表されるようなのです。

そこで今回は新型フリードの様々な情報を徹底予想します。最新情報をもとに、発売日はもちろん、グレード、価格、ハイブリッドの有無など気になる情報に画像を交えながら新型フリードをご紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

2015年~2016年で見えてきたモデルチェンジ後の新型フリードの最新情報(価格、画像)

既に雑誌でもネット上でも、あちらこちらで情報が飛び交っている新型フリード。ですが現状、公式から発表されているのは「フリードがフルモデルチェンジされる」という情報のみで、確定情報は殆どありません。けれど、中にはテストカーの目撃情報や、予想販売価格など購入を予定しているユーザーの気になる情報が公開されています。そこでこの章では、フルモデルチェンジが噂された2015年から本命とされている2016年までに出てきた価格などの情報を、画像を交えて紹介します。

なぜ?2015年の東京モーターショーに新型フリードが出展されなかった理由は?

東京モーターショー コンパニオン
出典:http://www.huffingtonpost.jp/

2年に一度の車の祭典、東京モーターショー。このモーターショーは、各メーカーが多くの新型やコンセプトモデルを発表する絶好の機会です。ここで大体的に宣伝することが出来れば、雑誌等で情報を得るより何倍も購買意欲が向上します。だからこそ、この場を利用しない手はありません。しかし2015年の東京モーターショーに、その年にフルモデルチェンジがされると噂されていた新型フリードの姿はありませんでした。果たして、何があったのでしょうか?

新型フリードが東京モーターショーに出店されなかった原因。そう見られているのが、2015年に発生したリコールやタカタ問題です。当初は2015年にフリードのフルモデルチェンジが噂されていましたが、リコールとタカタ問題により開発が遅れたのでは、という見方がされています。確かにリコールの対応に追われながら新型を開発するというのは、楽ではありません。ホンダは新規顧客の獲得よりも、ご愛顧してくれている既存顧客への丁寧な対応を選んだのかもしれません。

しかしタイミング悪く、2015年7月にはシエンタが登場してしまいます。御存知の通り、驚異的な燃費性能を引っさげて登場したシエンタを見て、さらなる開発が余儀なくされたという予想も濃厚です。もしかしたら既にその時点で新型フリードは完成の日の目を見ていたのかもしれませんが、 こればかりは巡りあわせ。新たに開発することを選択し、中途半端な状態で新型を出展したくなかったため見送った。これが東京モーターショーに新型フリードが登場しなかった理由とされています。

外観や内装が気になる。モデルチェンジ後の新型フリードの画像はどこで見れる?

新型フリードですが、既にテストカーが目撃されており、いくつかその外観の画像が出回っています。

フリード 画像 開発中 フロント
出典 http://newcarmagazine.blog.fc2.com

フリード 画像 開発中 リア
出典 http://blog-imgs-90.fc2.com/

見れば確かにフリードです。少しわかりにくいですが、現行型とはエクステリアがやや異なっているのがわかります。雑誌の予想図ではフィットに似せたフロントマスクになっていましたが、実際はどうなるでしょう。それと何となくですが、少し大きくなっているような……気がしないでもありません。すごく気になります!

そしてもうひとつの「気になる」ですが、やはり内装も気になります。ですが残念なことに、コチラに関しては画像が出回っていません。まだ公に姿を現していませんから当然ですね。インテリアに関しては気長に待つしかないようです。

フリードのフルモデルチェンジ後の価格はいくらになる?

続いては気になる価格帯です。コチラに関してはリークされた情報はまったくなく、完全なる予想を立てることしか出来ません。果たしてホンダは、今回の新型フリードをどのぐらいの価格帯で投入してくるのでしょうか? 検証してみたいと思います。

まずは現行フリードの価格帯を見直してみましょう。ガソリン車の価格帯は174万円~236万円で、ハイブリッド車は221万円~239万円となっています。一方、ライバル車であるシエンタのガソリン車は168万円~212万円、ハイブリッド車は222万円~232万円です。価格帯としては、ほぼ同等のレンジと言っていいでしょう。しかし現状では燃費が上回るシエンタに軍配が上がってしまう事態は避けられません。故に、新型のフリードはガソリン・ハイブリッドとも現行と同じ価格帯である170万円~240万円のレンジでの勝負になる可能性は高いです。

もしくは、新型のフリードが燃費や性能でシエンタを上回ることができ、シエンタよりも優位性を発揮できるのであれば強気の値段設定をしてくることも予想されます。実際にオデッセイハイブリッドも、他のライバル車より圧倒的な性能を誇ったことで価格を上昇しています。それに見合う性能があれば、10万円~20万円程度の上乗せがされた状態で販売されるかもしれませんね。

ホンダフリードのモデルチェンジの予定時期はいつ?

未だ2016年2月末にフルモデルチェンジされるという以上の情報が発表されていない新型フリード。詳細なスペックはもちろんのこと、気になる価格や発売日に関しても推測の域を出ていません。ここではベストカーなどの雑誌を始め、ネット上で予想されている発売の情報をまとめていきます。果たして、気になる新型フリードの発売日はいつになるのでしょうか?

ベストカーなどの最新情報では発売日がいつだと言っているのか

現在、ネット上や雑誌では新型のフリードの発売日について、様々な予想がされています。販売関係者から聞いた話では、一番高い可能性としては2016年の8月~9月頃ではないか、とのことです。もちろん、公式発表ではありませんのでズレこむことは大いに予想されます。

モデルチェンジ後の新型フリードはどうなるのかさらに予想してみる

新型フリード 予想

マイナーチェンジとは異なり、フルモデルチェンジ後の見た目はもちろん性能さえガラッと変えてしまうため隅から隅まで情報が気になってしまうというもの。そこで、この章ではフルモデルチェンジをする新型フリードの気になる情報を、大胆に予想してみたいと思います!

フルモデルチェンジで噂のターボモデルは設定されるの?

以前から、新型フリードには3気筒1リッターターボが搭載される予定がありました。結論から言うと、期待されていたターボモデルは見送られました。2015年末に行われたビジネスミーティングにて、そのような話があったそうです。なので、新型フリードは1.5リッターハイブリッドと、1.5リッターのNAモデルのみの設定になりました。何故、あれだけ期待されていたのにターボを見送ってしまったのでしょうか。

予想では、ステップワゴンで設定された1.5リッターターボが思いのほか振るわなかったことが一因だと思われます。もとよりダウンサイジングターボは燃費向上を目的とされ採用されていますが、信号機や渋滞の多い日本の市街地とは非常に相性が悪く、むしろ燃費を悪化させてしまう恐れすらあります。ただでさえ最近は燃費を重視する傾向にあるので、その教訓を活かしたのかもしれません。

ライバル車であるシエンタが登場したことも、ターボモデルの搭載に歯止めをかけたと予想されています。シエンタも1.5リッターのNAとハイブリッドの設定で、20.6Km/Lと27.2Km/Lという高い燃費を達成。一気にフリードを圧倒し、プチバンとして高い人気を博しました。これは現在のシエンタの16.6Km/Lと21.6Km/Lを大幅に上回る性能です。ただでさえ強いライバル車を相手取り、燃費で相手を上回りたいところですから、ターボを導入している余裕はありません。

ですが、将来的にダウンサイジングターボを搭載した車が出てくる可能性はあります。ターボに期待していた方は、気長に待つ必要がありそうですね。

モデルチェンジ後はハイブリッドの4WDモデルが発売されるのか?

これまで、唯一ガソリン車にのみ設定されていた4WDモデル。しかし今回のフルモデルチェンジで、ハイブリッド車にも4WDが設定されるという見込みが強まりました! もしも本当にハイブリッド車に4WDが設定されれば、ライバル車であるシエンタに大きな優位性を得ることが出来ます。特に、雪国に住んでいる方や雪国へ行くことの多い層には、新型フリード一択となる可能性が大です。

実のところ、VEZELハイブリッドには4WDが設定されており、新型フリードに設定される可能性は非常に濃厚です。代償として燃費は損なわれてしまいますが、それはフリードに限ったことはではありませんし、差別化を図るためにも是非とも実現してほしいところですね。

新型フリードでは燃費はどれだけ出るのか

もはやフルモデルチェンジをするとなった際に、一番と言っていいほど気になるのが燃費です。現行のフリードも好燃費なだけに、どうしても期待値が高まってしまうところです。何より、ライバル車であるシエンタの驚異的な燃費性能に対し、ホンダフリードがどのように食らいついてくるのかという別の期待もあります。果たして新型フリードは、どのぐらいの燃費を叩き出せるのか。少し予想してみましょう。

おさらいになりますが、シエンタハイブリットの燃費は27.2Km/Lです。現行フリードの燃費と5.6Km/Lと大きく水をあけられています。やはりホンダとしては、この差を埋めるのではなく、上回りたいというのが本音でしょう。では、次にホンダ車の他のハイブリッド車を見てみます。エンジン周りやパワートレインが同じとなのはVEZELなので、搭載されるのは同じエンジンになるかもしれません。VEZELと同じパワートレインとなると燃費は27.0Km/Lとシエンタを超えることは出来ず、かつ車重の問題でそれ以下になることは確実です。

ですが、ホンダのハイブリッドの1.5リッターで最高峰といえば、ご存知フィットです。JC08モード燃費では36.4Km/Lと驚異的な数字をマーク。一説ではフリードにこのクラスのエンジンを搭載することも予想されており、実現すれば車重による燃費が低下を見込んでも30Km/Lを超えるか、少し下回る程度のスコアを記録できますね。現に2015年に登場したSHUTTLEハイブリッドも1.5リッターエンジンを搭載して、34.0Km/Lの燃費を達成しています。ホンダの技術力に期待しましょう!

モデルチェンジ後の値引きはいくらぐらい期待できるのか?

フルモデルチェンジした車を購入しようとする人が、ディーラーで一番気になるのが「いくら値引きしてもらえるか?」でしょう。やはりイイ車を安く買いたいというのが、買い手の本音です。果たして新型フリードは販売直後、どの程度の値引きが期待できるのでしょうか。

車は買う時期さえ選べば、大幅な値引きを期待できるというのは割と知られている事実です。有名なのは決算期である2月・3月や、夏のボーナス商戦である6月・7月、9月の中間決算期に、12月の年末商戦ですね。多くの方は、この時期に交渉されているのではないでしょうか。また、モデルチェンジした後に生産が終了になる間際なども、在庫を掃きたいディーラーが安売りする、なんていうのもありますね。

しかしフルモデルチェンジ直後は、当然の事ながらディーラーは自信を持っているので値引きにはあまり応じてくれません。予想以上に人気がないのであれば話は変わってきますが、それでも数ヶ月しなければ値引きには至らないでしょう。どうしても直後に欲しいというのであれば、フリードに限らず数万円程度の値引きを覚悟するのがいいかもしれません。

 

 
安く買いたいのであれば、逆に現行のフリードは今が買いです。かなりの大盤振る舞いのようです。実際にフリードを購入した人たちの体験談をこちらで紹介しているので参考にしてみてください。

ホンダフリードのハイブリッドの値引き体験談をレポート。見えてきた相場や限界とは





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑