*

欠点はここ!トヨタ新型ハリアー/ハイブリッドの口コミ評価・評判

harrier_kuchikomitop
2020年6月にフルモデルチェンジされた新型ハリアー。元々高かった評価はさらに良くなり、口コミや雑誌等ではべた褒め状態です。

このように、大手サイトや雑誌では良いことばかり書かれていると逆に、新型ハリアーに

欠点もあるのでは?

ということが気になってきませんか。良いところがあれば悪いところがあるのが車ですからね。

そこで、新型ハリアーの欠点を含めた口コミの評価を独自調査してみました。チェック観点は燃費、価格、外観、内装、走行距離、乗り心地の6つ。

調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、実際に購入した人にも聞いています。

気になる調査結果はこのように。

 デザイン・質感が高評!
 価格が抑えられている
 欠点が少ない
 ハンドル周りの質感がイマイチ
 ガソリン車のパワーが物足りない
 ロードノイズが気になる

詳しい口コミや評価はこの先の本文で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

約9割の人がエクステリアは「良い」と評価。欠点はウインカーの位置

外観・エクステリアの分析

口コミではエクステリアは約9割の人が「良い」く国産車のSUVではNo1の評価です。

新型ハリアーのエクステリアに満足した人は

 顔つきが精悍でかっこいい
 ボディ全体にラインがなく、面が美しい
 リヤライトがスタイリッシュ
 先進的なデザイン

主にこの4点を評価しています。外観に惚れて購入を決めたという口コミが多く、ボディの面が美しさが高く評価されています。

実物を初めて見た人のテンションも高くなってしまうことからも、エクステリアの評価の高さがうかがえますね。

しかし、残り1割の人は満足していません。具体的に、どのようなところに満足していないのかチェックしてみました。

 ウインカーの位置が離れていて違和感がある

harrier_winkar
出典:https://toyota.jp/

「悪い」評価した人たちの口コミを見ると、

「ウインカーの位置に違和感がある」
「ウインカーの位置がリアライトと離れている」
「ウインカーが下にあって少しダサい」

このような意見が多いです。一直線でスタイリッシュなリアライトの近くにウインカーがなく、離れて設置されていることが悪い評価に繋がっています。

インテリアは約9割の人が良いと評価。欠点はハンドルの質感

内装・インテリアの分析

インテリアは約9割の人が満足しています。新型ハリアーのインテリアに満足した人は

 ディスプレイオーディオの画面が大きい
 センターコンソールは存在感・高級感がある
 レザーシートのデザインが美しい
 ドアトリムにソフトパッドが使われている

主にこの4点に満足しているようです。ゴテゴテした感じがなく、シンプルで落ち着きがある高級感が高く支持されています。

レクサスと遜色ないとも言われていることからも、質感の高さが見て取れますね。

一方で、残り1割の人は「悪い」と評価しています。具体的にどのようなところに満足していないのでしょうか。

 ハンドルは周りのパーツに比べるとそれほど高級感がない

ハリアーのインテリアを「悪い」と評価した人からは

「ハンドルの質感はそんなに高くない」
「ハンドルだけ質感が微妙」
「インパネ周りの質感が高いだけにハンドルは気になる」

このような不満の声が多いです。新型ハリアーのインテリアは全体的に質感が高いんですが、ハンドルの質感は高くないという声があります。

モータージャーナリストの河口まなぶさんも動画でこの点についてレビューしていますね。ハンドルは安っぽいわけではないものの、周りの内装パーツと比べると質感はイマイチに感じやすいようです。

価格は約5〜8割の人が満足。耳たぶミラーをなくそうとすると高くなってしまう

価格

価格は約5〜8割の人が満足しています。ハリアーの価格に満足した人は

 性能面や外観を考えると安い
 想像より先代から値上がりしていない

主にこの2点に満足しているようです。「良い」評価の人はエクステリアやインテリア、性能面等を踏まえると妥当だと考えているようです。

しかし、2割以上の人は満足していません。具体的にどこに満足していないのかチェックしてみました。

ハリアーの乗り出し価格は350万円以上

新型ハリアーの口コミをチェックしていると、乗り出し価格が350万円以上になってしまうという声がありました。そこで実際にトヨタの公式サイトから見積もりをしてみたんです。

トヨタのホームページでは簡易的にしか見積もれないですが、マイトヨタのサービスに登録していると詳細な見積もりができます。

対象のグレードはガソリンモデルのSグレード。300万円切るグレードですが、乗り出し価格にはここからオプションと諸経費がかかります。

トヨタ新型ハリアーのガソリン車のグレード一覧
ハリアー[2Lガソリン]
グレード(2WD) 価格[税込]
S ←今回の見積対象 299万円
G 341万円
G Leather Package 371万円
Z 393万円
Z Leather Package 423万円

※4WDは20万円高

トヨタ新型ハリアーのハイブリッドのグレード一覧
ハリアー[2.5Lハイブリッド]
グレード 価格[税込]
S 358万円
G 400万円
G Leather Package 430万円
Z 452万円
Z Leather Package 482万円

※4WDは22万円高

ガソリンモデルのSグレードの見積
harrier_mitumori

結果は351万円。

フロアマットやサイドバイザー、ナビといったオプション装備を約30万円、諸費用が約20万円という金額で350万円超えです。

ここからコーティングやサービスパックなどを入れると、実際の見積は380万円ぐらいになるでしょうか。最廉価グレードでこの価格はたしかに高く感じてしまいますね・・・。

 耳たぶミラーを外そうとすると高くなってしまう

harrier_mimi
出典:https://response.jp/

新型ハリアーの価格が高いと言っている人の他の口コミで目立ったのは

「左ドアミラーの耳たぶミラーを外すためにはZ以上を選ぶしかない」
「下位グレードでもパノラミックビューモニターの設定があればよかった」
「Z以上のグレードとなるとかなり高くなってしまう」

このような意見。

左ミラーの下についている耳たぶミラーを外そうとすると、Z以上のグレードでオプションのパノラミックビューモニターを選ばなけれないけないため、かなり高くなってしまうことが不満となっているようです。

harrier_pano
harrier_mimitabu
出典:https://toyota.jp/

実際に見積もりページでZにつけてみましたが、最低でも400万円以上ということがわかりました…。下位グレードでもパノラミックビューモニターがつけられればいいんですが、その点は今後に期待するしかなさそうです。

ちなみにパノラミックビューモニターがどのグレードに装備可能かどうかはトヨタの公式ページの主要装備一覧表で確認できます。

そんな割高なハリアーですが、値引き交渉次第で費用を抑えることができます。実際に上手く交渉して購入した人の体験談を紹介しているので、参考にしてみてください。

トヨタ新型ハリアーの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

燃費は約8割の人が「良い」と評価。欠点は今時のエンジンとしては燃費が悪い?

燃費データの分析

ガソリン車もハイブリッドも約8割の人が燃費を「良い」と評価しています。

 ガソリン車は13km/L~17km/L
 ハイブリッドは17km/L~19km/L

それぞれ、このぐらいの燃費で走ると口コミで言われており、SUVにしては良く走るようです。

ガソリン車は特別良い燃費ではないですが、SUVの車格を考えると燃費が良いと評価されています。

また、ハイブリッドはカタログ値に近い数字が出るとの口コミもあり、燃費達成率の良さが高評価につながっているようです。

ただ、こういう良い口コミって正直

ちょっと胡散臭い。。。

と思うんですよね。そこで、新型ハリアーとプラットフォーム、エンジンが同じRAV4の燃費データを参考に実燃費のシミュレーションしてみました。

トヨタRAV4の実燃費(2020年6月時点)
エンジン WLTCモード 実燃費 燃費達成率
ガソリン 2WD 15.8km/L 14.09km/L 89.19%
ガソリン 4WD  15.2km/L 12.26km/L 80.65%
ハイブリッド 2WD
21.4km/L 17.03km/L 79.58%
ハイブリッド 4WD
20.6km/L 17.27km/L 83.82%

出典:e燃費

ハリアーの実燃費

これが新型ハリアーの実燃費です。燃費達成率はRAV4と同じ値が出ると仮定して算出しました。

トヨタ新型ハリアーの実燃費
エンジン WLTCモード 実燃費 燃費達成率
ガソリン 2WD 15.4 km/L 13.73km/L 89.19%
ガソリン 4WD 14.7 km/L 11.85km/L 80.65%
ハイブリッド 2WD 22.3 km/L 17.74km/L 79.58%
ハイブリッド 4WD 21.6 km/L 18.10km/L 83.82%

※実燃費は4月~6月平均

結果はRAV4にかなり近い実燃費。面白いのはガソリンはRAV4よりも劣りますが、ハイブリッドはRAV4よりも良いということ。新型ハリアーのハイブリッドは口コミのとおり、かなり優秀のようですね。

そんな「良い」口コミが目立つハリアーですが、2割程の人は不満があるようです。そこで、どんなところが不満なのかチェックしてみました。

最近のガソリン車としては燃費が悪い?

ガソリン車の「悪い」評価の口コミでは

  • 市街地のみで7km/L
  • 高速道路で13km/L

このぐらいしか走らないと言われています。

道路環境に季節によって燃費は大きく変化しますから、燃費が全然伸びない人もいるようです。

また、紹介している実燃費はエアコンなどあまり使用しない4~6月の平均値なので、かなりいい数字が出ていますが、夏場や冬場になると1~2割程度悪化することも考えられるでしょう。

ハイブリッドはカタログ値と実燃費の差が大きい?

先代のハイブリッドは、燃費があまり良くありませんでした。口コミでは

  • 街中で10km/L
  • 高速道路で15km/L

このぐらいしか走らないと言われていました。

しかし、新型ハリアーはこの数値もかなり改善されるでしょう。トヨタは

ハイブリッドWLTCモード 
出典:トヨタ自動車

ハイブリッドの詳細な燃費をこのように公表しており、実燃費はこの8割程度に落ち着くと考えると

  • 市街地 :15.6km/L
  • 郊外  :20.1km/L
  • 高速道路:17.7km/L

このぐらいは期待できそうです。ハイブリッドの燃費に対する悪い口コミも大きく減少するのではないでしょうか。

エンジン性能は約6〜8割の人が「良い」と評価。欠点はガソリン車のパワー不足

エンジンのデータ分析

ガソリン車とハイブリッド、それぞれ口コミで評価されているのは以下の部分です。

【ガソリン車】
  他車の2Lエンジンよりパワーがある
  エンジンレスポンスが良い
  2Lガソリン車でも十分なパワーを感じる

【ハイブリッド】
  ガソリン車と比べるとパワーに余裕がある
  モーター走行がすごく静か。
  走り出しがなめらか

特にハイブリッドはガソリン車と比べると、パワフルに加速することが高い評価に繋がっています。

しかし、ガソリン車もハイブリッドも「悪い」評価をしている人はいます。具体的にどこが「悪い」のかチェックしてみました。

 車重が重くガソリン車としてはパワー不足

ガソリンエンジン性能の「悪い」評価では

「ガソリン車は力強い印象はない」

このような意見がありました。重い車体を2000ccで動かすにはパワーが足りないと感じているようです。ここはハイブリッドとガソリン車、両方を試乗すると強く感じてしまうところ。

最初は価格の安いガソリン車の購入を考えていた人も、高くてもやっぱりハイブリッドにするという人も少なくないようです。

約7割の人が走行性能を「良い」と評価。欠点は登り坂でのエンジン音

走行性能

走行性能に関してはガソリン車とハイブリッド同じような評価内容でした。特に目立ったのは

 室内がとても静か
 カーブでもコントロールしやすい
 ロールは穏やかに収まる
 運転しやすい

この4点。自動車ジャーナリストの人たちがサーキットで走らせている動画をYoutubeで見かけますが、確かにカーブでも運転しやすそうな感じがあります。

しかし、ガソリン車もハイブリッドも3割の人は満足していません。どのような点が「悪い」と言われているのかチェックしてみました。

 登りになるとエンジン音が気になる

試乗した人の感想で目立ったのは

「ハイブリッドでもエンジンがかかる領域はそれほど静かさは感じない」
「登りになるとエンジン音が気になる」

このような意見です。特に登りでアクセルを踏んでいくと、エンジン音が唸ると不満を感じているようです。

乗り心地は約8割の人が「良い」と評価。欠点はロードノイズ

乗り心地

ハリアーの乗り心地は8割の人が満足しています。口コミでは

 路面からの入力に対して一発で収まる
 嫌な突き上げがない
 ロールの出方が自然で落ち着いている

特にこの部分が評価されています。ロールはそれなりにあるものの、一定のところで収まるため安心感があるようです。

しかし、そんな乗り心地でも不満はあるようです。どんなところが悪いのか口コミをチェックしてみました。

 ロードノイズが気になる

乗り心地の「悪い」評価した人は、

「遮音材が効いていて静かなだけにロードノイズが気になる」
「少しタイヤの振動が気になる」

このように言われています。ハリアーはかなり静粛性が高いですが、それでもロードノイズは気になってしまうようです。ただ、サーキットで試乗してその印象なので、一般道では評価が変わってくるのかもしれないです。

そのあたりもモータージャーナリストの河口まなぶさんが動画で試乗レビューしてくれてますね。

総合評価は約9割の人が「良い」と評価。弱点は少ないのがハリアー

総合

総合評価はかなり高く、ガソリン車とハイブリッドの総合評価はほぼ同じでした。約9割の人は「良い」と評価しています。

 デザイン・質感が高評!
 価格が抑えられている
 欠点が少ない
 ハンドル周りの質感がイマイチ
 ガソリン車のパワーが物足りない
 ロードノイズが気になる

評価をまとめるとこのように。

ガソリン車のパワーやロードノイズは気になるところですが、致命的な弱点はないため、総合評価でも高い結果になりました。

新型ハリアーを安く買うには?

harrierkuchikomi_yasuku
評価の高いハリアーですが、価格は高いので値引きが重要になってきます。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型ハリアーを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型ハリアーの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

UX_グレードトップ
新型レクサスUXで人気の”version C”と”F SPORT”を徹底比較。グレードランキングも掲載中!

レクサスUXを購入すると迷うのが 「どのグレードにしよう・・

RAV4_燃費トップ
トヨタ新型RAV4の実燃費は悪い?ガソリンとハイブリッドのデータを公開

2019年4月に発売予定のトヨタの新型RAV4。燃費はWLTC

N-VAN_納期トップ
ホンダ新型N-VANの納期の最新情報

2018年7月に発売されたホンダ新型N-VAN。軽バンながらも

CR-V_納期トップ
ホンダ新型CR-Vの納期の最新情報

2018年8月末に復活したホンダ新型CR-V。海外でも人気が高

レクサスUX_納期トップ
新型レクサスUXの納期の最新情報

2018年11月に発売された新型レクサスUX。これから購入する

→もっと見る

PAGE TOP ↑