*

新型ハリアー/ハイブリッドでおすすめの人気オプション・ナビはこれ!

ハリアー_OPトップ
ハリアーを購入するのに、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

たくさんあるオプションカタログの中からあれもこれもと付けすぎると、予算オーバーしますし、逆にケチってしまうと

「あのオプションを付けておけばよかった・・・」
「このオプションは付けたけど無駄だった・・・」

なんてことはよくありますよね。

なので、オプションは慎重に選んだ方が良いです。

そこで、ここではハリアーを購入する時に必須オプションやおすすめのオプションを紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

ハリアー/ハイブリッドで必須オプション・ナビの価格はいくら?

まず、ハリアーやハリアーハイブリッドを購入する時にこれをつけておかないと

絶対に後悔する!

と考えられるオプションを紹介します!

ディーラーオプションのナビは安くて使いやすいのでオススメ

ハリアーオプション_ナビ
出典:http://toyota.jp/

T-connect7インチナビ
オプション価格:¥168,480(税込)

ナビは社外品や純正品がありますが、ハリアーは純正ディーラーオプションのナビがおすすめです。なぜならハリアーのナビは、社外品よりも純正ナビの方が

  • 安全性が高い
  • 保証期間が長い
  • 価格が安い

ということがわかっているからです。

具体的に、純正ナビと社外ナビの差がどこにあるのか紹介したいと思います。

ステアリングスイッチとリアカメラがナビモニターと連動して事故を防ぐ

安全運転するのに効果的な2つの機能・装備が純正ナビで連動します。

■ステアリングスイッチで脇見による事故を限りなくゼロに抑える

ステアリングスイッチはハンドルを握ったままオーディオ音量調節ができるので、前を向いたまま運転できます。

ほんの少しの間だから問題ないと考えて、ナビで音量調節をしていたら

危なく人を引くところだった・・・

こんな経験した方いるのではないでしょうか。よそ見していると20〜30mの距離では急ブレーキが間に合いません。なぜなら時速60kmで走る車の乾いた路面での停止距離は44mなので、急ブレーキをかけても人を撥ねてしまうんです。

ステアリングスイッチが使えれば、手元でオーディオ音量調節がができるので脇見運転を限りなくゼロに抑えてくれるでしょう。

■バックカメラで事故を防ぐ

ハリアー_バックカメラ
出典:http://toyota.jp/

バックガイドモニター(T-connect7インチナビ用)
オプション価格:¥17,820(税込)

ハリアーはボディが大きく車高が高いので死角が多いです。特に注意すべきシーンはバック駐車。

バック駐車では背の低い子供と接触する事故が多いので注意しなければいけません。また、死角の障害物にぶつけて、せっかくのカッコいいハリアーが凹んでしまったら気分も下がりますよね。

これらを防ぐのがリアカメラ。後方の死角をナビモニターに表示してくれるので、死角はほぼゼロになり、事故や車をぶつけることを防げると思います。ただし過信は禁物なので目視も忘れずに行いましょう。

純正ナビの方が保証が長くて安心

トヨタ純正ナビと社外ナビの保証期間は、

  • トヨタ純正ナビ
    ⇒3年間、6万km
  • 社外ナビ
    ⇒1年間、走行距離の保証なし

こんなに大きな差があります。

ナビは2年目以降に故障が多くなると言われています。なので、安心できるのは保証期間の長い純正ナビの方でしょう。もしナビが壊れてしまった時に

純正ナビを選んでおけば良かった・・・

なんて後悔することになってしまいますからね。

ディーラーナビの方が社外ナビより総額では安く済む

ディーラーナビと同等クラスの社外ナビは約12万円。社外ナビを選ぶと4万円程安く済むようです。

しかし同等の装備を社外品に付けると

  • 社外ナビ
    装備&工賃 価格
    社外ナビ 12万円
    社外ナビ接続用
    ステアリングスイッチ
    ケーブル&アダプター
    1.5万円
    バックカメラ+ケーブル 2.5万円
    パーツ取付け工賃
    [ナビ+バックカメラ+
    ステアリングオーディオスイッチ]
    5万円
    総額: 21万円

合計で21万円かかります。

ディーラーナビは工賃込みで約21万円だと思われるので社外ナビと同等の費用です。しかし、ディーラーナビだとオプション値引きも期待でき、10%〜20%安くなる可能性もあるんです。

また、契約直前に

「ナビの取付け工賃をサービスしてくれたら契約する!」

と交渉すると、工賃やオプションを無料サービスしてくれることもあります。

実際にハリアーを買う時にオプションを無料サービスしてもらった人がいたので、こちらの体験談も参考にしてみてください。
トヨタ新型ハリアー/ハイブリッドの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

スペアタイヤはもしもの時にないと困る

ハリアー_スペアタイヤ
出典:http://www.irasutoya.com/

スペアタイヤ
オプション価格:¥10,800(税込)

ハリアーにはタイヤパンク修理キットが標準装備されているのでスペアタイヤは必要ないように感じますが、標準で付いているパンクキットでは直らないパンクもあります。ただ、それなら

JAFを呼べばいい

という考えもありますが、山間部等ではJAFが到着するまで2時間もかかってしまい、しばらくその場で待つことになります。

特に冬場だと雪で車が埋まる危険があるので、もしもの時はないと困るのでつけるべきでしょう。

冬にミラーが凍るなら寒冷地仕様は必須

ハリアー_寒冷地仕様
出典:http://www.tokyo-toyopet.co.jp/

寒冷地仕様
[ウインドシールドデアイサー、PTCヒーターなど]
オプション価格:¥17,280〜28,080(税込)
※ハイブリッドはPTCヒーターは標準装備

ワイパーが雪で氷結しないようにしたり、暖房効果を向上させてくれたりと、雪国の必須オプションです。その中でも特に必要性が高いのが、ヒーター付レインクリアリングミラー。

寒い日に車を動かそうとしたら、サイドミラーが凍って見えないことがあると思います。慌てていると

「まあいいか。」

と思ってそのまま、動かしてしまうことってないでしょうか。

実は私もやってしまうんですが、あれはめちゃくちゃ危険です。隣車線や後ろの様子が分からないし、巻き込み確認が出来ません。なので、ミラーは必ずお湯などで溶かしてからじゃないと動かしてはいけません。

ただ、いつでもお湯があるわけではないので、冬にミラーが凍ることがあるならヒーター付レインクリアリングミラーは必須だと思います。

コーナーセンサーはなくても大丈夫

ハリアー_コーナーセンサー
出典:http://toyota.jp/

コーナーセンサー(ボイス4センサー)
オプション価格:¥50,760(税込)

コーナーセンサーは車の四隅のセンサーで障害物との距離を検知し、音声やアラームで運転手に警告してくれるものです。ただ、このコーナーセンサーの有効距離は約20〜50cmしかありません。

それなら後方はバックカメラの方がより広範囲を確認できますし、フロントは見渡しが良いので必要ないでしょう。

電動ムーンルーフはほぼ使わない

ハリアー_ムーンルーフ
出典:http://toyota.jp/

マイコン制御チルト&
スライド電動ムーンルーフ
(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付)

オプション価格:¥108,000(税込)

電動ムーンルーフを付けると開放感があがるので、気分が良くなりますし、室内換気にも有効です。しかし、価格も高い上に使う機会が少ないので、要らない装備でしょう。

メーカーオプションの純正ナビはやめた方が良い

ハリアー_9.2型メーカーナビ
出典:http://toyota.jp/

T-Connect SDナビゲーションシステム(9.2型ワイドタッチディスプレイ)
オプション価格:¥351,000〜432,000(税込)

大画面が魅力的なメーカーオプションナビ。しかし価格は

35万円以上

もしてしまうんです。そんなメーカーナビの主な機能はこちら。

主な機能
WEB検索
DSSS(安全支援システム)
 映像再生(DVD・CD・SD・Blu-ray)
AM/FM
地上デジタルTV
音声ガイダンス
音声認識
JBLプレミアムサウンドシステム(432,000円の方のみ)

この8つです。かなり豪華な機能ですが、JBLプレミアムサウンドシステム以外の装備は社外製品やDOP(ディーラーオプション)のナビにもあります。それも価格は20万~30万円程。画面の大きさに拘らなければ7万~10万円のナビも。

メーカーオプションナビの最大の特徴と言えば、インダッシュへの収まり具合です。ピッタリ収まって見た目はキレイですが、そのために20万円以上も割高なメーカーオプションのナビを選ぶのはやめた方が得策のようです。

ハリアー/ハイブリッドで必須オプションの合計額は?

人気の高いエレガンスに必須オプションを付けた時の合計額を計算してみました。

オプション 価格
T-connect7インチナビ ¥168,480
スペアタイヤ ¥10,800
寒冷地仕様 ¥28,080
合計: ¥207,360

必須オプションだけで21万円程度です。

高い・・・

と感じますが、ナビが入っているのでこんなものでしょう。それほど寒い地域でないなら寒冷地仕様は外してもいいかもしれませんこのあたりは予算に合わせて調整することになると思います。

また、実際に購入する時には他にも欲しくなるオプションも出てくるでしょうから、オプション費用はこれに加えて2〜3万円は必要と考えておくと良いでしょう。

ハリアー/ハイブリッドのオプションランキング

順位 オプション
1 サイドバイザー(ワイドタイプ)
2 フロアマット(ロイヤルタイプ)
3 ETC車載器<ベーシックタイプ>
4 リバース連動ミラー
5 リモートスタート(ベーシックタイプ)
6 ドライブレコーダー

必須オプション以外のオプションを選ぶのに、どんなオプションが売れているのかランキングにしてみました。

リバース連動ミラーなら死角を確認できる

ハリアー_リバース連動ミラー
出典:http://toyota.jp/

リバース連動ミラー
オプション価格:¥16,200(税込)

ハリアーはSUVなので、ドアミラーの位置も高いです。なので、後退時にボディ左右の近距離の低いところを見つけにくいです。

そんな時に、リバース連動ミラーがあれば、いちいちドアミラーの角度を変えなくても、シフトをRにするだけで助手席側のドアミラーが連動してリアタイヤ付近を映してくれます。

特に小さな子供や障害物との衝突を防ぐことができるので、小さい子供がいる方は装備すると良いです。

リモートスタートは不具合の心配のない純正品がオススメ

ハリアー_リモコンスターター
出典:http://toyota.jp/

リモートスタート
(ベーシックタイプ)
オプション価格:¥47,520(税込)

離れた場所からエンジンを始動できるリモコンエンジンスターター。

冬に車に乗り込もうとしたら

めっちゃ寒い・・・

こんな不快な体験した方いると思います。そのまま発進しても快適な状態になるまでは5分ぐらいはかかるので、その間は寒いのを我慢しなければいけません。

そんな時エアコンONの状態でリモートスタートを作動させれば、暖かい状態で発進できるようになります。

なお社外品でも安く売られていますが、社外品を取り付ける際は別途アダプターが必要になったり、動作が安定しないということもあるので、不具合が少なくて信頼できる純正リモートスタートを付ける方が得策でしょう。

ドライブレコーダーを付けるなら信頼性の高い純正品を

ドライブレコーダー_ハリアー
出典:http://toyota.jp/

ドライブレコーダー(別体タイプ)
オプション価格:¥42,660

事故が起こった時、当て逃げ等で一方的に損をしたくない人にドライブレコーダーは有効です。

衝突を検知してから、衝突前後の数十秒間の映像を自動的に記録してくれるので、逃げられてもナンバーから加害者を特定することが可能になります。

また、純正品ならナビ等の電子機器が電波干渉に困ることもないのでクリアな映像を得られますし、メーカー保証が3年も付くなど信頼性が高いといえます。

社外製品にも良いものがたくさんありますが、より信頼性の高い純正品の人気は高いです。価格も値引きや工賃なども考慮すると同等なので、選択している人は多いようです。

ハリアー/ハイブリッドでオプション取付け費用を浮かせたいならオプションカプラーが必須

オプションの取付け費用は1時間の作業で8000円程ディーラーは請求してきます。結構な値段がしますが、もしオプションを自分で付けるならこの費用を抑えることができます。

ただ、取り付ける時は、電源をとる必要があるのですが、これがちょっと面倒なんです。そこで便利なのがオプションカプラー。

オプションカプラーは電源を取るためのパーツですが、わからない人はgoogleで「ハリアー オプションカプラー」で検索すると良いです。

「カプラーって何?」

とここで思った人は、絶対に手を出さずにディーラーにお願いしましょう。取付け費用はかかりますが、自分でやって車を壊してしまうよりは全然ましですからね。

ハリアーのオプションカプラーを購入するなら楽天が良い

ハリアー_オプションカプラー
出典:http://item.rakuten.co.jp/

オプションカプラーはネットで探せばかなり安く売られています。私も楽天で探してみたら2500円ぐらいで、こんなものがありました。

オプションカプラーが安物で壊れたという話はあまり聞いたことがないので、ディーラーで購入するのも、楽天やAmazonで購入するのも品質に大差ないと思います。

こういうところで少しでも節約できればと思います。

新型ハリアーを安く買うには?

ハリアーオプション_安く買う

評価の高いハリアーですが、価格は高いので値引きが重要になってきます。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にハリアーを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型ハリアーの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
ハリアー_口コミトップ
欠点はここ!トヨタ新型ハリアー/ハイブリッドの口コミ評価・評判

2013年に発売されたハリアー。2017年6月にはターボも追加にな

hustler_colortop
スズキ新型ハスラーの人気色・カラーをランキング形式で発表!

2020年1月にフルモデルチェンジしたスズキの新型ハスラー。かわい

CX-8値引きトップ
マツダ新型CX-8の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

CX-8の値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が◯◯

hasula_gradetop
ハスラーの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

スズキの新型ハスラーは価格帯が128万円〜179万円で、グレードに

RAV4_値引きトップ
トヨタ新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

トヨタ新型RAV4の値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き

→もっと見る

PAGE TOP ↑