*

新型レクサスUXで人気の”version C”と”F SPORT”を徹底比較。グレードランキングも掲載中!

更新日: レクサスUX ,

UX_グレードトップ

レクサスUXを購入すると迷うのが

「どのグレードにしよう・・・」

ということではないでしょうか。車を買うのは人生の中でも1大イベント。絶対にグレード選びでは失敗したくないですよね。

実はここで失敗してしまうと、最低5年は残念な気持ちのままドライブをする羽目になります。お金持ちじゃない一般の人なら車を購入した後は5年は乗り続けますから、この呪縛からな逃れるのは5年以上先。ドラクエのように教会で神父さんは呪いを解いてはくれません。

UXグレード_ドラクエ

よくある失敗は安さにつられて下位グレードを選んでしまうケース。納車直後は欲しかったUXが手に入り、うれしさMAXなんですが1~2週間ほどたったぐらいから

「パワーシートがなくて不便…」
「すれ違ったUXの純正アルミホイールいいなぁ…」
「F SPORTのバンパーはカッコいいなぁ…」

など色々気になることが出てくるんです。こうなってしまうと

「ケチらずにあのグレード買っとけばよかった」

と思えてきてしまう。これだけは絶対に避けたい。購入後は反省しても取り返しがつかないですからね。あのカイジのように猛省してはダメなんです!自分も地下では焼鳥と缶ビールで豪遊しちゃいそうですケド。

UXグレード_kaiji

編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

後悔しないために私がやったUXのグレード比較

じゃグレード選びで失敗しないために私が何をやったかというとズバリ比較です。

結局は地道にこれをやっていくしかないと思うんですよね。雑誌とかネットにこれがオススメみたいなことが書いてありますが、やっぱり自分でやってみないと失敗すると思うんです。

たとえば、よくある話が寒冷地仕様。実はあれをつけるだけで、サイドミラーは凍らなくなり、燃費も向上する優れもの。ですが、その情報はカタログの片隅にポツンと書いてあるだけ。じっくり読まない人は絶対に見落とすレベルです。もちろん後付けは出来ない。

車の購入ってこういう罠が潜んでいることが多いので、グレードもしっかり自分で比較しないとカイジのように猛省が待っています。

といっても予算があるので、車体本体価格で500万円前半までに絞って比較しました。

新型レクサスUX全12グレードの一覧。これ全部比較するの?

新型レクサスUXの各グレードの新車価格の一覧です。

<UXの価格一覧表>

  • ガソリン
    UX200
    グレード(2WD) 価格[税込]
    ベースグレード 390万円
    version C 414万円
    F SPORT 443万円
    version L 474万円
  • ハイブリッド(2WD) 
    UX250h
    グレード 価格[税込]
    ベースグレード 425万円
    version C 449万円
    F SPORT 478万円
    version L 509万円
  • ハイブリッド(AWD)
    UX250h
    グレード 価格[税込]
    ベースグレード 451万円
    version C 475万円
    F SPORT 504万円
    version L 535万円

※ガソリンは4WDの設定なし

全部で12のグレード。これ全部を比較するのは流石に厳しい。。。そこで私がやったのは絞り込み作戦です。

エンジンを選んだ後に、細かいグレードを決めるやり方。乗りたくないエンジンを比較しても無駄ですからね。

ちなみにUXの価格帯は390万円〜535万円。ライバルの新車価格とちょっと比較してみました。

BMW・X1:420万円〜628万円
(ガソリン・ディーゼル)
メルセデスベンツ・GLAクラス:414万円〜824万円
(ガソリン)

最低価格はX1やGLAクラスと同じですが、上級グレードとなるとUXの方が断然安い感じですね。高級コンパクトSUVクラスでは少し安めという感じでしょうか。

また、値引きがないと言われているレクサスですが、やりようによっては値引きも可能なのでこちらの記事を参考にしてみてください。
新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

新型UXを購入するならオススメはハイブリッド!

UX_ガソリンvsハイブリッド
出典:https://lexus.jp/

まず私が最初に悩んだのはガソリンとハイブリッドのどれにするかです。

結論を言うと1番良いと思ったのはハイブリッド。その理由は走りもよくて、燃費もよくてトータルコストが抑えられるから。

この考えにたどり着くために、やってみた比較はこの3つ。

  • 走りはどう違うのか?
  • 実際の燃費はどれがいいのか?
  • 標準装備がいいのはどれ?

面倒な比較ですが、これやっておけば

「やっぱりガソリンにしておけば良かった…」

みたいな後悔は絶対しないと思うんです。高い買い物なので後悔だけはしたくないですからね。

新型UXで走るならガソリンのパワーで十分なのか?

UX_走りガソリンvsハイブリッド

最初にしたのは走りの比較。これは実際に乗り比べをしました。比較ポイントは

  • パワー
  • コーナリング
  • 足回り
  • 静粛性

この4点。特に気になっていたのはパワーや乗り心地に直結する静粛性の部分。実際に乗ってみると色々気が付くことが多かったです。

ガソリンはイメージ通りに曲がるが、パワーが足りない

  • ガソリンの評価
    ガソリンの評価
    パワー
    コーナリング
    足回り
    静粛性

最初に試乗したのはガソリン車のUXです。

ガソリン車では

「登り坂や高速道路では十分なパワーがあるのか?」

という点が特に気になっていました。

実際にガソリン車を走らせてみると、特にパワー不足を感じるシーンはあまりありませんでした。しかし、登り坂や高速道路での追い抜き時では少しパワーが足りないと感じますね。

この他に気が付いたことは、メリットとデメリットとして整理しました。

  • [メリット]イメージ通りに曲がってくれる
    コーナリングでは、イメージ通りに曲がってくれました。SUVながらセダンのようで、安心感がある車に感じますね。
  • [メリット]不快な突き上げ感は全くなし
    足回りの面では不快な突き上げ感は全くありませんでした。快適な乗り心地だと思います。
  • [デメリット]エンジン音とロードノイズが気になる
    静粛性は高く感じました。ですが、エンジンパワーが不足するシーンでアクセルを大きく踏むとエンジン音が少し気になります。また、ロードノイズも若干目立っていました。

ハイブリッドは加速がパワフルだが、コーナリングの反応が若干悪い

  • ハイブリッドの評価
    ハイブリッドの評価
    パワー
    コーナリング
    足回り
    静粛性

続いて試乗したのはハイブリッド。ハイブリッドでは

「ガソリン車よりもパワフルなのか?」

ということが特に気になっていました。

実際に走らせてみると、かなりパワフル。登り坂や高速でもグングン加速するため、パワーに関しては申し分ありません。

この他に気が付いたことは、メリットとデメリットとして整理しました。

  • [デメリット]コーナリング時は少し遅れて曲がる
    コーナリングでは、ガソリン車ほど素直に曲がらず少し遅れて曲がっていきました。ただ、悪いわけではなく、このクラスにしては優れている印象です。
  • [メリット]足回りはガソリンと同等に良い
    足回りはガソリンと同じ感触でした。60kgくらいハイブリッドの方が重いですが、ガソリン車同様快適だったと思います。
  • [メリット]静粛性はかなり高い
    ハイブリッドの静粛性はかなり優秀でした。パワーがパワフルで、ガソリン車のようにアクセルを大きく踏むことが少ないため、エンジン音は気になりませんね。

総合的にはハイブリッドが良い

チェック項目 ガソリン ハイブリッド
パワー
コーナリング
足回り
静粛性

乗り比べてよかったのはハイブリッド車でした。

決め手は余裕あるエンジンパワーです。

ガソリン車は悪くはないのですが、パワー不足が否めないんです。街乗り程度ならいいのかもしれないですが、高速で遠出するとかになると物足りなさを感じそうでした。

コンパクトSUVとはいえストレスなく走らせるなら、パワーは必要不可欠なんじゃないかと実際のって思いましたね。

実燃費はハイブリッド車の方が5.5km/L良い

UX_燃費ガソリンvsハイブリッド

続いて燃料費にどれぐらいの差があるのか比較してみました。

燃費 ガソリン(2WD) ハイブリッド(2WD)
カタログ燃費
[JC08]
17.2km/L 27.0km/L
実燃費(平均) 13.0km/L 18.5km/L
燃費達成率 75.6% 68.5%
燃料 ハイオク
(無鉛プレミアム)
レギュラー
(無鉛レギュラー)

UXではハイブリッドの方が5.5km/Lガソリン車より実燃費が優れています。さらに燃料はガソリン車はハイオクですが、ハイブリッドならレギュラーです。10年乗ることを考えると、約48万円ハイブリッドの方が燃料費は安く済みます。

本体価格の差が約35万円であることを考えれば、ハイブリッドが元を取ることは十分可能なようです。

ガソリン車は価格が安い点が魅力。装備はどちらも一緒

UX_装備ガソリンvsハイブリッド
新車価格と装備の比較です。装備の推定費用はガソリン車を基準として算出してみました。

<本体価格の差>

グレード 価格[税込]
UX200
“F SPORT”
443万円
UX250h
“F SPORT”
478万円
差額: +35万円

<装備の差額(推定)>

装備

UX200
“F SPORT”
UX250h
“F SPORT”
ハイブリッド
エンブレム
電子制御
ブレーキ
[ECB]
車両接近通報装置
EVドライブモード
スイッチ
アクセサリー
コンセント
(AC100V/1500W/
フロントセンター
コンソールボックス
後部・ラゲージルーム内)
●(※)
推定費用: +6万円

※オプション設定

ハイブリッド用の装備が多少追加されるものの外装・内装、快適・安全装備は全くの一緒。

これなら装備の違いは考えなくて良さそうです。

走り・燃費を見るとハイブリッドがいい感じ

いろいろ比べたので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 ガソリン ハイブリッド
走り
燃費 ×
価格 ×
装備

どれも良いところはありますが、買いなのはハイブリッド車だと思います。

決め手はパワフルな走りと燃費の良さです。

ハイブリッドだと登坂時や高速での追い抜き時の加速が良いので、まったくストレスがありません。

価格はガソリン車よりもハイブリッドの方が35万円高いです。しかし、ハイブリッドは燃費が優れていますし燃料もハイオクではなくレギュラー。なので、何年も乗ることを考えるとトータルコストはハイブリッドの方が安く抑えられます。

こうなるとハイブリッド一択だなぁと思いますね。

駆動方式は燃費のよい2WDを選択

新型UXのハイブリッド車の駆動方式は2WDと4WD。

項目 UX250h”F SPORT”
駆動方式 2WD 4WD
車体重量 1,570kg 1,630kg
カタログ燃費
[JC08]
27.0km/L 25.2km/L
価格差: +26万円

2WDと4WDの主な違いはこの2点。雪道などでの発進を考慮すると4WDの方がよいのは間違いありません。

しかし4WDは、車体重量の差が60kgもあるためコーナーでのロールが大きくなりますし、燃費も悪くなります。

なので、差額26万円がプラスされることを考慮すると「4WDじゃないと生活に支障がでる!」という人以外は2WDがおすすめです。

購入候補は250h”version C”と250h”F SPORT”

UX_購入候補
私がハイブリッド車の中で購入候補として選んだのはUX250h”version C”とUX250h”F SPORT”です。

その理由は2つあります。

予算500万円以内で購入できる

私が新車を購入するのに車体本体価格に出せる予算は500万円。

ハイブリッド車は“version L”以外は予算内に収まります。

ちなみに同じ500万円だと、BMW・X1やメルセデスベンツ・GLAクラスが買えます。しかし、走行性能や燃費の良さを考えるとUXの方が断然いいと思いますね。

また、値引きがないと言われているレクサスですが、やりようによっては値引きも可能なのでこちらの記事を参考にしてみてください。
新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

“F SPORT”でも安全装備はほぼ標準装備!

UX_安全装備
出典:https://lexus.jp/

車に乗るならできるだけ快適かつ安全に乗りたいところです。そこで各グレード間で装備の比較をしてみました。

すると結果は最上級の”version L”でなく、“F SPORT”でもほぼ同じ。一部装備はオプションになるものの、”F SPORT”でも快適・安全装備は十分についてきます。

ただし、最廉価グレードのUX250hはシートが安っぽく、安全装備もオプション設定のものが多くなってしまうため、高級車なのにこの内容はないなぁ・・・と思いますね。

違いはどこ?UX250hの”version C”と”F SPORT”を徹底比較

UX_vercvsfsp

購入候補はUX250h”version C”とUX250h”F SPORT”。

価格の高いF SPORTの方が装備が充実してそうですが、実際に買うなら少しでも安く買いたいところです。

そこで、

  • 外装
  • 快適装備・安全装備
  • 内装

この3点をオプション込みで比較し、価格の安いversion Cでも満足できそうかチェックしてみました。

version Cの外装だと不満を感じそう

UX_見た目vercvsfsp

左が”version C”で、右が”F SPORT”です。主な外装装備の違いは3点です。

<外装装備>

外装装備 version C F SPORT
F SPORT専用
スピンドルグリル
(メッシュタイプ/
漆黒メッキモール)
F SPORT専用
フォグランプベゼル
(メッシュタイプ/
漆黒メッキモール)
F SPORT専用
バンパー
(フロント・リヤロア/
漆黒メッキモール)
アルミホイール 17インチ
(1※)
18インチ
スペアタイヤ ●(2※)

1※オプションで18インチに変更可能
2※オプション設定

version Cは若干締まりがない印象ですが、F SPORTはスポーティでめちゃくちゃカッコよく見えます。

さらに18インチホイールが装備されているので、迫力もあって好印象ですね。version Cの見た目だと購入後に不満を感じそうです。

version Cの快適・安全装備でも不安はなさそう

UX_安全装備vercvsfsp

主な快適・安全装備の違いは7点です。

<快適・安全装備>

快適・安全装備 version C F SPORT
プリクラッシュ
セーフティ
レーントレーシング
アシスト[LTA]
アクティブサウンド
コントロール[ASC]
NAVI・AI-AVS ●(1※)
パフォーマンス
ダンパー(リヤ)
●(1※)
ドライブモード
セレクトスイッチ
(Sport S/
Sport S+/
Custom)
●(1※)
ハンズフリー
パワーバックドア
(挟み込み防止機能+
停止位置メモリー機能付)
●(1※)

1※オプション設定

F SPORTには快適装備が追加されたり、オプションで選べるようになっています。

F SPORTに追加された装備はどれも走りをより楽しめるようになるものばかり。スポーティな走りにこだわりがなければなくても良いでしょう。

その他に安全装備は全く同じなので、version Cの快適・安全装備でも安全運転するのに不安はなさそうです。

version Cの内装だと不満に感じそう

UX_内装vercvsfsp

主な内装装備の違いはこの9点。

<内装装備>

内装装備 version C F SPORT
TFT液晶式メーター 7インチ 8インチ
(F SPORT専用)
本革ステアリング&
本革シフトノブ
F SPORT専用
(パドルシフト付)
アナログクロック
(GPS時刻補正機能付)
F SPORT専用
F SPORT専用アルミ製
スポーツペダル
スカッフプレート
(LEXUSロゴ付)
ニーパッド
(運転席・助手席)
樹脂 ソフトパッド
表皮巻き
シート
(運転席+
助手席ヒーター付)
L tex F SPORT専用
L tex
スポーツシート
F SPORT専用本革
スポーツシート
(運転席+助手席
ベンチレーション機能
&ヒーター付)
●(1※)
“マークレビンソン”
プレミアムサラウンド
サウンドシステム
●(1※)

1※オプション設定

UX_シート比較vercvsfsp
F SPORTはシートやメーター、ステアリングなどいたるところが専用のものになっています。標準装備のシートでも品質の高さが目立ちますが、さらに高級感溢れる専用本革スポーツシートにもオプションで変更可能。

その他に大きな変更点としてはTFT液晶式メーターでしょう。version Cは7インチですが、F SPORTは8インチ。これによって未来感が強まっていて視認性も良くなっている気がしますね。

version Cだとこれらにオプションで変更することもできませんし、F SPORTに比べるとしょぼく感じるのでversion Cの内装だと圧倒的に不満を感じそうです。

UXでおすすめグレードは250h”F SPORT”

  • 総合評価
    総合評価 version C F SPORT
    見た目
    快適・安全装備
    内装

UXの”version C”と”F SPORT”の装備を比較した結果、version Cだと不満を感じそうです。

version Cの快適・安全装備でも安全運転するのに不安はなさそうでした。しかし、見た目や内装はF SPORTに比べるとどうしてもしょぼく感じて後悔しそうなんです。特に

  • F SPORT専用バンパー(外装装備)
  • F SPORT専用8インチTFT液晶式メーター(内装装備)
  • F SPORT専用L texスポーツシート(内装装備)

このあたりはversion Cにオプション設定されていないため、追加したくてもできません。

見た目や内装に多少目を瞑ればversion Cを選んだ方が費用を抑えられるとは思います。ただし、全部の装備が欲しい場合は最初からF SPORTを選んだ方が良いでしょう。

私の場合、せっかく高い車を買うなら見た目や内装もこだわりたいところなので、F SPORTを選んだ方が良さそうです。

新型UXで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

UXの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は186台。少ないように感じますが、傾向を見るには十分な数字です。

レクサスUXで売れているのはUX250h”F SPORT”

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 250h
“F SPORT”
[ハイブリッド]
55台 30%
2位 250h
“version C”
[ハイブリッド]
37台 20%
3位 200UX
“version L”
[ガソリン]
24台 13%
4位 200UX
“version C”
[ガソリン]
23台 12%
5位 200UX
“F SPORT”
[ガソリン]
21台 11%
6位 250h
“version L”
[ハイブリッド]
15台 8%
7位 250h
ベースグレード
[ハイブリッド]
7台 4%
8位 200UX
ベースグレード
[ガソリン]
4台 2%

売れているのは250h”F SPORT”。2位の250h”version C”とは18台の差があります。また、エンジン別で見るとハイブリッド車が62%、ガソリン車が38%という結果に。

ガソリン車を割高と考えている人が多いので、ハイブリッド車に人気が集中しているようです。

新型UXを安く買うには?

UXグレード_安く買う

UXを安く買おうと思うと、重要になってくるのは下取りと値引きです。

ただ、下取りや値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型UXを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

N-VAN_納期トップ
ホンダ新型N-VANの納期の最新情報

2018年7月に発売されたホンダ新型N-VAN。軽バンながらも

CR-V_納期トップ
ホンダ新型CR-Vの納期の最新情報

2018年8月末に復活したホンダ新型CR-V。海外でも人気が高

レクサスUX_納期トップ
新型レクサスUXの納期の最新情報

2018年11月に発売された新型レクサスUX。これから購入する

クラウン_納期トップ
トヨタ新型クラウンの納期の最新情報

2019年6月に発売されたトヨタ新型クラウン。ユーザーの若返り

RAV4_納期トップ1
トヨタ新型RAV4の納期の最新情報

2019年4月に発売されたトヨタ新型RAV4。タフで直線的なデザイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑