*

新型レクサスUXの試乗レポート。ガソリン車とハイブリッド車を徹底比較

更新日: レクサスUX

UX_試乗トップ

レクサスの中では比較的安価なレクサスUX。頑張れば手が届くので興味ある人も多いと思います。見た目は画像などでイメージがつかめますが

「レクサスUXの走りって実際どうなの?」
「乗り心地や静粛性ってどんな感じ?」

このあたりは実際に試乗してみないとわからないところ。ただ、あのレクサスですから気軽に試乗というわけにはいきませんよね。

ネットや雑誌に掲載されている試乗レビューなんかも参考にはなりますが、プロ目線のものが多くて、購入者目線のものはかなり少ない。また、試乗レビューと言いながら車の紹介しかしていない記事も多いです。

ちょっとこの状況はよくないと思い、購入者目線の記事を作成するために

レクサスUXの試乗に行ってきました!

やっぱり実物を見て乗ってみないとわかりませんからね。この記事では実際試乗してみて、私が気が付いたことをレポートしたいと思います。

また、試乗させてもらったディーラーではUXとNXが両方並べて置いてありました。見た目が似ているUXとNXの違いにも注目して実車をチェックしてきたので参考にしてもらえればと思います。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

UXを実際見たらNXの外装・内装とはかなり違った。装備面はほぼ一緒

UXとNXは画像で見ているときは、見た目がそっくりだと思ったんですが、実際見てみるとかなり違いを感じました。また、内装については全然別ものでしたね。

特に私が気になったのは後部座席とウィンカー。正直に言えばイマイチな感じがしました。

スペックやパワー、安全装備の違いなども交えて紹介したいと思います。

エクステリアはUXの方がスポーティ。NXは落ち着きがある

UXNX_エクステリア比較
出典:https://lexus.jp/

左がUXで右がNXです。全幅はほとんど変わらないものの、UXはNXと比べて全長と全高がやや縮まっているからか、少し小さく感じました。ですが、ワイドな感じで迫力はNXにも負けていないと思いますね。

比較するとUXの方がスポーティ、NXはやや落ち着いた大人な感じといったところでしょう。UXはエントリーモデルとはいえレクサスの高級感はしっかり感じられました。

UXのウィンカーは流れなかった

NX_ウインカー流れない
出典:https://lexus.jp/

UXのエクステリアを見ていて気になった点がシーケンシャルウインカーです。

C-HRには採用されているし、もちろんレクサスUXにも流れるウインカーが採用されていると思ったんですが、

UXには採用されていません・・・。

隣にあったNXの流れるウインカーを見て

「流れるほうがかっこいい」

と率直に思いました。UXはエントリーモデルなのでコスト削減のために、普通のウィンカーになったようです。採用はマイチェンに期待するしかなさそうです。

UXのインテリアは斬新だが安っぽい。質感を重視するならNX

UXNX_インテリア比較
出典:https://lexus.jp/

上がUXで下がNXのインテリアです。インテリアのデザインはUXの方が新しく発売されただけあって、ナビとインパネとの一体感があったりしていて斬新な印象を受けました。

NXのインパネ回りのデザインも悪くありませんが、斬新さはUXに軍配が上がると思います。

ただし、質感の点においてはNXの方はプラスチック感がほとんどなく、ダッシュボードやドアトリムの触り心地は高級感があって好印象でした。

一方UXの質感は正直レクサスとしては安っぽく感じてしまいますね。ダッシュボードやスイッチ類の触り心地はトヨタ車並。ドアトリムにいたっては無機質で高級車のレベルにはないように感じました。

質感を重視するならUXは厳しいかもしれないですね。

UXの後部座席は十分な広さ。だが余裕を求めるならNX

UX_後部座席
出典:https://lexus.jp/

内装で他に気になったのは後部座席の空間。UXはC-HRと同じシャシーを利用しているので、狭そうだなぁと思いながら実際に座ってみると、170cmの私が座る分には十分な広さに感じました。C-HRよりは若干広い印象です。

ですが、天井と頭の隙間はわずかしかありませんし、足元も余裕がないなぁとという印象。近場ならUXはいいですが、後部座席に座っての長距離ドライブは厳しそうです。

一方NXの後部座席だと、頭上や足元に余裕があって見晴らしも良いです。家族4人で使う機会が多いならNX。前席のみを利用する機会が多いならUXで十分だと思いますね。

パワーはNXに軍配。しかし運転のしやすさと燃費はUXの方が良い

  • スペック
    スペック UX NX
    グレード 250h
    “F SPORT”
    300h
    “F SPORT”
    駆動方式 2WD
    全長 4,495mm 4,640mm
    全幅 1,840mm 1,845mm
    全高 1,540mm 1,645mm
    車両重量 1,570kg 1,790kg
    最小回転半径 5.2m 5.7m
    エンジン 2Lハイブリッド 2.5Lハイブリッド
    エンジン
    最高出力
    146馬力 152馬力
    モーター
    最大出力
    109馬力 143馬力
    カタログ燃費
    [JC08]
    27.0km/L 19.8km/L

UXとNXのハイブリッド車のスペックを比較してみました。これはもう完全に別物ですね。

サイズ的にはNXが大柄で、小回りもききません。UXの方が小さく小回りもきくので、運転のしやすさはUXの方が優れてそうです。

また、カタログ燃費はNXよりUXの方が7.2km/Lも高いので、コストを下げられるのはUXでしょう。

しかしエンジンやモーター出力はNXの方が高いため、パワフルなパワーを求めるならNXの方がいいかもしれません。

UXにはレクサスの最新装備が付いている

  • 安全装備
    安全装備 UX NX
    グレード 250h
    “F SPORT”
    300h
    “F SPORT”
    プリクラッシュ
    セーフティ
    レーントレーシング
    アシスト[LTA]
    レーンディ
    パーチャーアラート
    [LDA]
    オートマチック
    ハイビーム[AHB]
    ロードサイン
    アシスト[RSA]
    先行車発進
    告知機能[TMN]
    パーキング
    サポートブレーキ
    (静止物)[PKSB]
    ●(※)
    ブラインドスポット
    モニター[BSM]
    ●(※) ●(※)

    ※オプション設定

UXとNXの安全装備を比べてみるとほぼ同じ。ただ、UXにはRSAやTMNなどレクサスの最新装備が付いています。車としての質感はNXの方がいいなと思ったんですが、装備についてはUXが一歩リードしていますね。

新型UXの試乗記。ガソリンとハイブリッドの2WD車を乗り回した!

内外装や安全装備などのチェックが済んだところで、いよいよレクサスUXの試乗に移ります。

今回はガソリンとハイブリッドそれぞれに試乗してきました。試乗したのはどちらも2WD車です。

試乗したグレードのスペックはこれ。

スペック UX
[2Lガソリン]
UX
[2Lハイブリッド]
グレード 200″F SPORT” 250h”F SPORT”
駆動方式 2WD
車重 1,490kg 1,570kg
カタログ燃費
[JC08]
17.2km/L 27.0km/L
エンジン最大出力 174馬力 146馬力
モーター最大出力 109馬力

コースは市街地、高速、郊外をトータル40km。実際に乗ってみると走りや燃費について良いところ、悪いところがたくさん見つかりましたよ。

ハイブリッドはパワフルで燃費も良い!

まず試乗したのはハイブリッドのUX250h”F SPORT”の2WD車。

これ、正直言って

めちゃくちゃよかったです。

ベース車のC-HRにも乗ったことはありますが、もう全然別物でしたね。

UXのハイブリッドはかなり静か

市街地_UXハイブリッド試乗

試乗は市街地からスタート。市街地では低速走行の静粛性を中心にチェックしました。

走り出しは新開発のダイナミックフォースエンジンというだけあって、少し踏むだけで十分に加速。CVT特有の滑るような感じもしませんでしたね。

静粛性はコンパクトSUVながらかなりの静かさを感じました。ベース車のC-HRも静かですが、やっぱりレクサスの静粛性は別格でした。

混雑の激しい市街地を抜けて燃費計を見ると

『11.0km/L』

の表示。

なるべくモーター走行になるよう意識していたんですが、発進と停止を繰り返してしまうような燃費に悪い環境ではハイブリッドでもこんなもんでしょう。UXの市街地の燃費が特別悪いわけではないと思います。

追い越しも余裕。ハイブリッドの余裕を持った加速

UXハイブリッド試乗 高速で試乗

次は高速です。高速ではエンジン性能を中心にチェックしました。

高速ではアクセルを踏めば踏むだけ加速する感じで、余裕のある加速感でした。アクセルに対しての反応も良く、高速合流時や追い越し時のパワーは全く不足を感じません。特にsportモードの反応は鋭くスポーティですね。

高速の出口を降りて、燃費計に目を移してみると

『22.1km/L』

をマーク。(1※高速に入った時に燃費計はリセット)
燃費達成率では82%とかなり良い数値です。

高速走行時は、レーダークルーズコントロール(2※)で85km/hに設定して走行していました。アクセルを必要以上に無駄に踏まなかったので、燃費が伸びたのでしょう。

2※設定した速度で定速走行ができる機能。前走車と一定の距離を保ちながら、追従走行をすることも可能。

UXは低重心で安定感が高い

UXハイブリッド試乗 郊外で試乗

次は郊外に移ります。郊外では走りを重点にチェックしました。

郊外では急カーブや凸凹が多い道でしたが、新型UXは終始安定感が高かった印象ですね。

コーナリング時はロールをそれほど感じることなく狙い通りに曲がりました。SUVの割にシート位置や全高も低いため、重心がの低さが効いているのでしょう。

また、乗り心地もさすがはレクサスといった感じでとても快適。18インチという大きなタイヤを履いていたので、ゴツゴツした突き上げがありそうだなぁと思ってたんですが、サスペンションが凸凹のショックを上手く吸収してくれているようです。

目的地に着いて燃費計に目を移すと

『20.2km/L』

をマーク。(1※郊外に入った時に燃費計はリセット)
燃費達成率は75%と良い数値です。

先読みエコドライブ機能(2※)で下り坂に入る前等の積極的なEV走行が行われたので、燃費が良かったのかもしれません。

2※運転行動や先の道路・交通状況を読み、実際の走行に沿ってハイブリッドバッテリーの充放電を最適に制御する技術

[まとめ]新型UXのハイブリッドはパワーがパワフルで燃費代も抑えられる

新型UXのハイブリッドの試乗結果を表にしてまとめてみました。

  • ハイブリッドの評価
    項目 ハイブリッド
    走り
    エンジン
    乗り心地
    燃費
    平均実燃費 17.8km/L

ハイブリッドで良かったのは走りと燃費。

走りはレクサスならではの安定感とパワフルな加速がドライブを楽しくさせてくれますね。燃費は平均約18km/Lを記録。パワーもあってこの数字なので、かなり優秀だと思います。

ガソリンは運転のしやすさが魅力

続いて試乗したのは、UX200″F SPORT”の2WD車です。

ハイブリッドに比べて走り、エンジン性能、乗り心地、燃費についてどう違うのか見ていきます。

静粛性はガソリンの方がやや劣る

市街地_UXガソリン試乗

試乗はハイブリッドと同じく市街地からスタートです。ここでは静粛性を中心にチェックしました。

走り出しは悪くないものの、ハイブリッドほどの加速はない印象です。ただ、周りの車の流れについていくには十分ですし不満はありません。

静粛性はガソリン車でもかなりの静かさを感じましたね。エントリーモデルといえど、さすがレクサスといった印象です。ですが、アクセルを深く踏み込んだ時はエンジンの唸りが少し大きく感じるので、ハイブリッドよりは少し劣るかなぁと思いますね。

市街地を抜けて燃費計を見てみると

『7.8km/L』

の表示。普通のガソリン車並みです

アイドリングストップはついているものの、発進と停止の多い場面では燃費の悪化が大きい印象でした。

ガソリンは追い抜き時の加速に不満アリ

UXガソリン試乗 高速で試乗

次は高速。

ハイブリッドの方は高速ではパワフルさを見せてくれましたが、ガソリンは正直少し物足りないと感じてしまいますね。

悪くはないんですが、追い抜き時に少し時間がかかってしまう印象でした。また、アクセルも深くまで踏まなければならなかったので、エンジン音も気になります。ハイブリッドよりもうるさいシーンは多いんじゃないでしょうか。

高速を抜けて、燃費計に目を移すと

『15.6km/L』

をマーク。カタログ燃費の17.2km/Lにかなり近い数。高速では燃費が良く伸びるようです。

ガソリンは運転がしやすい

UXガソリン試乗 郊外で試乗

高速を抜けて郊外に入ります。

ここまではハイブリッドに劣ることばかりだなぁと感じてましたが、郊外ではガソリンの良い部分が見えてきました。

コーナリング時はかなり軽快で、SUVとは思えないほどスポーティに曲がってくれました。ロールもハイブリッドより抑えられていて、運転がしやすかったです。

凸凹を通過した時もフラットな感触で、乗り心地は上質に感じました。路面からの突き上げもハイブリッドと同等に凸凹をサスペンションがうまく吸収している感じがしました。

目的地付近で燃費計を見てみると

『14.3km/L』

という表示。高速ほどは伸びませんが、悪くない数字です。これだけ走るなら通勤などにも使ってもいいかなぁと思いますね。

[まとめ]ガソリンは運転がしやすい

新型UXのガソリンを試乗した結果を表にしてまとめてみました。

  • ガソリンの評価
    項目 ガソリン
    走り
    エンジン
    乗り心地
    燃費
    平均実燃費 12.6km/L

ガソリンの優秀だった点は走りです。ハイブリッドよりも軽いため、コーナリング性能が良くてとても運転がしやすかったですね。また、軽快にキビキビ走ってくれる印象も強いです。

ただし、ハイブリッド程パワーはパワフルではありませんし、何より燃費が悪いのが気になります。燃料もハイオクなので、ランニングコストも大きくなってしまいそうです。

近場メインならガソリン車でも良いとは思いますが、遠出には向いていないと思いますね。

加速がパワフルで、コストが抑えられるハイブリッドが買い

  • 総合評価
    項目 ハイブリッド ガソリン
    走り
    エンジン
    乗り心地
    燃費
    平均実燃費 17.8km/L 12.6km/L

新型UXのハイブリッドとガソリンを比較してみて、良いと思ったのはハイブリッドです。

走りはハイブリッドがパワフル、ガソリン車が軽快な印象で、これは好みが別れるところだと思います。個人的にはハイブリッドのパワフルな加速の方が好きですね。

燃費については実燃費でハイブリッドが5.2km/L上回っており、長く乗るならこっちかなぁと思います。

新型レクサスUXの試乗車を予約するなら電話が良い

UX電話予約

これから新型UXを試乗しようと考えている人は、レクサスのホームページから試乗車検索をすると思います。ただ、それをすると

そんなに待てないよ・・・

ってなります。なぜかというとホームページからの予約だと選択できるのは3日後からです。明日試乗したいなと思っても予約できません。

なので、試乗車のあるディーラーを見つけたらさっさと電話してしまった方が早いです。私の場合は当日の電話予約でOKでした。

新型UXの試乗レポート動画を公開

試乗になかなか行けない人のために、詳しく試乗レポートしている動画がYouTubeにあったので紹介しておきます。YouTubeの試乗動画は文字だけ流れているようなものがたくさんあって、いい動画を探すのがかなり面倒になってきています…。

こちらはモータージャーナリストの石井さんがUXのガソリンとハイブリッドに乗ってプロの観点でレポートしてくれています。

また、こちらはユーチューバーが素人目線でレビューしてくれています。

新型UXを安く買うには?

UX試乗_安く買う

UXを安く買おうと思うと、重要になってくるのは下取りと値引きです。

ただ、下取りや値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型UXを購入した人がどうやって騙されずに下取り交渉や値引き交渉をしたのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型レクサスUXの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

yariscross_noukitop
トヨタ新型ヤリスクロスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年9月に発売予定のトヨタ新型ヤリスクロス。スタイリッシュな

caroratouring_nebikitop
トヨタ新型カローラツーリングの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2020年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。カローラフ

corollatouring_noukitop
トヨタ新型カローラツーリングの納期最新情報|長い納期が早まる!コロナ影響は? 

2019年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。ちょうど良

yariskcross_nebikitop
[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

2020年8月に発売されたトヨタ新型ヤリスクロス。人気の高いコンパ

kicks_nebekisoba
[日産新型キックス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2020年6月に発売された日産新型キックス。e-POWERが魅

→もっと見る

PAGE TOP ↑