*

欠点はここ!トヨタ新型RAV4の口コミ・評価をガチ調査

更新日: RAV4

この記事の所要時間: 1645

RAV4_口コミトップ

トヨタの新型RAV4。大手サイトや雑誌では評価が高いと書かれていますよね。ですが、こういう情報ばかり見ていると逆に

新型RAV4の欠点はないの?

ということが気になるのではないでしょうか。実際に購入しようと思うと、悪いところも知っておきたいところですよね。

実は新型RAV4にもちゃんと欠点や弱点は存在します。大手メディアやレクサスの公式サイトなどでは欠点を公表したがりませんが、口コミサイトや個人ブログでなどでは欠点についても情報があるんですよ。

ただ、こういう情報を1つ1つ見ていくのはめちゃくちゃ大変ですよね。

そこで、インターネット上にある口コミ情報(*)をすべてかき集めどんな欠点があるのか調べてみました。ただ、欠点を調べていると

「これ本当かよ!?」

と思えることもあったので、そういう情報については実際に購入した人の意見も取り入れて信憑性を確かめています。調べるのは結構面倒でしたが、新型RAV4について欠点を含めた口コミや評価を丸裸にできたと思います。

調べた情報は外観・内装、燃費、価格、走りなど7つのポイントで整理しました。新型RAV4の購入に役立ててもらえれば幸いです!

*口コミ情報:2ch、価格com、みんカラ、個人ブログ

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

約8割の人がエクステリアを「良い」と評価。欠点はアドベンチャーがハイブリッドでは選べないこと

RAV4_エクステリア評価

口コミでは約8割の人が「良い」と評価しています。

新型RAV4のエクステリアの良い口コミでは

  1. ワイルドで重圧感がある
  2. 四角くてSUVらしい
  3. フロントデザインがカッコいい

この3点が良く見られます。最近のSUVはスタイリッシュなものが多いですが、新型RAV4はSUVらしくゴツゴツ感やワイルド感があり、それが受けているようです。

ただ、そんな新型RAV4のエクステリアも2割の人は不満があるようです。

アドベンチャーはガソリン車しか設定がない

新型RAV4はワイルドさやゴツゴツした感じが評価されていますが、それが強く感じられるのはアドベンチャーのグレードです。

このアドベンチャーをハイブリッドでは選択できないため、デザインというかグレードのラインナップに不満を持つ声は少なくありません。

アドベンチャーとGグレードのフロントマスクを比較するとこんな感じ

RAV4_フロントマスク違い
出典:https://toyota.jp/

どちらもゴツゴツした感じはありますが、比べてみるとGはスタイリッシュな印象ではないでしょうか?違いはフロントグリルとフロントバンパーなんですが、それだけで全然印象が変わってしまいます。

また、タイヤもアドベンチャーは専用の19インチを装着し、タイヤ周りのデザインもワイルドな感じですよね。

RAV4_専用大型アーチモール
出典:https://toyota.jp/

フロントマスクが犬っぽい

RAV4と犬

新型RAV4の顔はかなり特徴的なので、これを嫌う人も一定数います。

中でも、よく見られるのは

「犬っぽい」

という意見。確かに良く見ていると、骨を咥えている犬に様にも見えてきます。

車の顔というのは好き嫌いがはっきりするところですが、新型RAV4の場合はかなり斬新なデザインなので、こういう批判的な意見もあるのでしょうね。

インテリアは約7割の人が「良い」と評価。欠点はメーターがちょっと見にくい

RAV4_インテリア評価

インテリアは約7割の人が「良い」と評価しています。新型RAV4のインテリアの口コミでは

  • スペースが広くて解放感がある
  • 小物入れも豊富
  • 荷物がたくさん載る

これら3つが良い意見として目立ちます。解放感があり、使い勝手もいいのでSUVとしては評価が高いようです。また、内装の全体的な質感も高いことも高評価につながっているようです。

ただ、そんなインテリアでも悪い評価をしている人はいました。

メーターが見にくい

RAV4_メーター見にくい
出典:https://web.motormagazine.co.jp/

口コミを見ていると、スピードメーターが見にくいという意見がありました。

新型RAV4は天井が高いです。そのため運転席の高さを少し高めに設定する人は少なくありません。その方が見渡しもよくなり、運転がしやすいですからね。

ただ、これをしてしまうと、スピードメーターは少しのぞき込まないと見えません。これではかなり不便だし、ちょっと危ないですよね。

最近のSUVではヘッドアップディスプレイがあるので、こういうことはないのですが、新型RAV4にはオプションでも設定がないため、座席の高さをうまく調整するしかないでしょうね。

走行モードの変更が難しい

RAV4_マルチテレインセレクト
出典:https://toyota.jp/

新型RAV4にはマルチテレインセレクトで走行モードを変えられるんですが、

「ボタンが多すぎて走行中に触れたもんじゃない」

という口コミが結構ありました。

画像見ればわかるんですが、ボタンが1か所に集中しすぎなんです。こんな狭い位置にボタンが6つも7つもあったら、走行中に操作するのは慣れないとかなり厳しい・・・。それどころか事故の原因にもなります。

「慣れればOK!」

と思うかもしれませんが、走行モードの切替なんてそうそう使わないので、慣れでなんとかなるものではないと思いますね。こういう、走行中に触りたくなるボタンはもっと操作性の良いものにしてほしかったですよね。

価格は約7割の人が満足。でも、総額は400万円!?

RAV4_価格評価

価格は約3割の人が「良い」と評価しています。新型RAV4の価格に関する良い口コミでは

  1. ベースグレードでも標準装備が良い
  2. 手が届く価格設定
  3. ハリアーよりも装備が充実

この3つの意見が多く見られます。ベースグレードでもToyota Safety Senseが付いているため、クルコンや自動ブレーキは標準装備。さらに、電動パーキングブレーキやLEDヘッドランプなどオプション扱いでもおかしくない装備までベースグレードのXには標準で付いています。

同じトヨタのハリアーなどのベースグレードだと、装備がショボいので買う気にはならないですが、新型RAV4の装備であればベースグレードでも悪くはないですよね。

ただ、新型RAV4でも価格に不満を持っている人は購入を検討している人の3割ぐらいはいます。

シートベンチレーションがアドベンチャーにしか付けられない

RAV4_シートベンチレーション
出典:https://toyota.jp/

シートベンチレーションって聞きなれない人もいると思いますが、高級車にはよくある装備で、座席の下から空気が出てくる装備です。

革シートになると、夏場は蒸れてしまうのですがこれがあると、お尻の下や背中の風通しがよくなるため、かなり快適になります。

そんな快適な装備であれば、オプションで付けたいところなんですが、これはアドベンチャーのグレードにしか設定がないんですよ。Gグレードも合成皮革のシートなので、これを付けたい人もいると思いますが、設定がないため、これに不満を持つ方はいるようです。

ハイブリッドやアドベンチャーを購入すると支払い総額が400万円!?

新型RAV4で売れ筋はハイブリッドやアドベンチャーなのですが、それを購入しようとすると400万円ぐらいになってしまい、それに不満を持つ人も少なくないです。

グレード 価格
Adventure 3,137,400円
G “Z package” 3,348,000円
G 3,202,200円
X 2,608,200円
HYBRID G 3,817,800円
HYBRID X 3,202,200円

新型RAV4のラインナップの中から、AdventureやHYBRID Xを選び総額をシミュレーションしてみた結果がこれこれです。

諸経費: 150,000円
ナビ: 200,000円
オプション: 200,000円
メンテナンスパック: 100,000円
カーコーティング: 80,000円
Adventure: 3,137,400円
合計: 3,867,400

 

諸経費: 150,000円
ナビ: 200,000
オプション: 200,000
メンテナンスパック: 100,000
カーコーティング: 80,000
HYBRID X: 3,202,200円
合計: 3,932,200

どちらも総額は約390万円ぐらい。オプションについては平均的な金額を入れているだけなので、ここから自分がほしいオプションを追加すると400万円は超えてしまいます。

これだと、ちょっと手が届かない車になってしまうので、もう少し安ければと思うのでしょうね。

ただ、うまく値引き交渉ができれば安く購入することも可能なので、新型RAV4を狙っている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

トヨタ新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

7割の人が燃費を「良い」と評価。欠点は市街地での燃費か

RAV4_燃費評価

ガソリン車もハイブリッドも約7割の人が燃費を「良い」と評価しています。

口コミなどでは

ガソリン:10km/L〜12km/L
ハイブリッド:14km/L〜18km/L

このぐらいは走ると言われており、SUVだとけっこう優秀です。特にハイブリッドは優秀で、このクラスのSUVが実燃費で18km/Lも走れば言うことなしでしょう。

ただ、こういう口コミって正直

ちょっと胡散臭い。。。

と思うんですよね。そこで、e燃費の各月のデータを参考に実燃費を調べてみました。その結果がこれです。

項目 RAV4(2WD)
ガソリン ハイブリッド
推定カタログ燃費
[WLTC]
15.8km/L 21.4km/L
実燃費(平均) 10.1km/L 16.7km/L
燃費達成率 64.1% 78.1%

かなり口コミに近い数値になりました。

ガソリン車の燃費には物足りなさを感じますが、ハイブリッドはやはり優秀。ライバルのフォレスターやCX-5などは実燃費で15km/Lも走らない中、新型RAV4は17km/L近く走りますからね。

トヨタ新型RAV4の実燃費は悪い?ガソリンとハイブリッドのデータを公開

ただ、口コミでは燃費があまり良くないという意見もありました。

市街地になると燃費が悪い

信号が多くストップ&ゴーを繰り返すような道路環境だと

「ハイブリッドでも10km/L以下の時も」
「ガソリン車だと7〜8km/L」

と口コミでは言われています。ガソリン車は元々燃費が良くないので、妥当なところだと思いますが、ハイブリッドでも10km/Lを切ってしまうこともあるようです。

2.5Lのエンジンはパワフルですが、市街地などはちょっと苦手なようですね。

エンジン性能は8割の人が「良い」と評価。欠点はガソリン車のパワー不足

RAV4_エンジン評価

エンジン性能では8割の人が「良い」と支持しています。ガソリン車、ハイブリッドそれぞれの良いコメントを紹介します。

ガソリン車
・踏めば必要十分のパワーで加速
・2000ccでも馬力がある
・スムーズな加速

ガソリン車は2000ccなのでパワー不足な印象を受けますが、新型RAV4ではそんなことはないようです。

エンジンはレクサスUXと同じエンジンが使われており171馬力。他車だとせいぜい150馬力なので、新型RAV4をパワフルと感じるのでしょうね。

また、CVTだとアクセルを踏んでも、加速が遅れがちですが、新型RAV4ではそれもなくスムーズに加速するようです。

 

ハイブリッド
・すごくパワフル
・スポーティな加速
・エンジン音静か

ハイブリッドは2.5L+モーターで218馬力もあるため、パワフルに感じている人が多いです。走り出しはアクセルを軽く踏むだけでスーッと加速していきますし、上り坂でもグイグイ登ります。

また、アクセルをあまり踏み込む必要がなくても加速するため、エンジン音はかなり静かなようです。

ただ、これだけ良いと言われているエンジンでも不満を持つ人はいました。

ガソリンは登り坂だとパワー不足

RAV4_エンジン
出典:https://toyota.jp/

ガソリンのエンジン性能に不満がある人からは

「発進時や登り坂での加速がイマイチ」
「登り坂は瞬発力が足りない」
「エンジン音がうるさい」

このような口コミが見られました。

ガソリン車は馬力はあるんですが、やはり2000ccのエンジンなので瞬発力がちょっと足りないと感じる人はいるようです。

また、上り坂で加速するときはエンジンを4000回転ぐらいまで、回さないといけないのでエンジン音も「ブオーーーン」と唸るようですね。

停車中にエンジンがかかるとちょっとビックリする

ハイブリッドなのでエンジンはかかったり止まったりしますが、普通に走っているとそれを感じることはほぼありません。ただ口コミを見ていると、停車中にエンジンがかかると

「エンジンの振動が車内に響く」

というものがありました。2.5Lのエンジンが停車中の無音状態で動き出すと、さすがに体で感じてしまうようです。

街乗りなんかでは、エンジンの存在を忘れてしまうぐらい静かなので、停車中にエンジンがかかるとちょっとビックリしてしまうのでしょうね。

約9割の人が走行性能を「良い」と評価。欠点は後輪のモーター

RAV4_走行性能評価

走行性能は約9割の人が「良い」と評価しています。口コミでは

  1. 曲がりやすい
  2. 背は高いがロールが少ない
  3. ドッシリ安定している

特にこの3点を高く評価していました。

ベースが走りに定評のある、トヨタのカムリなので走りそのものの質が高いようです。重心が安定しているため、コーナーでもふらつきなどは感じることは少なく、運転がしやすいという意見も多数ありました。

また、ボディもしっかりしているため、直進の安定性もかなり良いという人が多いです。高速などでもドッシリ安定しているようですね。

一方で、少数ではありますが走行性能に不満を感じている人もいました。

後輪のモーターが動かない?

新型RAV4のハイブリッドモデルはE-Fourが搭載され、前後どちらもモーター駆動で動くはずなのですが、運転していても

「後輪のモーターが動いていない」

という口コミが見られます。

おそらくこれは、後輪のモーターが発進時や坂道など必要なときしか動かないからなんでしょう。

普通に乗っていると、FF(前輪駆動)の動きしか感じられず、後ろからグッとくる感じはあまりしないようです。普段はFFの車でしかないので、アクティブな4WDを期待していた人にとってはちょっと不満があるようですね。

乗り心地は約7割の人が「良い」と評価。欠点はハイブリッドの揺れ

RAV4_乗り心地評価

乗り心地は約7割の人が「良い」と評価しています。新型RAV4の乗り心地に満足した人は

  1. 車内が静か
  2. 硬めの足だけど路面からのショックが少ない
  3. 長距離でも疲れにくそう

主にこの3点を高く評価しています。

ロードノイズや風切り音も抑えられ、エンジン音も車内にはあまり入ってこないので静粛性はとても高いと言われています。

また、足回りは少し硬めのようですが、サスペンションがしっかり動くため、しっとりした乗り心地。長距離ドライブの疲れも少ないと感じる人は多いようです。

そんな評価の高い走行性能に不満の声がありました。

19インチのタイヤだと硬すぎる

RAV4_19インチ
出典:https://toyota.jp/

新型RAV4で人気グレードのAdventureには19インチのタイヤが標準で装着されています。大きくて迫力もあり、デザイン的にはいいのですが、

「硬くて乗り心地が良くない」

という意見がありました。19インチのホイールだとタイヤの厚みは薄くなりますから、路面からのショックは伝わりやすくなります。そのためこのような口コミはあっても不思議ではありません。

ただ、これはあくまで17インチや18インチのタイヤと比較した場合なので、Adventureでの乗り心地がすごく悪いというわけではないでしょう。

ハイブリッドだと揺れる?

RAV4_揺れる
出典:https://toyota.jp/

走りが安定していると言われている新型RAV4ですが、悪い評価として

「ハイブリッドの揺れが気になる」

というものがありました。段差やつなぎ目を超えたときに揺れを感じるというのです。

この揺れはハイブリッドの車重が重いことにあります。ハイブリッドはガソリン車に比べて100kgも重いので、段差を超えたときの揺れはどうしても大きくなってしまいます。

ただその分、ドッシリしていて直進の安定性はいいので、これが一概に悪いとは言えないところはあるでしょうね。

総合評価は8割の人が「良い」と評価。新型RAV4でチェックすべき欠点まとめ

RAV4_総合評価

総合評価では8割の人が新型RAV4「良い」と評価しています。色々欠点はありますが、それでもこの評価ですから、新型RAV4はかなり優秀です。

最後に新型RAV4の欠点をまとめてみたので、車選びの参考にしてみてください。

項目 RAV4の欠点
エクステリア ・アドベンチャーはガソリン車しか設定がない
・フロントマスクが犬っぽい
インテリア ・メーターが見にくい
・走行モードの変更が難しい
価格 ・人気グレードだと支払い総額が400万円
燃費 ・市街地の燃費が悪い
エンジン ・ガソリン車はパワー不足
・停車中のエンジン始動が気になる
走行性能 ・後輪モーターがあまり動かない
乗り心地 ・19インチだと足が硬い
・ハイブリッドの揺れが気になる

致命的な欠点が少ないのが新型RAV4ですが、メーターが見にくいところは実際購入するとなると、要チェックポイントだと思います。もし試乗する機会があれば、座席の高さを調節してチェックしてみることをオススメします。

[動画]新型RAV4の欠点を動画でまとめました

新型RAV4の欠点を動画でもまとめてみました。

「文章じゃわかりにくかったよ・・・」

という方はこちらの方が分かりやすいと思います。

新型RAV4を安く買うには?

RAV4口コミ_安く買う
新型RAV4を安く購入するには値引きや下取りが重要です。ただ、値引きや下取りについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型RAV4を購入した人がどうやって騙されずに値引きや下取り交渉をしたのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型RAV4の値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑