マツダデミオの値引き体験談をレポート。相場や限界を分析してみた

*

マツダデミオの値引き体験談をレポート。相場や限界を分析してみた

この記事の所要時間: 1420

デミオ 値引き
デミオの値引き額は雑誌などで、今月の目標額や値引き相場が◯◯万円と掲載されています。

実はあれって雑誌編集者などの予想なので、外れていることも多いんですよ。

ただ、それでは困るので、こちらのサイトでは手に入る値引き情報をすべて集め、分析した情報を公開しています。情報集めには雑誌や口コミ情報、価格comなどのネット情報、さらには実際に購入した人へのインタビューも決行。

インタビューは毎月やっていて、20名程度の人に聞けています。当サイトのメンバーが車保険の仕事をしているので、お客さんとの談話で値引きについて聞いている感じです。

インタビューではかなりリアルな値引き話もあったので、

・値引きの体験談
・値引き交渉のコツ

なんかも合わせて紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


デミオ車両本体価格の最新値引き相場・限界をチェック
[2019年2月 最新版]

値引き額については、インタビュー、雑誌や大手サイト、価格com、個人ブログのデータを分析して算出しています。インタビューで聞いた情報に重みを付けて分析しているので、かなり現実に近いんじゃないかと思いますね。

デミオの値引き分析

ナナメ45度からズバっと!」ではこんな感じで、毎月28日以降に値引き情報の更新をしています。

デミオの車両本体価格の値引き相場・限界をチェック(ディーゼル/ガソリン共通)

時期 値引き額
2019年2月 ※最新 10万円
2019年1月 10万円
2018年12月 10万円
2018年11月 10万円
2018年10月 12万円
2018年9月 12万円
2018年8月 10万円
2018年7月 16万円
2018年6月 16万円
2018年5月 15万円
2018年4月 14万円
2018年3月 14万円
2018年2月 13万円
2018年1月 13万円
2017年1月〜12月 10万〜14万円
2016年1月~12月 7万~11万円

(※情報元は月刊自家用車、価格com、今回のインタビュー結果)

2019年2月の値引き相場は10万円。以前として値引きは渋い状況が続いており、8万円程度でストップをかけてくることが多いです。しかし、交渉次第ではさらなる値引きを引き出すことは可能です。

デミオの値引きを引き出すにはアクアやフィット、ノートとの競合が王道。しかし、それでも値引きが伸びないことがあるようで、その場合はデミオ同士の競合が効果的だそう。

マツダ同士を競わせる場合は、お店の名前に注目。◯◯マツダの◯の部分が違えば別会社なので、競合させることが可能です。基本的には隣の県に別会社があると思います。

購入した人の中に、アクアやフィットHVと競合させた人がいたので紹介します。

ヴェゼル_ホンダ同士_大きな値引き
『アクアとの競合が効果あり』
購入者:30代男性
値引き額:12万円
グレード:XD
契約したのは2019年1月です。マツダの営業マンから最初に提示された値引き額は5万円。流石にこれでは少なすぎるのでノートe-POWERやフィットHVと競合させてみました。しかし、状況は厳しく本体価格からの値引きは7万円。半ばあきらめかけていましたが、アクアとも競わせてみるとマツダの営業マンから
「安くするのでデミオに決めてほしい」
と、値引き額が8万円にアップしたんです。その後、アクアとデミオで再度交渉していくと
「決めてもらえるなら値引きは10万にします!」
とマツダが値引き額を上乗せしてくれたので契約。最終的には付属品込み12万円の値引きを獲得しました。

新型デミオディーゼルの最新の値引きはいくらが限界?

実際に購入した人に聞いてみると、発売から3年経過していますが車両本体価格からの10万円程度の人が多いです。

ですが、インタビューした人の中で車両本体価格の

最高値引きは17万円
でした。二人いました。ちなみに・・・

  • キャンセル車を購入した
  • 担当営業マンのノルマがあと1台だった

限界まで値引きしてもらえた人はこんな条件だった人です。キャンセル車は当然として担当営業のノルマがあと1台の時も値引きは期待できます。

インタビューした人の中に、キャンセル車を安く購入している人が実際にいました。

デミオのキャンセル車が最大値引き額
『キャンセル車の値引きが大きかった』
ディーゼルの4wdを2017年1月に新車購入しました。
10月の値引き目標額は10万円でしたが、最初の値引き提示は5万円。2chで40万円値引きの書き込みを見て、大幅値引きを期待していただけにガッカリ・・・
値引き額は最終的に12万円でしたが、同じ条件のキャンセル車がでたので、値引きを17万に上乗せしてもらい、そちらを契約しました。値引きはこれが限界だと思います。

デミオの値引きが限界突破!?これなら値引き40万円も可能

インタビューしていると数名の方が、値引き相場よりも20万円以上安く購入している人がいました。

流石にこれはおかしいと思って、いろいろ聞いてみると値引きの代わりに下取り額を大幅アップさせたそうなんです。

私も車を買うときは下取りに出しますが、ディーラーが査定してくれた額で買い取ってもらっています。

どのディーラーも同じような査定額なので大差はないだろうと踏んでいました。

しかし、下取り額を大幅アップした人のやり方をするとディラー査定が馬鹿らしくなります。

そのやり方はシンプルで一括査定を利用するんです。一括査定では自分の車を最高値で査定してもらえます。その結果をディーラーに突き付けて

「買取業者だとこれだけの査定額がでているよ?」

と言うだけです。めちゃくちゃ簡単です。

ちょうど私も車を買い換えるタイミングがあったので、実際にやってみました。その結果がこれです!

効果絶大でした!

あっさり下取りが20万円アップ。ディーラー側と面倒な交渉もなかったので、少しでも安く買いたい人は絶対やった方が良いですよ。こういうのは知らない人だけが損をしますからね。

「デミオを値引き40万円引きで購入した」

みたいな話をインタビューで数人聞きましたが、そういう人はコレやっていました。やっぱり知っている人は知っていますね。

ちなみに私が利用したのは『かんたん車査定ガイド』です。

一括査定を利用する前にいろいろ比較しましたが、

  • 大手(信頼できる)
  • 高い査定が出やすい
  • 入力後すぐに査定額が分かる

この3点がそろっているのは『かんたん車査定ガイド』だけでした。一括査定するならオススメします。

他の一括査定は企業規模が小さかったり、すぐに査定額がわからないなど何かしらデメリットが多かったので、個人的にはちょっと使いづらい印象でした。

「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

デミオの値引き推移は現状維持する見込み。フルモデルチェンジは2020年を予定。

デミオ値引き推移予測
値引きに動きがない状況が続いています。ゴールデンウィークあたりまで大きく動くことはない見込みです。

また、値引きに大きく影響するフルモデルチェンジは2020年とまだまだ先。直近では値引き額が大きく動く要素も見当たりません。

なので、今買っても

もう少し待てば安く買えたのに・・・

なんて後悔することはないでしょう。

デミオはオプションからどれだけ値引きしてもらえるのか?

デミオは車両本体価格から大きな値引きは期待できません。しかし、オプションからの値引きは頑張ってくれるみたいです。値引き対象になるのはディーラーオプション。

通常オプションからの値引きは10~15%ぐらいですが、20%の値引きをしてもらっている人がかなりいました。やはり車両本体からの値引きは厳しいだけ、オプションは緩い傾向にあるようです。

こちらは2016年10月に購入された30代の男性にインタビューした体験談です。

デミオのオプション値引き
『オプション値引きは甘かった』
2016年1月に購入しました。車両本体価格の値引きは7万円でストップ。ディーラーからは2014年モデルを安売りしない印象を受けました。ですが、オプション値引きは逆に緩いようです。購入したオプションはエアロやナビ、コーティング、フロアマットなど。オプショントータル40万円から10万円引いてもらえ、
値引き率は25%。

かなりいい条件だと思います。値引きトータルは17万円で値引き20万円には届きませんでしたが、満足のいく結果でした。

デミオの値引き目標価格はこう考える

デミオの値引き情報を整理すると

車両本体価格からの値引き:10万円
オプションからの値引き :20%

この数字を目安に考えて交渉すると良さそうです。

デミオの場合、交渉のコツとしては

  • アクアやフィット、ノートと競合させる
  • 可能ならデミオ同士でも競合させる
  • 契約直前は強気に出る
  • 一括査定で下取り額をアップさせる
    ※『かんたん車査定ガイド』がオススメ

この4つが大きなポイントになっています。

「一括査定とか面倒・・・」

なんて思うかもしれませんが、「かんたん車査定ガイド」だとホント簡単に査定ができるので試しにやってみてもいいと思います。

「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

デミオの値引きでこんなところが気になったので聞いてみた

インタビューでは、デミオの値引きで気になることを突っ込んで聞いた見たので、紹介します。

ガソリンモデルだと安く買えるのか?

ディーゼルがちょっと高いので、ガソリンモデルを安く買おうと考えている人もいると思いますが、値引き価格はディーゼルモデルと同じのようです。

値引きが厳しいのはガソリンモデルでも、エンジン、ボディ、シャーシなど全てにスカイアクティブが適用されていて人気があるからです。一番価格の安いグレードの13sにも適用されているので、値引きは厳しいです。

ガソリンモデルを購入した人の体験談を1つ紹介します。

デミオのガソリンモデルの値引き体験談
『ガソリン車も値引きが厳しい』
2017年1月にガソリンモデルの13Sを新車購入しました。
ガソリンモデルなので、ディーゼルよりも値引きが期待していましたが、
「車両本体価格からは5万円引きが限界です」
と言われました。アクアやフィットを競合させて粘ってみましたが、最終的な値引きは7万円でした。アクアやフィットと比べるとかなり厳しいなと感じましたが、下取り車の買取価格を上乗せしてもらえたので、実質の値引きは10万円以上あったと思います。

デミオは決算時期も値引きしないのか?

通常決済時期の2月、3月が車を安く買えるチャンスなのですが、データを分析してみると実際は少し違うことがわかりました。

  2018年3月
(決算月)
2018年4月
(決算翌月)
値引き額 14万円 14万円

決算月と決算翌月の比較をしてみると、値引き額が同じです。
実は決算月も普段の値引き額と大差はありません。ただ、ディーラーは決算月にたくさん車を売りたいので、

「さっさと値引きして多く売ろう!」

このように考えています。

なので、決算月は手っ取り早く、始めから大きな値引きをしてくることが多いです。ただ、その値引き額からはまだまだ値引き可能なので飛びついてはいけません。

また、決算月だと契約を焦らせてくることがあるので、逆に普段の月でしっかり交渉する方が安く買えることも多いようです。

インタビューした人の中に、決算月翌月でも安く購入している人がいました。

デミオ_決算翌月_値引き
『決算月並の値引きをゲット!』
2018年4月に関東マツダで購入しました。
ディーラーからは
「決算月の翌月なのでデミオの値引きは厳しくなってきています」
と言われていましたが、粘り強く値引き交渉したところ、車両本体価格の決算月(3月)の値引き目標額14万円を超えました。決算月でも普通の月でも実際の値引きは変わらないのではないでしょうか。ディーラーのノルマは厳しいようでしたが。

【番外編】デミオの展示車や試乗車、在庫車だと値引きは最大になる?

デミオ_展示車

インタビューをしていると1名だけ相場よりも本体価格から約10万円も多く値引きしてもらっている人がいました。

 

これよくよく話を聞いてみると、営業マンから

「展示車でよければ、特別値引きができます!」

と紹介があったそうです。特別割引があるなら展示車や試乗車も悪くないですよね。

どんな交渉をすると展示車が紹介されるのか、その秘密を聞いてみたら

デミオ_特に何もしていません
特に何もしてません。

との回答。展示車が紹介されたのはホントたまたまで、ディーラーで展示車や試乗車の入れ替えをするタイミングと値引き交渉する時期がピッタリあったんだそうです。

これを狙ってやるのは無理なので、紹介があればラッキーぐらいに思っておくと良いでしょう。

ちなみに在庫車も同じで、ディーラーに在庫車がなければ購入することはできないため、運が必要です。日頃の行いをよくして運気をアップさせるしかないですね。

みんな下取りで損をしている!?新型デミオの値引きで失敗しない方法

実は今回のインタビューでは乗り換えの方には下取りの査定額も聞いていました。ほとんどの人がディーラーに下取りに出していたのですが、その査定額がちょっと安いなと感じたので査定額を調べてみました。

私が査定額のチェックに利用したのは一括査定サイトです。20台分の査定もここなら20分もあれば楽勝です。1台1分でチェックできます。

画面に「車種名」、「年式」、「走行距離」これだけ入力してポチっとボタンを押すだけなので。

入力したらすぐに結果は出ます。

トヨタの公式サイトでも同じ様に調べることができたので、10万キロ走ったプリウスの査定額を比較してみました。

プリウスの一括査定の結果

すると、20万円以上もの差があったんです。

インタビューで聞いた査定額はトヨタ公式サイトの額とほぼ一致していたので、このプリウスをディーラーに下取りにしてもらった方は20万円以上損をしてたことになります。。。

こんな感じで20台全部調べたら、20台中18台が損をしていることが分かりました。

ディーラー査定はダメだと言われていますが、

本当のようです。

今回私が利用したサイトは『かんたん車査定ガイド』です。かんたん車査定ガイドの詳しいことはこちらで紹介されています。

かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

ディーラーの査定額が安い理由

ディーラーは最初の査定額を低く提示してきます。新車から値引きをしても、お客さんの車を安く買い取ることができればディーラー的には損がないですからね。

もちろん、査定額が他社よりも低いとお客さんに指摘されれば、査定額を見直してくれます。しかし、お客さんが何も言われなければ安く買い取られてしまいます。なので、こちらから
デミオ_査定額はこのぐらいあるでしょ
「査定額はこのぐらいあるでしょ?」
デミオ_安く査定したのバレちゃったかな
営業マン「・・・。」
デミオ_査定額はこのぐらいあるでしょ
「・・・。」
デミオ_安く査定したのバレちゃったかな
営業マン
「(安く査定したのバレちゃったかな…)」

こんな感じで言わないとディーラーに騙されてしまう仕組みになっているんです。

こうならないためには、デミオを購入する前には自分で下取りの査定を済ませておくと良いでしょうね。

私も車を購入するときに、一括査定の査定額を営業マンに伝えて下取りを大きくアップさせました。その証拠がこれです。

#一括査定って危なくないの?
一括査定と言えば、電話がかかってきて大変と言われています。しかし、実際は電話が数件くる程度です。それも最初の1日目だけ。2日目以降はほとんど電話はなりませんし、簡単なメールなどのやりとりだけで済むケースも多いようです。

査定は出来るだけ早くしておいた方が良い

もし査定をするなら早めにやっておくことをオススメします。査定額は1日単位で下がっていくので、

今日の査定額が50万円でも明日は30万円に・・・

なんてことが買取査定の世界では普通に起こっているからです。なので、査定だけは出来るだけ早くやった方が良いです。

今回私が利用した『かんたん車査定ガイド』は無料なので、査定額をとりあえず知るだけに利用するのもいいと思います。


「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

公式ページではここで紹介したような実例もたくさん紹介されています。

▼▼かんたん査定ガイドの公式ページはこちら





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


PAGE TOP ↑