スバルインプレッサスポーツの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

*

スバルインプレッサスポーツの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

この記事の所要時間: 1532

インプレッサスポーツ_値引き相場と体験談

スバルのインプレッサスポーツは2016年にフルモデルチェンジした、人気の高い車です。購入を考えている方が一番気になるのは値引き情報だと思います。特に

  1. インプレッサスポーツの値引き相場や目標額
  2. インプレッサスポーツを購入した人の体験談
  3. インプレッサスポーツの値引き交渉のコツ

この3つは気になるところではないでしょうか。

私、ここで1つ値引きの目標額について、言いたいことがあります。値引きの目標額はいろんなサイトで掲載されていますが、

その値引き額ほんまかいな?

ということです。一般のネットメディアがそんなコアな情報を知るすべはないですからね。どうせ月刊自家用車あたりの数字でもコピってるんでしょう! 

そこでこちらのサイトでは、最近インプレッサスポーツを購入した20名にインタビューして、実際いくらで購入してどうやって値引きしてもらったのか聞いてみました。(車保険の仕事をしているサイト運営メンバーが、お客さんにインタビューしてくれています。)

インタビューした相手は30代〜50代の男性がメイン。そんなインタビューから見えてきた値引き相場や値引き交渉のコツを紹介します。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


インプレッサスポーツの値引き相場や目標額は?買い時はいつ?
[2019年9月 最新版]

値引き額については、インタビュー、雑誌や大手サイト、価格com、個人ブログのデータを分析して算出しています。インタビューで聞いた情報に重みを付けて分析しているので、かなり現実に近いんじゃないかと思いますね。

フリードの値引き分析

ナナメ45度からズバっと!」ではこんな感じで、毎月28日以降に値引き情報の更新をしています。

インプレッサスポーツの車両本体価格の値引き相場・限界は18万円

時期 値引き額
2019年9月 ※最新 18万円
2019年8月 23万円
2019年7月 23万円
2019年6月 23万円
2019年5月 23万円
2019年4月 23万円
2019年3月 22万円
2019年2月 17万円
2019年1月 17万円
2018年1月〜12月 12〜18万円
2017年1月〜12月 14〜17万円
2016年1月〜12月 10〜24万円

9月の値引き相場は18万円。マイチェンされる影響で値引きは引き締められています。最近購入した人からは

「新型カローラツーリングと競わせると反応が良かった」
「新型マツダ3との競合は効果的でした」
「新型カローラスポーツとの競合で値引きを引き出せた」
「VWゴルフと競わせると値引き額が上がった」
「スバル同士で競わせると大きく値引きしてくれた」

このように言っている人が多くいます。

インプレッサスポーツの値引き交渉では新型カローラツーリングと競合させるのが王道。その他にもマツダ3やカローラスポーツ、VWゴルフと競わせることも効果的なようです。

しかし、それでも値引きが伸びないこともあるようで、その場合はスバル同士の競合が良いそう。スバル同士を競わせる場合は、◯◯スバルの◯の部分が一文字でも違えば競合が可能です。基本的には隣の県との競合になるでしょう。

インタビューした人の中に、実際に新型カローラツーリングや新型マツダ3とうまく競合させている人がいました。

インプレッサスポーツ 値引き 基本
『カローラツーリングとの競合が効果あり』
購入者:30代男性

値引き額:28万円
グレード:2.0i-Sアイサイト
契約したのは2019年8月です。長年スバル車に乗ってきたので次もインプレッサスポーツにしようと思い、ディーラーに行きました。交渉時に新型カローラツーリングや新型マツダ3と競合していることを伝えると、提示された車体本体価格からの値引き額は12万円。その後、値引きが大きい
新型カローラツーリングとの競争に絞り、付属品込みの値引き額25万円を引き出すことに成功しました。新型カローラツーリングとの競合が効いた感じです。

インプレッサスポーツから値引きを最大にするにはどう交渉すべきなのか?

インタビューの結果を分析するとインプレッサから大きな値引きをしてもらっている人は

傾向として在庫車を選んでいることが多いです。

何度も足を運び、展示されている在庫車を見つけることができれば、大きな値引き額を期待できます。なので、値引き額を最大にするには

何度も足を運ぶ!

これが最強の値引き方法のようです。

実際に何度も足を運んで交渉し、大きな値引き額をゲットした人の体験を紹介します。

インプレッサスポーツ 値引き 最大
『同じ店で4回交渉した』
購入者:50代男性

購入時期:2017年2月
雪道の走行性能の評判が高いインプレッサスポーツを試乗し、その走りに惚れて購入することに。フルモデルチェンジ後なので、値引きは渋い状況でした。しかし、4度目に伺った時に営業マンから
「在庫車でしたら、お値引きも
大きく頑張れます」

と言われました。展示車ですが元は新車ですので気になりません。値引き額はどのくらいできるのか聞いてみると、付属品込みで30万円の値引き額を提示され即決しました。

インプレッサスポーツの値引きが限界突破!?これなら値引き40万円も可能

インタビューしていると数名の方が、値引き相場よりも20万円以上安く購入している人がいました。

流石にこれはおかしいと思って、いろいろ聞いてみると値引きの代わりに下取り額を大幅アップさせたそうなんです。

私も車を買うときは下取りに出しますが、ディーラーが査定してくれた額で買い取ってもらっています。

どのディーラーも同じような査定額なので大差はないだろうと踏んでいました。

しかし、下取り額を大幅アップした人のやり方をするとディラー査定が馬鹿らしくなります。

そのやり方はシンプルで一括査定を利用するんです。一括査定では自分の車を最高値で査定してもらえます。その結果をディーラーに突き付けて

「買取業者だとこれだけの査定額がでているよ?」

と言うだけです。めちゃくちゃ簡単です。

ちょうど私も車を買い換えるタイミングがあったので、実際にやってみました。その結果がこれです!

効果絶大でした!

あっさり下取りが20万円アップ。ディーラー側と面倒な交渉もなかったので、少しでも安く買いたい人は絶対やった方が良いですよ。こういうのは知らない人だけが損をしますからね。

「インプレッサスポーツを値引き40万円引きで購入した」

みたいな話をインタビューで数人聞きましたが、そういう人はコレやっていました。やっぱり知っている人は知っていますね。

ちなみに私が利用したのは『かんたん車査定ガイド』です。

一括査定を利用する前にいろいろ比較しましたが、

  1. 大手(信頼できる)
  2. 高い査定が出やすい
  3. 入力後すぐに査定額が分かる

この3点がそろっているのは『かんたん車査定ガイド』だけでした。一括査定するならオススメします。

他の一括査定は企業規模が小さかったり、すぐに査定額がわからないなど何かしらデメリットが多かったので、個人的にはちょっと使いづらい印象でした。

「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

いきなり使うのが不安な人は、まず公式サイトをチェックしてみるのもアリですね。

かんたん車査定ガイドの公式サイト↓↓

値段がつかない車なら【廃車買取専門店】がおすすめ!

下取り車はあるんだけど、

  • 事故車や故障車
  • 走行距離が10万キロ以上
  • 車検切れ

こんなクソみたいな車でも廃車買取専門店「ハイシャル」であれば買い取ってもらえます。ディーラーでは値が付かないと言われても、0円以上の買取保証があるので廃車にするより断然お得ですよ。

また、「ハイシャル」では自動車税などの還付も受けることができます。数万円は還付されるので、これやらないと絶対損ですよ。
※還付を受ける場合は月をまたぐと1ヶ月分損なので申し込みはお早めに!

廃車買取専門店「ハイシャル」
を使ってみる

下取りなしでインプレッサを大きく値引きしてもらうには?

下取り車を使う値引き交渉は、そもそも下取り車がないと話になりません。

「下取りなしで安く買いたい!!」

という人もいると思います。そういう人にオススメなのは新古車。新古車だと普通に値引き交渉するよりも20万円ぐらい安く買えますからね。安さを求めるとこの方法が最強でしょう。

そんな新古車はカーセンサーやGoo-netでも多く掲載されていますが、狙っているグレードやカラーの車はあっという間に売れてしまいます。運よく見つかっても、問い合わせると売り切れなんてこともよくあること。

そこで、新古車を買うときに使えるのが、ガリバーのクルマコネクトです。

クルマコネクトまだネットに掲載されていない新古車もガリバーが探してくれます。

それも、新古車の相談はチャットで出来るので、気軽に何でも聞けますよ。狙っているグレードやカラーの相談ももちろん無料です!


「クルマコネクト」
を使ってみる


公式サイトではもっと詳しいことを説明しています。
クルマコネクトの公式サイト↓

今後のインプレッサスポーツの値引き推移に動きあり。2019年8月末に実施予定のマイナーチェンジで値引きが引き締まる

インプレッサスポーツ_値引き推移予測
値引きが大きい状況が続いていましたが、マイチェンを機に引き締められています。9月の決算時期あたりまでは値引きの状況が続く見込みです。

また、マイナーチェンジ後でフルモデルチェンジも予定されていないため、この先値引きが大きく変動する要素も見当たりません。

なので今買っても

もう少し待てば安く買えたのに・・・

なんてことにはならないと思います。

インプレッサスポーツは決算時期じゃなくても安く買える

決算月は車が安く買えると言われていますが、インプレッサスポーツの場合もそうなのか調べてみると、少し違うことがわかりました。

  2019年3月
(決算月)
2019年4月
(決算翌月)
値引き額 22万円 23万円

決算月と決算翌月の比較をしてみると値引き額は決算翌月の方が大きいんです。
実は決算月も普段の値引き額と大差はありません。ただ、ディーラーは決算月にたくさん車を売りたいので、

「さっさと値引きして多く売ろう!」

このように考えています。

なので、決算月は手っ取り早く、始めから大きな値引きをしてくることが多いです。ただ、その値引き額からはまだまだ値引き可能なので飛びついてはいけません。

また、決算月だと契約を焦らせてくることがあるので、普段の月でしっかり交渉する方が安く買えることも多いようです。

インタビューした人の中に、決算月翌月でも安く購入している人がいました。

インプレッサスポーツ 決算翌月 安い
『決算月並の値引きだった!』
購入者:40代男性

購入時期:2019年4月
グレード:1.6i-Lアイサイト
スノースポーツをするのでインプレッサを検討しました。決算月翌月は値引きの期待はできないと思いがちですが、友人が4月でも大きな値引き額を獲得したというので4月に交渉をしてみることに。しかし、最初の値引き額は11万円。決算翌月は厳しいと感じましたが、焦らずに交渉していくことに。すると、3回目の交渉時には付属品込みの値引き額が24万円に。ここで最後のひと押しに
「付属品込みで27万円の値引き額なら今日契約する!
と言ってみると、営業マンが
「限界です・・・」
とOKしてくれ、契約に至りました。

インプレッサスポーツのオプションからの値引きはいくら?契約直前に値引きのチャンスあり!

値引きで本体価格と並んで重要なのはオプション値引きです。ディーラーオプションであれば大体のものは20%〜30%引きをしてくれるようです。

また、インプレッサスポーツを購入した時に無料サービスしてくれるものは多くの人が、納車時ガソリン満タンという結果でした。

しかし、

「これとこれをサービスしてくれたら契約する!」

と言って交渉すると、無料でサービスしてくれる可能性は高く

  • フロアマット
  • サイドバイザー
  • ボディーコーティング
  • ETC等のパーツ取付け工賃

このあたりを無料サービスでつけてもらった人がいました。

インプレッサスポーツのオプション値引き
『オプションが無料サービスに』
購入者:30代男性

購入時期:2017年3月
グレード:2.0i-Sアイサイト
衝突安全性がかなり高く評価されているインプレッサスポーツにしようと決めました。いつもお世話になっているスバルディーラーに行き、交渉してみます。営業マンからの値引き額は付属品込みで最初から19万円。値引き額は十分でしたが、さらにお得に買いたかったので、
「フロアマットとETC取付工賃をサービスしてくれたら買う!」
と強気に攻めました。すると営業マンが
「契約して頂けるのであればやります!」
と言い無料サービスに。営業マンとの付き合いが長かったので無理がきいた感じです・・・。

[まとめ]インプレッサスポーツの値引き目標と交渉のコツ

インプレッサスポーツの値引きについて整理すると

車両本体価格からの値引き:18万円
オプションからの値引き :20%〜30%+無料サービス

この数字を目標に値引き交渉すると良さそうです。

インプレッサスポーツの場合、交渉のコツとしては

  1. カローラツーリング、マツダ3、カローラスポーツとの競合
    (VWゴルフも有効)
  2. 隣の県に近い人はスバル同士を競わせる
  3. 契約前にひと押し
  4. 一括査定で下取り額をアップさせる
    かんたん車査定ガイド』がオススメ

この4つが大きなポイントになっています。

「一括査定とか面倒・・・」

なんて思うかもしれませんが、「かんたん車査定ガイド」だとホント簡単に査定ができるので試しにやってみてもいいと思います。

「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

公式サイトでも詳しく説明があるので、不安な方はこっちの方がいいかもしれません。

かんたん車査定ガイドの公式サイト↓↓

インタビューで分かった事実。みんなディーラー査定で失敗していた

値引きインタビューできたのは20名です。

みなさん今まで乗っていた車はディーラーへ下取りに出されていたんですが、その下取り額を聞いたとき

「ちょっと安すぎるんじゃないか?」

と感じたのでインタビュー中に、車種名、年式、走行距離、査定額をメモっておいて

ディーラーの査定額は高いのか安いのか?

自分でチェックしてみました。

ディーラーの査定額は相場より20万円以上安い?

私が査定額のチェックに利用したのは一括査定サイトです。20車の査定もここなら20分もあれば楽勝です。1台1分でチェックできます。

画面に「車種名」、「年式」、「走行距離」これだけ入力してポチっとボタンを押すだけなので。

入力したらすぐに結果は出ます。

トヨタの公式サイトでも同じ様に調べることができたので、10万キロ走ったプリウスの査定額を比較してみました。

プリウスの一括査定の結果

すると、20万円以上もの差があったんです。

インタビューで聞いた査定額はトヨタ公式サイトの額とほぼ一致していたので、このプリウスをディーラーに下取りにしてもらった方は20万円以上損をしてたことになります。。。

こんな感じで20台全部調べたら、20台中18台が損をしていることが分かりました。

ディーラー査定はダメだと言われていますが、

本当のようです。

今回私が利用したサイトは『かんたん車査定ガイド』です。かんたん車査定ガイドの詳しいことはこちらで紹介されています。

かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

ディーラーの査定額が安い理由

ディーラーは最初の査定額を低く提示してきます。新車から値引きをしても、お客さんの車を安く買い取ることができればディーラー的には損がないですからね。

もちろん、査定額が他社よりも低いとお客さんに指摘されれば、査定額を見直してくれます。ですが、お客さんが何も言われなければ安く買い取られてしまいます。なので、こちらから

「査定額はこのぐらいあるでしょ?」

営業マン「・・・。」

「・・・。」

営業マン
「(安く査定したのバレちゃったかな…)」

こんな感じで言わないとディーラーに騙されてしまう仕組みになっているんです。

こうならないためには、インプレッサスポーツを購入する前には自分で下取りの査定を済ませておくと良いでしょうね。

私も車を購入するときに、一括査定の査定額を営業マンに伝えて下取りを大きくアップさせました。その証拠がこれです。

#一括査定って危なくないの?
一括査定と言えば、電話がかかってきて大変と言われています。しかし、実際は電話が数件くる程度です。それも最初の1日目だけ。2日目以降はほとんど電話はなりませんし、簡単なメールなどのやりとりだけで済むケースも多いようです。

査定は出来るだけ早くしておいた方が良い

もし、一括査定をやってみようと考えているなら、できるだけ早くした方が良いです。なぜかというと

今日の査定額が30万円だとしても、明日には20万円に・・・

なんてことが買取査定では普通に起こっているからです。なので、査定だけは出来るだけ早くやった方が良いです。

また、今回利用した『かんたん車査定ガイド』は無料なので、今の査定額をとりあえず知るだけに利用するのもいいと思います。


「かんたん車査ガイド」
を使ってみる

公式ページではここで紹介したような実例もたくさん紹介されています。

▼▼かんたん査定ガイドの公式ページはこちら

新車を安く買う裏技!


新車を安く買うには走行距離が10キロ以下の新古車がオススメ。新車よりも20万円以上安く買えますからね。ですがネットで新古車を探しても

人気のグレードやカラーは見つかりません!

実は新古車の人気グレードはカーセンサーやGoo-netなどのネットに掲載される前に売れてしまうことが多いんです。そこでオススメなのがなガリバークルマコネクト。

ガリバークルマコネクトはプロが車を探してきてくれるサービスです。ネットに掲載されていない車も対象になるので、新古車が高確率で見つかります。また、こちらの要望はチャットで無料相談できるのでイチイチ電話する手間もありません。新古車のグレードやカラーもリクエストがOKですよ!

ガリバークルマコネクトで中古車を探すならこちら
クルマコネクト





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


PAGE TOP ↑