*

欠点はここ!ダイハツムーブの口コミの評価・評判

更新日: ムーヴ ,

この記事の所要時間: 1011

ムーブ_トップダイハツムーブは2014年から発売されている、非常に人気の高い軽自動車です。この車は、口コミや雑誌などでは評価がかなり高いようです。

しかし、大手サイトや雑誌では良いことばかり書かれているので、逆に、

ムーブに欠点もあるのではないか?

と気になる方も多いと思います。

実際に購入しようと考えると、自分の車の悪いところは事前に把握しておきたいですよね。

そこで、ムーブの燃費、価格、外観、内装走行性能、乗り心地などで、欠点がないか調査してみました。

調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、実際に購入した人にも聞いています。

これらの調査結果から分かったムーブの欠点を中心として、ムーブの評価を紹介します。みなさんの購入時の参考にして頂ければ幸いです。

5人に4人は20万円以上損をしている!ディーラーの下取りで騙されていませんか?

ディーラー査定で騙される
ディーラーでは値引きを多くする場合、その分下取りを本来の査定額より安く提示するグレーな手口をやってきます。

この手口に騙されないためには「かんたん車査定ガイド」の利用がオススメ!1~2分の簡単な入力だけで今すぐ本当の査定額を知ることができます。私も実際にやってみたらディーラー査定よりも20万円以上高い査定額がでました。

利用は無料なのでお試し感覚でやってみるのもいいと思います。
無料で本当の査定額をチェック

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

エクステリアを約4割の人が満足。ノーマルデザインが微妙

ムーブ_エクステリア円グラフ
口コミではエクステリアは約4割の方が「良い」と支持しています。

ムーブのエクステリアに満足した人は

・ゴツゴツした造形
・シンプルでスッキリしたデザイン

主に、この2点を評価しています。

カスタムでは無くても、角ばりの主張が強く、かっこよく感じるようです。くどくないデザインが「良い」評価になっています。

しかし、エクステリアを6割の人たちは満足していないようです。具体的にどのような点に満足していないのでしょうか。

ノーマルはデザインが微妙

ムーブ_比較
出典:https://www.daihatsu.co.jp

エクステリアの「悪い」評価では

「好みがあるが、ノーマル仕様は微妙」
「リアデザインが嫌い」

このような意見が多いです。特に、カスタムと比べてノーマルデザインが微妙という評価が多い結果でした。

インテリアは約6割の人が「良い」と評価。しかし、室内長と質感に不満の声あり

ムーブ_インテリア円グラフ
ムーブのインテリアに満足した人は

・軽の中でも良い普通車並みの内装
・シートにこだわりが感じられる
・小物入れが多く、使いやすい

この3点に主に満足しています。特に、シート表皮は見た目・手触りが上質と、高評価です。

一方で、残り4割の人はインテリアに満足していません。具体的にどんなところに満足していないのでしょうか。

全体的にインテリアの質感が安っぽい

ムーブ_インテリア
出典:https://www.daihatsu.co.jp

インテリアの悪い評価の一つとして、このような質感に対する不満が多いです。

「プラスチックに革風の型押し」
「先代も安っぽいが新型はさらに安っぽい」
「シートは安っぽく、ゴミがつきやすい」

インテリアに満足していない人の多くは、最近の軽自動車の質感よりも、かなり劣っていると評価しています。コストダウンが明らかにわかる質感に不満を感じています。

車内空間・荷物のスペースが足りない

ムーブ_室内空間
出典:https://www.daihatsu.co.jp

また、インテリアの「悪い」評価では荷室に対する不満も多く、

「トランクスペースは奥行きが足りない」
「最近の軽の中でも車内の空間はやや狭い」

このような意見があります。室内空間、トランクスペースの奥行きがないことに不満を持っているようです。

価格は約6割の人が「良い」と評価。必須オプションを含めると200万円に

ムーブ_価格円グラフ
価格は約6割の人が「良い」と評価しています。ムーブの価格に満足した人は、

・付属品を抑えれば買い得感あり
・軽の中では安い方である
・先代のムーブとほぼ同価格

主に、この3点に満足しているようです。オプションを沢山付けなければ軽自動車の中でも比較的安いので、オプションを多く必要としない人たちに支持されています。

しかし、残り4割の人は満足していません。4割の人は具体的にどのようなところに不満を持っているのかチェックしてみました。

ムーブは購入価格が乗り出しで200万円以上。オプションで高くなってしまう

これがムーブの車両本体価格です。

NAエンジン
・L:113万円
・L”SA Ⅱ”:121万円
・X:125万円
・X”SA Ⅱ:132万円

ターボエンジン
・Xターボ:132万円
・Xターボ”SA Ⅱ”:138万円

次にムーブカスタムの価格です。

NAエンジン
・X”Special”:135万円
・X:140万円
・X”SA Ⅱ”:147万円
・X”Hyper SA Ⅱ”:149万円

ターボエンジン
・RS:154万円
・RS”SA Ⅱ”:160万円
・RS”Hyper SA Ⅱ”:163万円

※4WDにすると全グレード約13万円高

この中から、売れ筋のX”SA Ⅱ”2WDを選び、

諸経費10万円、ナビ20万円、オプション15万円

こんな感じでザックリ計算すると支払いは175万円を超えます。1番上のカスタムRS”Hyper SA Ⅱ”なら

200万円

を超えます。ムーブは必須オプションが多いです。車両本体価格が安くてもオプションを含めると高くなります。
ムーブの必須オプションを知りたい方はこちら

価格を「悪い」と評価した人たちは

「オプション込みで200万弱は高い」
「段々と購入価格が、高くなってきた」

このように評価しています。

車両本体価格が安く見えても、サイドバイザーやフロアカーペット等、標準で付いていてもいいものでもオプションなので、結局割高になると感じている人が多いようです。

ムーブの燃費は約8割の人が満足。実燃費とカタログ燃費との差に不満あり

ムーブ_燃費円グラフ
ムーブの燃費には約8割の人が満足しています。

ムーブの燃費に満足した人は、

・街乗りに使用しても、20km/L以上
・高速道路ではさらに燃費が伸びる

主に、この2点に満足しているようです。

「良い」評価をしている人の平均的な燃費の数値としては約20km/Lでした。軽自動車の中でも優秀なことが「良い」評価に繋がっています。

では、カタログ燃費と実際の燃費はどのくらい違いがあるのか調べてみました。

ムーブのカタログ燃費と実際の燃費の差はどれくらい?

実際の燃費がこちらです。e燃費のサイトから毎月のデータを集計して、季節ごとの燃費を整理してみました。

・ムーブ NAエンジン
カタログ燃費:31.0km/L
実燃費 春・秋:24.2km/L(燃費達成率:75%)
実燃費 夏:19.8km/L(燃費達成率:64%)
実燃費 冬:17.6km/L(燃費達成率:57%)

・ムーブ ターボエンジン
カタログ燃費:27.4km/L
実燃費 春・秋:23.3km/L(燃費達成率:85%)
実燃費 夏:19.1km/L(燃費達成率:70%)
実燃費 冬:17.0km/L(燃費達成率:62%)

冬の実燃費では落ち込みが目立つ結果ですが、1年を通した平均実燃費では20km/Lを超えますので、先ほどの「良い」評価をつけた口コミともほとんどリンクしています。

しかし、残り2割の人は満足していません。具体的にどんな点に満足していないのでしょうか。

カタログ値と実燃費との差が大きい

「悪い」評価を付けている人は、カタログ燃費が出ないことに対して不満を持っているようです。

「エコ運転を考慮してもカタログ値は厳しい」

実際の口コミを見ると、このように評価している人がいます。

燃費達成率で見ても、一番燃費の良い春・秋でも24.2km/Lとなっており、カタログ値には到底及ばないため「悪い」評価になっているようです。

エンジン性能は8割の人が「良い」と評価。弱点はパワー不足

ムーブ_エンジン円グラフ
エンジン性能は8割の人が「良い」と評価しています。ムーブのエンジン性能に満足した人は、

・CVTの相性も良く気持ち良い走り
・街中でも難なく流れについて行ける

主に、この2点に満足しています。旧型のムーブでは坂道を登る際にパワー不足がありましたが、それが解消されたことが評価されています。

しかし、残り2割の人は満足していません。どこに不満があるのかチェックしてみました。

NAエンジンはまだパワーが足りない

ムーブ_エンジン
出典:https://www.daihatsu.co.jp

「悪い」評価をしている人は、進化したNAエンジンでもパワーが足りない場面があり、ストレスが溜まるようです。その他には特に不満の声はありませんでした。

約5割の人が走行性能を「良い」と評価。弱点は足回りの安定性

ムーブ_走行性能円グラフ
走行性能は約5割の人が「良い」と評価しています。走行性能に満足した人は、

・タイヤの接地感が良い
・ボディ剛性が高い
・段差などの衝撃が少ない

特に、この3点に満足しています。軽ハイトワゴンの中でもふらつきが少なく、安定感が改善されたようです。このように、安心して運転できるところが高く評価されています。

ですが、残り5割の人たちは満足していません。どんなところに満足していないのか調べてみました。

足回りに不安

ムーブ_足回り
出典:https://www.daihatsu.co.jp

走行性能の「悪い」評価では

「硬い足回りで車体が揺れて不安定」
「大きな揺れが乗員を容赦なく襲う」

このような意見が多いです。特に共通して目立ったのが、車体が揺れて不安定になることのようです。

4輪の接地感が良くなった影響で、その分路面からの影響を受けやすくなったことが「悪い」評価に繋がっています。

乗り心地は約5割の人が「良い」と評価。弱点は突き上げを感じやすいところ

ムーブ_乗り心地円グラフ
乗り心地は約5割の人が「良い」と評価しています。ムーブの乗り心地に満足した人は、

・軽自動車としては室内が静か
・カーブもロールが少なく、快適

特に、この2点に満足しているようです。

走行性能のところにもあったように、軽自動車の中でも、高いボディー剛性と、コーナリングでも安定しているところがムーブの強みのようです。

しかし、残り5割の人は満足していません。具体的にどのような点に不満があるのでしょうか。

突き上げを感じやすい

また、乗り心地の「悪い」評価では、路面からの突き上げを感じやすいことに対して不満を持っているようです

「タイヤの影響かもしれないが跳ねる」
「普通車に比べて突き上げを感じやすい」

実際の口コミを見ると、このように評価している人がいます。足回りが硬く、突き上げを感じやすいことに不満を感じています。

ムーブの乗り心地は「良い評価」「悪い評価」それぞれ半数に分かれているので、この硬い乗り心地は、合う人、合わない人と好みが分かれるようです。

総合評価は約6割の人が「良い」と評価。エンジン性能と燃費が魅力的

ムーブ_総合評価円グラフ
総合評価の評価は6割の人は「良い」と評価していて、残り4割の人は満足していません。

総合的に見て半分の人が満足している結果になりました。ムーブは軽自動車なので、価格に注目がいきますが、

・エンジン性能
・燃費
・インテリア

特に「エンジン性能」「燃費」「インテリア」に満足している結果になりました。ムーブの車両価格が安いのはもちろんですが、エンジン性能と燃費も高く評価されています。

ムーブを安く買うには?

ムーブは価格に関しては評価が高くないので、購入するときに重要なのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にムーブを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ダイハツムーヴの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

バッテリー交換トップ
車バッテリーを短時間で交換する方法・手順。メモリーバックアップで失敗を防ぐ!

車を動かすため必要不可欠なバッテリー。いざ交換するとなると、工

バッテリー切れトップ
車のバッテリー上がり対応・対処方法!原因&症状も全網羅

車に乗ってエンジンをかけようとしたら 「あれ、いつもと違う」

→もっと見る

PAGE TOP ↑