*

ノートに付けないと公開する人気オプションはこれ!

この記事の所要時間: 649

ノートe-POWERを購入する時に、必ず悩んでしまうのがオプションです。
できるだけ安く書いたいものですよね。
しかし、オプションをケチり過ぎてしまうと、後で

あのオプションを付けておけば良かった・・・

なんて後悔することになりかねません。

そこで今回は、

ノートe-POWERを購入する時に絶対に外せないオプションを紹介したいと思います。

 

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

ノートe-POWERで付けないと後悔する人気メーカーオプションはこれ!

オプションには車を注文するときだけ付けられるメーカーオプションと後からでも取り付けられるディーラーオプションがあります。

「メーカーオプションは後から付けることができない」

ので、絶対に失敗は許されません。後悔しないように、今回は必要なメーカーオプションと要らないオプションを紹介します。

カーテンエアバッグシステムで横からの衝撃を吸収

sideairbag
出典:http://www.nissan.co.jp/

SRSカーテンエアバッグシステム
価格:48,600円
対象グレード:e-POWER S, S以外のグレード

後から付けられないオプションの1つにサイドエアバックがあります。サイドエアバックがあれば、側面事故の衝撃を吸収できます。

データを見ると、側面事故が起こる確率は正面事故よりかなり少ないです。

しかし、このオプションが必須の理由は

事故が起きた時、死ぬ確率が正面事故より側面事故の方が大きい

からです。

正面事故の場合はエンジンルーム、エアバックがあり、衝撃を吸収できますが、側面事故の場合は何もなくガラ空きのため、衝撃が直接搭乗員に伝わります。

ですから、このオプションは側面事故が起きた時に衝撃を軽減してくれる必須のオプションです。

安全装備セットは事故を回避できる装備がたくさん付いている!

ノート_インテリジェントLI
出典:https://www.nissan.co.jp/

インテリジェントLI(セット)
価格:81,000円
対象グレード: e-POWER X(FOUR)、S、X(FOUR)、X DIG-S

 

カーテンエアバックは事故が起きた時に衝撃を吸収できると書きましたが、事故を未然に防ぐことができれば、もっといいですよね。

安心装備セットは事故を未然に防ぐための装備や便利な装備がたくさん付いています。

安心装備セットには

  • インテリジェントクルーズコントロール
  • インテリジェントLI
    (車線逸脱防止支援システム)
  • 日産オリジナルナビ取付パッケージ
  • ステアリングスイッチ
    (クルーズコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン)

が付いています。

このセットのインテリジェントLIがあれば走行車線を逸脱しそうになった場合、表示や警報音で注意喚起。さらに車を車線内に戻すよう制御してくれるんです。

その他にも、わきみ運転を防げるステアリングスイッチなど多くの装備がついています。このセットで事故を一回でも防げるなら安いものでしょう。

ノートに不要なメーカーオプションは?

必須オプションもあれば、不要なオプションもあります。
ここで紹介しているものは優先度を下げても良いでしょう。

現状に不満がなければハロゲンヘッドランプで十分!後から取り替え可能!

ノート_LEDヘッドランプ
出典:http://www.nissan.co.jp/

LEDヘッドランプ
価格:75,600円
対象グレード: e-POWER X(ブラックアロー)、X、X-DIG-S、メダリスト、メダリストX

要らないオプションの1つがこのLEDヘッドライト。LEDヘッドライトを検討されている理由の1つに明るさの不満があると思います。標準で装備されているハロゲンランプはLEDより暗いですが、最近のハロゲンライトは十分明るいです。もし、明るさに不満がでても、社外製のより明るいライト(1万円程度)に交換することも可能です。

 

ハロゲンやHIDでもルーメンが大きい社外製のものに買い換えれば、明るくなります。

 

オートエアコンは使いづらい!

e-powerオートエアコン(プッシュ式、デジタル表示)
出典:http://www.nissan.co.jp/

オートエアコン(ピアノ調センタークラスター+外気温度計付)
価格:43,200円(セット価格)
対象グレード: X、X FOUR

必要ないオプションにLEDヘッドライトの他にこのオートエアコンがあります。オートエアコン単体では購入することができず、外気温度計、ピアノ調のパネルが付いてきます。

このオートエアコン、ヤフー知恵袋では「設定通りの温度にならない」「温度設定が感覚的にできない」などの意見があり、今でもマニュアルエアコンをあえて選ぶ方がいます。

そのような話を聞くと、わざわざお金を払って使いづらい装備にしたくないですよね。

 

購入時に付けておくと良いディーラーオプションは?

ディーラーオプションは基本的に後から付けることができますが、購入時につけておく方がいいオプションもあります。それは、

  • フロアマット(20,906円)
  • ドアバイザー(19,851円)

です。

しかし、この2つは既に付けることは決めていると思うので、今回はそれ意外におすすめのオプションを紹介します。

 

センターアームレストコンソールで運転を快適に!

e-powerセンターアームレストコンソール
出典:http://www.nissan.co.jp/

センターアームレストコンソール
(USB充電ポート付)
価格: 32,292円
対象グレード: e-POWER S、e-POWER X(ブラックアロー、FOUR)、S、X(FOUR)、X DIG-S

フロアマット、ドアバイザー以外におすすめのオプションはセンターアームレストです。

長時間の運転では、座る位置を変えることができないと疲れてしまいます。これを付けることにより、肘を付きながら運転することができるため、座る位置のレパートリーが増え、快適になります。なので、通勤に使ったり、遠くに旅行を予定している人は体の負担がへるので、重宝します。

また、USBの口が付いているので、充電するにはちょうどいい場所です。シガーソケットから車用の充電器を使うこともできますが、ノートの場合はサイドブレーキの後ろにシガーソケットがあるので、使いにくい場所にあります。

スマホの充電に関しては、乗り始めてすぐに不満に感じるところなので、購入時にセンターアームを付けておけば、そんな不満もなくなるでしょう。

必須オプションの合計額は?

必須オプションの合計です。

オプション 価格
SRSカーテンエアバックシステム 48,600円
インテリジェントLI(セット) 81,000円
フロアマット 20,906円
ドアバイザー 19,851円
センターアームコンソール 32,292円
合計 202,649円

必須オプションの合計額は約20万円です。必要なモノだけに絞っているので無駄なものはないと思います。また、実際には他にも欲しいオプションがあるでしょうから、オプション費用はこれに加えて2〜3万円は必要と考えておけば良さそうです。

ノートを安く買うには?

ノートePowerオプション_安く買う
オプションも含め、ノートを安く買おうと思うと、重要になってくるのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にノートを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

日産ノート値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑