*

新型プリウスの燃費は40km/L。実際の燃費は28km/L!?

この記事の所要時間: 611

プリウス実際の燃費は28kmトップ

トヨタの新型プリウスのカタログ燃費(JC08)は40km/Lだと言われています。マイチェン後は若干落ち39km/Lとなったものの、高い数値であることに変わりはありません。そんなトヨタの新型プリウスの購入を考えている人が知りたいのはカタログ燃費ではなくて

実際の燃費はどれだけなの?

ということではないでしょうか。そこで今回は新型プリウスの実燃費がどれぐらいなのか調べてみたのでその結果を紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

トヨタのカタログ燃費の60~70%が実際の燃費

新型プリウスの実燃費を予測するには、これまで発売されたトヨタのハイブリッド車の燃費達成率が参考になります。

新型プリウスの実燃費は理論値で27km/L

トヨタの代表的なハイブリッド車の3車種の燃費達成率です。

アクア      :64%
プリウス(旧型) :63〜67%
プリウスα     :72%
ハイブリッド車の燃費達成率は悪いです。良くて7割ですから、ちょっとした詐欺みたいなもんです。

ただ、ハイブリッド車の燃費達成率の悪さは最近ではかなり叩かれています。なので、新型プリウスは燃費達成率70%以上は確保してくるでしょう。

カタログ燃費で39km/Lなのでその70%だとすると

約27km/L

が新型プリウスの実燃費だと予想します。

ただこの39km/Lというのは燃費スペシャル仕様のグレードEだけなので、一般向けのSグレード以上は37.2km/Lです。一般向けのグレードでは実燃費が

約26km/L

になると予想できます。

新型プリウスの実際の燃費は理論値を上回る!

実際の燃費をe燃費、みんカラの燃費記録で調べてみると

28km/L

です。燃費達成率は75.3%。やはり、燃費達成率70%は超えてきました。トヨタのハイブリッドも年々進化しているようです。

なぜ燃費が良い?新型プリウスは冬に燃費向上させる工夫アリ

北海道の冬

ハイブリッドは

冬になると燃費が悪くなる

と言われていますが、それは冬になるとエンジンが冷えるのを温めるからなんです。

燃費のために暖房を切って燃費向上させている運転する強者もいたりしますが、それって結構理に適っていたりするんですよね。暖房をかけない分だけエンジンを温めなくてよいわけですから。

今回の新型プリウスはその暖房面に関してもよく考えられています。工夫を2点紹介しますが、トヨタの新型プリウスではこのような細かな改善を重ねた結果が39km/Lもの燃費達成につながっているようです。

エアコンをつけても燃費が悪化しない

今までは冬にエアコンを暖房にしてつけると、外気の空気を取り込んでいたんですが今回から1部を内気循環にすることで、熱が逃げにくい仕様に変更しています。

これにより、暖気運転の時間が短くなり燃費向上に期待できます。これまでのようにエアコンをつけると燃費が1割~2割も悪くなるところはかなり改善されていそうです。

冬になるとグリル部分のシャッターが自動で閉じる

冬になり寒くなるとグリル部分のシャッターが自動で閉じるようになりました。

こうすることで、シャッター部分から入ってくる冷たい空気によってエンジンが冷やされることを防ぐことができます。これにより暖気運転する機会が減るので、燃費向上に期待が持てます。

4WDの燃費はどうなのか?

今回の新型プリウスで注目されているのは

プリウス初の4WD

です。

これまでプリウスでは4WDは敬遠されてきました。理由は簡単で燃費が悪くなるからです。ガソリン車でも4WDになると燃費が2~3割は悪くなりますからね。

雪国に住んでいる人や、山の方に住んでいる人は燃費を犠牲にして4WDを選択している人も少なくないでしょう。

4wdのハイブリッドで34km/Lは驚異的!

しかし今回の新型プリウスは4WDなのになんと34km/Lです。これは驚異です。

2WDのSグレードで37.2km/Lなので5%ほどしか燃費が変わりません。

4wdのハイブリッドはフィットハイブリッドがこれまで29km/LでNo1でした。これをフィットハイブリッドよりも車重も車体も大きいプリウスの4wdがなぜここまでの燃費を達成できたのでしょうか。

プリウスはe-4wdの方式採用

プリウス口コミ_4WD
出典:https://toyota.jp

e-4wdは電気式4wdのことです。機械式4WDとの違いはプロペラシャフトがないので重量、静粛性、燃費とも優れているのが特徴です。

新型プリウスにもe-4wdが採用されています。

トヨタではこれまでe-4wdをエスティマHYBRIDなどに「E-FOUR」の名前で搭載していました。

「E-FOUR」は一番ガソリンの食う発信時にフロントとリアのモーターが動作するので燃費に大きく貢献しています。また、走行時は前輪をエンジンで動かしながらフロントモーターを発電機として充電するので、エネルギーロスが少ないのが特徴です。

小型E-Fourの性能が向上

今回新規に開発した新型の小型E-Fourがこれだけの燃費を出せた要因です。エスティマHVに搭載されている旧式のE-Fourと比較してみましょう。

エスティマHV(従来のE-Four)
雪道走行  :○
砂地走行  :×
アシスト速度:◎
燃費    :○

新型プリウス(小型E-Four)
雪道走行  :○
砂地走行  :×
アシスト速度:○
燃費    :◎

単純に言えば燃費に重きを置いて雪道走行もきっちりこなすように改善されています。いつも4WDで動くわけではなく、車が雪道やコーナーリングなどで不安定さを感知した時だけ4WD走行するので無駄が少ないようです。

4WDの冬の燃費は?

夏場はほぼ2WDで走って冬場は必要な時だけ4WDで動く仕組みから考えると

2WDとよりも少し悪い


程度だと予測できます。

4WDの平均的な実燃費は?

e燃費とみんカラの燃費記録を参考に算出してみると

26.8km/L

でした。燃費達成率は78.9%で、2wdと同等です。4wdでこの実燃費はすごいですね。

燃費表示はかなり見やすくなった

新型プリウス燃費計

実際の燃費を計測するのに欠かせないのは燃費計ですよね。満タン法もありますが、面倒なので私は燃費計を基準にして良いのか悪いのか判断しています。

今回の新型プリウスの燃費表示はめちゃくちゃ見やすくなりました。

今までは白黒表示でしたが、カラーになり液晶も綺麗で見やすいです。燃費表示は画像の赤枠で囲んだところに表示されます。

モードを変えれば平均燃費だけでなく瞬間燃費も見れますから、購入した人は燃費の記録への挑戦してみるのも良いと思います。

 

新型プリウスを安く買うには?

プリウス燃費_安く買う
これから新型プリウスを購入しようとしている方に1つ知っておいて欲しいことがあります。それは値引き交渉でディーラーが

ウソをついて騙してくる

ということです。騙されないためにも、他の人の値引き体験談を参考にしてみて下さい。騙されないコツも紹介されています。

新型プリウスの値引き体験談をレポート。最新の値引き相場や限界は?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Comment

  1. 井田 健治郎 より:

    プリウスのオプションについてとりわけカーナビ カメラ連動などとてもためになりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑