*

新型プリウスphvの発売日をスクープ!価格は305万円からか

更新日: プリウスの口コミ評価

この記事の所要時間: 510

新型プリウスphv お得なのか

2015年12月に発売された新型プリウスの売れ行きが好調の中、新型プリウスphvも発売に向けて開発が着々と進んでいます。

現行のプリウスphvといえば2012年にトヨタが一般向けに発売したのはまだ記憶に新しいと思います。phvは100%の充電で約26.4キロと短いながらも電気走行ができるのが魅力です。普段の買い物程度なら、これだけ走れば十分実用的なレベルです。

ただ、電気走行が20キロ程度だと

  • 毎日充電が必要
  • 通勤の途中で電池切れを起こす

などの問題があり割高感が高く、あまり売れてはいないようです。ただ、新型プリウスphvは電気走行の距離も伸びて、これまでの問題が解決されるのでは?と言われています。こうなってくると気になるのは

「来年発売される新型プリウスphvと
 発売された新型プリウスどちらが買いなのか?」

ということではないでしょうか。そこで今回は新型プリウスphvは待ってまで買うほどの車なのか紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型プリウスphvの発売日は?

新型プリウスphvの発売日は2016年11月と予想されています。

月間自家用車の2月号でスクープされていますから、かなり有力な情報です。新型プリウスの発売から約1年後に設定されているので、年末に商戦に加わってくるでしょう。

まだ新型プリウスphvの情報があまり出ていませんが、新型プリウスと時と同様に、夏ぐらいから徐々に情報が流出し始めると思います。

新型プリウスphvの電気走行は50キロ以上に

新型プリウスphv 充電

新型プリウスではバッテリーが小型化されました。バッテリーを含めた技術は日々進歩していて、今の状況から考えると新型プリウスphvではこれまでの倍の容量のバッテリーを搭載してくるでしょう。またバッテリーのセルについても性能を向上させ、電気のみで50キロ以上走れるようになるのは確実と思われます。

電気走行が50キロになるとガソリンはいらなくなるのか?

車通勤されている方は、首都圏や大阪、名古屋、仙台など10大都市以外ところに住まわれている方が大半だと思います。このような田舎に住んでいる方の通勤時間の平均は男性で約30分。

要は往復で60分の道のりを新型プリウスphvで電気だけで走れるのか?ということが気になりますよね。

信号待ちなど止まっている時間も含めると通勤での平均時速は30km/h程度。60分だと30km走ることになります。新型プリウスphvでは電気走行が50km可能ですから、大半の方は通勤でガソリンを一滴も使うことはなくなりそうです。

新型プリウスphvの充電は毎日6時間以上かかる

通勤で30km走ると、残りは20kmしか走れないので、充電は毎日することになりそうです。ただこれは理論値です。

実際はアクセルを踏み込んだり急発進したりとするシーンで、電池を多く消費することもあるので、残りの電池がほとんどないことが想定されます。。

なので、ほぼ空の電池を毎日充電する必要があります。充電時間は現行でAC100での充電ならば180分なので、新型プリウスphvでは単純にその倍の360分(6時間)はかかる見込みです。

バッテリーをたくさん積んで電気走行の距離が伸びるのは嬉しいですが、充電時間も改善にも期待したいところです。

新型プリウスphvの価格はSグレードで305万円から(予想)

現行のプリウスphvは3代目プリウスの56万円高でした。新型でもこれと同じぐらいの差額があると考えると、新型プリウスのSグレードが247万円なので、

新型プリウスphvの価格は305万円程度と予想ができます。

注意!新型プリウスphvはお買い得ではない

お得ではない

通勤でガソリンを使わない代わりに、かかるのが電気代。1回あたりの充電には約300円です。50キロ走るのに300円かかると言うことです。

それに対して、新型プリウスの実燃費をリッター30、ガソリン130円と考えると、50キロ走るのには約250円です。

1日で節約できるお金は50円です。

  • 1ヵ月なら   1,500円
  • 1年なら   18,250円
  • 10年なら 182,500円

そう、新型プリウスとの差額約50万は10年乗っても絶対埋まりません。なので、新型プリウスphvはお得な車とは言えません。

新型プリウスphvを発売日まで待つと7万円損をする

そうだったの

2017年4月から消費税が増税になることはご存知ですか。新型プリウスphvも実はこの影響を受けそうなんです。

開発が遅れ納期が4月以降になる可能性がある

今のとこ2016年11月の発売が予想されていますが、開発状況によっては12月、1月に発売がずれ込むこともよくあることです。

こうなると見えてくるのは、消費税の増税です。いつものように駆け込み需要で多くの車が売れるでしょうから、新型プリウスphv納期が増税後ということも十分に考えられることです。

消費税が10%になると新型プリウスphvは7万円増税される

付属品やオプションを含めると330万円が課税対象とすると、増税前は26万円、増税後は33万円の消費税となり、7万円もの差があります。

この7万円は大きいですし、新型プリウスとの差額が50万円程度ありますから、新型プリウスを買ったほうが経済的であることはまぎれもない事実です。

新型プリウスを安く購入するには?

ここまでで、燃料代や消費税のことを考えるとphvを購入するよりも、ノーマルの新型プリウスを購入した方が経済的だということが理解できたと思います。

そこで気になるのは、どうやったら新型プリウスを安く購入できるかということだと思います。ですが営業マンってしゃべりが上手ですから、

気が付いたらそんなに安くないのに契約していた・・・

という経験もあると思います。次に紹介する記事では、営業マンのやり口を暴露し、安く購入する方法を紹介しているので参考にしてみて下さい。

新型プリウスが30万以上の値引き!?騙されずに値引き交渉するには

 





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Comment

  1. あどにゃん より:

    増税前26万、増税後33万だったら、差額は9万ではなく、7万ですよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑