営業マンのウソを暴露!シエンタを限界まで値引きしてもらうには

*

営業マンのウソを暴露!シエンタを限界まで値引きしてもらうには

この記事の所要時間: 515

ディーラー ウソ

シエンタはハイブリッドモデルが新たに設定され価格も見直されました。値引きについては辛い状況が続いていますが、なるべく安く購入したいと思う方は

シエンタを限界まで値引きしてもらうには
どうしたらいいの?

ということが気になると思います。
ただ、値引きについては1つ悪いニュースがあります。大手中古車業者の調べでは

「ディーラーの営業マンは99%お客さんにウソをつく

ことが分かっています。

これを聞いた方は

「そんな営業マンからは買わない」
「値引き目標額を知っているからウソは分かる」

こう思いませんか。私もそう思っていました。ですが、ディーラーの営業マンはホントしゃべりも上手だし、数字の見せ方も上手なので素人の私たちだとあっという間に騙されてしまいます。

私も騙されそうになりましたが、あることがきかっけで騙されずに、20万以上安く買えました。今回はその方法を紹介したいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


シエンタハイブリッドの値引き相場や目標とする価格を知っていたのに騙された

シエンタと言えばハイブリッドモデルが人気です。私が値引き交渉をしたのもこのモデルです。

では、シエンタハイブリッドの値引き相場はいくらか知っていますか?

月間自家用車の2016年2月号では最新の値引き相場が12万です。

ちなみに月間自家用車は40年の歴史のある雑誌です。特に値引き情報に関してはこの雑誌が最強なので、最新情報を知りたい方は読んでみてくださいね。

私はこの12万を目指して値引き交渉した結果がこれです。

シエンタ値引き
ホンダのフリードと競合したり、トヨタ系列のディーラー同士で競合させたりと雑誌に書いてあるやり方を忠実に守って交渉しました。

オプションの値引きに関しても2割引いてもらっていたので、この時はこれ以上の条件はないだろうと思いっていたんです。

友達の現役営業主任が見積を見て、騙されていると即答した

フィット値引き 騙された

私には車販売の営業主任をしている友人がいるので、自慢げにこの見積をみせてやったところ

「これで買ったらバカだな」

と言われたんです。ちょっとカチンときましたが、彼の言うには下取り額が20万以上安いというのです。

ディーラーからは車に小傷が多く、状態もよくないので値が付かないと言われて、最初に提示された査定額は5万でした。それをもう値引きができないので下取りを10万に増額してもらったばかりだったんです。

なので、この時は友達が適当なことを言っているとばかり思っていました。

他で査定してみると査定額が20万以上UPした

バカだと言われカチンときていたので、ダメ元で他で査定してみました。査定について調べてみると一括査定をするとどんな車でも平均15万以上高く買い取ってくれるようだったので、それを利用してみることに。

利用してすぐに分かった!営業主任の言っていたことは本当だった。

私が利用したのは『かんたん車査定ガイド』です。一括査定のサイトは検索すると色々とでてきますが、ここは車種や年式などを入力するとすぐに概算価格が画面で見れるのでおすすめです。他のサイトだと査定額が分かるのは早くても1~2日程度かかりますからね。

入力直後にこんな風に確認できます。

下取りの概算価格2

これ見て驚きました。ディーラーの査定額と20万以上も開きがあったんです。これを一瞬で見抜くなんて、友達に対していさすが営業主任をやっているだけはあるなと思いました。

一括査定って電話がしつこいって聞くけど大丈夫?

一括査定サイトを利用した人からは

「申込すると買取業者から電話が鳴りまくる」

と聞いていたので、申し込み後はドキドキしていました。ですが、

実際は初日に電話が2~3社からかかってきただけで、翌日以降はほとんど電話が鳴りませんでした。

メールだけで連絡してくる業者さんもいましたし、ひっきりなしに電話が鳴るようなことはないですね。また、どの業者さんの対応がとても丁寧で良い印象でしたよ。

ほぼ概算価格通りの査定額がついた

実際の査定額は業者ごとに違いはありましたが25~30万で、一番高く査定してくれたのは30万以上のところもありました。

査定してもらうときに、ディーラーに指摘されていた小傷のことや状態が悪いことを正直に買取り業者さんに伝えましたが、この7年も乗ればこのぐらいは当然だと言われました。

おそらくディーラーの指摘は私の車を安く査定するための口実だったのでしょうね。

一括査定サイトを利用しなかったら、今ごろ20万をドブに捨てていたところでした。

ちなみに今回私が利用した一括査サイトはこちらです
かんたん車査定ガイド

シエンタの値引き交渉を再開。もう限界だと言われたのに20万以上安くなった

査定してもらった見積をディーラーに見せて、もう1度値引き交渉をすると、ものの10分ほどでディーラーも査定額を20万以上増加してきました。前回はこれ以上安くは出来ないと言われていたのにあっさりとです。

ディーラーの言い分では、「今日が月末で下取りに値が付きやすい日」だといっていました。これもおそらくウソなんでしょうね。。。

新しい見積がこれです

シエンタ 値引き 見積

下取り額が32万にアップしたので、20万以上もシエンタを安く買うことが出来ました。

下取り査定は今のうちにやった方が良い

今値引き交渉をしている人は、すぐにでも一括査定した方が良いでしょう。概算だけならすぐに確認できるので、それだけでもまずディーラーに伝えるべきだと思います。

これから値引き交渉をする方も今のうちに査定だけは済ませておいた方が良いです。私の場合は値引き交渉しながら、だったので実はかなりバタバタして大変でした。

時間のあるうちに査定だけでもやっておくことで値引き交渉に集中でき、良い条件を引き出しやすくなります。営業マンのウソもはじめから見抜けるので交渉はかなり有利に進められます。

また、今回利用した『かんたん車査定ガイド』は無料なので、今の査定額をとりあえず知るだけに利用するのもいいと思います。

かんたん車査定ガイド_ボタン

▼▼かんたん査定ガイドの公式ページはこちら





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


PAGE TOP ↑