*

スペーシアの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

更新日: スペーシア ,

この記事の所要時間: 1559

スペーシア_価格トップ
スズキのスペーシアは価格帯が127万円〜191万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びではかなり悩むのではないでしょうか。特に

  • マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボどちらがいいのか?
  • ハイブリッドGにすべきかハイブリッドXにすべきか?

この辺りが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、新型スペーシアのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが、走りや、燃費、装備、4WDなど1つ1つ比較した結果、

スペーシアではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型スペーシアはマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボのどちらを選ぶべき?

スペーシア_マイルドHVvsターボ
まず、私が最初に悩んだのはマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボどちらにするかでした。これを決めるのに、走りや燃費、価格を比較してみました。

新型スペーシアで加速が良いのはターボ。マイルドハイブリッドは普段使いに丁度良い

スペーシア走り_マイルドHVvsターボ
私が実際に乗ってマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボそれぞれどう感じたのか紹介したいと思います。

マイルドハイブリッドは街中で扱いやすい

マイルドハイブリッドの率直な感想としては、坂道でも苦しさをあまり感じずに登ってくれます。

コーナリングはハイトワゴンながら、かなり軽い車重のおかげでフラつきが少なく曲がることができました。街中で扱いやすい印象です。

静粛性はモーターアシストがあるおかげで、このクラスでは静か。エンジン回転数が高くなった時にちょっと気になるくらいだと思います。

マイルドハイブリッドターボは1Lエンジン並に加速する

続いて試乗したのはマイルドハイブリッドターボです。

ターボはマイルドハイブリッドと走り出しに差はない印象です。中速域からの加速力は力強く、1L車並のパワーを体感できました。

コーナーリングではロールが大きく、やや安定性に欠けます。マイルドハイブリッドより車体が重くなった影響でしょう。

静粛性はターボが効き始めると少しターボ音が気になります。それ以外は軽にしては静かな印象でした。

総合的にはマイルドハイブリッドの方が走りは良い

チェック項目 マイルドハイブリッド マイルドハイブリッド
ターボ
加速感
コーナーの安定感
静粛性

走りを比べるためにマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボそれぞれを試乗して乗り比べてみて私が

良いと思ったのはマイルドハイブリッド

です。

ターボは1L車並の走りをしてくれますが、街中メインに乗るのでそんなにパワーは必要なさそうです。それよりも街中で扱いやすいマイルドハイブリッドの方が良いと思います。

またコーナリングはマイルドハイブリッドの方が安定していて市街地で運転しやすいです。なので、総合的にはマイルドハイブリッドが良いでしょう。

マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボの実燃費の差は2.3km/L

スペーシア燃費_マイルドHVvsターボ
燃費は実燃費を比較しました。

燃費 マイルドハイブリッド
[2WD]
マイルドハイブリッド
ターボ[2WD]
JC08 30.0km/L 25.6km/L
実燃費 19.9km/L 17.6km/L
燃費達成率 66.3% 68.8%

実際の燃費差は2.3km/L。実燃費から計算すると、マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボは約10年で約8万円の差がつくので、元は取れないでしょう。

マイルドハイブリッドの方が価格が安い。ターボの装備は必要性が低い

スペーシア装備_マイルドHVvsターボ
価格と装備の比較です。

<本体価格の差>

グレード 価格
カスタムハイブリッドXS 169万円
カスタムハイブリッドXSターボ 179万円
差額: 10万円

※デュアルカメラブレーキサポート非装着車は約6万円安

<装備の差額(推定)>

装備 カスタムXS カスタムXSターボ
クルーズコントロール
パドルシフト
差額: +10万円

ターボの装備はマイルドハイブリッドより10万円分多い装備が付いていると考えられます。

この差は大きいので、ターボの装備が必要なものかどうか調べてみました。

ターボに追加された装備は高速に頻繁に乗らないならなくても問題ない

スペーシア_パドルシフト
出典:http://www.suzuki.co.jp/

ターボで追加された装備はクルーズコントロールとパドルシフトの2点。

パドルシフトはパワーのある車ならスポーティな走りが楽しめそうですが、軽自動車に付いていてもあまり意味はなさそうです。

クルコンは軽で高速ガンガン乗る人は必要そうですけど、そう言う人は普通車に乗るでしょうから、なくてもいい装備だと思います。

街中で扱いやすく、コストの安いマイルドハイブリッドを選ぶべき

いろいろ比較したので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 マイルドハイブリッド マイルドハイブリッド
ターボ
走り ×
燃費 ×
価格 ×
装備

どちらも良いところはあるんですが、買いなのは

マイルドハイブリッド

だと思います。

実際に購入するとなると、燃費や価格などの費用を重視してしまいますよね。装備はターボの方が多く付いてきますが、高速に頻繁に乗らないなら必要なさそうです。それよりも、初期費用とランニングコストに有利なマイルドハイブリッドの方が魅力的に感じました。

新型スペーシアの価格表から購入候補のグレードを2つに絞った

スペーシア_候補
私が新型スペーシアを買うのに用意できそうな予算は160万円までなので、この範囲内でグレードを選ばなければいけません。

グレードを選ぶとなると、2WDと4WDで悩むところですが、私の場合4WDの使用頻度も少ないし、燃費も落ちてしまうので対象外に。

購入対象としたマイルドハイブリッドの2WDの価格表がこれです。

スペーシア[2WD]
(マイルドハイブリッド)
グレード 価格
ハイブリッドG 133万円
ハイブリッドX 147万円
カスタムハイブリッドGS 158万円
カスタムハイブリッドXS 169万円

グレードは全部で4つです。カスタムハイブリッドXSは169万円と、予算オーバーなので対象外に。

他の3つの中から購入候補を絞りました。

 

カスタムハイブリッドGSは割高なので外した

カスタムハイブリッドGS
出典:http://www.suzuki.co.jp/

カスタムハイブリッドGSは予算範囲内ですが、購入候補の中では1番高い価格です。無駄に費用をかけたくはありませんよね。

そこで、カスタムハイブリッドGSに価格の近いハイブリッドXからどんな装備が追加されているか調べてみました。

  • 装備の比較
    装備  カスタムハイブリッドGS ハイブリッドX
    カスタム用エクステリア
    LEDヘッドランプ
    [ハイ/ロービーム+
    オートレベリング機構付]
    ●(1※)
    LEDポジションランプ ●(1※)
    LEDフロントフォグランプ -(2※)
    14インチ
    アルミホイール
    スチール(3※)
    ルーフレール ●(4※)
    プレミアムUV&IRカットガラス
    (フロントドア)
    LEDサイドターンランプ付
    ドアミラー
    ●(4※)
    フロントベンチレーテッド
    ディスクブレーキ
    ディスクブレーキ
    (4WDはベンチレーテッド)
    パワースライドドア
    [予約ロック機能/挟み込み機構付]
    左側のみ 両側
    スリムサーキュレーター
    ステアリング
    オーディオスイッチ
    ●(4※)
    メッキインサイドドアハンドル

    1※オプション設定。ただし、ハイビームはハロゲンのまま。
    2※ハロゲンフォグランプであればオプション設定有
    3※オプションで14インチアルミホイールを装着可(カスタムのデザインとは異なる)
    4※オプション設定

ハイブリッドXから変更・追加された主な装備は13点。大きな変更点といえば見た目でしょう。

カスタムハイブリッドGSはカスタム専用エクステリアが装着されていて、14インチアルミホイールも装備されているので迫力があります。見た目はカスタムハイブリッドGSの方が良さそうです。

しかし他の装備を見てみると、プレミアムUV&IRカットガラスやスリムサーキュレーターといった快適装備はハイブリッドXにしか付いてきません。

プレミアムUV&IRがあれば日焼け防止になりますし、後席も快適な温度にしてくれるスリムサーキュレーターは魅力的に感じます。

見た目よりも機能性を重視したいので、カスタムハイブリッドGSは候補から除外しました。

購入候補はハイブリッドGとハイブリッドX

検討した結果、カスタムハイブリッドGSを除外することにしました。

そして、購入候補として選んだのは、

ハイブリッドGとハイブリッドX

この2つです。

違いはどこ?新型スペーシアのハイブリッドGとハイブリッドXを徹底比較

スペーシア_GvsX
購入候補として選んだ、ハイブリッドGとハイブリッドXどちらが買いなのか比較するために

  • どんな装備が追加されてるのか?
  • どんなメーカーオプションが付けられるのか?

この2つを比較してみることに。

ハイブリッドGの装備でも満足できるのか?

車を買うなら安いに越したことはありませんよね。そこで価格の安いハイブリッドGの装備でも満足できそうかチェックしてみました。

ハイブリッドGの外装で満足できそう

スペーシア見た目_GvsX
左がハイブリッドGで右がハイブリッドXです。

<外装の装備>

外装の装備 ハイブリッドG ハイブリッドX
メッキフロントグリル
ハロゲンヘッドランプ ◯(1、2※)
LEDポジションランプ ●(1※)
LEDサイドターンランプ付
ドアミラー
●(1※)
2トーンルーフ ●(4※)
ルーフレール ●(4※)
プレミアムUV&
IRカットガラス
(フロントドア)
14インチ
スチールホイール
◯(3※)

1※オプション設定(アップグレードパッケージ)
2※LEDヘッドランプがオプション設定(ロービーム、オートレベリング機構付)
3※14インチアルミホイールがオプション設定
4※オプション設定

外装装備の違いは8点。ハイブリッドXはLEDヘッドランプ等のアップグレードパッケージがオプションで選択可能です。しかし、8万円も出さなければいけませんし、LEDヘッドランプ以外は見た目に関係するもので、機能的には大差ありません。

標準装備での大きな違いはプレミアムUV&IRカットガラスだと思います。

プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)は紫外線(UV)や赤外線(IR)をカットしてくれるものです。

  • 紫外線と赤外線のカット率(フロントドア)
    項目 プレミアムUV&
    IRカットガラス
    ノーマルタイプ(※)
    紫外線カット率(UV) 99% 90%
    赤外線カット率(IR) 70% 54%

    ※標準的な数値なので多少上下します

具体的にはプレミアムガラスの方がUVは約10%高く、IRは約20%高くカットできるようです。日焼け防止や夏の車内温度を抑える効果を狙うなら、プレミアムUV&IRカットガラスは欲しくなりますね。ただし、ハイブリッドGにも社外品のフィルムで補うことができます。

見た目をよくするためにアップグレードパッケージに8万円も予算を割けませんし、Gでもフィルムを追加できるのでハイブリッドGの外装で満足できそうです。

ハイブリッドGの快適装備は不満を感じそう

スペーシア安全装備_GvsX
<快適・安全装備>

快適・安全装備 ハイブリッドG ハイブリッドX
助手席シートベルト
警告灯
助手席シートベルト
リマインダー
後方視界支援ミラー
ロールサンシェード
パワースライドリアドア
(左右)
スライドドアクローザー
(後席両側)
スリムキュレーター
シートヒーター
(運転席&助手席)

(1※)
電動格納式
リモコンドアミラー

(リモート格納)
運転席シートリフター
チルトステアリング

1※4WD車は運転席のみ装備される

快適・安全装備の違いは11点。ハイブリッドXに多くの装備が追加されていますが、特に魅力的なのはパワースライドドア。ハイブリッドGは左右どちらも手動ですが、Xならワンタッチで自動開閉できるんです。

ワンタッチなら、両手が塞がっている状態でも荷物などを一旦下に置く必要もなく、買い物時にとても便利になります。

さらに、降りたあとにスライドドアが締まり切るのを待たずに、スライドドア施錠時に自動でドアロックしてくれる予約ロック機能も装備。これならストレスなくスムーズに車から離れられそうですね。しかし、たまにしか後席を使わないならスライドドアは手動でも困らないかもしれません。

その他にもXに多くの快適・安全装備が付いてくるので、ハイブリッドGの装備は不満に感じそうです。

ハイブリッドGの内装でも満足できそう

スペーシア内装_GvsX
<内装の装備>

内装の装備 G X
助手席バニティーミラー
[チケットホルダー付]
アクセサリーソケット
(後席右側)
乗降グリップ(リヤ右側)
ラゲッジルームランプ
後席スライド用
ストラップ
フロント
アームレストボックス
助手席シートバックポケット

 

スペーシア内装比較_ハイブリッドGvsX
出典:http://www.suzuki.co.jp/

上がハイブリッドGで、下がハイブリッドXの内装です。内装色はハイブリッドGはブラック。Xはベージュとブラックの2色から選択できますが、質感は変わりません。

装備の違いは7点。中でもアクセサリーソケット(後席右側)はあると便利です。後席の人がスマホの充電をしたくなった時にすぐに充電できるようになります。

しかし、2列目を使う機会はたまにしかないですし、普段の足として使う時にそんなに充電できる時間はないと思います。もし利用したくなっても、前席のアクセサリーソケットを利用すれば良いですからね。

その他の装備では収納箇所が少し増えるくらいなので、ハイブリッドGの内装でも満足できそうです。

新型スペーシアのおすすめグレードはハイブリッドG

新型スペーシアのハイブリッドGとハイブリッドXを比較した結果、

買いなのはハイブリッドG

だと思います。ハイブリッドGでも

  • Gの外装で満足できそう
  • Gの内装でも満足できそう

この2点に満足できそうです。快適・安全装備はハイブリッドXの方がパワースライドドアなどが付いてくるので魅力的です。しかし、私の場合は後席に人を乗せる機会はたまにしかなく、使用頻度が少ないのでスライドリアドアは手動でも問題ないと思います。

なので、価格の安いハイブリッドGの方を選んでも後で後悔することはなさそうです。

新型スペーシアで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

新型スペーシアの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は1,493台。傾向を見るには十分な数字です。

新型スペーシアで売れているのはハイブリッドG

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 ハイブリッドG 651台 44%
2位 ハイブリッドX 411台 27%
3位 カスタムハイブリッドXS 265台 18%
4位 カスタムハイブリッドGS 101台 7%
5位 カスタムハイブリッドXSターボ 65台 4%

売れているのはハイブリッドG。2位のハイブリッドXとは240台の差があります。

また、エンジン別で見るとマイルドハイブリッドが96%、マイルドハイブリッドターボが4%という結果に。

マイルドハイブリッドターボを割高と考えている人が多いので、マイルドハイブリッドに人気が集中しています。

新型スペーシアを安く買うには?

スペーシア燃費_安く買う

新型スペーシアを安く購入するには値引きが重要になってきます。ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にスペーシアを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

スペーシアの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑