*

新型ワゴンRの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

更新日: ワゴンR ,

この記事の所要時間: 1444

ワゴンR_価格トップスズキの新型ワゴンRは価格帯が108万円〜148万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びではかなり悩むのではないでしょうか。特に

  • マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボどちらがいいのか?
  • ハイブリッドFZにすべきかハイブリッドFXにすべきか?

この辺りが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、ワゴンRのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが、走りや、燃費、4WDなど1つ1つ比較した結果、

新型ワゴンRではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型ワゴンRはマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボのどちらを選ぶべき?

ワゴンRマイルドHVvsマイルドHVターボ
まず、私が最初に悩んだのはマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボどちらにするかでした。これを決めるのに、走りや燃費、価格を比較してみました。

ちなみにガソリン車はマイルドハイブリッドと比べるとカタログ燃費が約7km/Lも悪いので、今回は選択肢から外しています。

新型ワゴンRで加速が良いのはターボ。マイルドハイブリッドは運転がしやすい

ワゴンR_燃費マイルドHVvsマイルドHVターボ
私が実際に乗ってマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボそれぞれどう感じたのか紹介したいと思います。

マイルドハイブリッドは街中で運転がしやすい

最初に試乗したのはマイルドハイブリッド。

マイルドハイブリッドの率直な感想としては、軽ながらもモーターアシストのおかげで登り坂でもストレスなく加速してくれます。

また、コーナーではターボよりも車重が軽いせいかロールを感じませんでした。曲がりやすく運転しやすい車だと思います。

静粛性はエンジン回転数を上げた時にはうるさい印象ですが、それ以外は静かだと感じました。

マイルドハイブリッドターボは加速がパワフル

続いて試乗したのはマイルドハイブリッドターボです。

マイルドハイブリッドターボは走り出しはマイルドハイブリッドと大差はありませんが、中高速域では1L普通車並のパワフルな加速感がありました。

コーナリングはマイルドハイブリッドより30kg重いせいで、ややロールが大きく、安定性はマイルドハイブリッドより少し劣るようでした。

静粛性は静かな印象ですが、エンジン回転数を上げると少しうるさく感じたので、マイルドハイブリッドと大差はありません。

総合的にはマイルドハイブリッドの方が走りは良い

チェック項目 マイルド
ハイブリッド
マイルド
ハイブリッドターボ
加速感
コーナーの安定感
静粛性

走りを比べるためにマイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボそれぞれを試乗して乗り比べてみて私が

良いと思ったのはマイルドハイブリッド

です。

ターボ車はパワフルですが、活躍しそうなシーンはあまりなさそうです。それよりも普段の運転がしやすいマイルドハイブリッドの方が良いでしょう。

マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボの実燃費の差は4km/L

ワゴンR_走りマイルドHVvsマイルドHVターボ
燃費は実燃費を比較しました。

燃費 マイルドハイブリッド
[2WD]
マイルドハイブリッド
ターボ[2WD]
JC08 33.4km/L 28.4km/L
実燃費 20.7km/L 16.6km/L
燃費達成率 61.9% 58.6%

実際の燃費差は約4km/L。マイルドハイブリッドとマイルドハイブリッドターボは約10年で約14万円の燃料代の差がついてしまうようです。

マイルドハイブリッドの方が価格は安いが、ターボの装備は魅力的

ワゴンR_装備マイルドHVvsマイルドHVターボ
価格と装備の比較です。

<本体価格の差>

グレード 価格
ハイブリッドX
[マイルドハイブリッド]
149万円
ハイブリッドT
[マイルドハイブリッドターボ]
166万円
差額: 17万円

<装備の差額(推定)>

装備 ハイブリッドX
[マイルドHV]
ハイブリッドT
[マイルドHVターボ]
フロントシートSRS
サイドエアバッグ
2.5万円
SRSカーテン
エアバッグ
2.5万円
クルーズ
コントロール
5万円
パドルシフト 5万円
アルミホイール [14インチ]
4万円
[15インチ]
6万円
装備差額: +17万円

マイルドハイブリットターボの装備はマイルドハイブリッドより17万円分多い装備が付いています。

この差は大きいので、ターボの装備が必要なものかどうか安全装備や快適装備、外観についてチェックしてみました。

ターボで追加された安全装備は死亡率を低くしてくれる


出典:http://www.suzuki.co.jp/

ターボで追加された安全装備 オプション設定
[マイルドハイブリッド]
フロントシートSRS
サイドエアバッグ
SRSカーテン
エアバッグ

安全装備はサイドエアバッグとカーテンエアバッグ。

サイドエアバッグがないと側面衝突時に頭を直接窓に打ちつけてしまい、死亡しやすいんです。サイドエアバッグがあれば頭への衝撃を抑えてくれるので、死亡率を低くしてくれます。

ちなみに、マイルドハイブリッドではオプション設定すらありません。サイドエアバッグやカーテンエアバッグが欲しければ、現時点(2017年8月時点)ではターボ車を選ぶしかないようです。

快適装備は高速走行時の疲労を軽減してくれる

ワゴンR_クルーズコントロール
出典:http://www.suzuki.co.jp/

ターボで追加された
快適装備+外観装備
オプション設定
[マイルドハイブリッド]
クルーズ
コントロール
パドルシフト
15インチアルミホイール ●※

※ターボのホイールデザインとは異なる

快適装備と外装で追加されたのはこの3点。

パドルシフトは運転のオマケみたいなものなのでなくてもいいかなぁと思います。クルーズコントロールは高速で疲労を抑えてくれるので、付けておきたい装備だと思います。

総合的にはマイルドハイブリッドターボの方が装備は魅力的

ターボで追加された装備 必要性
安全装備
快適装備
外装装備 ×

マイルドハイブリッドターボの装備は外観装以外は実用的なものばかりなのでかなり魅力的だと思います。

街中での走りが良く、コストの安いマイルドハイブリッドを選ぶべき

いろいろ比較したので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 マイルドハイブリッド マイルドハイブリッドターボ
走り
燃費
価格
装備

どちらも良いところはあるんですが、買いなのは

マイルドハイブリッド

だと思います。

実際に購入するとなると、燃費や価格をなどの費用を重視してしまいますよね。ターボの装備はすごく魅力的ですが、初期費用とランニングコストに有利なマイルドハイブリッドの方が魅力的に感じました。

新型ワゴンRの価格表から購入候補のグレードを2つに絞った


私がワゴンRを買うのに用意できそうな予算は150万円までなので、この範囲内でグレードを選ばなければいけません。

グレードを選ぶとなると、2WDと4WDで悩むところですが、私の場合4WDの使用頻度も少ないし、燃費も落ちてしまうので対象外に。

購入対象としたマイルドハイブリッドの2WDの価格表がこれです。

ワゴンR[2WD]
(マイルドハイブリッド)
グレード 価格
ハイブリッドFX 118万円
ハイブリッドFZ 135万円
スティングレー
ハイブリッドX
149万円

グレードは全部で3つ。この中から購入候補を絞りました。

スティングレーハイブリッドXは割高なので外した

スティングレーハイブリッドXは予算ギリギリですが、魅力的なら候補に入るかもしれません。そこで、価格の近いハイブリッドFZから追加された装備をチェックしてみました。

  • ハイブリッドFZから追加された装備・機能
    ハイブリッドFZから追加された装備・機能
    スティングレー用エクステリア
    デュアルブレーキサポート
    誤発進抑制機能
    車線逸脱警報機能
    ふらつき警報機能
    先行車発進お知らせ機能
    ハイビームアシスト機能
    ヘッドアップディスプレイ

追加された装備・機能は8点。

スティングレーハイブリッドXに追加された装備で目立つのはデュアルブレーキサポート等の安全運転支援。これはハイブリッドFZに6万円のオプションで装着できます。

実際にハイブリッドFZにデュアルブレーキサポート等を付けると

135万円(ハイブリッドFZ車体価格)+6万円=141万円

この金額に。スティングレーハイブリッドXは148万円なので、ハイブリッドFZにオプションで追加した方が8万円安くなります。

また、スティングレーの外観はインパクトがありますが、FZの方もかなり良いです。どうしても

「スティングレーのゴツゴツした感じじゃないと嫌だ!」

と思う人以外は、FZでも全然OKだと思いますよ。

なので、私は割高なスティングレーハイブリッドXを購入候補にはしませんでした。

購入候補はハイブリッドFXとハイブリッドFZ

検討した結果、スティングレーハイブリッドXを除外することにしました。

そして、購入候補として選んだのは、

ハイブリッドFXとハイブリッドFZ

この2つです。

違いはどこ?新型ワゴンRのハイブリッドFXとハイブリッドFZを徹底比較

購入候補として選んだ、ハイブリッドFXとハイブリッドFZがどちらが買いなのか比較するために

  • どんな装備が追加されているのか?
  • どんなメーカーオプションが付けられるのか?

この2つを比較してみることに。

ハイブリッドFXの装備でも満足できるのか?

車を買うなら安い方に越したことはありませんよね。そこで、価格の安いハイブリッドFXの装備でも満足できるのかチェックしてみました。

ハイブリッドFZの方がカッコいい

左がハイブリッドFXで右がハイブリッドFZです。6点外装の違いがあります。

<外観の装備>

外観の装備 ハイブリッドFX ハイブリッドFZ
FZ用
フロントマスク
サイド
アンダースポイラー
リヤバンパー
[エアロ形状]
ルーフエンド
スポイラー
FX・FA用
フロントマスク
LEDサイドターン
ランプ付ドアミラー
ホイール 14インチ
スチールホイール
15インチ
アルミホイール

特に目立つ外装装備の違いはフロントマスクとホイール。

ハイブリッドFZは迫力あるフロントマスクやアルミホイールを装着しているので、ハイブリッドFZの方がカッコいいと思います。

ハイブリッドFXはキーレスが装備されていなくて不便

<快適装備>

快適装備 ハイブリッドFX ハイブリッドFZ
ヘッドランプ ハロゲン LED
オートライトシステム
ステアリング
オーディオスイッチ
●※1
キーレスプッシュ
スタートシステム
[エンジンスイッチ+
携帯リモコン+
リクエストスイッチ+
(フロントドア+バックドア)]
●※1
フロントスタビライザー △※2
リアスタビライザー ○(2WD車)

※1:オプション設定
※2:4WD車のみ装着

快適装備は6点違いがありました。

特に気になったのはキーレスプッシュスタートシステム。ハイブリッドFXでは装備されていないので、ドアのロック/アンロックの為に、イチイチ鍵を出して運転席から開閉しないといけません。これは

めちゃくちゃ面倒です。

キーレスプッシュスタートシステムが付いているハイブリッドFZなら、スマートキーを持っているだけでドアのロック/アンロックが運転席・助手席・バックドアから行えるようになるんです。

なので、キーレスプッシュスタートシステムが標準で装備されてないハイブリッドFXは不便だと思います。(約10万円のオプションで付けることは可能)

ハイブリッドFXはシート高調整できないので疲れそう

<内装の装備>

内装の装備 ハイブリッドFX ハイブリッドFZ
ステアリング
ホイール
ウレタン 本革巻
ステアリング
ガーニッシュ
助手席
バニティーミラー
[チケットホルダー付]
シルバーインサイド
ドアハンドル
運転席
シートリフター
内装カラー ベージュor
ブラック
ブラックのみ

FXとFZの内装のデザインを見てみると、内装カラーはハイブリッドFZがブラック1色、ハイブリッドFXではベージュとブラックの2色が選べるのが目立ちます。

でもこのベージュ色、めちゃくちゃチープなんですよね。プラスチック感があって、安っぽく見えるのでブラックの内装カラーの方が満足できそうです。

また、ハイブリッドFXだと運転席にシートリフターもついていなくて、シート高を調整できないと運転時に

すごく疲れそう・・・

だと感じました。

新型ワゴンRのおすすめグレードはハイブリッドFZ

ワゴンRのハイブリッドFXとハイブリッドFZを比較した結果、

買いなのはハイブリッドF

だと思います。FXだと…

  • FZの見た目に劣る
  • キーレスが装備されていない
  • シート高調整できない

この3点が不満なところです。価格はFXの方が高いですが、不満を持ったまま何年も乗るのは嫌ですからね。

新型ワゴンRで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

ワゴンRの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は306台ですが、傾向を見るには十分な数字です。

新型ワゴンRで売れているのはハイブリッドFZ

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 ハイブリッドFZ
[マイルドHV]
99台 32%
2位 ハイブリッドFX
[マイルドHV]
93台 30%
3位 スティングレー
ハイブリッドX
[マイルドHV]
72台 24%
4位 スティングレー
ハイブリッドT
[マイルドHVターボ]
18台 6%
5位 FA[ガソリン] 17台 6%
6位 スティングレーL
[ガソリン]
7台 2%

売れているのはハイブリッドFZ。2位のハイブリッドFXとは僅か6台の差しかないので、どちらを選ぶかで迷う人は多いようです。

また、エンジン別で見るとマイルドハイブリッドが86%、ガソリンエンジンが8%、マイルドハイブリッドターボが6%という結果に。

ガソリンエンジンやマイルドハイブリッドターボを割高と考えている人が多いので、マイルドハイブリッドに人気が集中しています。

新型ワゴンRを安く買うには?

ワゴンRを安く購入するには値引きが重要になってきます。ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にワゴンRを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型ワゴンRの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    富山県在住。
    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    バスケ、ランニング、筋トレ
    読書、映画、車、パチンコ、投資
    →詳しいプロフィール
廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」

普通車の廃車手続き
廃車の手続き方法と必要書類の完全マニュアル!【普通車編】

ボロボロで売れない車は、持っていても税金がかかるので、廃車する

バッテリー充電器_トップ
車のバッテリーの充電時間は約10時間。アイドリングでは充電されない?

車のバッテリーが上がったり劣化したりすると、充電が必要になりま

バッテリー費用_トップ
車のバッテリー交換をオートバックスですると値段が激高だった。費用が安いのはここ

車は3〜5年も乗るとバッテリーが劣化してくるので交換が必要です

バッテリー交換嘘_トップ
車のバッテリーの交換時期や寿命が3年はウソ!電圧確認の裏技を紹介

ガソリンスタンドなどで、ちょっと車を見てもらったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑