*

超割安!トヨタ新型プリウスの新車価格が安い理由とは?

更新日: プリウス

この記事の所要時間: 539

プリウス_新車価格が安いトップ

2015年12月9日に新型プリウスが発表されました。先代モデルが2009年に発表されたときは205万円からと当時は破格の価格設定でしたが、今回はどうなのでしょうか。

実際に購入する人が気になるのは新車の価格とそれが割安なのか割高なのかということだと思います。割高なら、割安の先代モデルやマイチェン前モデルを中古や新古車で購入する手段もあるわけですからね。

そこで、今回の新型プリウスは高いのか安いのかというところに迫ってみたいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型プリウスの価格

まずは新型プリウスの価格です。廉価モデルで252万円からとなっています。先代が223.2万円からだったので30万程度の値上げとなっています。

2WD/FF

317.5万:Aプレミアム
328.4万:Aプレミアム ツーリングセレクション
284.3万:A
306.7万:A ツーリングセレクション
256.5万:S
273.2万:S ツーリングセレクション
251.9万:E

4WD/E-Four

337.0万:Aプレミアム
347.9万:Aプレミアム ツーリングセレクション
303.7万:A
320.1万:A ツーリングセレクション
275.9万:S
292.7万:S ツーリングセレクション

メーカーオプション

メーカーオプション 価格
スペアタイヤ
(1※Aプレミアム、Aプレミアム”ツーリング”は-32,400円
2※スペアタイヤは4WDに設定なし)
10,800円
幾何学調ルーフフィルム 
(3※ツーリングセレクションのみ設定)
54,000円
チルト&スライド電動ムーンルーフ<挟み込み防止機能付>
(4※ツーリングセレクション以外に設定)
108,000円
ITS CONNECT 27,000円
インテリジェントクリアランスソナー
(5※E、S、S”ツーリング”のみ設定)
28.080円
アクセサリーコンセント
(6※S、S”ツーリング”、A、A”ツーリング”のみ設定)
43,200円
ナビレディセット
(7※Aグレード以上は43,200円)
32,400円
おくだけ充電
(8※Aグレード以上のみ設定)
12,960円
寒冷地仕様
(9※Aグレード以上は18,360円)
23,760円
LEDフロントフォグランプ
(10※Sグレードのみ設定)
21,600円
11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム
(11※Aグレード以上のみ設定
12※Aプレミアム、Aプレミアム”ツーリング”は428,760円)
355,520円

 

今回の新型プリウスのバッテリーの価格は割安

これまでのプリウスは価格の安いニッケル水素バッテリーでしたが、今回の新型プリウスではほとんどのグレードで価格の高いリチウムイオンバッテリーを装備しています。トヨタはどちらのバッテリーも性能は同じだと言っていますが、バッテリーの特性を考えるとそれは嘘で、リチウムイオンの方が性能は上です。リチウムイオンは

1) 自己放電が非常に少ない
2)メモリー効果がない
3)小型でありながら大容量の電気を蓄えられる
4)軽い

この4つの点で勝っています。ニッケル水素バッテリーを積んでいるのは4WD車。ただでさえ価格が高い4WDですが、この要素を考慮するとさらに割高なのです。リチウムイオンバッテリーがついてくる2WDの方がお得感が強いと言えます。

メモリー効果とは
ニッケル水素充電池を使い切らないままに充電を行い繰り返すと、本来の容量を発揮できなくなり、本来よりも少ない容量を、自らの容量として記憶(メモリ)することです。

現行プリウスより中古の方が価格的には割高!

プリウス新車価格が安い理由_新型

現行のマイチェンモデルは発売したばかりなので、値引きも少なく高いですが先代モデルや現行マイチェン前の価格の安い中古を買うことはお勧めしません。その理由はバッテリーにあります。

中古はバッテリー交換の価格がバカにならない!

中古のプリウスを購入しても10万キロ程度までなら全然走れると思いますし、トヨタも10万キロ保証はしています。ですが、10万キロを超えたあたりから電池交換をしている報告が多いんです。大半のプリウスは20万キロを超えたあたりでバッテリーがご臨終することが多いのですが、運が悪いと10万キロで使い物にならなくなり交換することになります。

私の友達も、つい最近15万キロ走った2代目プリウスのバッテリー交換したそうなんですが、「高かった。。。」と言っていました。

そのバッテリー交換に約17万かかったそうです。プリウスでガソリン代を節約してきたのに全部飛んだと嘆いていました。なので、中古を買うときはバッテリー交換の価格も含めて、予算を考えたほうが良いです。

中古の価格は安くても燃費が悪い?

トヨタが10万キロ保証しているのは「走れる」ことです。バッテリーの性能については保証していないのです。バッテリーがへたれて、充電できる量が少なくなってきても走れるということには変わりないですからね。

要は中古のプリウスはバッテリーがへたれると、燃費がものすごく悪化するリスクが高いんです。何度も充電、放電を繰り返しているうちに充電できる量は確実に減っていきます。充電量が少ないバッテリーでは燃費が確実に悪化するので、4~5年は価格の安い中古のプリウスに乗ろうと考えている人にはお勧めできません。

中古だと電池交換もあることを考えると、新型プリウスを購入して4~5年後に売る方が、満足度を考えると賢い買い方でしょうね。

今回の新型プリウスはAグレードが破格設定

プリウス新車価格が安い_ブラインドスポットモニター
出典:https://toyota.jp/

Aグレードには最先端の安全装備が標準装備されてきます。

  • インテリジェントクリアランスソナー
    [パーキングサポートブレーキ(静止物)]
  • ブラインドスポットモニター
  • カラーヘッドアップディスプレイ

これだけの装備が付いてSグレードとの差額はたったの28万なのでかなり割安と言えるでしょう。

安全装備の詳細とお勧めのグレードをこちらで紹介しています。
新型プリウスの価格から考える後悔しないグレード選び

また、その他にもAグレードはシート素材が上級ファブリックだったり運転席がパワーシートになります。

なので快適装備や、安全装備を考慮するとAグレードは今回最もお得なグレードでしょう。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。最後に人気の新型プリウスを少しでも安く手に入れてもらいたいので、安く買うための裏ワザを紹介します。

新型プリウスを安く買う裏ワザ

まだ発表されたばかりなので値引きが辛い新型プリウスですが、できる限り安く買うための裏ワザを2つ紹介したいと思います。

値引きにはトヨタ同士の競合が効果的

トヨタvsTOYOTA

値引きは競合させるのが一番手っ取り早いです。プリウスの場合は他のメーカーの車よりもトヨタ同士でプリウスを競合するのがものすごく効果的です。トヨタの販売チャネルはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4あるのでこれらに競わせます。各店舗で他店舗の値引き額を伝えて、見積を出してもらいましょう。

このやり方は雑誌や他のサイトでも良く紹介されていますが、重要なポイントがあります。

それはどの店舗でも必ず、担当の営業マンに

「あなたから買いたいんです。他店舗よりも値引きを頑張れませんか。」

と言うことです。これを言われた営業マンは買ってもらえると思い、本気で値引きをしてくれる可能性が高いです。

ディーラーは下取り価格を詐称している

damasareteru

実は安く買うには値引きより下取り車の査定額の方が重要なんです。

値引き相場は大体決まっていますが、下取り額は同じ車種、同じ年式の車でも状態によっては査定額が10万~30万も違います。これを知らないお客さんが多いので、ディーラーはお客さんに平気でウソをつきます。

営業マンのよくやる手口

もし、あなたが値引き交渉中に営業マンからこんな風に言われたらどう思いますか?

「店長と交渉して、下取り額を10万円アップできました。」
「ただし、本日限りと言われているので、今、契約できないでしょうか。」

「それなら契約してもいいかな。」と思った方は残念ながら営業マンに騙されています。実際に私はこれで契約しそうになりました。

この話にはカラクリがあって営業マンが最初の査定額を10万円以上安く私に提示して、後からあたかも査定額を10万円アップしたかのように私に伝えているんです。ゲスい手だと思いますが営業マンの喋りが上手なので騙された感覚はありませんでした。

騙されないためには一括査定が有効!

騙されないためには一括査定サイト利用するとよいです。複数業者に査定してもらい下取り査定額の相場を知ってしまえば営業マンがどんなに喋りが上手くても騙されません。

また、一括査定を利用すると平均で15万円も査定額がアップしするので利用価値は大きいです。ちなみに人気車種になると20万~30万高く査定してくれるようです。

『かんたん車査定ガイド』ならすぐに査定額が分かる

一括査定を依頼しても普通のサイトだと査定されるまでは数日かかりますが、『かんたん車査定ガイド』だと必要事項を入力後すぐに概算価格を画面で確認できます。使ってみて驚いたのはメーカーの公式ホームページの参考価格と比較すると20万以上も高く査定されることです。

かんたん車査定ガイド

9割の人が損している
車を購入する9割の人は下取り車を高く売れていません。ただ、最近はインターネットが普及したので一括査定サイトを利用して高く売る人が急激に増えています。私が実際に利用した『かんたん車査定ガイド』の利用者は全国で100万人以上います。

一括査定って電話連絡がしつこいと聞くけど大丈夫?

「一括査定は申し込んだ後、電話やメールが凄いことになる!」

と聞くので、『かんたん査定ガイド』に申し込んだ後、どうなるのか心配していましたが、電話やメールの連絡があったのは、初日だけでした。翌日からはほとんど連絡は来なくなります。電話やメールもしつこくなく、車の状態や、売却時期などの確認だけで正直ちょっと拍子抜けでした。

それよりもディーラーよりも20万も高く査定してくれる業者が実際にいて嬉しかったのが正直な気持ちです。また、『かんたん査定ガイド』の申し込みから高額査定してもらるまで、一切料金がかからず無料だったことも経済的で良いです。

『かんたん車査定ガイド』の詳しい内容はこちら
かんたん車査定ガイド

これ以上無理!と言われてから査定額が20万アップ!

私の場合はディーラーの営業マンに

「これ以上高く買い取ることは難しいです」

と言われたいましたが、『かんたん査定ガイド』で20万も高く査定してもらった見積を見せると、ディーラーの営業マンが青ざめた顔をしていました。きっとウソの査定を私に提示していたのがバレて気まずかったんでしょうね。

最終的にはディーラーに20万以上高く買い取ってもらえたので、一括査定の手間があったものの、それを十分に補う大満足の結果になりました。

査定

 

とりあえず査定額だけ知りたい人は

まだ売る気はないけど、査定額がどれぐらいなのか知りたい人も多いと思います。そういう場合は『かんたん査定ガイド』で概算価格だけチェックするのもありです。無料でそんな使い方ができるのは『かんたん査定ガイド』だけですから、気軽に利用してみてはどうでしょうか。

詳しい内容についてはこちら
かんたん車査定ガイド(無料)

▼▼かんたん査定ガイドの公式ページはこちら

 





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑