*

新型プリウスのツーリングセレクションの価格は今回も損なのか?

更新日: プリウス

プリウスツーリングS_損トップ

新型プリウスでスポーティな乗り味が人気のツーリングセレクション。その価格はノーマルグレードと比較すると11万円〜17万円高い設定がされています。ツーリングセレクションは内装もエクステリアもグレードアップするわけですが、

「装備が11万円以上の価値があるのかどうか?」

が気になるところだと思います。11万円以上もあれば自分の好きなオプションをたくさん付けることもできますよね。なので、ツーリングセレクションを考えている方は悩みどころではないでしょうか。

そこで今回は売れ行きグレードAとSのツーリングセレクションは「買いなのか?」「損なのか?」調査した結果を紹介します。購入の参考にしてもらえれば幸いです。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

エクステリアは大きな変更なし。ノーマルとの価格差は9万円。

見た目で変更があるのはホイールとリヤバンパーです。価格差は9万円と大きな差があります。

ホイールが15インチから17インチに(価格差8万)

プリウスツーリング_17インチホイール
出典:https://toyota.jp/

社外品だと15インチと17インチの価格差は少ないです。しかし純正品は高めの価格になるため、タイヤとホイールを合わせれば価格差は8万円程度でしょう。

ちなみに、ツーリングセレクションの方にはホイールの中心を飾るセンターオーナメントのパーツが付きますが、安価な樹脂パーツなのでホイールの金額の内訳と考えます。

リアバンパーはブラック塗装に変更(価格差1万円)

プリウスツーリングS_リヤバンパー
出典:https://toyota.jp/

ツーリングセレクションではリヤバンパーがブラック塗装になります。しかしデザインはノーマルと変わりません。全く同じ。機能的には同じでちょっと見た目が変わる程度なので、価格差は1万円とします。

幾何学調ルーフフィルム(オプション:5万円)

プリウスツーリングS_幾何学調ルーフフィルム
出典:https://toyota.jp/

幾何学調ルーフフィルムは標準装備ではないものの、ツーリングセレクションのみ装着可能です。ルーフがブラックカラーになり、スポーティに見せてくれます。見た目にこだわりたい人はツーリングセレクションを選ぶべきですね。価格は約5万円となっています。

内装は高級感がアップし、冬が温かく。ノーマルとの価格差は5万円。

内装は高級感を演出するパーツが増え、シートがヒーター付になります。ノーマルとの価格差は5万円です。

快適温熱シート[運転席・助手席](価格差4万円)

プリウスツーリングS_快適温熱シート
出典:https://toyota.jp/

快適温熱シートは寒い冬に体を温めてくれます。ハイブリッド車は電気で走る分だけエンジンが動かないので、冬は室内が寒いです。快適温熱シートがあれば、寒い思いはしなくて良くなるのでありがたい機能でしょう。また、シート表面は合成皮革なので高級感もあり、満足度も高い装備です。

1席2万円で、運転席と助手席両方に付くのでノーマルと比較すると4万円の価格差があります。

大型コンソールボックス合成皮革巻き(価格差1万円)

プリウス_合成皮革大型コンソールボックス
出典:https://toyota.jp/

ノーマルはファブリック素材ですが、合成皮革へ変更されます。

革が多くなると高級に見えますね。ノーマルとの価格差は10,000円と想定します。

 

ツーリングセレクションには14万円分以上の装備

今回のツーリングセレクションはノーマルと比較して価格が11万円以上アップしますが少なくとも14万円分の装備(エクステリア9万円、内装5万円)が付いてくるので、破格です。旧型のプリウスは10万円程度の装備に対して、車両価格が20万円以上高かったので、今回の新型プリウスはかなりお得な価格設定をしていると言えます。

装備は魅力的だが、11万円も払えない人はこんな方法も

ツーリングセレクションの装備で1番の魅力は価格と機能性を考えると快適温熱シートです。ですが、この装備のために11万も払えないという方も多いのではないでしょうか。

実はそういう人は多く、後付けで快適温熱シートと同じ機能を持った社外製品を後付けしている人も多いです。人気の高いclazzioの本革のシートカバーとシートヒーターをセットで購入しても5万円程度ですから、快適温熱シートの代わりに検討してみるもありです。

 

今回はツーリングセレクションの価格が妥当なのか紹介しました。その他のグレードについてもどれが買いなのかはこちらで紹介しています。
新型プリウスの価格設定で損をしないグレードはこれだった

プリウスを安く買うには?

プリウスカラー_安く買う

プリウスを安く購入しようと思うと、重要なのは値引き。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にプリウスを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタプリウスの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

yariscross_kuchikomitop
欠点はここ!トヨタ新型ヤリスクロスの口コミ評価・評判

2020年8月に発売されたトヨタ新型ヤリスクロス。口コミや雑誌等で

yariscross_optop
トヨタ新型ヤリスクロスでオススメの人気オプション・ナビはこれ!

トヨタ新型ヤリスクロスを購入するときオプションカタログを見ていると

yarisgradetop
トヨタ新型ヤリスのグレードの違いはここ。おすすめはハイブリッドX

新型ヤリス(ヴィッツ)を購入する時に迷うのは 「どのグレード

kicks_kuchikomitop
欠点はここ!日産新型キックスの口コミ評価・評判

2020年9月に発売予定の日産新型キックス。口コミや雑誌等では評価

yariskcross_nebikitop
[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

2020年9月に発売予定のトヨタ新型ヤリスクロス。人気の高いコンパ

→もっと見る

PAGE TOP ↑