*

新型セレナの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

更新日: セレナ ,

セレナ_グレードトップ

日産の新型セレナe-powerは価格帯が258万円〜419万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びではかなり悩むのではないでしょうか。特に、

  • マイルドハイブリッドとe-POWERどちらがいいのか?
  • e-POWER・XVにすべきかハイウェイスターVにすべきか?

この辺りが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、セレナのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが走りや燃費、装備、4WDなど1つ1つ比較した結果、

セレナではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。



この記事は自動車や車値引き、データ分析の専門家チームで作成しました。
→プロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。
→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

e-POWERとマイルドハイブリッド価格差は50万円。これって安い?高い?

日産新型セレナの新車価格一覧表です。

  • セレナの価格一覧表 <マイルドハイブリッド>            
    マイルドハイブリッド
    グレード 価格[税込]
    X 2,576,200円
    XV 2,736,800円
    XV(防水シート車) 2,769,800円
    G 3,061,300円
    ハイウェイスター 2,758,800円
    ハイウェイスターV 3,070,100円
    ハイウェイスターV(防水シート車) 3,103,100円
    ハイウェイスターG 3,311,000円
    オーテック 3,225,200円
    オーテックセーフティパッケージ 3,512,300円
    オーテックスポーツスペック 3,682,800円

    1※ハイウェイスターG、オーテックスポーツスペックは4WDの設定なし
    2※4WDは約20万円〜約29万円高

    <ハイブリッド(e-POWER)>

    e-POWER
    グレード 価格[税込]
    e-POWER X 2,997,500円
    e-POWER XV 3,226,300円
    e-POWER XV(防水シート車) 3,259,300円
    e-POWER G 3,473,800円
    e-POWERハイウェイスター 3,293,400円
    e-POWERハイウェイスターV 3,582,700円
    e-POWERハイウェイスターV(防水シート車) 3,615,700円
    e-POWERハイウェイスターG 3,809,300円
    e-POWERオーテック 3,911,600円
    e-POWERオーテックセーフティパッケージ 4,049,100円
    e-POWERオーテックスポーツスペック 4,192,100円

    ※e-POWERは4WDの設定なし

基本的な装備が付いているXVに着目してみるとマイルドハイブリッドとe-POWERの価格差は約50万円。

これって高いの?安いの?

というところが気になりますよね。安いマイルドハイブリッドに飛びついてしまい

「やっぱりe-POWERにしておけば・・・」

と後悔してしまっては後の祭り。どちらの方がお得かはしっかりチェックしなければいけません。

セレナはマイルドハイブリッドとe-POWERのどちらを選ぶべき?

serenagrade_mhyvshy
出典:https://www3.nissan.co.jp/

セレナではマイルドハイブリッドとe-POWERどちらにするか悩ましいところ。これを決めるのに価格や燃費、装備を比較してみました。

e-POWERの方が圧倒的に買い!

  • マイルドハイブリッドとe-POWERの比較
    比較項目 セレナ
    ハイウェイスター
    [2WD・2.0Lマイルドハイブリッド]
    e-POWER
    ハイウェイスター
    [2WD・1.2Lハイブリッド]
    カタログ燃費
    [WLTCモード]
    13.2km/L 18.0km/L
    実燃費 10.4km/L 14.8km/L
    本体価格 2,758,800円 3,293,400円
    エンジン最大出力 150馬力 84馬力(発電用)
    モーター最大出力 2.6馬力 136馬力
    最大トルク 20.4kgf・m(エンジン) 32.6kgf・m(モーター)
    乗車人数 8人 7人

マイルドハイブリッドとe-POWERとの実燃費の差は4.4km/L。10年乗った場合にかかるガソリン代はe-POWERの方が約40万円安くすみます。

本体の価格差は50万円なので、長くのるとその差額分はほとんど元を取れると思います。さらにe-POWERは3000cc並のトルクがあるので、めちゃくちゃ加速に余裕があって快適です。

こうなると、加速が良くて快適なe-POWERの方が圧倒的に買いだと思いますね。

購入候補はe-POWER・XVとハイウェイスターV

serenagrade_kouho
出典:https://www3.nissan.co.jp/

私が購入候補として選んだのはe-POWER・XVとe-POWERハイウェイスターVです。

その理由は2つあります。

予算410万円以内で購入できる

私が新車を購入するのに出せる予算は410万円。

セレナe-POWERは、上級グレードのハイウェイスターGやオーテック系のグレードは乗り出し価格で予算を超えますが、それ以外のグレードならオプションや諸経費込みでも予算に収まりそうです。

ちなみに同じ410万円だと、ヴォクシーハイブリッドが買えます。しかし、車内の広さや電気自動車ならではの余裕のある加速や、静かさがあることを考えるとセレナe-POWERの方が断然いいと思いますね。

e-POWER・Xとハイウェイスターだと安全装備に不安がある

安全装備 セレナe-POWER
X、ハイウェイスター ハイウェイスターV
インテリジェント
エマージェンシーブレーキ
+LDW(車線逸脱警報)
SRSエアバッグシステム
<前席>
LEDヘッドランプ
SRSカーテンエアバッグシステム&
サイドエアバッグシステム(前席)

(1※)
インテリジェント
アラウンドビューモニター

(1※)
電動パーキングブレーキ&
オートブレーキホールド
インテリジェントDA
(ふらつき警報)

(1※)
プロパイロット

1※オプション設定

車に乗るならできるだけ安全に乗りたいところ。そこで装備が充実しているe-POWERハイウェイスターVと、価格の安いXとハイウェイスターの安全装備を比較してみました。すると

全く異なる結果に。

価格の高いハイウェイスターVの方は、SRSカーテンエアバッグシステムやインテリジェントアラウンドビューモニターなどがオプションで追加できるようになっています。プロパイロットに至っては、なんと標準装備。

一方価格の安いXとハイウェイスターだと、それらはオプションでつけることが不可能。インテリジェントエマージェンシーブレーキはついているものの、側面衝突時に守ってくれるSRSカーテンエアバッグは追加できません。

その他にLEDヘッドランプや電動パーキングブレーキも装備できないので、Xとハイウェイスターの安全装備だと不安を感じてしまいます。

e-POWER・XVでも装備が充実している

装備 セレナe-POWER
XV G
ワンタッチ両側オートスライドドア
日産オリジナルナビ
取付パッケージ
●(1※)
セカンドシート 超ロングスライド
+横スライド(左右)
超ロングスライド
+横スライド(左右)
サードシートスライド
LEDヘッドランプ
(1※)
インテリジェントルームミラー
(1※)
プロパイロット
(1※)

(1※)

1※オプション設定

価格はできるだけ抑えたいところ。そこでe-POWER・XVの装備でも十分そうか、上級グレードのGと比べてみたんです。

その結果、安いグレードのe-POWER・XVでも内装や快適装備などは充実していました。スライドドアは左右ともに自動ですし、プロパイロットやインテリジェントルームミラーをオプションでつけることも不可能。

これならe-POWER・XVを選んでも後悔はなさそうなので、装備がほぼ同じ上級グレードのGを選ばなくても良さそうですね。

e-POWERの駆動方式は2WDのみ

新型セレナe-POWERの駆動方式は2WDのみで、4WDの設定はされていません。

雪道などでの発進は4WDの方がいいので、

「絶対に4WDじゃなきゃだめだ!」

という人はマイルドハイブリッド車を選択するしかありません。

それ以外の人には燃費が良い2WDがオススメです。ランニングコストが安いですからね。

違いはどこ?セレナe-POWERのXVとハイウェイスターVを徹底比較

serenagrade_epowerxvvshwv
出典:https://www3.nissan.co.jp/

購入候補はe-POWER・XVとe-POWERハイウェイスターV。価格の高いe-POWERハイウェイスターVの方が装備が充実してそうですが、実際に買うなら少しでも安く買いたいところです。

そこで、

  • 外装
  • 快適装備・安全装備
  • 内装

この3点をオプション込みで比較し、価格の安いe-POWER・XVでも満足できそうかチェックしてみました。

外装はXVだと不満を感じそう

serena_epowerxvvshsvmitame

左がe-POWER・XVで右がe-POWERハイウェイスターVです。外装装備の主な違いはこの4点。

<外装装備>

外装装備 セレナe-POWER
XV ハイウェイスターV
ハイウェイスター専用外装
ハイウェイスター専用サスペンション
LEDヘッドランプ
(1※)
アダプティブLED
ヘッドライトシステム

(1※)

1※オプション設定

e-POWER・XVの外装は可もなく不可もないような印象です。

対してハイウェイスターVは専用のエアロが装着されていて、かなり見栄えが良く感じます。さらに専用サスペンションで凸凹道を走った時の突き上げも抑えられているので、XVの外装装備だと不満を感じそうです。

快適・安全装備はXVでも満足できそう

serenagrade-epowerxvvshsvanzen

主な快適・安全装備の違いは5点です。

<快適・安全装備>

快適・安全装備 セレナe-POWER
XV ハイウェイスターV
ワンタッチ
オートスライドドア(両側)
ハンズフリー
オートスライドドア(両側)
プロパイロット
(1※)
SRSカーテンエアバッグ&
サイドエアバッグシステム
(前席)

(1※)

(1※)
SRSエアバッグシステム
インテリジェント
エマージェンシーブレーキ
インテリジェントFCW
(前歩衝突予測警報)
日産オリジナルナビ
取付パッケージ
ステアリングスイッチ
(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、
クルーズコントロール、オーディオ)

(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、
プロパイロット、オーディオ)

1※オプション設定

とくに欲しい装備はプロパイロット。これがあると高速での運転が楽になるんです。

プロパイロットは高速道路の同一車線を自動運転してくれるシステム。具体的にはドライバーに代わって

  • アクセル
  • ブレーキ
  • ステアリング

この3つを自動で制御してくれます。私の場合は、家族で遠出したり旅行することが多いのでプロパイロットがあるとかなり助かります。

ですが、ちょっと気がかりなのが価格。ハイウェイスターVには標準で装備されていますが、e-power・XVはオプション設定で、プロパイロット付きのセーフティパックBは約24万円もかかります。すごく欲しい装備ですが、予算が許されるか微妙なところ。

その他XVでもプロパイロット以外にも両側オートスライドドアが標準装備されたり、カーテンエアバッグがオプション設定されています。歩行者や前方車両との衝突防止を支援するインテリジェントエマージェンシーブレーキやインテリジェントFCWも標準装備されているので、e-POWER・XVの快適・安全装備でも満足できそうです。

内装はXVだと不満がでそう

serenagrade_epowerxvvshsvnaiso

XVとハイウェイスターVの内装装備の主な違いは2点です。

<内装装備>

内装装備 セレナe-POWER
XV ハイウェイスターV
シート地 織物/トリコット
(1※)
ジャカード織物/トリコット
(1※)
本革巻3本
スポークステアリング

(2※)
セカンド
左右シートスライド
(超ロングスライド+横スライド)
サードシートスライド

1※オプションで防水シートに変更可能
2※他のオプションと抱き合わせで変更可能

serenagrade_naisohikaku
出典:https://www3.nissan.co.jp/

e-POWER・XVはシートカラーがベージュとブラックの2色が選択でき、ハイウェイスターVはグレー&ブラックとブラックの2色が選択できます。

内装はどちらも大差はないですが、質感を求めるなら本革巻ステアリングがあると良さそうです。本革巻だとインパネが引き締まって見えますし、手に馴染んで滑りにくくなるので。

e-POWER・XVでは本革巻ステアリングがオプション設定されていますが、他のオプションとの抱き合わせ販売になっています。その価格が約8.5万円。

本革巻ステアリングのために8.5万円追加するのは気が引けるので、内装は本革巻ステアリングが標準で付いているe-POWERハイウェイスターVの方が良いと思いました。

セレナe-POWERのおすすめグレードはハイウェイスターV

セレナe-POWER・XVとハイウェイスターVを比較した結果、

買いなのはe-POWERハイウェイスターV

だと思います。

どちらも良かったのでいろいろ悩みましたが、決め手は外観と内装です。購入後にe-POWERハイウェイスターVとすれ違うときっと

「あっちにしておけばよかった・・・」

と思いそうだったので。

e-POWER・XVの価格の安さにもすごく惹かれたんですが、安全装備以外は不満がでそうでした。私の場合は少し価格が高くても、外装や内装で欲しい装備が全部ついているハイウェイスターVに断然惹かれました。特にハイウェイスター専用外装はオプションで追加できませんからね。

ただし外装や内装に欲しい装備がないのであれば、e-POWER・XVを選んだ方が安く済むとは思います。

セレナで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

セレナの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は261台。少ないですが、傾向を見るには十分な数字です。

セレナで売れているのはe-POWERハイウェイスターV

グレードランキングの発表です。グレードの数が多いため10位まで紹介します。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 e-POWERハイウェイスターV 202台 77%
2位 XV
[マイルドハイブリッド]
18台 7%
3位 ハイウェイスター
[マイルドハイブリッド]
12台 4.5%
4位 e-POWER・XV 12台 4.5%
5位 e-POWER・ハイウェイスター 5台 2%
6位 X
[マイルドハイブリッド]
4台 1%
7位 G
[マイルドハイブリッド]
2台 1%
8位 ハイウェイスターV
[マイルドハイブリッド]
2台 1%
9位 e-POWER・ハイウェイスターG 1台 0.5%
10位 e-POWER・G 1台 0.5%

売れているのはe-POWERハイウェイスターV。2位のXV(マイルドハイブリッド)とは184台の差があります。

また、エンジン別ではe-POWERが約8.5割、マイルドハイブリッド車は約1.5割という結果に。

マイルドハイブリッド車を割高と考えている人が多いので、e-POWERに人気が集中しています。

日産新型セレナe-powerを安く買うには?

serenagrade_yasukukau

日産新型セレナe-powerを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にセレナを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

新型セレナの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[トヨタ新型ヤリスクロス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?体験談も掲載中

ヤリスクロスの最新値引き相場や値引き交渉のポイントを紹介してい

yariscross_noukitop
トヨタ新型ヤリスクロスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年9月に発売予定のトヨタ新型ヤリスクロス。スタイリッシュな

kicks_nebekisoba
日産新型キックス 値引き額の相場・限界2021年最新版!新車価格はいくら?

プロが推奨する新型キックスの値引き交渉のポイントを紹介していま

日産新型キックスの値引き推移
日産新型キックスの値引き推移。25万円、30万円引きも可能に!?

2020年6月に発売された日産新型キックス。 人気のコン

kicks_nokitop
日産新型キックスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年6月に登場した日産新型キックス。e-POWERが搭載され

→もっと見る

  • 編集長@キバヤシ

    合同会社アントのキバヤシです。私たちはチームでこのサイトを運営しています。自動車のプロやデータ分析のスペシャリスト、値引きの専門家がメンバーにいます。

    →メンバープロフィール

PAGE TOP ↑