*

ヴィッツ/ハイブリッドで付けないと後悔する人気オプションはこれ

この記事の所要時間: 826

ヴィッツやヴィッツハイブリッドを購入しようと思うと、必ず悩むのがオプション選び。費用を安く抑えるなら、オプションも必要最低限にしたいところです。

ですが、オプションをケチってしまうと後から

あのオプション付けておけばよかった・・・

なんてことになりかねません。

そこでヴィッツを購入するときに絶対に外してはいけないオプションを紹介したいと思います。
出典:toyota.jp

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

必須!ヴィッツで忘れていけない人気のメーカーオプションはこれ

ヴィッツのオプションを選ぶにまず考えなければならないのが、メーカーオプションです。なぜなら、メーカーオプションが選べるのは

ヴィッツ購入時のみ!

だからです。ここで失敗すると取り返しがつきません。なので、失敗しないために、必須と考えられるオプションを整理してみました。

Toyota Safety Sense

ヴィッツ_TSS
出典:https://toyota.jp/

Toyota Safety Sense
価格    :43,200円
対象グレード:
ハイブリッド⇒HYBRID F 
ガソリン車 ⇒F”SMART STOPパッケージ”、F、F”Mパッケージ”

最近は当たり前になっている自動ブレーキ機能。それに当たるのがヴィッツではToyota Safety Senseです。ヴィッツは標準装備されているグレードもあるんですが、上記のグレードには標準装備されていません。

前の車に追突してしまったり、人を跳ねてしまったり、そんなリスクを回避・軽減できるオプションなので必須でしょう。

スマートエントリーセット


出典:https://toyota.jp/

スマートエントリーセット
価格    :34,560円
対象グレード:
ハイブリッド⇒HYBRID F、HYBRID Jewela
ガソリン車 ⇒F”SMART STOPパッケージ”、F、Jewela”SMART STOPパッケージ”

このオプションは2つの装備がセットになっています。

  • スマートエントリー&スタートシステム
    ドアハンドルを軽く握るだけでドアを解錠、施錠が可能になり、エンジンもプッシュスタートに。既にこの機能に慣れてしまっている人も多いでしょうから、必須のオプションでしょう。
  • イルミネーテッドエントリーシステム
    ドアロック解除などと連動して室内照明、エンジンスイッチが点灯します。こっちは必須ではないですが、セットで付いてきます。

快適温熱シート(運転席)

価格    :8,100円
対象グレード:HYBRID F、HYBRID Jewela

ハイブリッド車はエンジンが動いている時間がガソリン車の半分です。ガソリン車に比べてハイブリッドはエアコンの効きが悪いため、寒く感じます。そこで、シートが温かいと寒い朝の通勤などではすごく快適になります。

価格も8,100円と安く、付けておかないと冬になってから後悔してしまうオプションです。

寒冷地仕様

ヴィッツの寒冷地仕様

寒冷地仕様
価格    :15,120円〜21,160円
対象グレード:全グレード

寒冷地仕様と聞くと東北や北海道人が付けるオプションだと思うかもしれませんが、ハイブリッドを購入する人にとって寒冷地仕様は絶対に外せないオプションです。

なぜなら、寒冷地仕様を付けると冬のハイブリッド車の

冬の燃費が2~3km/L燃費が向上

するからです。

気温が下がるとヴィッツハイブリッドは走っていなくても、エンジンを温めるのに、暖機運転をします。その影響で燃費が2割程度落ちてしまうんです。

それを防ぐのが寒冷地仕様に付いているサブマフラー(排気熱回収器)。これがあると排気ガスの熱でエンジンを温めるので暖機運転の時間がかなり短縮され、燃費低下が防げます。

スペアタイヤ


出典:minkara.carview.co.jp

スペアタイヤ
価格    :10,800円
対象グレード:Sportyパッケージ以外の全グレード

ヴィッツにはパンクしたとき用に、タイヤパンク応急修理キットが標準装備されているので、

「スペアタイヤなんて不要なのでは?」

と思った方はちょっと、考えてほしいことがあります。

もしタイヤがパンクしたら・・・

  • タイヤパンク応急修理キットが使えますか?
  • 修理したタイヤで走ろうと思えますか?

もし少しでも不安に感じた人は、スペアタイヤを付けるべきです。パンクしたらJAFを呼べば良い考えもありますが、すぐには駆けつけてくれないこともあります。最後に頼れるのは自分なので、そのときにスペアタイヤがあるとめちゃくちゃ助かると思います。

余裕があれば付けた方が良いメーカーオプション

必須ではないですが、より安全に運転するなら付けておいた方が良いオプションです。

ナビレディセット


出典:https://toyota.jp/

ナビレディセット
価格    :35,640円~48,600円
対象グレード:Mパッケージ除く全グレード

ナビレディにはステアリングスイッチとバックカメラ、6スピーカーが付いてきます。その中のステアリングスイッチは安全面を考えると付けておきたい装備です。

なぜかと言うと、ナビを操作するときは視線をナビに向ける必要があるので、運転中にそれをやってしまうとかなり危険です。ステアリングスイッチがあると視線を常に前に向けられるので、安全に運転ができます。

ただ、運転中にナビ・オーディオを触らない人は不要なオプションでしょう。

ヴィッツで付けなくても良いメーカーオプションは?

必須オプションがあれば、不要なオプションも存在します。オプションを選ぶときに、ここで紹介しているものは優先度を下げても良いでしょう。

LEDランプセット


出典:https://toyota.jp/

LEDランプセット
価格    :86,400~95,040円
対象グレード:Mパッケージ除く全グレード

ランプを一式LED化するこのオプションですが、無理につける必要はないです。なぜかと言うと

LEDヘッドランプが暗い・・・

からです。

LEDは明るいイメージがありますが、実は光の色が白いのだけで、明るくはないです。逆に標準のハロゲンの方が明るいぐらいです。

オプション価格も高いですし、見た目を重視する人が以外は、付けなくていいオプションでしょう。

スマイルシートセット


出典:https://toyota.jp/

スマイルシートセット
価格    :10,800円
対象グレード:F”SMART STOPパッケージ”、F、HYBRID F

シートの座り心地、使い勝手が良くなる装備なんですが、実際に使ってみると

座り心地も、座り心地も微妙・・・

に感じます。なので、付ける必要はないでしょう。

ただ、Fグレードの場合はヘッドレストがシートと一体化して外れませんが、このオプションを付けておくと、ヘッドレストが外れるようになります。ヘッドレスト一体化シートが嫌な人は付けてもいいかもしれません。

最低限これは付けておくべき!ヴィッツでおすすめのディーラーオプション

メーカーオプション以外にも、購入時に付けておかないと後悔するディーラーオプションがあります。

サイドバイザーやフロアマットは当たり前なので、それ以外で必用なオプションを紹介します。

アスフェリカルミラー


出典::https://toyota.jp/

アスフェリカルミラー
価格:9,504円

ヴィッツでは駐車するときに、助手席側の後輪が死角になってしまいます。なので、駐車の度にミラーの角度を調整する必要があるんですが、毎回これをやっていると

駐車が面倒・・・

に感じます。そんなとき、アスフェリカルミラーがあればミラーの角度を調整しなくても、後輪まで見えるのでめちゃくちゃ便利なんです。

駐車が面倒と感じるのは、購入後すぐであしょうから、このオプションだけは付けておくと良いでしょう。

ヴィッツの必須オプションの合計額は?

一番人気のあるFグレードに必須オプションを付けた時の合計額計算してみました。

<ヴィッツハイブリッド>

オプション 価格
Toyota Safety Sense ¥43,200
スマートエントリーセット ¥34,560
快適温熱シート ¥8,100
寒冷地仕様 ¥15,120
スペアタイヤ ¥10,800
アスフェリカルミラー ¥9,504
サイドバイザー ¥10,800
フロアマット ¥15,120
合計: ¥147,204

<ヴィッツのガソリン車>

オプション 価格
Toyota Safety Sense C ¥43,200
スマートエントリーセット ¥34,560
スペアタイヤ ¥10,800
アスフェリカルミラー ¥9,504
サイドバイザー ¥10,800
フロアマット ¥15,120
合計: ¥123,984

 

必須はオプションだけで12〜15万円程度です。少し高く思えますが、Toyota Safety Senseが高価なので、仕方ないところでしょう。

実際に購入するときは他にも欲しくなるオプションも出てくるでしょうから、オプションに費用はこれに加えて2~3万円多いと考えておくと良いです。

ヴィッツを安く買うには

オプションも悩みますが、もっと悩むのは値引きではないでしょうか。

ヴィッツは値引き幅が少ないので、安く買うためには値引き交渉が重要なんですが、ちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にヴィッツを購入した人がどうやって騙されずに上手く値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタヴィッツ/ハイブリッドの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

 





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑