*

ヴォクシーの価格・装備から選定したおすすめグレードとは?

更新日: ヴォクシー ,

この記事の所要時間: 1955

ヴォクシー_グレードトップ
トヨタの新型ヴォクシーは価格帯が251万円〜329万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びではかなり悩むのではないでしょうか。特に

  1. ガソリン車とハイブリッド車どちらがいいのか?
  2. XにすべきかZSにすべきか?

この2つが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、ヴォクシーのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが、走りや、燃費、装備、4WDなど1つ1つ比較した結果、

ヴォクシーではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型ヴォクシー/ハイブリッドの新車価格表をチェック。価格相場はミドルクラスミニバンでは平均並

トヨタ新型ヴォクシーの新車価格一覧表です。

  • ヴォクシーの価格一覧表(2WD)
    グレード 価格[税込]
    X 251万円
    V 277万円
    ZS 276万円
    ZS”GR SPORT” 325万円
    ハイブリッドX 300万円
    ハイブリッドV 316万円
    ハイブリッドZS 329万円

    1※4WDは約20万円高
    2※ハイブリッド車とZS”GR SPORT”は4WDの設定なし

ヴォクシーの価格帯は251万円〜329万円。この価格が高いのかわからないので、ミドルクラスミニバンのライバルの新車価格相場を見てみました。

  • セレナ    :244万円〜382万円
  • ステップワゴン:246万円〜400万円

最上級グレードはライバルの方が高いですが、最低価格は同じくらいです。ミドルクラスミニバンではヴォクシーの価格は平均並と言っていいでしょう。

ヴォクシーはガソリン車とハイブリッド車のどちらを選ぶべき?

ヴォクシー_ガソリンvsハイブリッド
まず、私が最初に悩んだのはガソリンとハイブリッド車どちらにするかでした。これを決めるのに、走りや燃費、価格を比較してみました。

ヴォクシーで加速が良いのはガソリン。ハイブリッドは静粛性が高い

ヴォクシー_走りガソリンvsハイブリッド

私が実際に乗ってガソリンとハイブリッドそれぞれどう感じたのか紹介したいと思います。

ガソリン車は加速が良くて運転しやすい

まず試乗したのはガソリン車です。ガソリン車では

「2Lエンジンでも登り坂のパワーは十分なのか?」

ということが気になっていました。実際に走ってみると平坦な道での加速は十分ですし、エンジンのレスポンスが良いので扱いやすかったです。ただ、坂道や高速では力不足に感じる場面もありました。あまり飛ばせるような車ではなさそうです。

ミニバンは車重が重いので、コーナーでロールが大きくなることが多いですが、ヴォクシーではそれほどロールは感じませんでした。安定している印象を受けたので、ミニバンの中では運転しやすい部類だと思います。

静粛性は良いと思います。しかし、登り坂や高速走行ではアクセルを深く踏まなければいけなく、エンジン回転数が上がってしまうのでうるさく感じました。

ハイブリッドは静粛性が高い

次に試乗したのはハイブリッドです。ハイブリッドでは

「モーターの力も加わってパワフルなのか?」
「静粛性はどうなのか?」

ということが気になっていました。

走らせてみると出だしはモッサリとしていて、パワフルさはありません。坂道や高速でもちょっと非力に感じましたが、パワーモードにすると良い感じで加速してくれました。エコやノーマルだと非力ですが、パワーモードだとなかなかの加速感です。

コーナリングはガソリン車より車重が重いものの、ロールは抑えられている印象を受けました。普通ハイブリッドはモーターやバッテリーで車重があってロールは大きくなります。ですが、ヴォクシーは重量増がガソリン車に比べて+20kg程度に抑えられているので、コーナーリングも得意としています。

静粛性はとても高く、エンジン音はほぼ聞こえませんでした。ただ、速度を上げていった時はロードノイズが少し気になりました。

総合的にはガソリン車の方が走りは良い

チェック項目 ガソリン車 ハイブリッド
加速感
コーナーの安定感
静粛性

ガソリン車とハイブリッドそれぞれ試乗して乗り比べてた結果

ガソリン車の方が良い

と思いました。

ガソリン車の方は発進から高速域まで十分なパワーがあり扱いやすかったです。静粛性は踏み込まなければソコソコ良いので、不満はないです。

ハイブリッドはエコやノーマルモードだとパワー不足なところが気になりました。いざとなればパワーモードにしたらいいと思いますが、操作がちょっと面倒です。

また、パワーモードにするとエンジン音がうるさいのは一番の欠点だと思います。

ガソリン車とハイブリッドの実燃費の差は5.7km/L

ヴォクシー_燃費ガソリンvsハイブリッド

燃費は実燃費を比較しました。

燃費 ガソリン(2WD) ハイブリッド(2WD)
カタログ燃費
[JC08]
16.0km/L 23.8km/L
実燃費 10.4km/L 16.1km/L
燃費達成率 65.1% 67.7%

実際の燃費差は5.7km/L。実燃費から計算すると、ガソリン車とハイブリッドは約10年で約41万円の差がつくようです。

ハイブリッドとガソリン車の価格差が50万ですから、元を取るのはちょっと難しそうです。

ヴォクシーを買うならガソリン車がおすすめ。ハイブリッドの装備は割高

ヴォクシー_装備ガソリンvsハイブリッド
価格と装備の比較です。

<本体価格の差>

グレード 価格
ZS 276万円
ハイブリッドZS 329万円


<装備の差額(推定)>

  • 外装&メカニズム
    外装&メカニズム ZS ハイブリッドZS
    16インチ
    アルミホイール
    BBS製
    ハイブリッド
    シンボルマーク
    (フロント+サイド+リア)
    エンジンフード
    サイレンサー
    アイドリング
    ストップ機能
    電子制御ブレーキ
    システム[ECB]
    モードスイッチ
    (エコ+EV+パワーモード)
    エコモードのみ
    UV・IRカット機能付
    ウインドシールドガラス
    高遮音性
    ツインムーンルーフ
    (1※)
    差額: +13万円

    1※オプション設定

  • 快適・安全装備
    快適安全装備 ZS ハイブリッドZS
    S-VSC
    (2※)

    (3※)
    車両接近通報装置
    7速スポーツ
    シーケンシャル
    シフトマチック
    エレクトロ
    シフトマチック
    フロント
    オートエアコン
    (左右独立コントロール)
    蓄冷
    エパポレーター付
    1席集中モード+
    温度センサー付
    快適温熱シート
    (運転席・助手席)
    T-Connect
    SDナビゲーション

    (1※)
    差額: +6万円

    1※オプション設定
    2※2WD車のみ装着
    3※TRC OFFスイッチのみ

  • 内装装備
    内装装備 ZS ハイブリッドZS
    ゲート式シフトレバー 本革巻
    シフトノブ
    デッキボード 6:4分割
    イルミネーテッド
    エントリーシステム
    エンジンスイッチ
    +ルームランプ
    パワースイッチ+
    ルームランプ
    センターコンソール
    独立型
    (フロント+リアボックス付)
    充電用USB端子
    (インパネ2個+
    センターコンソール2個)
    インパネのみ
    差額: +2万円
  • 推定合計差額
    項目 ZS ハイブリッドZS
    外装&メカニズム 13万円
    快適・安全装備 6万円
    内装装備 2万円
    推定合計差額: +21万円

ハイブリッドの装備はガソリン車より21万円分多い装備が付いていると考えられます。

この差は大きいので、ハイブリッドの装備が必要なものかどうか調べてみました。

ガソリンの外装でも満足しそう

ヴォクシーBBSホイール
出典:http://toyota.jp/

  • 外装&メカニズム
    外装&メカニズム ZS ハイブリッドZS
    16インチ
    アルミホイール
    BBS製
    ハイブリッド
    シンボルマーク
    (フロント+サイド+リア)
    エンジンフード
    サイレンサー
    アイドリング
    ストップ機能
    電子制御ブレーキ
    システム[ECB]
    モードスイッチ
    (エコ+EV+パワーモード)
    エコモードのみ
    UV・IRカット機能付
    ウインドシールドガラス
    高遮音性
    ツインムーンルーフ
    (1※)
    差額: +13万円

    1※オプション設定

ハイブリッドに変更・追加された装備は8点。特に見た目に大きく関係するのは16インチアルミホイールだと思います。

ガソリンは純正ですが、ハイブリッドはBBS製になっています。(ハイブリッドZS以外は純正ホイール)

BBS製になると純正品より軽くなり、走りが良くなる上に見た目もスポーティになるんです。ただ、純正16インチでも走りが大きく変わることはありません。また、見た目も悪くないのでガソリン車の外装装備でも不満はなさそうです。

ハイブリッドの快適・安全装備は快適だが割高感がある

ヴォクシー_快適温熱シート
出典:http://toyota.jp/

  • 快適・安全装備
    快適安全装備 ZS ハイブリッドZS
    S-VSC
    (2※)

    (3※)
    車両接近通報装置
    7速スポーツ
    シーケンシャル
    シフトマチック
    エレクトロ
    シフトマチック
    フロント
    オートエアコン
    (左右独立コントロール)
    蓄冷
    エパポレーター付
    1席集中モード+
    温度センサー付
    快適温熱シート
    (運転席・助手席)
    T-Connect
    SDナビゲーション

    (1※)
    差額: +6万円

    1※オプション設定
    2※2WD車のみ装着
    3※TRC OFFスイッチのみ

ハイブリッドに追加された快適・安全装備は7点。特に必要そうな装備はありませんが、しいていえば快適温熱シートはあると便利でしょう。

これがあると冬の寒い時期に早く温めてくれるので、寒がりの人はめちゃくちゃ便利です。しかし社外品を1万円くらい出せばつけられるので、ハイブリッドの快適装備は割高だと思います。

ガソリンの内装装備でも十分そう

  • 内装装備
    内装装備 ZS ハイブリッドZS
    ゲート式シフトレバー 本革巻
    シフトノブ
    デッキボード 6:4分割
    イルミネーテッド
    エントリーシステム
    エンジンスイッチ
    +ルームランプ
    パワースイッチ+
    ルームランプ
    センターコンソール
    独立型
    (フロント+リアボックス付)
    充電用USB端子
    (インパネ2個+
    センターコンソール2個)
    インパネのみ
    差額: +2万円
  • 推定合計差額
    項目 ZS ハイブリッドZS
    外装&メカニズム 13万円
    快適・安全装備 6万円
    内装装備 2万円
    推定合計差額: +21万円

インテリアの追加装備は5点です。内装の雰囲気や質感はどちらもほぼ変わりません。特に目立つ違いは充電用USB端子。

ガソリン車はインパネしか設置されていませんが、ハイブリッドはセンターコンソールにも設置されています。

センターコンソールにもあれば使い勝手は良いです。しかし、インパネのUSB端子2つでも十分だと思います。もし足りなくても、シガーソケットからUSB端子に接続できる社外品を買えますからね。

走りが良くて、初期費用の安いガソリン車を選ぶと良さそう

いろいろ比べたので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 ガソリン車 ハイブリッド
走り
燃費
価格 ×
装備

どちらも良いところはあるんですが、買いなのは

ガソリン車

だと思います。

実際に購入するとなると、燃費や価格などの費用を重視する方は多いと思います。

ハイブリッドは燃費は良いんですが、元を取るのに10年以上かかるとお得とはいえないと思います。それに初期費用が高いので、手を出せそうにありません。

なので、走りが良くて初期費用も安いガソリン車が良いと思いました。ハイブリッドの装備を必要に応じてガソリン車に装着できることもポイントです。

予算は290万円。狙いはヴォクシーのガソリン車の2WD

ヴォクシー_候補

私がヴォクシーを買うのに用意できそうな予算は290万円までなので、この範囲内でグレードを選ばなければいけません。

グレードを選ぶとなると、2WDと4WDで悩むところですが、私の場合4WDの使用頻度も少ないし、燃費も落ちてしまうので、対象外に。

購入対象としたガソリンの2WDの価格表がこれです。

ヴォクシー(2WD)
[ガソリン車]
グレード 価格
X 251万円
V 277万円
ZS 276万円
ZS”GR SPORT” 329万円

グレードは全部で4つ。ZS”GR SPORT”は予算オーバーなので除外し、他の3つの中から購入候補を絞りました。

Vは価格が高い割に見た目がダサいので購入対象外に

ヴォクシー_V

出典:http://toyota.jp/

Vは価格が1番高いグレードです。ただ、高くても装備がしょぼかったりすると後悔しそうなので、ほぼ同じ価格のZSとVの装備を比較してみたんです。

そしたら見た目がかなりしょぼそうだったので、今回はVを購入候補から外しました。

<外装>

外装 ZS V
エアロ仕様
16インチアルミ
ホイール
15インチ
アルミホイール
フロント
ベンチレーテッド
ディスクブレーキ+
リアディスクブレーキ
リアは
ドラムブレーキ
(2※)
UVカットグリーンガラス
(フロントドア)

(1※)
スーパーUVカット+
IRカット機能+
撥水機能付ガラス
UVカット機能付
プライバシーガラス
(スライドドア・リアクォーター)
スーパーUVカット機能付
LEDヘッドランプ ブラック
エクステンション
リアアンダーミラー
(3※)

1※4WD車は撥水機能付
2※4WD車はディスクブレーキ
3※オプション設定


<快適・安全装備>

快適・安全装備 ZS V
ナノイー
快適温熱シート
スピーカー数 4 6


<内装>

内装 ZS V
ファブリック
シート表皮
エアロ専用/
消臭機能付
ハイグレード/
消臭機能付
シートバック
ポケット
助手席 運転席・助手席
センタークラスター
パネル
ブラック
ドアトリム
オーナメント
(フロントドア)
ファブリック巻 合成皮革巻

これが主な違いです。特に違いが目立つのは外装のエアロや16インチホイール。これが装備されていないのは大きいです。

ZSは16インチアルミホイールが装着され、専用エアロが付いてきます。一方でVは、専用エアロが付いてこない上に15インチホイールが装着。Vだと迫力がなくてダサいですが、ZSはスタイリッシュです。見た目は断然ZSの方がカッコいいですね。

ただし、快適装備ではVは寒い日に重宝する快適温熱シートがついてきます。ですが実は社外品でも快適温熱シートは売られているため、ZSでも装着可能なんです。

同じ価格帯のZSに対してVの見た目はしょぼくて後悔しそうなので、Vを候補から外しました。

違いはどこ?ヴォクシーのXとZSを徹底比較

ヴォクシー_XvsZS

購入候補はXとZS。

価格の高いZSの方が装備が充実してそうですが、実際に買うなら少しでも安く買いたいところです。

そこで、

  • 外装
  • 快適装備・安全装備
  • 内装

この3点をオプション込みで比較し、価格の安いXでも満足できそうかチェックしてみました。

Xの外装だと不満がでそう

ヴォクシー_見た目XvsZS
<外装&メカニズム>

外装&メカニズム X ZS
専用エアロパーツ  
アルミホイール 15インチ
スチールホイール
16インチ
リアブレーキ ドラム
(1※)
ディスク
リアアンダーミラー
(2※)
ツインムーンルーフ
(2※)
LEDヘッドランプ ブラック
エクステンション
LEDフロント
フォグランプ

(2※)

1※4WD車はディスクブレーキ
2※オプション設定

外装装備は7点変更・追加されています。特に、見た目に大きく関わるホイールとエアロ装備の有無は大きいでしょう。

ZSは16インチアルミホイールが装着され、専用エアロが付いてきます。

一方でXは、専用エアロが付いてこない上に15インチスチールホイールが装着。Xだと安っぽい上に迫力がなくてダサいですが、ZSはスタイリッシュです。

なので、Xの外装の方だと不満がでそうに感じますね。

Xの安全装備でも不安はなさそう

ヴォクシー_安全装備XvsZS
<快適・安全装備>

 快適・安全装備 X ZS
トヨタセーフティセンス
インテリジェント
クリアランスソナー

(1※)
ワイヤレスドアロック
リモートコントロール
スマートエントリー
システム

(1※)
パワースライドドア
予約ロック機能
(スマートロック操作)

(1※)
バックドア
イージークローザー
T-Connect
SDナビゲーション

(1※)

1※オプション設定

主に4点の快適安全装備がZSには標準装備されていますが、安全運転するのにもっとも重要なトヨタセーフティセンスはXにも装備されています。

トヨタセーフティセンスの主な機能は以下の3つ。

  • トヨタセーフティセンス
    トヨタセーフティ
    センス
    機能
    プリクラッシュ
    セーフティ
    (レーザーレーダー+
    単眼カメラ方式)
    進路上にいる先行車や歩行者(昼間)を検出、衝突の可能性がある場合警報と表示でお知らせ。衝突が回避できないと判断するとブレーキアシストを作動
    レーンディパーチャーアラート ウインカーを出さずに道路の白線から逸脱しそうになると警報と表示でお知らせ
    オートマチック
    ハイビーム
    ハイビームとロービームを自動で切り替える

中でも特に重要そうなのはプリクラッシュセーフティ。これがあれば衝突時の被害を大幅に低減してくれます。

例えば、運転中ぼんやりと考え事をしてしまい

目の前の車にぶつかる!

こんな経験した方いるのではないでしょうか。もしも先行車にぶつけて人を死なせてしまった場合、一生償うことになってしまいます。プリクラッシュセーフティがついていれば、先行車にぶつかりそうになると警報でお知らせしブレーキアシストを行って事故を回避または低減してくれるんです。

そのような最悪な事故を防ぐのに、プリクラッシュセーフティは効果的な機能でしょう。

また、駐車時の事故回避に効果的なインテリジェントクリアランスソナーもXにオプションで追加可能なので、Xの安全装備でも安全運転するのに不安はなさそうです。

Xの内装だと不満に感じそう

ヴォクシー_内装XvsZS
<内装装備>

内装装備 X ZS
オプティトロン
メーター
ハイグレード
マルチ
インフォメーション
ディスプレイ
3.5インチ
モノクロ
(1※)
4.2インチTFTカラー
ステアリング
ホイール
ウレタン 本革巻
ゲート式
シフトレバー
本革巻
シフトノブ
センター
クラスターパネル
ブラック ピアノブラック塗装
ファブリック
シート表皮
エアロ専用
消臭機能付

1※オプションで4.2インチTFTカラーに変更可

ヴォクシーインテリア比較_XvsZS
出典:https://toyota.jp/

主な内装装備の違いは6点。内装色は

  • Xはブラックのみ
  • ZSはブラックかブラッドオレンジ&ブラック

このような組み合わせになっています。XとZSのシート自体の質感は大差がありません。ですが、ZSの方がシートの模様がスポーティでXは簡素な雰囲気です。

また、ZSはハンドルやシフトノブが本革巻になっていたり、センタークラスターパネルなどがピアノブラック塗装となっているため内装は引き締まっていて高級感があります。Xだと正直安っぽいと感じてしまいますね。Xでも社外品で本革巻にできないこともないですが、3万円くらいかかってしまいますし純正品ほど長持ちしません。

好みの問題ですが私はスポーティなシートの方が良いし、ZSの内装の方が高級感があるのでXの内装装備だと不満に感じそうです。

ヴォクシーのおすすめグレードはZS

  • 総合評価
    総合評価 X ZS
    見た目 ×
    快適・安全装備
    内装 ×

ヴォクシーのXとZSを比較した結果、

買いなのはZS

だと思います。

どちらも良かったのでいろいろ悩みましたが、決め手は外観です。購入後にZSとすれ違うときっと

「あっちにしておけばよかった・・・」

と思いそうだったので。

Xも安全装備は充実しているので惹かれたんですが、Xは外装や内装がしょぼすぎて後悔してしまうのが本音ですね。

ヴォクシーで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

ヴォクシーの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は1129台。傾向を見るには十分な数字です。

ヴォクシーで売れているのはZS

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 ZS 542台 48%
2位 X 206台 18%
3位 ハイブリッドV 193台 17%
4位 V 64台 6%
5位 ハイブリッドZS 60台 5%
6位 ハイブリッドX 57台 5%
7位 ZS”GRスポーツ” 7台 1%

売れているのはZS。2位のXとは336台もの差があります。

また、エンジン別で見るとガソリン車が73%、ハイブリッドが27%という結果に。

ハイブリッドを割高と考えている人が多いので、ガソリン車に人気が集中しているようです。

ヴォクシーを安く買うには?

ヴォクシーハイブリッドグレード_安く買うなら気をつけて

これからヴォクシーを購入しようと考えている人は

「ガッツリ値引きしてほしい!」

これが本音ではないでしょうか。ですが、そう思っている人にちょっと気を付けてほしいことがあります。

それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にヴォクシーを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタヴォクシーの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?交渉体験談をレポート





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
オススメできない車
ランキング上位車はおすすめできない!20代/30代に人気の新車・中古車はこれ

車選びで迷うと 「おすすめ車が知りたい!」 と思っ

ディーラーに値が付かないと言われた車が45万円で売却できた方法

ここ最近、車の平均売却価格が過去最高(*)になったのは知ってい

プリウスの値引き交渉の裏技。下取り車を使えば20万円以上安く買える!

プリウスを購入するときは値引き交渉すると思いますが、実はそれだけし

ディーラーに10万円と査定されたプリウスが42万円で売れました!

長年共にしてきたプリウスがなんとディーラーの下取り額よりも32万円

廃車手続きの費用
車の廃車手続きにかかる費用は0円!ディーラー代行は相場よりボッタくり!?

車の廃車手続きで気になるのは 「どうやったらいいの?」 「費用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑