*

日産ノートe-POWERの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

ノート_値引き相場と体験談

2016年11月にe-POWERが追加され、爆発的に売れている日産ノート。

そんなノートe-POWERの購入で一番気になるのは値引き情報ではないでしょうか。特に、

  1. ノートe-POWERの値引き相場や目標は?
  2. ノートe-POWERを購入体験談を知りたい!
  3. ノートe-POWERの値引き交渉のコツは?

この3つは気になるところだと思います。

私、ここで1つ値引きの目標額について、言いたいことがあります。値引きの目標額はいろんなサイトで掲載されていますが、

その値引き額ほんまかいな?

ということです。一般のネットメディアがそんなコアな情報を知るすべはないですからね。どうせ月刊自家用車あたりの数字でもコピってるんでしょう! 

そこでこちらのサイトでは、最近ノートを購入した20名にインタビューして、実際いくらで購入してどうやって値引きしてもらったのか聞いてみました。(車保険の仕事をしているサイト運営メンバーが、お客さんにインタビューしてくれています。)

インタビューした相手は30代〜50代の男性がメインです。

そんなインタビューから見えてきた値引き相場や値引き交渉のコツを紹介したいと思います。

編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


ノートe-POWERの値引き相場や限界?買い時はいつ?
[2020年7月 最新版]

値引き額については、インタビュー、雑誌や大手サイト、価格com、個人ブログのデータを分析して算出しています。インタビューで聞いた情報に重みを付けて分析しているので、かなり現実に近いんじゃないかと思いますね。

ノートの値引き分析

ナナメ45度からズバっと!」ではこんな感じで、毎月28日以降に値引き情報の更新をしています。

ノートe-POWERの車両本体価格の値引き相場・限界は27万円

時期 値引き額
2020年7月 ※最新 27万円
2020年6月 26万円
2020年5月 26万円
2020年4月 26万円
2020年3月 26万円
2020年2月 25万円
2020年1月 25万円
2019年1月〜12月 23万円
2018年1月〜12月 18〜23万円
2017年1月〜12月 13〜22万円

現在の値引きは27万円。大盤振る舞いの状況は続いています。上位グレードなら付属品込みで35万円以上も狙えるそう。

そんなノートの値引き交渉では新型フィットや新型ヤリス(ヴィッツ)と競合させるのが王道です。

ただ、それでもあまり値引きしてもらえないケースもあるようです。その場合は日産系列店同士でノートe-powerを競合させると良い結果につながることが多いです。

日産同士を競わせるなら、お店の名前に注目。○○日産の○の部分が違えば別会社なので競合が可能です。基本的には隣の県に別会社のお店があると思います。

インタビューした人の中にも、新型フィットや日産同士で競合させて大きな値引きをGETしている人がいました。

フィット_日産同士の競合。最新値引き。
『ノート同士の競合が効いた』
購入者:30代男性

値引き額:30万円
グレード:e-power X
契約したのは2020年6月です。e-powerの燃費の良さに惹かれてノートに決めました。家の近くの日産A店で新型ヤリスや新型フィットと競合させて交渉していくと、ノートの値引きが18万円に。しかし値引き額はそれ以上伸びず、ライバル車との競合では限界だと感じました。そこで、ノート同士を競合させる作戦に変更し、隣の県の日産B店へ。日産A店の見積もりをB店に見せ
「A店では18万円値引きしてくれた!」
と交渉してみると、車体本体値引き20万円の提示が。ここからA店とB店で交渉を煮詰めていき、最終的に付属品込みで30万円値引きしてくれたB店で契約しました。

ノートe-POWERの値引きが限界突破!?これなら値引き40万円も可能

インタビューしていると数名の方が、値引き相場よりも20万円以上安く購入している人がいました。

流石にこれはおかしいと思って、いろいろ聞いてみると値引きの代わりに下取り額を大幅アップさせたそうなんです。

私も車を買うときは下取りに出しますが、ディーラーが査定してくれた額で買い取ってもらっています。

どのディーラーも同じような査定額なので大差はないだろうと踏んでいました。

しかし、下取り額を大幅アップした人のやり方をするとディラー査定が馬鹿らしくなります。

そのやり方はシンプルで一括査定を利用するんです。一括査定では自分の車を最高値で査定してもらえます。その結果をディーラーに突き付けて

「買取業者だとこれだけの査定額がでているよ?」

と言うだけです。めちゃくちゃ簡単です。

ちょうど私も車を買い換えるタイミングがあったので、実際にやってみました。その結果がこれです!

効果絶大でした!

あっさり下取りが20万円アップ。ディーラー側と面倒な交渉もなかったので、少しでも安く買いたい人は絶対やった方が良いですよ。こういうのは知らない人だけが損をしますからね。

「ノートを値引き40万円引きで購入した」

みたいな話をインタビューで数人聞きましたが、そういう人はコレやっていました。やっぱり知っている人は知っていますね。

ちなみに私が利用したのは『ナビクル車査定』です。

一括査定を利用する前にいろいろ比較しましたが、

  1. 大手(信頼できる)
  2. 高い査定が出やすい
  3. 入力後すぐに査定額が分かる

この3点がそろっているのは『ナビクル車査定』だけでした。一括査定するならオススメします。

他の一括査定は企業規模が小さかったり、すぐに査定額がわからないなど何かしらデメリットが多かったので、個人的にはちょっと使いづらい印象でした。

「ナビクル車査定」
を使ってみる

いきなり使うのが不安な人は、まず公式サイトをチェックしてみるのもアリですね。

ナビクル車査定の公式サイト↓↓
ナビクル 一括査定 公式サイト

下取りが古い車なら【廃車買取.com】がおすすめ!

下取り車はあるんだけど、

  • 20年前の車
  • 走行距離が10万キロ以上
  • 車検切れ
  • 事故車や故障車

こんなクソみたいな車でも【廃車買取.com】であれば、買い取ってもらえます。

また、自動車税などの還付(※)も受けることができるので、買取+税金還付の2重取りが可能。
※自動車税+車検の残りに応じてプラスで還付!

詳しく知りたい人は以下の公式サイトでチェックしてみてください。実例も掲載されていますよ。

廃車買取.com
を使ってみる

 

下取りなしでノートe-POWERを大きく値引きしてもらうには?

下取り車がない場合は新古車を探すのもアリでしょう。

新古車は新車を値引き交渉するより20万円以上安く買えますからね。下取り車がなければこれが最も安く買える方法です。

そんな新古車はカーセンサーやGoo-netでも多く掲載されていますが、実は人気があるためあっという間に売れてしまいます。運よく見つかっても、問い合わせると売り切れなんてこともよくあること。

そこでもし本気で新古車を探したいなら、ガリバーのズバット車販売を使うと良いです。

ズバット車販売ではまだネットに掲載されていない中古車も探してくれますからね。

中古車だと保証がないケースが多いですが、ここは10年保証+返品OKとかなり手厚く安心です

使い方は簡単でここにほしい車種と予算入れるだけ。


「ズバット車販売」
を使ってみる

ノートe-POWERの値引きを最大にするには、こんな交渉もアリ

インタビューをしているとちょっと変わった方法で大きな値引きを引き出している人がいました。といってもやり方はシンプルで

大きな値引きをコチラから要求するんです。

そうすることで、営業マンは無理だとわかっていても、その希望額に近づけようとする心理が働くようです。心理戦ってやつですね。

実際の交渉では予算が少ないことをアピールしておくとより効果的なようです。

ノート_最大値引き
『大きめに値引き額を要求』
購入者:30代男性

購入時期:2017年1月
グレード:e-POWER メダリスト
営業マンには最初に少なめの予算を伝えて置きちょっと無理そうなトータル値引き30万を要求しました。すると
「それは流石に厳しい・・・」
とのこと。
予算オーバーなので別の車にすることを伝えると
「やれるだけやってみます!」
と期待できそうな雰囲気に。最終的にはオプションやメンテナンスパックも含め総額25万円の値引きとなりました。

ノートe-POWERの値引き推移は現状維持する見込み。2020年秋頃のフルモデルチェンジで値引きは引き締まる

note_nebikisuii
値引き額は過去最高に達しています。2020年9月の決算時期あたりまで値引き額は、これ以上大きく動かない見込みです。

そのためいつ買っても損することはないですが、安く買いたいなら今すぐ購入した方が良いです。

2020年秋頃にはフルモデルチェンジが予定されています。フルモデルチェンジが実施されると、これまでの甘い状況から一転して値引きは期待できなくなります。

なので、安く買える

今が買い頃

でしょうね。

ノートe-POWERは決算時期じゃなくても安く買える

決算月は車が安く買えると言われていますが、ノートの場合もそうなのか調べてみると、少し違うことがわかりました。

  2020年3月
(決算月)
2020年4月
(決算翌月)
値引き額 26万円 26万円

これは決算月と決算翌月の比較です。そう、実は…

決算月でも決算翌月でも値引き額は同じなんです。

決算月って特別安いわけではありません。ただ、ディーラーとしては決算月にたくさん車を売っておきたいので、

「さっさと値引きして多く売ろう!」

こういう風に考えています。なので、最初から出てくる見積もりには、大きな値引き額が書かれていることが多いです。

心当たりのある人もいるのではないでしょうか。

ですが、最終的な値引き額は普段と大して変わりません。

逆に決算月だと契約を焦らせてくることがあるので、注意が必要です。

インタビューした人の中に決算月翌月の4月に購入した人がいました。値引き額は決算月並だったようです。

ノート_決算翌月_値引き
『決算月並の値引きだった!』
購入者:40代男性

購入時期:2020年4月
グレード:e-power X
契約したのは4月です。車検を通すつもりでしたが、乗っている車の故障箇所がいきなり多くなり乗り換えをすることに急遽変更しました。担当してくれた営業マンに、
「4月は決算後の月なので、値引きは厳しいですよね・・?」
と聞いたところ、
「決算後なので、まだ値引き額は確定していませんが、店長に相談してきます!」
と、前向きな言葉が。その後、ヤリスHVなどのライバル車とじっくり競合させていくと、車両本体価格の値引きが25万円になりました。決算翌月の4月でも値引きを不利に感じることはありませんでした。

ノートe-POWERのオプションからの値引きはいくら?契約直前に値引きのチャンスあり!

値引きで本体価格と並んで重要なのはオプション値引きです。ノートe-POWERの場合、ディーラーオプションであれば、大体のものは10%〜20%引きをしてくれるようです。

特に、オプション値引きで20%引きしてもらっている人の共通点として、アラウンドビューモニターとナビをなどオプション総額で30万円以上付けているようです。

また、通常オプション値引きは15%程度でストップしますが、契約直前に

「これとこれをサービスしてくれたら契約する!」

と伝えると、

・フロアマット
・サイドバイザー
・ボディコーティング
・ETC取付け工賃

このあたりは無料サービスしてもらえる可能性は高いようです。

ノートのオプション値引き
『オプションが無料サービスに』
購入者:50代

購入時期:2017年1月
グレート:e-POWER メダリスト
ノートe-POWERを近くのA店と隣の県のB店の日産同士で競合させていったんですが、車両本体価格の値引きが10万円と厳しかったんです。そこで、総額40万円ほどの付属品を付けてオプション値引きしてもらう作戦で攻めました。すると、トータル値引きが20万円に。
最後にダメ元で
フロアマットとサイドバイザーをサービスにしてくれたら契約する!」
と強気に出てみたところ、無料サービスにしてもらえました。契約直前のひと押しも有効だと思います。

[まとめ]ノートe-POWERの値引き目標と交渉のコツ

ノートe-POWERの値引きについて整理すると

車両本体価格からの値引き:27万円
オプションからの値引き:10%〜20%

この数字を目標に値引き交渉すると良さそうです。

ノートの場合、交渉のコツとしては

  1. 新型フィット,新型ヤリス(ヴィッツ)との競合
  2. ノート同士の競合
  3. 契約直前は無料サービスを要求
  4. 一括査定で下取り額をアップさせる
    ナビクル車査定』がオススメ

この4つが大きなポイントになっています。

「一括査定とか面倒・・・」

なんて思うかもしれませんが、「ナビクル車査定」だとホント簡単に査定ができるので試しにやってみてもいいと思います。

「ナビクル車査定」
を使ってみる

公式サイトでも詳しく説明があるので、不安な方はこっちの方がいいかもしれません。

ナビクル車査定の公式サイト↓↓
ナビクル 一括査定 公式サイト

【番外編】ノートの展示車や試乗車、在庫車だと値引きは最大になる?

ノート_展示車

インタビューをしていると1名だけ相場よりも本体価格から約10万円も多く値引きしてもらっている人がいました。

 

これよくよく話を聞いてみると、営業マンから

「展示車でよければ、特別値引きができます!」

と紹介があったそうです。特別割引があるなら展示車や試乗車も悪くないですよね。

どんな交渉をすると展示車が紹介されるのか、その秘密を聞いてみたら

ノート_特に何もしていません
特に何もしてません。

との回答。展示車が紹介されたのはホントたまたまで、ディーラーで展示車や試乗車の入れ替えをするタイミングと値引き交渉する時期がピッタリあったんだそうです。

これを狙ってやるのは無理なので、紹介があればラッキーぐらいに思っておくと良いでしょう。

ちなみに在庫車も同じで、ディーラーに在庫車がなければ購入することはできないため、運が必要です。日頃の行いをよくして運気をアップさせるしかないですね。

インタビューで分かった事実。みんなディーラー査定で失敗していた

値引きインタビューできたのは20名です。

みなさん今まで乗っていた車はディーラーへ下取りに出されていたんですが、その下取り額を聞いたとき

「ちょっと安すぎるんじゃないか?」

と感じたのでインタビュー中に、車種名、年式、走行距離、査定額をメモっておいて

ディーラーの査定額は高いのか安いのか?

自分でチェックしてみました。

ディーラーの査定額は相場より20万円以上安い?

私が査定額のチェックに利用したのは一括査定サイトです。20車の査定もここなら20分もあれば楽勝です。1台1分でチェックできます。

画面に「車種名」、「年式」、「走行距離」これだけ入力してポチっとボタンを押すだけなので。

入力したらすぐに結果は出ます。

トヨタの公式サイトでも同じ様に調べることができたので、10万キロ走ったプリウスの査定額を比較してみました。

プリウスの一括査定の結果

すると、20万円以上もの差があったんです。

インタビューで聞いた査定額はトヨタ公式サイトの額とほぼ一致していたので、このプリウスをディーラーに下取りにしてもらった方は20万円以上損をしてたことになります。。。

こんな感じで20台全部調べたら、20台中18台が損をしていることが分かりました。

ディーラー査定はダメだと言われていますが、

本当のようです。

今回私が利用したサイトは『ナビクル車査定』です。ナビクル車査定の詳しいことはこちらで紹介されています。

ナビクル車査定で高く査定してもらえる理由とは?

ディーラーの査定額が安い理由

ディーラーは最初の査定額を低く提示してきます。新車から値引きをしても、お客さんの車を安く買い取ることができればディーラー的には損がないですからね。

もちろん、査定額が他社よりも低いとお客さんに指摘されれば、査定額を見直してくれます。しかし、お客さんが何も言われなければ安く買い取られてしまいます。なので、こちらから
ノート_査定額はこのぐらいあるでしょ
「査定額はこのぐらいあるでしょ?」
ノート_安く査定したのバレちゃったかな
営業マン「・・・。」
ノート_査定額はこのぐらいあるでしょ
「・・・。」
ノート_安く査定したのバレちゃったかな
営業マン
「(安く査定したのバレちゃったかな…)」

こんな感じで言わないとディーラーに騙されてしまう仕組みになっているんです。

こうならないためには、ノートe-POWERを購入する前には自分で下取りの査定を済ませておくと良いでしょうね。

私も車を購入するときに、一括査定の査定額を営業マンに伝えて下取りを大きくアップさせました。その証拠がこれです。

#一括査定って危なくないの?
一括査定と言えば、電話がかかってきて大変と言われています。しかし、実際は電話が数件くる程度です。それも最初の1日目だけ。2日目以降はほとんど電話はなりませんし、簡単なメールなどのやりとりだけで済むケースも多いようです。

査定は出来るだけ早くしておいた方が良い

もし、一括査定をやってみようと考えているなら、できるだけ早くした方が良いです。なぜかというと

今日の査定額が30万円だとしても、明日には20万円に・・・

なんてことが買取査定では普通に起こっているからです。なので、査定だけは出来るだけ早くやった方が良いです。

また、今回利用した『ナビクル車査定』は無料なので、今の査定額をとりあえず知るだけに利用するのもいいと思います。


「ナビクル車査定」
を使ってみる

公式ページではここで紹介したような実例もたくさん紹介されています。

▼▼かんたん査定ガイドの公式ページはこちら
ナビクル 一括査定 公式サイト

新車を納期ゼロで安く買う裏技!


新車を安く買うには走行距離が10キロ以下の新古車がオススメ。

新車同然の車が新車よりも20万円以上安く買えますし、即納入なので何か月も待つ必要もありません。

ですが新古車は人気なので、カーセンサーやGoo-netなどのネットに掲載される前に売れてしまうことが多いんです。

そこでもし本気で新古車を探したいなら、ガリバーのズバット車販売を使うと良いです。

ズバット車販売ではまだネットに掲載されていない中古車も探してくれますからね。

中古車だと保証がないケースが多いですが、ここは10年保証+返品OKとかなり手厚く安心です


「ズバット車販売」
を使ってみる


公式サイトでは多くの非公開車両を紹介しています。
↓↓↓
ズバット車販売(https://www.zba.jp/car-hanbai/)





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

N-VAN_納期トップ
ホンダ新型N-VANの納期の最新情報

2018年7月に発売されたホンダ新型N-VAN。軽バンながらも

CR-V_納期トップ
ホンダ新型CR-Vの納期の最新情報

2018年8月末に復活したホンダ新型CR-V。海外でも人気が高

レクサスUX_納期トップ
新型レクサスUXの納期の最新情報

2018年11月に発売された新型レクサスUX。これから購入する

クラウン_納期トップ
トヨタ新型クラウンの納期の最新情報

2019年6月に発売されたトヨタ新型クラウン。ユーザーの若返り

RAV4_納期トップ1
トヨタ新型RAV4の納期の最新情報

2019年4月に発売されたトヨタ新型RAV4。タフで直線的なデザイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑