*

ホンダ新型CR-Vでおすすめの人気グレードはこれ!グレードごとの違いも徹底検証

更新日: CR-V ,

CR-V_グレードトップ

ホンダの新型CR-Vは価格帯が323万円〜436万円で、グレードによって新車価格は全然違います。なので、購入するとなるとグレード選びでかなり悩むのではないでしょうか。とくに

  • どのエンジンがいいのか?
    -1.5Lガソリンターボ
    -2Lハイブリッド
  • 1.5Lガソリンターボを買うならどちらにすべきか?
    -EX
    -EX・Masterpiece

この辺りが悩みどころだと思います。また、欲しいグレードがあったとしても

価格が高いから安いグレードに…

とモヤモヤしてしまう人もいると思います。実は私もそんな一人で、CR-Vのグレード・価格の違いを見比べてすごく悩んでいました。ですが走りや燃費、価格、装備や4WDなど一つ一つ比較した結果、

CR-Vではこれが買いだ!

と思える、おすすめグレードが見えてきたので紹介したいと思います。

また、グレード選びでは売れているグレードも参考になると思うので、人気グレードのランキングも合わせて紹介していきます。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

下位と上位グレードの価格差は90万円!?

新型CR-Vの価格表です。

  • 1.5Lガソリンターボ
    CR-V
    グレード(2WD) 価格
    EX(5人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    323万円
    EX(7人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    342万円
    EX・Masterpiece(5人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    359万円
    EX・Masterpiece(7人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    381万円
  • 2Lハイブリッド
    CR-V
    グレード(2WD) 価格
    ハイブリッドEX(5人乗り)
    [2Lハイブリッド]
    378万円
    ハイブリッドEX
    Masterpiece(5人乗り)
    [2Lハイブリッド]
    415万円

    ※4WDは約22万円高

下位グレードと最上位グレードの価格差は約90万円。

安いグレードなら費用は抑えられますが、装備がしょぼくて後から

「あの装備がほしかった・・・」

ということはよくあります。

逆に高いグレードを選んでしまい

「割高だな・・・」

なんて感じることも。なので、各グレードの特徴はしっかりチェックして後悔のないようにすべきですね。

新型CR-Vはガソリンとハイブリッドのどちらを選ぶべき?

CR-V_ガソリンvsハイブリッド

私が最初に悩んだのはガソリンターボとハイブリッドどちらにするかです。これを決めるのに走りや燃費、価格、装備を比較してみました。

ガソリン車は運転しやすい点が魅力。ハイブリッドは加速がパワフル

CR-V_走りガソリンvsハイブリッド
まずは実際に乗って、どう感じたのか紹介したいと思います。ハイブリッド車にはまだ試乗できませんでしたが、スペックやレビュー等からおおよその性能を算出しました。

1.5Lガソリンターボは運転がしやすい

試乗したのは1.5Lガソリンターボ車のグレードEXです。

このエンジンでは

「登り坂や高速でも十分加速してくれるのか?」

という点が不安でした。

実際に走らせてみると、1.5Lガソリンターボでも大柄な車体をしっかり動かしてくれます。アクセルを踏めば高速や登り坂でも十分に加速。ただし、荷物を乗せた状態や大人数を乗せての高速追い抜きは加速力が不足してるなぁという印象ですね。

この他には3点ほど気づいたことがありました。

1つ目はコーナリング。

ハンドルも軽く、狙ったところを曲がっていってくれました。ロールも抑えられていて、車酔いする心配もなさそうです。

2つ目は足回り。荒れた路面でも突き上げは抑えられていました。マイルドな乗り心地で後部座席に長時間座っていても快適そうな感じですね。

3つ目は静粛性。ここはかなり良いと思った点です。ライバルのハリアーやCX-8と比べてもかなり静か。吸音材や遮音材が最適に配置されていることが要因なのでしょう。

ですが、フル加速するとエンジン音は少し気になってしまう印象でした。

ハイブリッドは加速力に余裕がありそう

ハイブリッドは試乗できていませんが、ホンダ公式ホームページによると3Lエンジン並の加速があるそう。そのため、加速はハイブリッドの方がパワフルといって良いと思います。

コーナリングや乗り心地に関しては、ガソリン車より約100kg車体が重くなるので悪くなる傾向になりそうです。ロールや突き上げは大きくなるでしょう。

静粛性はモーター走行ができるハイブリッドの方が優れてそうです。しかし、ガソリン車でもかなりの静かさだったので、大差はないかもしれません。

購入するならにはガソリン車がよさそう

チェック項目 1.5Lガソリンターボ 2Lハイブリッド
加速感
コーナーの安定感
静粛性

1.5Lガソリンターボと2Lハイブリッドそれぞれ比べてみて私が

良いと思ったのはガソリン車

です。

ガソリンとハイブリッドの価格差が50万円するので、断然ハイブリッドがいいんだろうなぁと思っていましたが、実際に乗り比べてみるとあまり大差がないんです。

率直に言ってしまえば、50万円プラスしてハイブリッドにする価値を感じられませんでした。

ガソリン車の加速で十分なパワーがありますし、車重がハイブリッドよりも軽いので、ロールも少なく、ガソリン車の方が実は運転がしやすかったりします。

静粛性もハイブリッドとの大きな差は感じられなかったのが正直な感想です。

実燃費はハイブリッド車の方が約4km/L良い

CR-V_燃費ガソリンvsハイブリッド

続いて燃料費にどれぐらいの差があるのか比較してみました。

燃費 1.5Lガソリンターボ(2WD) 2Lハイブリッド(2WD)
カタログ燃費
[JC08]
15.8km/L 25.8km/L
実燃費(平均) 12.1km/L 16.2km/L
燃費達成率 76.9% 62.8%

※一部のデータはシミュレーション値から算出

ハイブリッドの方が約4km/L実燃費は良いです。10年乗ることを考えると、約30万円ハイブリッドの方が燃料費は安く済みます。

しかしガソリン車とハイブリッドの車両本体価格の価格差は約55万円なので、ハイブリッドが元を取ることはできないようです。

ガソリン車は価格が安い点が魅力。ハイブリッドとの装備の差はほとんどなし

CR-V_装備ガソリンvsハイブリッド

新車価格と装備の比較です。装備の合計推定費用はガソリン車を基準として算出してみました。

<本体価格の差>

グレード 価格
EX(5人乗り)
[2WD・1.5Lガソリンターボ]
323万円
ハイブリッドEX(5人乗り)
[2WD・2Lハイブリッド]
378万円

 
<装備の差額(推定)>

  • エクステリア
    エクステリア EX(5人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    ハイブリッドEX(5人乗り)
    [2Lハイブリッド]
    エキパイ
    フィニッシャー
    推定費用: 1万円
  • インテリア
    インテリア EX(5人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    ハイブリッドEX(5人乗り)
    [2Lハイブリッド]
    本革巻
    セレクトレバー
    フロアボード
    推定費用: 2万円
  • 快適・安全装備
    快適・安全装備 EX(5人乗り)
    [1.5Lガソリンターボ]
    ハイブリッドEX(5人乗り)
    [2Lハイブリッド]
    車両接近通報装置
    アクティブサウンド
    コントロール
    EV・SPORTモード
    スイッチ
    エレクトリック
    ギアセレクター
    電動サーボ
    ブレーキシステム
    減速セレクター
    蓄冷エパポレーター
    パドルシフト
    推定費用: 4万円 12万円
  • 合計推定費用
    合計推定費用 1.5Lガソリンターボ 2Lハイブリッド
    エクステリア 1万円
    インテリア 2万円
    快適・安全装備 4万円 12万円
    合計推定費用: 7万円 12万円
    差額: +5万円

ハイブリッドの方が5万円分多い装備がついてくると考えられます。その装備が本当に必要なものかどうか調べてみました。

ハイブリッドの装備は専用。必要性は低い

CR-V_セレクター
出典:https://www.honda.co.jp/

ハイブリッドの装備を見てみましたが、ほとんどハイブリッドシステムのための専用品です。

なかなか見ない装備としてはアクティブサウンドコントロール。ドライバーの感性に合わせて、加速音を最適化するので気持ち良いエンジン音を味わえます。

また、電動サーボブレーキシステムは減速時に電気を回収して低燃費に貢献するシステムです。ただし、劇的に燃費が向上するわけではないようです。

この他には、ガソリン車だとシフトレバーで変速を行うものをハイブリッドはEVやSPORTモードをスイッチで切り替えられるようになります。しかし、それくらいなら必要性は低いと思いますね。

運転がしやすく、初期費用の安いガソリンターボを選ぶ方が良さそう

いろいろ比べたので、比較結果をまとめてみました。

比較項目 1.5Lガソリンターボ 2Lハイブリッド
走り
燃費
価格 ×
装備

どちらも良いところはありますが、

買いなのは1.5Lガソリンターボ車

だと思います。

決め手は走りとトータルのコストです。

ガソリン車は必要十分なパワーがあって、運転もしやすいので疲れが溜まりにくそうなのが良いですね。ハイブリッドのパワフルなパワーがあっても、それを使うシーンが少なそうなので。

決定的なのは価格です。燃料費はハイブリッドの方が安く済むんですが、元を取ることはできません。ガソリン車だと55万円も本体価格が安いですからね。

装備はガソリンターボ、ハイブリッドどちらも大差がなく、私にとっては問題ないものでした。

こうなるとトータルコストが安いガソリンターボ一択ですね。

駆動方式は燃費の良い2WDを選択

新型CR-Vの駆動方式は2WDと4WD。どちらが良さそうかスペックを見てみました。

項目 CR-V[EX・5人乗り]
駆動方式 2WD 4WD
車体重量 1,520kg 1,570kg
燃費[JC08] 15.8km/L 15.0km/L
価格差: +約22万円

2WDと4WDの主な違いはこの3点。雪道などでの発進を考えると4WDの方がよいのは間違いありません。

しかし、4WDだと50kg車体重量が重くなってしまうため、コーナーのロールが大きくなりやすい上に燃費も悪化してしまいます。

なので、差額22万円がプラスされることを考慮すると「4WDじゃないと生活に支障がでる!」という人以外は2WDがおすすめです。

違いはどこ?新型CR-VのEXとEX・Masterpieceを徹底比較

CR-V_EXvsEXM

ガソリン車のグレードはEXとEX・Masterpieceの2つ。

価格の高いEX・Masterpieceの方が装備は充実してそうですが、実際に買うなら少しでも安く買いたいところです。

そこで、

  • 外装
  • 快適装備・安全装備
  • 内装

この3点をオプション含めて比較し、価格が安いEXでも満足できそうかチェックしてみました。

外装装備はほぼ同じ。EXでも満足できそう

CR-V_見た目EXvsEXM

<外装装備>

外装装備 EX EX・Masterpiece
ルーフレール ●※

※オプション設定

外装装備の違いはこの1点のみ。ルーフレールは車に傷をつけずにスキーキャリアなどをつけることができ、取付け・取外しも容易になる便利な装備です。

しかし、少人数でしかスキーやアウトドアに行かないなら車内にも積めますし、EXでも必要に応じてオプションで追加可能です。

見た目は全く同じなので、EXの外装でも満足できそうですね。

EXの快適装備でも特に不便は感じなさそう

CR-V_安全装備EXvsEXM

主な快適・安全装備の違いは3点。

<快適・安全装備>

快適・安全装備 EX EX・Masterpiece
ハンズフリーアクセスパワー
テールゲート
電動パノラミックサンルーフ
助手席4ウェイパワーシート
(スライド/リクライニング)

どれも便利な装備なんですが、なくても特に不便はなさそうです。

中でも電動パノラミックサンルーフは必要ないと思います。電動パノラミックサンルーフは天井部がスライドし、換気と気持ち良い青空が見える中でのドライブが可能になるものです。

しかし、冬場は寒くて使いませんし、夏になると直射日光が当たって開けていられません。肌を気にする方からも不評でしょう。使うシーンは春か秋の天気の良い日くらいになるので、

年に数回しか使っていなかった…

と後悔しかねません。さらに壊れてしまうと修理代は最悪10万円近い価格になることもあります。なので、修理の心配がないEXの快適装備でも不便に感じることはないでしょう。

内装はEXだと不満がでそう

CR-V_内装EXvsEXM

主な内装装備の違いは1点です。

<内装装備>

内装装備 EX EX・Masterpiece
本革シート&
専用インテリア
ファブリック

 

CR-V_インテリア比較
出典:https://www.honda.co.jp/

EXはファブリックシートですが、EX・Masterpieceは黒か茶色の本革シートになります。

明らかにEX・Masterpieceの内装の方がワンランク上の高級感があります。ただし、本革は夏場だと蒸れやすいですし、しっかりメンテナンスしないとひび割れしてしまう可能性も。

EXのファブリックでもある程度上質ですし、こまめにメンテナンスする必要はありません。しかし、比べてしまうとEXの内装だと不満がでそうです。

新型CR-VのおすすめグレードはEX

  • 総合評価
    総合評価 EX EX・Masterpiece
    外装装備
    快適・安全装備
    内装装備

新型CR-VのEXとEX・Masterpieceを比較した結果、EXでも満足できそうです。

EXでも外装や快適・安全装備に大差はありません。EX・Masterpieceの快適・安全装備はなくても問題ないですし、外装装備のルーフレールも必要に応じてEXにオプションで追加できます。

内装装備の本革シートは確かに高級感が出て良さそうなんですが、私はファブリックの方でも十分そうです。

ただし、全て欲しいならEX・Masterpieceを選んだ方が費用を抑えられるでしょう。

私の場合はEXの装備でも必要十分なので、最初からEXを選んだ方が安く済みそうです。

新型CR-Vで売れている人気グレードはどれ?ランキングを発表!

新型CR-Vの価格や装備以外に、実際に売れているグレードもグレード選びでは参考にしたいところ。

そこで、私が実際の販売データから調べた、実際に売れているグレードのランキングを発表したいと思います。

調査した台数は208台。少ないように感じますが、傾向を見るには十分な数字です。

ホンダ新型CR-Vで売れているのはEX

グレードランキングの発表です。

順位 グレード 販売台数 割合
1位 EX
[1.5Lガソリンターボ]
87台 42%
2位 EX・Masterpiece
[1.5Lガソリンターボ]
56台 27%
3位 EX・Masterpiece
[2Lハイブリッド]
40台 19%
4位 EX
[2Lハイブリッド]
25台 12%

売れているのはEX。2位のEX・Masterpieceとは31台の差があります。

エンジン別で見ると1.5Lガソリンターボが69%、2Lハイブリッドが31%という結果に。ハイブリッドを割高と考えている人が多いので、1.5Lガソリンターボに人気が集中しているようです。

新型CR-Vを安く買うには?

CR-Vグレード_安く買う

新型CR-Vを安く買おうと思うと、重要になってくるのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型CR-Vを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ホンダ新型CR-Vの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

kicks_nebekisoba
[日産新型キックス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2020年6月に発売された日産新型キックス。e-POWERが魅

新型ハリアー値引き額の相場2020年版!ハイブリッドの実例も

このページでは新型ハリアーの新車購入者向けに 最

corollatouring_optop
トヨタ新型カローラツーリングでオススメの人気オプション・ナビはこれ!

トヨタ新型カローラツーリングを購入するときオプションカタログを見て

レクサスの値引き
公開!レクサスから値引きを引き出す交渉マニュアル

トヨタの高級ブラインドレクサスは本当に値引きなし?値引き交渉のやり

lexusis_nebikitop
レクサスISの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2013年5月にフルモデルチェンジされたレクサスIS。やや人気が衰

→もっと見る

PAGE TOP ↑