*

ホンダ新型CR-Vでオススメの人気オプションはこれ!

更新日: CR-V ,

CR-V_オプショントップ

ホンダ新型CR-Vを購入するのに、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

たくさんあるオプションカタログの中からあれもこれもと付けすぎると、予算オーバーしますし、逆にケチってしまうと

「あのオプションを付けておけばよかった・・・」
「このオプションは付けたけど無駄だった・・・」

なんてことはよくありますよね。

なので、オプションは慎重に選んだ方がよいです。

そこで、ここでは新型CR-Vを購入する時の必須オプションやおすすめのオプションを紹介したいと思います。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型CR-Vで必須のオプションはこれ

まず、ホンダCR-Vを購入する時にこれをつけておかないと

絶対に後悔する!

あるいは

これは不要だろう・・・

と考えられるオプションを紹介します。

アウトドアに行くならボディに傷がつきにくいルーフレールがオススメ

CR-V_ルーフレール
出典:https://www.honda.co.jp/

ルーフレール
(メーカーオプション)
オプション価格:¥59,400
対象グレード:EX、EX Masterpiece(4WD)、ハイブリッドEX、ハイブリッドEX Masterpiece(4WD)

新型CR-Vではルーフレールがメーカーオプションで用意されています。ルーフレールはキャリア等を装着して、荷物やスキーなどを運ぶことが可能になるものです。

多く人数が乗車してしまうとトランクスペースが不足してしまいますが、ルーフレールがあれば荷物をルーフの上にも積めるのでアウトドアに使う予定がある人は重宝すると思います。

また、ボディに直接装着可能なタイプもありますが、クルマのボディに傷がつくことも。さらに取付け・取外しなどの使い勝手は断然ルーフレールの方が良いため、ルーフレールをつけるべきでしょう。メーカーオプションで、後から装着することもできませんからね。

リモコンエンジンスターターがあれば快適な状態で運転を始められる

CR-V_エンジンスターター
出典:https://www.honda.co.jp/

リモコンエンジンスターター
オプション価格:¥32,400

離れたところからエンジンを始動、または停止できるリモコンエンジンスターター。これがあれば寒い日に快適な状態で運転を始められるんです。

冬の温度が低い日にクルマに乗り込んでみると、

車内がめちゃくちゃ寒い…

こんな経験した肩いるのではないでしょうか。そんな時にリモコンエンジンスターターがあれば、離れた場所からエンジンを始動できる上に、エアコンも連動機能付なので快適な室温になってから乗れます。

社外製品でもエンジンスターターはありますが、CR-Vの純正品はコンパクトでめちゃくちゃおしゃれです。それに社外製品だと誤動作のリスクもありますから、エンジンスターターをつけるなら純正一択ではないでしょうか。

リアカメラがあるためパーキングセンサーは不要

CR-Vパーキングセンサー
出典:https://www.honda.co.jp/

パーキングセンサー(フロントコーナー2センサー+リアコーナー2センサー)
オプション価格:¥37,800

超音波センサーで障害物を感知し、警告を促してくれるパーキングセンサー。ですが、このセンサーの感知範囲は長くても約1m程度しかありません。

前方視界は着座位置から良いですし、標準でリアカメラがついてくるため障害物との死角を取り除くことは可能です。

また、超音波センサーだと雨天時などに誤作動することもあります。なので、しっかり目で確認できるリアカメラがあればパーキングセンサーは要らないと思います。

アドバンスドルームミラーは価格が高い割に使用頻度は少ない

CR-V_アドバンスドルームミラー
出典:https://www.honda.co.jp/

アドバンスドルームミラー
オプション価格:¥84,240

リアカメラ(アドバンスドルームミラー用※)の映像をルームミラーに表示できる機能をもったアドバンスドルームミラー。この装備は後席の同乗者や荷物で後方視界が悪くなった場合でも、リアカメラで後方視界を表示してくれるので安全運転するのに便利です。

しかし、後方視界が悪くて困るのはバックする時くらいだと思います。バック時はナビと連動してリアカメラの映像を確認できるため、アドバンスドルームミラーはなくても問題ないと思います。価格も8万円中盤と高額ですしね。

※駐車時等にナビと連動するリアカメラとは別

新型CR-Vで必須オプションの価格はいくら?

CR-Vで人気のEXに必須オプションを付けた時の合計額を計算してみました。

オプション 価格
ルーフレール ¥59,400
リモコンエンジンスターター ¥32,400
合計: ¥91,800

必須オプションの価格は合計で約9万円。新型CR-Vの場合、ナビが標準装備されているのでかなり安く済むんです。さらに、アウトドアに行く機会があまりない人はルーフレールを外せば3万円程度で抑えられると思います。

また、実際に購入する時には他にも欲しくなるオプションも出てきますよね。なので、オプション費用はこれに加えて2〜3万円は必要と考えておくとよいでしょう。

新型CR-Vのオプションランキング

順位 オプション
1位 ドアバイザー
2位 フロアカーペットマット
(スタンダードタイプ)
3位 ドライブレコーダー
4位 ソフトカーゴトレイ
5位 マッドガード

必須オプション以外のオプションを選ぶのに、どんなオプションが売れているのかランキングにしてみました。

ドアバイザーがなければ雨天時の車内は濡れてしまう

CR-V_ドアバイザー
出典:https://www.honda.co.jp/

ドアバイザー
オプション価格:¥30,240

多くの車に装備されているドアバイザー。なんとなく付けているものだし、外しても問題ないだろう…と思うかもしれません。しかし、これがなければめちゃくちゃ不便なんです。

ドアバイザーがないと雨天時、車内の空気を入れ替えようと窓を少しあけると

雨が入ってきて車内が濡れてしまった…

こんなことになってしまいます。特に臭いがキツいと換気しないと耐えられませんよね。

もしドアバイザーをつけていれば、雨天時でも少し窓をあけて換気が可能になるため、雨に濡れずに車内を快適な状態にできます。なので、ケチらずにドアバイザーをつけるべきでしょう。

フロアカーペットマットは社外品だと安全性に不安がある

CR-V_カーペットマット
出典:https://www.honda.co.jp/

フロアカーペットマット(スタンダードタイプ)
オプション価格:¥38,880
(7人乗り仕様は¥43,200)

定番装備のフロアカーペットマット。この装備は社外品だと半額くらいで売られているので、安さに惹かれて買ってしまいそうですがやめた方がいいです。

社外品だと純正品ほど精度が良くないので、ピッタリとは合いません。また、ズレ防止も甘いと最悪ペダル類に引っかかって事故を起こす可能性もあるんです。社外品は消耗するのも早いので、純正品を選んだ方が得策だと思います。

ドライブレコーダーは信頼性の高い純正品がベスト

CR-V_ドライブレコーダー
出典:https://www.honda.co.jp/

ドライブレコーダー
[フロント用/液晶モニター付]
(取付アタッチメント含む)
オプション価格:¥21,384

ニュースなどで話題になっているあおり運転から身を守るため、需要が高まっているドライブレコーダー。実はこれ、当て逃げでも効果を発揮してくれます。

当て逃げをされると、目撃者がいない限り犯人の情報は何も得られません。警察に届け出ても加害者が見つかる可能性はほとんどゼロ。なので、修理代は自分で払うはめになり、一方的に損をします。

そんな時ドライブレコーダーをつけていれば、車に衝撃があると犯行時の映像を記録。後日その証拠データを警察に持っていけば加害者を特定できるので、自分だけが損をしなくて済むんです。

また、社外品は肝心の時に動作しないことがありえます。なので、環境に強い信頼性の高い純正品がオススメです。映像が記録されていなかったら元も子もありませんからね。

ちなみに純正品は本体だけ見ると高く感じますが、オプション値引きや工賃なども合わせると実は社外品と同等です。そのため、費用面を考慮しても純正品がよく選ばれているようです。

新型CR-Vを安く買うには?

CR-Vオプション_安く買う

新型CR-Vを安く購入するには値引きが重要になってきます。ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にCR-Vを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、高く下取りしてもらったのか、次の記事でチェックしてみてください。

ホンダ新型CR-Vの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

caroratouring_nebikitop
トヨタ新型カローラツーリングの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2020年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。カローラフ

kicks_nebekisoba
[日産新型キックス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2020年6月に発売された日産新型キックス。e-POWERが魅

corollatouring_noukitop
トヨタ新型カローラツーリングの納期最新情報|長い納期が早まる!コロナ影響は? 

2019年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。ちょうど良

シエンタ_口コミトップ
欠点はどこ?トヨタ新型シエンタの評判・評価

2015年7月にフルモデルチェンジしたトヨタの新型シエンタ。ファミ

kicks_nokitop
日産新型キックスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年6月に登場した日産新型キックス。e-POWERが搭載され

→もっと見る

PAGE TOP ↑