*

ホンダ新型CR-Vの試乗レポート。ガソリンターボ車とハイブリッド車を徹底比較

更新日: CR-V , ,

CR-V_試乗トップ

2018年夏に発売したホンダ新型CR-V。高級感ある内外装が評価されているミドルクラスSUVです。

そんなCR-Vのエンジンは1.5Lガソリンターボと2Lハイブリッド車があるので、購入時にどちらにするか悩むところではないでしょうか。

実は私もその一人で、

  • 新型CR-Vと先代モデルの違い
  • 1.5Lガソリンターボと2Lハイブリッド車の違い

ここは知っておきたいところです。雑誌やブログなどにすでに試乗ネタはあるんですが、実際に乗ってみないと本当のことはわからないですよね。私が気になるのは

「内装や外装は先代からどう進化したのか?」
「スペックは同じなのか?」
「走りや乗り心地、燃費、静粛性はどうなのか?」

このあたりです。

気になったらとことん調べたくなる性分なので先日、新型CR-Vの1.5Lガソリンターボ車をレンタカーで借りて乗り回してきました。その時に気が付いたことを試乗レポートしたいと思います。

サイト運営者@キバヤシ

訪問ありがとうございます。サラリーマンしながらWEBサイトの運営をやっています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型CR-Vの外装と内装は先代RM型から大幅進化

車を購入する時に、まず目につくのはエクステリアとインテリアです。性能が良くても、見た目がダサいと買う気はしませんよね。

そこで新型CR-Vのエクステリアとインテリアが、先代RM型に比べてどのように進化したのかチェックしてみたいと思います。

新型CR-Vは欧州車のようなエクステリアに進化

CR-V_先代現行エクステリア
出典:https://www.honda.co.jp/

左が先代RM型で、右が新型RW/RT型CR-Vです。先代モデルは全体的にモッサリしているエクステリアデザインでした。対して新型CR-Vは鋭い感じで、欧州車のような印象を感じますね。

私は現行型の方が好みです。高級感があって所有する喜びを感じられそうですからね。

内装は上質な質感に進化

CR-V試乗_インテリア比較
出典:https://www.honda.co.jp/

上が先代RM型のインテリアで、下が新型CR-Vです。

先代はやはり年代の差があるせいか、古臭い感じは否めません。さらにインパネ周り等はプラスチック感があって、傷もつきやすい安っぽい内装でした。

ですが、新型CR-Vは上質な質感へと進化。メーターは多くの情報が確認できるマルチインフォメーションディスプレイとなっていたり、ダッシュボードやドアトリムは触り心地の良いソフトパッドが装備されていました。

先代とは比べものにならない程、インテリアは進化しているといっていいでしょう。私もこれなら不満はなさそうです。

新型はハイブリッドが追加!燃費も大幅に向上

先代RM型と新型CR-Vのスペックを比較してみました。

  • スペックの比較
    項目 先代RM型 新型CR-V
    駆動方式 2WD
    エンジン 2Lガソリン 1.5L
    ガソリンターボ
    2L
    ハイブリッド
    カタログ燃費
    [JC08]
    14.4km/L 15.8km/L 25.8km/L
    エンジン最高出力 150馬力 190馬力 145馬力
    モーター最高出力 184馬力
    トランスミッション CVT
    車両重量 1,460kg 1,520kg 1,610kg
    タンク容量 58L 57L

    ※先代RM型の4WD車は2.4Lガソリン車

スペックで目立った違いは

  • 新型はハイブリッド車が追加
  • ガソリン車は排気量が500cc下がりながらも40馬力アップ
  • 先代型からカタログ燃費が向上
    ⇒ガソリン車は1.4km/L
    ⇒ハイブリッドは11.4km/L

この3点です。

特に大きい点は、先代型にはなかったハイブリッドの追加でしょう。先代のガソリン車に比べて、11.4km/Lもカタログ燃費が良くなっています。また、ガソリンとハイブリッドはどちらも先代からパワーが上がっているので、ゆとりのある加速が期待できそうですね。

試乗開始!新型CR-Vの1.5Lガソリンターボをドライブしてきた

外装と内装のチェックが済んだところで、いよいよ新型CR-Vの試乗に移ります。

1.5Lガソリンターボとハイブリッドそれぞれに試乗したかったのですが、ハイブリッドの発売はまだ先で試乗できませんでした。なので、今回は1.5Lガソリンターボモデルのみとなります。

また、4WDの設定もあったんですが今回借りたレンタカーは2WD車です。

借りたCR-Vのスペックはこれ。

スペック CR-V(2WD)
グレード EX・Masterpiece(5人乗り)
エンジン 1.5Lガソリンターボ
車重 1,560kg
カタログ燃費[JC08] 15.4km/L
エンジン最高出力 190馬力

コースは市街地、高速、郊外のトータル30kmです。実際に乗ってみると1.5Lガソリンターボの良いところ、悪いところがたくさん見つかりましたよ。

ガソリンターボは軽快で扱いやすい

試乗したのはEX・Masterpiece(5人乗り)の2WD車です。

先代RM型と比べて走りやエンジン性能、乗り心地、燃費についてどう変わったのか見ていきます。

新型CR-Vの車内はめちゃくちゃ静か!

市街地_CR-V試乗

まずは市街地です。主に静粛性を中心にチェックしてみました。

アクセルを踏んですぐに気づいたのは出足の良さ。先代より500cc小さいエンジンながらも、ターボがついているおかげかキビキビ走ってくれました。発進と停止を繰り返す街中でも十分周りの流れにのれますね。

新型CR-Vの静粛性はかなり良いです。周りの環境音はほぼ聞こえず、アクセルを強く踏み込んだ時に唸る音が聞こえる程度。先代も悪くありませんでしたが、それを上回る静かさに感じます。

新型ではフロアアンダーカバーや、前後インナーフェンダーなど細かいところにも吸遮音材が配置されたことが要因なのだと思います。

市街地を走り抜けて、燃費計を見てみると

『7.3km/L』

という表示が。燃費達成率では47%とかなり低い数値でした。先代同様アイドリングストップがついていますが、燃費に悪い環境だと改善には限界があるのでしょう。

1.5Lガソリンターボ車は高速でも十分な加速力があった

CR-V試乗 高速で試乗

次は高速に入ります。高速道路ではエンジン性能を重点的にチェックしました。

市街地ではキビキビ走ってくれたガソリンターボ車。高速合流時や追い抜き時はやや時間がかかるものの、十分な加速をしてくれました。余裕のあるパワーを求めないなら1.5Lガソリンターボでも全然問題ありませんね。

静粛性は高速でも抜群でした。背が高い車なので、風切り音が気になりそうだなぁと思ってましたが、ほとんど聞こえません。ロードノイズが少し聞こえる程度です。フロントガラスが遮音ガラスとなっているので、そのあたりも影響しているのかもしれませんね。

高速を降りて、燃費計に目を移すと

『14.5km/L』

をマーク。(※高速に入った時に燃費計はリセット)
燃費達成率は94%と、かなり良い数値です。

高速走行時は、追従機能付のアダプティブクルーズコントロール(※)を85km/hに設定して走りました。そのためアクセルを無駄に踏まずに済み、燃費が伸びたのでしょう。

CR-V_ACC
出典:https://www.honda.co.jp/

※設定した速度で定速走行ができる機能。前走車と一定の距離を保ちながら、追従走行をすることも可能。

1.5Lガソリンターボは扱いやすかった

CR-V試乗 郊外で試乗

郊外では走りを重点にチェックしました。

新型は先代よりも約100kg重くなっているので、正直走行性能には期待していませんでした。ですが、コーナーを曲がってみると、ロールが抑えられていて狙った通りに走ってくれたんです。また、前方視界も良くて車両感覚もつかみやすいボンネット形状なので、運転に自信がない人でも扱いやすいと思いますね。

乗り心地は欧州各地で鍛えたとメーカーが謳っているだけあって、硬くも柔くもない丁度良い加減の足回りです。先代は少し凸凹を走った時の突き上げが気になりましたが、その点もうまくいなしてくれるフラットな印象でした。

ただ、もしかすると人によっては硬いと感じるかもしれないので、しっかり試乗してチェックすると良いと思います。

目的地付近に着いて、燃費計に目を移すと

『13.3km/L』

という表示が。(※郊外に入った時に燃費計はリセット)
燃費達成率は86%と良い数値です。

郊外走行時は信号の間隔が長かったので、赤信号でほぼ止まらずに走り続けられました。なので、良い実燃費を記録したのでしょう。

[まとめ]新型CR-Vの1.5Lガソリンターボ車は扱いやすく、静粛性がかなり高かった

新型CR-Vの1.5Lガソリンターボ車の試乗結果を表にしてまとめてみました。

  • 1.5Lガソリンターボの評価
    項目 1.5Lガソリンターボ
    走り
    エンジン
    乗り心地
    燃費
    平均実燃費 11.7km/L

1.5Lガソリンターボで1番良かった点は扱いやすさです。視界も良く、車両感覚もつかみやすいので初心者に優しいのは良いですね。それに、コーナリング時のロールや、凸凹を超えた時の突き上げも抑えられていて扱いやすいSUVに感じます。

また、静粛性も優秀だった点です。高級車のように車内は静かで、快適そのものでした。長距離ドライブでも疲れにくそうですね。

エンジンパワーも1.5Lながら必要十分。しかし、実燃費は先代型から1km/L程度良くなったぐらいでした。

総合的に評価した感想としては、新型CR-Vのガソリンターボ車は先代型から正常進化させた車だと思いますね。大きな弱点はなく、完成度の高いミドルクラスSUVです。

ホンダ新型CR-Vの試乗車を予約するなら電話が良い

CR-V電話予約

これから新型CR-Vを試乗しようと考えている人は、ホンダのホームページから試乗車検索をすると思います。ただ、それをすると

そんなに待てないよ・・・

ってなってしまうんです。なぜかというとホームページからの予約だと選択できるのは4日後から。明日試乗したいなと思っても予約できません。

なので、試乗車のあるディーラーを見つけたらさっさと電話してしまった方が早いです。私の場合は当日の電話予約でOKでした。

新型CR-Vの試乗レポート動画を公開

試乗になかなか行けない人のために、かなり詳しく試乗レポートしている動画がYouTubeにあったので紹介しておきます。

ジャーナリストの清水和夫さんが新型CR-Vの1.5Lガソリンターボに乗って、詳しくレビューしてくれています。YouTubeにはいろいろ試乗動画がありますが、これが一番わかりやすかったです。

CR-Vのブログや試乗記はたくさんネット上にありますが、こういうプロの試乗記は質が良いのでオススメです。

新型CR-Vを安く買うには?

CR-V試乗_安く買う

ホンダ新型CR-Vを安く購入するには値引きが重要になってきます。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際にCR-Vを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。

ホンダ新型CR-Vの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

336×280

336×280

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キバヤシ

    サラリーマンしながらWEBサイト運営やっています。

    【趣味】
    車、情報収集、データ分析
    バスケ、ランニング、筋トレ
    →詳しいプロフィール

    サイト運営はコチラの方にもフォローしてもらっています↓↓
    ノブ
    法人でWEBマーケティングをやっています。
fit_optiontop
新型フィット/ハイブリッドでおすすめのオプションはこれ。純正ナビは必須?

新型フィットを購入するのに、どうしても悩んでしまうのがオプション選

yarisgradetop
トヨタ新型ヤリスのグレードの違いはここ。おすすめはハイブリッドX

新型ヤリス(ヴィッツ)を購入する時に迷うのは 「どのグレード

fit_nebikitop
ホンダ新型フィット/ハイブリッドの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?

2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダ新型フィット。人気の高

fit_noukitop
ホンダ新型フィットの納期の最新情報[ハイブリッド/ガソリン]

2020年にフルモデルチェンジされた新型フィット。新車販売ランキン

fit_colortop
ホンダ新型フィットの人気色(カラー)ランキング

2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダ新型フィットとフィット

→もっと見る

PAGE TOP ↑