*

トヨタ新型クラウンの実燃費を公開!高速では悪いのか?

更新日: クラウン

クラウン_燃費トップ

2018年6月に発売されたトヨタの新型クラウン。燃費はJC08モードで12.8km/L〜24.0km/Lです。高級セダンではかなりいい数字ですが実際は

こんなに走りません!

メーカーが発表したC08モードの数字なんてあってないようなもの。この記事を見ている人もJC08モードが何か初めて知ったときは

「イカサマやないか!」

と思ったことでしょう。JC08モードはイカサマ、最近のWLCTモードもJC08よりマシですがやっぱりイカサマ。そう、カタログ燃費って結局全部イカサマなんですよ。

カイジに出てくる帝愛グループの得意とするやつです。利根川のEカードも、和也のワンポーカーも全部イカサマでしたよね。

クラウン燃費_カイジ

そんなカタログ燃費のイカサマをカイジのごとく暴くため、ガチでクラウンの実燃費を調べてみました。実燃費で気になるのは

  1. ガソリンターボの実燃費
  2. ハイブリッドの実燃費
  3. ライバルのフーガ、ISとの実燃費比較

この3つ。今回はこの3つを徹底調査。情報源はe燃費やみんカラのネット情報を中心に、実際に乗っている人やディーラーにも聞いてみています。

さらにそれだけでは不十分だと思ったので、自分でも実際に新型クラウンに乗って燃費を計測してみました。市街地から高速道路まで走ってきたので、参考にしてもらえればと思います。



編集長@キバヤシ

訪問ありがとうございます。このサイトを運営しているキバヤシです。徹底した調査を行い記事を作成しています。

→詳しいプロフィールはこちら


当サイトの画像は引用OK!

当サイトでは独自調査した結果をグラフで掲載しています。これらの画像は全て引用いただいて構いません。 当サイトのURL・サイト名を掲載の上、ブログやSNS等でご自由にお使いください。

→当サイトの独自調査について


スポンサーリンク

新型クラウンの実際の燃費を公開!

クラウン燃費_gasoline
新型クラウンの実燃費のデータはe燃費やみんカラの燃費記録を参考に、毎月のデータを記録しました。
(一部のデータはシミュレーション値を活用。)

記録したデータを

  • 平均の実燃費
  • 燃費達成率
  • 月ごとの実燃費

この3つのポイントで紹介したいと思います。

クラウンの実燃費は平均的な数値

平均実燃費、平均燃費達成率を整理してみました。

項目 クラウン(2WD)
ガソリンターボ  ハイブリッド
2.5L 3.5L
カタログ燃費
[JC08]
12.8km/L 23.4km/L 18.0km/L
実燃費(平均) 9.4km/L 17.3km/L 12.3km/L
燃費達成率 73.6% 74.1% 74.9%

実燃費とカタログ燃費の差は3km/L以上です。

実燃費に大きく関係している燃費達成率はガソリンターボが73.6%、2.5Lハイブリッドは74.1%、3.5Lハイブリッドが74.9%。これは全車種の平均燃費達成率73.1%(※)と比べてほぼ同じ数値です。

やや低い値になる車もある中、クラウンは高級セダンでは平均的な数値のようです。

※e燃費の全車種燃費達成率ランキング上位100位の平均

新型クラウンの実燃費は年間で4km/L以上変動する

クラウン(2WD)
ガソリンターボ ハイブリッド
2.5L 3.5L
1月 7.7km/L 14.1km/L 9.8km/L
2月 7.5km/L 13.8km/L 9.7km/L
3月 8.4km/L 15.5km/L 11.2km/L
4月 11.2km/L 20.6km/L 14.6km/L
5月 11.4km/L 21.0km/L 14.7km/L
6月 10.9km/L 20.0km/L 14.4km/L
7月 8.6km/L 15.9km/L 11.0km/L
8月 8.4km/L 15.5km/L 11.2km/L
9月 10.5km/L 19.3km/L 13.5km/L
10月 10.8km/L 19.9km/L 14.1km/L
11月 9.4km/L 17.4km/L 12.2km/L
12月 8.6km/L 15.9km/L 11.2km/L

クラウンのガソリンターボの実燃費は2月と5月で4km/Lの差がありました。2月の燃費達成率は58.6%まで低下するので、気温によって燃費は大きく違ってきます。

また2Lハイブリッドと3.5Lハイブリッドは、ガソリンターボよりも各月を約3km/L以上高く推移していくでしょう。

新型クラウンの各月の実燃費を公開。春秋はよいが、夏冬は悪くなる

クラウンターボハイブリッド_月別燃費

※一部のデータはシミュレーション値を活用

実燃費は季節によってかなり変動すると感じていたので、実燃費と温度の関係をグラフで予測してみました。

ガソリンターボの場合、クーラーやエアコンの使用機会が少ない春や秋は約15km/Lと、年間の平均燃費よりもよくなります。

反対にクーラーやエアコンをたくさん使う冬や夏は燃費が約11km/L程度で、年間の平均燃費より悪いです。

とくに燃費が悪いのが冬の寒い時期。燃費が10km/L台に落ち込みます。これは冬になるとエンジンを温めるのに、暖気運転が行われるからでしょう。

また、ハイブリッドはガソリンターボより各季節で3km/L以上高く推移するようです。

口コミで実燃費がバラバラなのも気温・季節が関係している

ちなみにクラウンの燃費は、価格com等の口コミでこのように評価されています。

クラウン燃費_燃費評価

大半は「良い」と言っていますが、4割ほどの人は普通または悪いと回答。

燃費は計測した時期が大きく影響することが分かっています。実際に燃費の悪い2月頃にガソリンターボを評価した人は、

「街中で6km/Lくらいしか出ません…」

と評価。逆に燃費の良い9月頃に評価した人は

「11km/Lなのでけっこう良いですね」

と評価していました。このように環境によって実燃費は大きく異なるようです。

新型クラウンの口コミ評価については、欠点も含めてこちらで詳しく紹介しています。
欠点はここ!トヨタ新型クラウンの口コミ評価・評判

ライバル車(フーガ、IS)との比較

クラウンのライバルといえば、フーガとISです。新型クラウンの購入を考える際、一緒に検討されるライバル車の燃費も気になったので比較してみました。

ライバル車の中で、クラウンの実燃費は1番良い

平均燃費と達成率を比較した結果です。燃費に関係する要素も合わせて比較しました。

項目 クラウン フーガ IS
駆動方式 2WD
エンジン ハイブリッド
排気量 2.5L 3.5L 2.5L
カタログ燃費
[JC08]
23.4km/L 18.0km/L 23.2km/L
実燃費
(平均)
17.4km/L 11.8km/L 15.9km/L
燃費達成率
(平均)
74.4% 65.6% 68.5%
重量 1,770kg 1,850kg 1,680kg
エンジン最高出力 184馬力 306馬力 178馬力
モーター最高出力 143馬力 68馬力 143馬力
燃料 レギュラー ハイオク レギュラー

【クラウン】
クラウンの実燃費はこの3車種の中で1番優秀です。ISほど車体重量は軽くないですが、クラウンの方がわずかにパワーがあって燃費と走りを両立させています。新開発のダイナミックフォースエンジンの影響で性能が上がっているのでしょう。エンジンとモーターの切り替わりも以前よりスムーズになっているようです。

【フーガ】
フーガの実燃費は3車種の中で1番悪いです。エンジンパワーはかなりあるものの排気量が大きいので、それが燃費に悪い影響を及ぼしているのでしょう。また、フーガの場合は燃料がハイオクなので燃料費が嵩んでしまうこともデメリットですね。

【IS】
ISの実燃費は3車種の中で2番目に良いです。重量が他の2車種より約100kg軽く、パワーも抑えられているので燃費は優れています。ですがエンジンが技術的にやや古いため、新しい技術の詰まったクラウンには及ばないのでしょう。高級車ながらクラウン同様に燃料はレギュラーなので、燃料代を安く抑えれることはメリットかもしれません。

各月の実燃費はクラウンが一歩リード

クラウン_ライバル燃費比較

各月のデータを比較してもクラウンが一歩リードしています。

フーガとISはクラウンよりやや低いところでどの月も推移しているようです。

検証!クラウンの2.5Lハイブリッドに乗って市街地、郊外、高速を計測してみた!

新型クラウンの燃費を調べていると、気になってくるのが

ネットや雑誌の数字は正しいのか?

ということです。e燃費やみんカラのデータではかなり精度が良さそうですが、こういうの見ていると「怪しいな・・・」と思うんですよ。自分の中で何かざわざわする感じがして。

クラウン燃費_ざわざわ

そこで、自分でもクラウンの2.5Lハイブリッド(2WD)に乗って燃費を計測してきました。

実測した時の条件がこれ。かなり実践的なコースを走れたと思います。

[ドライブコース]
市街地:10km。渋滞あり、信号は多め。
高速 :30km。渋滞なし。
郊外 :20km。渋滞なし、信号は少なめ。

[走行条件]
走行日 :2019年2月18日
外気温 :12℃
天候  :晴れ
エアコン:25℃(A/CスイッチON)
運転手 :私(35歳)51kg
同乗者 :妻(34歳)46kg

市街地ではクラウンの燃費はかなり悪かった

市街地_クラウン燃費試乗

今回は市街地からスタートです。発車してすぐに渋滞に巻き込まれた上に、信号の間隔も400m程度と短い間隔だったため停止と発進の連続でした。平均速度は25km/hあたりを示していて、正直燃費は期待できない環境だったと思います。

市街地を抜けたところで燃費計を見ると

『10.4km/L』

という表示。

なるべくモーター走行をするように運転してましたが、ストップ&ゴーを繰り返してしまう環境では改善に限度があるのでしょう。

クラウンは高速道路ではめちゃくちゃ燃費が伸びた

クラウン燃費 高速で試乗

次は高速に入ります。高速道路では渋滞はなく、順調に進むことができました。左レーンを90km/h程度で走り続けられたので、燃費はとても期待できそうな環境だったと思いますね。

高速出口付近で燃費計に視線を移すと

『20.9km/L』

をマーク。(※高速に入った時に燃費計はリセット)
これは平均燃費よりも3km/Lほど高い値です。

高速を走る時はレーダークルーズコントロール(※)を90km/hに設定していました。そのおかげで加速減に無駄がなく、燃費が向上したのでしょう。

クラウン_レーダークルーズ
出典:https://toyota.jp/

※設定した速度で定速走行ができる機能。前走車と一定の距離を保ちながら、追従走行をすることも可能。

郊外でもクラウンの燃費が良かった

クラウン燃費 郊外で試乗

最後は目的地の郊外です。いかにも田舎という感じで、信号はほぼ見当たりません。4kmに1つ程度といったところ。交通の流れもスムーズで、目的地まで赤信号に引っかかったのは1度だけでした。

目的地について燃費計を見ると

『19.1km/L』

という数値を記録。(※郊外に入った時に燃費計はリセット)
平均燃費より約2km/L程度高い値です。

郊外では渋滞や赤信号でほぼ止まらずに走り続けられました。燃費が伸びたのはそのことが要因だと思います。

ドライブコース検証まとめ
新型クラウンの燃費は16.8km/L

今回は高速を中心として総距離60kmを走り、平均燃費は16.8km/Lを記録しました。これはネットに書かれている実燃費とほぼ同じ数値です。

また、高速や郊外などの一定速度で走行しやすい状況だと燃費は向上したことも確認できました。長距離を走ると、クラウンの燃費はさらに伸びるのではないでしょうか。

一方で、厳しい結果となったのはカタログ燃費の半分以下だった市街地。発進と停止、それに渋滞が多い環境では燃費の伸びは期待できないようです。燃費の悪化を抑えるコツとしては、なるべく短時間で街中を通過することが鍵になると思いますね。

クラウンの燃費向上させる実験をしてみた

高速は20.9km/Lと燃費がかなり伸びましたが、カタログ燃費との差は2.5km/Lもあります。

私はこの数字では満足できなかったので、帰り道はエアコンOFFで走行してみたんです。

その結果がこれ。

郊外 :19.1km/L→20.1km/L
高速 :20.9km/L→21.9km/L
市街地:10.4km/L→10.9km/L

平均して燃費を約5%アップさせることに成功しました。

やはりエアコンはかなり燃費に影響するようです。季節によって完全にOFFにすることは難しいと思うので、設定温度を少し控えめにするだけでも効果があるのではないでしょうか。

新型クラウンのガソリン代はいくらかかるのか?

クラウン_燃費電卓

新型クラウン(2.5Lハイブリッド)の実際の燃費が分かったので、これをガソリン代に換算するとどれくらいになるのか計算してみました。

通勤で使うことを前提として・・・

  • 平日1日40km×20日=800km
  • 休日1日5km×8日=40km

とし、1ヶ月の走行距離を合計840kmで計算。

ガソリンの価格は1リットル140円として、1ヶ月、1年間のガソリン代を計算してみました。

1ヶ月のガソリン代は7,000円!

1ヶ月のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

{1ヶ月の走行距離(840km)÷平均実燃費(16.8km/L)}×ガソリン価格(140円)=1ヶ月のガソリン代(7,000円)

となりました。

1年間のガソリン代は84,000円!

1年間のガソリン代を計算してみると・・・

計算式

1ヶ月のガソリン代(7,000円)×12ヶ月=1年のガソリン代(84,000円)

となりました。

クラウンの2.5Lハイブリッドは平均的なガソリン代よりも年間19,917円安い

国土交通省の発表によると、ガソリン車のJC08モードの平均燃費は19.4km/L。実燃費の平均は公表されていませんが、燃費達成率を70%とすると平均的な実燃費は13.58km/L。

この数字からガソリン代を計算すると103,917円/年になります。

クラウンの年間のガソリン代は84,000円なので、クラウンの2.5Lハイブリッドは平均的なガソリン代よりも年間19,917円安くすみます。

トヨタ新型クラウンを安く買うには?

クラウン燃費_安く買う

トヨタ新型クラウンを安く買おうと思うと、重要になってくるのは値引きです。

ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。それは…

交渉でディーラーに騙されている人が多い

ということです。向こうは毎日のように値引き交渉しているプロですから、普通に交渉すると

「あ、、、大した値引きもないまま契約してしまった・・・」

ということはザラにあるんですよ。

これドラクエで言えば、レベル1でラスボスに挑むようなものです。

ラスボス

レベル1でゾーマには絶対勝てませんよね・・・

この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、実際に新型クラウンを購入した人がどうやって騙されずに下取り交渉や値引き交渉をしたのか、次の記事でチェックしてみてください。

トヨタ新型クラウンの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界はいくら?





最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。


スポンサーリンク

336×280


336×280


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 編集長@キバヤシ

    このサイトを運営しているキバヤシです。車好きですが、車いじりには興味はなくてノーマルの車が好きです。サイトでは車の口コミ情報や値引き情報を日々データ収集して分析して記事は作成しています。

caroratouring_nebikitop
トヨタ新型カローラツーリングの値引き体験談をレポート。値引き相場や限界は?

2020年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。カローラフ

kicks_nebekisoba
[日産新型キックス]値引き額の相場・目標を公開!新車価格はいくら?

2020年6月に発売された日産新型キックス。e-POWERが魅

corollatouring_noukitop
トヨタ新型カローラツーリングの納期最新情報|長い納期が早まる!コロナ影響は? 

2019年9月に発売されたトヨタ新型カローラツーリング。ちょうど良

シエンタ_口コミトップ
欠点はどこ?トヨタ新型シエンタの評判・評価

2015年7月にフルモデルチェンジしたトヨタの新型シエンタ。ファミ

kicks_nokitop
日産新型キックスの納期・納車時期の最新情報|長い納期が早まる!?コロナの影響も

2020年6月に登場した日産新型キックス。e-POWERが搭載され

→もっと見る

PAGE TOP ↑